霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四四章 魔風(まかぜ)恋風(こひかぜ)〔九四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 篇:第6篇 神霊の祭祀 よみ:しんれいのさいし
章:第44章 第2巻 よみ:まかぜこいかぜ 通し章番号:94
口述日:1921(大正10)年11月08日(旧10月09日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年1月27日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
言霊別命は万寿山に落ち延びた。言霊別命の声望を慕って神将たちが集まり、万寿山の神軍は次第に集まってきた。
一方竜宮城は常世姫のために落城し、稚桜姫命は神国別命らとともに、万寿山に落ち延びてきた。言霊別命は稚桜姫命を礼を尽くしてお迎えした。稚桜姫命は、言霊別命の潔白をようやく認められた。
万寿山には、常世姫の暴虐に義憤を発した紅葉別という勇将が馳せつけ、言霊別命はこれを万寿山の主将とした。
竜宮城をはじめ地の高天原、橄欖山も一時魔軍の手に落ちた。シオン山の大八洲彦命は、大足彦の国の真澄の鏡で敵軍を射照らさせ、壊走させた。また竜宮城の魔軍に対しても、真澄の鏡を射照らすと、常世姫の身体から異様な光が現れて金毛九尾の悪狐と化した。そして、常世城めがけて遁走してしまった。
ここに稚桜姫命は言霊別命らを率いて竜宮城に帰還した。
一方、天稚彦は唐子姫と山奥で暮らしていたが、唐子姫は悪狐の姿を現して逃げてしまった。天稚彦は仕方なく諸方を流浪し、艱難をなめつつ竜宮城へ帰ることになった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-12-05 17:01:56 OBC :rm0244
愛善世界社版:222頁 八幡書店版:第1輯 238頁 修補版: 校定版:226頁 普及版:105頁 初版: ページ備考:
001 言霊別命(ことたまわけのみこと)(おも)はざる濡衣(ぬれぎぬ)()せられ、002如何(いか)にもしてこの(うたがひ)()らし、003()潔白(けつぱく)(しめ)さむと焦慮(せうりよ)し、004かつ常世姫(とこよひめ)()(あらた)めしめむとした。005されど狐独(こどく)()となりし(みこと)はいかんとも(さく)(ほどこ)すべき(みち)がなかつた。006そこでいよいよ()(けつ)し、007万寿山(まんじゆざん)()()びた。
008 言霊別命(ことたまわけのみこと)境遇(きやうぐう)同情(どうじやう)したる数多(あまた)神司(かみがみ)は、009(みこと)(あと)をおふて万寿山(まんじゆざん)馳集(はせあつ)まつた。
010 (おも)なる神将(しんしやう)は、011吾妻別(あづまわけ)012鷹松別(たかまつわけ)013河原林(かはらばやし)014玉照彦(たまてるひこ)015有国彦(ありくにひこ)016森鷹彦(もりたかひこ)らの諸神将(しよしんしよう)であつた。017勇猛(ゆうまう)なる神軍(しんぐん)()せずして()(つき)(あつ)まりきたつた。018このこと常世姫(とこよひめ)(みみ)(らい)のごとく(ひび)いてきた。019常世姫(とこよひめ)はおほいに(おどろ)き、020八王大神(やつわうだいじん)常世彦(とこよひこ)をして万寿山(まんじゆざん)攻撃(こうげき)せしめむとした。021(とき)しも竜宮城(りゆうぐうじやう)常世姫(とこよひめ)のために陥落(かんらく)し、022稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)神国別命(かみくにわけのみこと)以下(いか)神将(しんしやう)とともに、023言霊別命(ことたまわけのみこと)駐屯(ちうとん)せる万寿山(まんじゆざん)(のが)れたまうた。
024 ここに言霊別命(ことたまわけのみこと)は、025(れい)をつくしてこれを(むか)(たてまつ)り、026竜宮城(りゆうぐうじやう)回復(くわいふく)せむとし、027かつ言霊別命(ことたまわけのみこと)以下(いか)清廉潔白(せいれんけつぱく)にして、028至誠(しせい)至実(しじつ)(かみ)たることが(はじ)めて(さと)られた。
