霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四六章 天則(てんそく)違反(ゐはん)〔九六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 篇:第7篇 天地の大道 よみ:てんちのだいどう
章:第46章 第2巻 よみ:てんそくいはん 通し章番号:96
口述日:1921(大正10)年11月08日(旧10月09日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年1月27日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
天稚彦は諸方を流浪し、万寿山を守っていた吾妻別のもとを訪ねた。吾妻別は天稚彦であると認め、竜宮城に使いを送って、天稚彦の帰還を知らせた。しかしそれを聞いた稚桜姫命は顔色蒼白となり、唇は震えていた。
天稚彦が帰還したとき、稚桜姫命は狼狽のあまり、袴を後ろ前にはき、上衣の裏を着るなど周章ぶりはひとかたならなかった。
天稚彦は到着するやいなや、鉄拳を振り上げて玉照彦を打ち据えた。玉照彦は息も絶え絶えになりながら、天測違反の罪を告白すると、息絶えた。
国治立命はその場にご神姿を現し、天稚彦、稚桜姫命を天則違反の罪によって、幽界に落とし、幽庁を主宰せしめることを言い渡した。ここに二神司は三千年の忍び難き苦しみを受けることとなった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0246
愛善世界社版:233頁 八幡書店版:第1輯 242頁 修補版: 校定版:237頁 普及版:111頁 初版: ページ備考:
001 ここに天稚彦(あめのわかひこ)唐子姫(からこひめ)妖魅(えうみ)(たぶ)らかされ、002諸方(しよはう)流転(るてん)し、003山野河海(さんやかかい)跋渉(ばつせう)し、004(ゆき)(あした)(しも)(ゆふべ)(あし)(いた)め、005風雨(ふうう)(さら)され、006晩秋(ばんしう)案山子(かがし)(ごと)きみすぼらしき姿(すがた)となりて万寿山(まんじゆざん)城下(じやうか)(あら)はれ、007神司(かみがみ)門戸(もんこ)をたたき、008乞食(こじき)姿(すがた)となつてあらはれた。
009 たまたま吾妻別(あづまわけ)門戸(もんこ)をたたく(もの)がある。010その(おと)はどこともなくことなれる(ひび)きであるを(かん)じ、011吾妻別(あづまわけ)はみづから()つて(もん)(ひら)きみれば、012一個(いつこ)(いや)しき漂浪神(さすらひがみ)()つてゐて、013(みこと)(かほ)(なが)め、
014(なんぢ)吾妻別(あづまわけ)(あら)ずや』
015といつた。016(みこと)従臣(じゆうしん)滝彦(たきひこ)(はし)りきたり、017その神司(かみ)にむかつて、
018(なんぢ)はいづれの神司(かみ)()らざれども、019(わが)門戸(もんこ)()ち、020(わが)主人(あるじ)にむかつて()呼捨(よびす)てになす不届者(ふとどきもの)021一時(いちじ)(はや)くこの()立去(たちさ)れ。022(いな)むにおいてはこの(とほ)り』
023といふより(はや)棍棒(こんぼう)をもつて頭上(づじやう)殴打(おうだ)した。024そのはづみに急所(きふしよ)をはづれて(かさ)()()つた。025漂浪神(さすらひがみ)眼光烱々(がんくわうけいけい)として()るごとく、026言葉(ことば)するどく、
027無礼者(ぶれいもの)
028(ののし)つた。
029 吾妻別(あづまわけ)(はじ)めて天稚彦(あめのわかひこ)()れの()てなることを(さと)り、030従臣(じゆうしん)無礼(ぶれい)(しや)し、031ねんごろに()()万寿山(まんじゆざん)城内(じやうない)(むか)へたてまつり、032(あたら)しき神衣(しんい)(たてまつ)つた。033(いま)までの案山子(かがし)のごとく(やつ)れたる神司(かみ)は、034たちまち豊頬(ほうけい)円満(ゑんまん)なる天晴勇将(あつぱれゆうしやう)(かは)りたまうた。035吾妻別(あづまわけ)信書(しんしよ)(したた)め、036滝彦(たきひこ)使者(ししや)として竜宮城(りゆうぐうじやう)につかはし、037稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)に、
038天稚彦(あめのわかひこ)039万寿山(まんじゆざん)(かへ)りたまひ、040しばらく休養(きうやう)されしのち、041ふたたび竜宮城(りゆうぐうじやう)帰還(きくわん)したまはむとす。042すみやかに歓迎(くわんげい)準備(じゆんび)あらむことを()ふ』
043といふ意味(いみ)文面(ぶんめん)であつた。
044 大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)はまづこの信書(しんしよ)をひらき、045一見(いつけん)して(おほ)いに(よろこ)び、046稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)(さだ)めて満足(まんぞく)したまはむと、047みづから心中(しんちゆう)雀躍(こをど)りしながら、048稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)御前(みまへ)()で、049委細(ゐさい)言上(ごんじやう)した。