029 稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)来臨(らいりん)とともに万寿山(まんじゆざん)はますます開拓(かいたく)され、030つひには堅城(けんじやう)(つく)り、031鉄壁(てつぺき)をめぐらし、032(じつ)難攻不落(なんこうふらく)城塞(じやうさい)となつた。
033 この(とき)034智勇(ちゆう)兼備(けんび)勇将(ゆうしやう)にして、035紅葉別(もみぢわけ)といふ軍神(ぐんしん)があつた。036この神司(かみ)あまたの神軍(しんぐん)(ひき)ゐて(きた)り、037言霊別命(ことたまわけのみこと)面謁(めんえつ)せむことを申込(まをしこ)んだ。038言霊別命(ことたまわけのみこと)はまづ吾妻別(あづまわけ)面会(めんくわい)せしめ、039その来意(らいい)(たづ)ねさせた。040紅葉別(もみぢわけ)常世姫(とこよひめ)奸策(かんさく)()義憤(ぎふん)をおこし、041(みづか)(すす)んで万寿山(まんじゆざん)参加(さんか)し、042(かれ)(ほろ)ぼし天下(てんか)太平(たいへい)(をさ)めむと(ほつ)し、043協心戮力(けふしんりくりよく)もつてミロク神政(しんせい)神業(しんげふ)参加(さんか)せむと、044殊勝(しゆしよう)にも誠意(せいい)(おもて)にあらはして参加(さんか)せむ(こと)申込(まをしこ)んだ。045吾妻別(あづまわけ)はおほいに(よろこ)び、046これを言霊別命(ことたまわけのみこと)委細(ゐさい)進言(しんげん)した。047紅葉別(もみぢわけ)戦闘(せんとう)(めう)をえたる武神(ぶしん)である。048言霊別命(ことたまわけのみこと)稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)とはかり、049紅葉別(もみぢわけ)をして万寿山(まんじゆざん)主将(しゆしやう)たらしめむとした。050このとき竜宮城(りゆうぐうじやう)はすでに常世姫(とこよひめ)占領(せんりやう)するところとなり、051ついで()高天原(たかあまはら)も、052橄欖山(かんらんざん)敵手(てきしゆ)()ちてゐた。053シオン(ざん)総大将(そうだいしやう)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)は、054(のが)れきたれる大足彦(おほだるひこ)(くに)真澄(ますみ)(かがみ)をもつて、055敵軍(てきぐん)山上(さんじやう)より射照(いてら)した。056たちまち山頂(さんちやう)より幾十万(いくじふまん)とも()れぬ巨巌(きよがん)湧出(ゆうしゆつ)して中空(ちゆうくう)()び、057美山彦(みやまひこ)058国照姫(くにてるひめ)059武熊別(たけくまわけ)魔軍(まぐん)集団(しふだん)めがけて(あめ)のごとく落下(らくか)し、060一方(いつぱう)(かがみ)射照(いてら)されてその正体(しやうたい)(あら)はし、061たちまち悪鬼(あくき)062大蛇(だいじや)063悪狐(あくこ)姿(すがた)(へん)じ、064鬼城山(きじやうざん)めがけて()()つた。
065 ここに大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)宮比彦(みやびひこ)祭祀(さいし)(ちやう)とし、066安世彦(やすよひこ)主将(しゆしやう)とし、067一部(いちぶ)神軍(しんぐん)をもつてこれを(まも)らしめ、068ただちにその(いきほひ)をもつて竜宮城(りゆうぐうじやう)()()回復戦(くわいふくせん)(こころ)みた。069真鉄彦(まがねひこ)()高天原(たかあまはら)にむかひ、070磐樟彦(いはくすひこ)橄欖山(かんらんざん)にむかひ、071吾妻別(あづまわけ)072大足彦(おほだるひこ)竜宮城(りゆうぐうじやう)にむかひ、073(くに)真澄(ますみ)(かがみ)()()し、074敵軍(てきぐん)(てら)し、075かつ大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)神言(かみごと)奏上(そうじやう)するや、076たちまち暴風(ばうふう)()きおこり、077(なみ)(やま)(ごと)立荒(たちすさ)び、078(しろ)はほとんど水中(すゐちゆう)(ぼつ)した。079常世姫(とこよひめ)身体(しんたい)よりは異様(いやう)(ひかり)(あら)はれ、080金毛八尾(きんまうはちび)悪狐(あくこ)(くわ)し、081黒雲(こくうん)()きおこし、082常世城(とこよじやう)めがけて遁走(とんさう)し、083部下(ぶか)魔軍(まぐん)諸方(しよはう)散乱(さんらん)して、084竜宮城(りゆうぐうじやう)()高天原(たかあまはら)(ふたた)神軍(しんぐん)()(かへ)つた。085ここに稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)は、086言霊別命(ことたまわけのみこと)087吾妻別(あづまわけ)らを(ひき)ゐてふたたび竜宮城(りゆうぐうじやう)帰還(きくわん)したまうた。088万寿山(まんじゆざん)鷹松別(たかまつわけ)089有国別(ありくにわけ)らの諸神将(しよしんしよう)をしてこれを守備(しゆび)せしむることとなつた。