050 (みこと)はさだめて御喜(およろこ)びのことと(おも)ひきや、051その御顔(おんかほ)には(あや)しき(くも)がただようた。052側近(そばちか)(つか)へゐたる玉照彦(たまてるひこ)は、053にはかに顔色(がんしよく)蒼白(さうはく)となり、054(くちびる)はぶるぶると(ふる)へだした。
055 大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)合点(がつてん)ゆかず、056その()引退(ひきさが)つた。057このとき滝彦(たきひこ)は、058天稚彦(あめのわかひこ)(いま)までの御経歴(ごけいれき)(かた)り、059かつ稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)にたいし、060(だい)なる(うたがひ)(いだ)(たま)ふことを()べた。061大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)一室(ひとま)()りて、062双手(もろて)()思案(しあん)(とき)(うつ)し、063この(たび)(みこと)態度(たいど)といひ、064玉照彦(たまてるひこ)様子(やうす)といひ、065(じつ)(あや)しさのかぎりである。066しかし律法(りつぱう)(きび)しき竜宮城(りゆうぐうじやう)主神(しゆしん)として天則(てんそく)(やぶ)りたまふごとき失態(しつたい)あるべき理由(りいう)なしと、067とつおいつ煩悶(はんもん)苦悩(くなう)してゐた。
068 しばらくあつて城内(じやうない)はにはかに(さわ)がしく、069天稚彦(あめのわかひこ)御帰城(ごきじやう)なりとて、070右往左往(うわうさわう)神司(かみがみ)奔走(ほんそう)しはじめた。071ここに花森彦(はなもりひこ)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)(まへ)()で、072夫君(をつとぎみ)御帰城(ごきじやう)なり、073一時(いちじ)もはやく稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)みづから出迎(でむか)へたまふやう、074御執成(おとりな)しあらむことをと、075(かほ)()みを(ふく)んで進言(しんげん)した。
076 花森彦(はなもりひこ)はすでに善道(ぜんだう)復帰(たちかへ)り、077律法(りつぱう)をよく(まも)りつつあれば、078唐子姫(からこひめ)(うば)はれしことは、079(すこ)しも念頭(ねんとう)にかけてゐなかつた。080ここに稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)周章狼狽(しうしやうらうばい)のあまり、081(はかま)前後(まへうしろ)にはき、082上着(うはぎ)(うら)()るなどして、083あわてて出迎(でむか)へられた。084しかして玉照彦(たまてるひこ)相変(あひかは)らず、085御手(おんて)をひき(みこと)(いたは)りつつ(むか)へた。
086 天稚彦(あめのわかひこ)は、087いきなり(もの)をもいはず鉄拳(てつけん)()りあげ、088玉照彦(たまてるひこ)()ちすゑた。089稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)はおほいに(おどろ)き、090玉照彦(たまてるひこ)(いだ)きあげむとしたまうた。
091 玉照彦(たまてるひこ)(いき)もたえだえに、
092『われは厳重(げんぢう)なる規律(きりつ)(やぶ)り、093天則(てんそく)違反(ゐはん)し、094ここに(みこと)のために()たれて(ほろ)びむとす。095これ国治立命(くにはるたちのみこと)御神罰(ごしんばつ)なり。096(ゆる)したまへ』
097真心(まごころ)より大神(おほかみ)(いの)りを(ささ)げ、098たちまち城内(じやうない)(つゆ)()えた。
099 諸神司(しよしん)はこの光景(くわうけい)をながめ、100二神司(にしん)(あひだ)をいかにして(なだ)(たてまつ)らむやと苦心(くしん)した。
101 このとき国治立命(くにはるたちのみこと)神姿(しんし)(あら)はし、102二神司(にしん)(まへ)()ち、
103夫婦(ふうふ)戒律(かいりつ)(やぶ)りたる極重罪(ごくじうざい)悪神(あくしん)なり。104天地(てんち)規則(きそく)(てら)し、105天稚彦(あめのわかひこ)106稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)は、107すみやかに幽界(いうかい)にいたり、108幽庁(いうちやう)主宰者(しゆさいしや)たるべし』
109厳命(げんめい)された。110地上(ちじやう)(をさ)め、111その(うへ)天上(てんじやう)にいたりて神政(しんせい)掌握(しやうあく)さるべき運命(うんめい)(かみ)112稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)は、113やがては(てん)より(たか)()(はな)の、114色香(いろか)()せたる紫陽花(あぢさゐ)や、115(かは)ればかはる()宿世(すぐせ)116いよいよここに、117二神司(にしん)地獄(ぢごく)(かま)焦起(こげおこ)し、118三千年(さんぜんねん)の、119(しの)びがたき(くる)しみを()けたまうこととなつた。
120大正一〇・一一・八 旧一〇・九 外山豊二録)