090 (はなし)かはつて天稚彦(あめのわかひこ)は、091唐子姫(からこひめ)(こころ)(うば)はれ、092壇山(だんざん)()ててなほも山奥(やまおく)(ふか)くわけいり、
093『お(まへ)一緒(いつしよ)(くら)すなら、094たとへ()(すゑ)(やま)(おく)095(とら)(おほかみ)住家(すみか)にて、096(たけ)(はしら)(かや)屋根(やね)097手鍋(てなべ)()げてもかまやせぬ』
098といふやうな状態(じやうたい)にて、099わづかの(いほり)(むす)夫婦(ふうふ)きどりで(しばら)(くら)してゐた。
100 ある(とき)天稚彦(あめのわかひこ)近辺(ほとり)(やま)()()りて、101(うさぎ)()つて(かへ)つてきた。102唐子姫(からこひめ)(をつと)留守(るす)()(ゆる)し、103(あた)りに(ひび)鼾声(かんせい)(はつ)し、104よく寝入(ねい)つてゐた。105天稚彦(あめのわかひこ)はひそかに(そと)より(のぞ)いて()た。106唐子姫(からこひめ)姿(すがた)はどこへ()つたか(かげ)もなく、107寝間(ねま)には銀毛八尾白面(ぎんまうはちびはくめん)悪狐(あくこ)(ねむ)つてゐる。108天稚彦(あめのわかひこ)はおほいに(おどろ)き、109かつ(いか)り、
110『この邪神(じやしん)()111わが不在(ふざい)(うかが)ひ、112最愛(さいあい)唐子姫(からこひめ)()(ころ)(はら)(ふく)らせ、113安閑(あんかん)仮眠(いねむ)りをるとは心憎(こころにく)し。114(つま)(かたき)115(おも)()れよ』
116(ゆみ)()をつがひ、117悪狐(あくこ)をめがけて発止(はつし)()かけた。118この(とき)(おそ)く、119かの(とき)(はや)く、120悪狐(あくこ)はたちまち白煙(はくえん)となつて()()せた。121いづこともなく唐子姫(からこひめ)(こゑ)として、
122『われは常世姫(とこよひめ)部下(ぶか)魔神(まがみ)なり。123竜宮城(りゆうぐうじやう)占領(せんりやう)せむために花森彦(はなもりひこ)(おび)()し、124(いま)また(なんぢ)をこの山奥(やまおく)(さそ)ひ、125その通力(つうりき)(うしな)はしめたり。126(われ)はこれより常世(とこよ)(くに)馳帰(はせかへ)賞賜(しやうし)(あづ)からむ。127(なんぢ)はすみやかに竜宮城(りゆうぐうじやう)(かへ)り、128この失敗(しつぱい)(つつ)(かく)さず物語(ものがた)り、129唐子姫(からこひめ)眉毛(まゆげ)をよまれ、130(しり)()一本(いつぽん)(のこ)らず引抜(ひきぬ)かれたり。131(くや)残念(ざんねん)(こば)りこばりてここまで(かへ)りきました。132(いま)までの(つみ)はお(ゆる)(くだ)さいと、133女房(にようばう)稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)(あたま)()げて、134三拝九拝(さんぱいきうはい)せよ』
135言葉(ことば)途切(とぎ)るとともに、136カラカラと嘲笑(あざわら)ひの(こゑ)次第(しだい)(とほ)くなりゆくのであつた。137(みこと)(おほ)いに(いか)り、138(こゑ)する(はう)中空(ちゆうくう)()がけて()()つた。139()(あやふ)くも(みこと)肩先(かたさき)をすれずれにうなりを()てて()ちきたり、140(じつ)危機一髪(ききいつぱつ)(あひだ)であつた。141天稚彦(あめのわかひこ)はこれより諸方(しよはう)流浪(るらう)し、142種々(しゆじゆ)艱苦(かんく)()めつつすごすごと竜宮城(りゆうぐうじやう)(かへ)ることとなつた。
143大正一〇・一一・八 旧一〇・九 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)