霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四七章 天使(てんし)降臨(かうりん)〔九七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 篇:第7篇 天地の大道 よみ:てんちのだいどう
章:第47章 第2巻 よみ:てんしのこうりん 通し章番号:97
口述日:1921(大正10)年11月08日(旧10月09日) 口述場所: 筆録者:栗原七蔵 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年1月27日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
シオン山と竜宮城の戦闘に破れた常世姫は、ロッキー山、ウラル山、バイカル湖、死海に向けて伝令を下した。すると死海の水はにわかに沸騰し、天に沖して原野を濁水に変じ、悪鬼となった。
ウラル山は鳴動し、八頭八尾の悪竜と化し、あまたの悪竜・悪蛇を吐き出した。バイカル湖の水は赤色を帯びて血なまぐさい雨となって降り注いだ。揚子江の上流である西蔵、天竺国境の青雲山から火焔が吐き出され、金毛九尾の悪狐となり、その口から数多の悪狐を四方に吐き出した。
天足彦、胞場姫の霊から出生した金毛九尾白面の悪狐は、天竺にくだり、ウラル山麓の原野にあらわれた。そして、八頭八尾の悪竜の一派であるコンロン王の妃となった。
しかしコンロン姫はコンロン王を滅ぼしてウラル山一帯を掌握しようと、仏頂山の鬼竜王と通じていた。それを知ったコンロン王の部下・コルシカは鬼竜王を攻撃した。常世の国の援軍は、仏頂山に進んで荒鷲、猛虎、獅子、狼となって散乱した。ここに敵味方入り乱れた同士討ちの混乱が始まった。
このとき地の高天原では国治立命が、大八洲彦命に命じて芭蕉の葉に律法を記し、もって混乱を収めようとしたが、用いる者無く失敗した。天上からは高照姫命が降り、一刻も早く地上の混乱を収めるように、と国治立命に神意を伝えた。
国治立命は混乱の収拾を確約し、国照姫命は天上に帰還した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0247
愛善世界社版:238頁 八幡書店版:第1輯 244頁 修補版: 校定版:242頁 普及版:113頁 初版: ページ備考:
001 ここに常世姫(とこよひめ)は、002竜宮城(りゆうぐうじやう)(やぶ)れ、003金毛八尾(きんまうはつぴ)悪狐(あくこ)(へん)じ、004常世城(とこよじやう)()げかへり、005魔神(ましん)八頭八尾(やつがしらやつを)大蛇(をろち)とともに、006天下(てんか)席捲(せきけん)せむとし、007ロッキー(さん)008ウラル(さん)009バイカル()および死海(しかい)にむかつて伝令(でんれい)をくだした。010死海(しかい)(みづ)はにはかに沸騰(ふつとう)し、011(てん)(ちゆう)するまもなく、012原野(げんや)濁水(だくすゐ)(へん)じて悪鬼(あくき)となつた。013つひにウラル(ざん)はにはかに鳴動(めいどう)をはじめ、014八頭八尾(やつがしらやつを)悪竜(あくりゆう)(くわ)し、015あまたの悪竜蛇(あくりうじや)()きだした。
016 バイカル()(みづ)はにはかに赤色(せきしよく)をおび、017()なまぐさき(あめ)となつて、018四方(しはう)八方(はつぱう)()りそそいだ。019つぎに揚子江(やうすかう)上流(じやうりう)なる西蔵(チベツト)020天竺(てんじく)国境(こくきやう)青雲山(せいうんざん)よりは、021しきりに火焔(くわえん)()きだし、022金毛九尾(きんまうきうび)悪狐(あくこ)となり、023その(くち)よりは数多(あまた)悪狐(あくこ)()き、024各自(かくじ)四方(しはう)散乱(さんらん)した。
025 天足彦(あだるひこ)026胞場姫(えばひめ)(れい)より出生(しゆつしやう)したる金毛九尾白面(きんまうきゆうびはくめん)悪狐(あくこ)は、027ただちに天竺(てんじく)にくだり、028ついでウラル山麓(さんろく)原野(げんや)(あら)はれた。029ここに常磐城(ときはじやう)といふ魔軍(まぐん)(しろ)がある。030その(わう)八頭八尾(やつがしらやつを)悪竜(あくりゆう)一派(いつぱ)にしてコンロン(わう)といふ。031青雲山(せいうんざん)より(あら)はれたる金毛九尾(きんまうきうび)悪狐(あくこ)は、032コンロン(わう)(まへ)(あら)はれ、033たちまち婉麗(ゑんれい)ならびなき女性(によしやう)(くわ)し、034コンロン(わう)(あい)されつひにその(きさき)となり、035()をコンロン(ひめ)とつけられた。
036 コンロン(ひめ)はウラル(さん)一帯(いつたい)掌握(しやうあく)せむとし、037まづコンロン(わう)(ほろ)ぼさむとして仏頂山(ぶつちやうざん)魔王(まわう)038鬼竜王(きりゆうわう)(くわん)(つう)じてゐた。039コンロン(わう)従臣(じゆうしん)コルシカはコンロン(ひめ)悪計(あくけい)(さと)り、040夜陰(やいん)(じやう)じてこれを暗殺(あんさつ)した。041コンロン(わう)鬼竜王(きりゆうわう)悪計(あくけい)()り、042悪竜(あくりゆう)をして、043(ちか)づき攻撃(こうげき)せしめた。044鬼竜王(きりゆうわう)は、045死力(しりよく)をつくして(たたか)ふた。046このとき常世国(とこよのくに)ロッキー(さん)より常世姫(とこよひめ)魔軍(まぐん)黒雲(こくうん)となり、047(かぜ)(おく)られて、048仏頂山(ぶつちやうざん)(ちか)(すす)んだ。049空中(くうちゆう)よりは(くろ)雲塊(うんくわい)(あめ)のごとく地上(ちじやう)落下(らくか)し、050たちまち荒鷲(あらわし)(へん)じ、051猛虎(まうこ)となり、052獅子(しし)(くわ)し、053(おほかみ)となつて諸方(しよはう)散乱(さんらん)し、054ここに驚天動地(きやうてんどうち)大混乱(だいこんらん)(はじ)まつたのである。055敵味方(てきみかた)区別(くべつ)なく、056世界(せかい)大混乱(だいこんらん)状態(じやうたい)(おちい)り、057味方(みかた)同志討(どうしうち)諸方(しよはう)勃発(ぼつぱつ)した。
058 海上(かいじやう)には黒竜(こくりう)火焔(くわえん)()きつつ(たが)ひに(あひ)(あらそ)ひ、059勝敗(しようはい)(さだ)まらず、060暴風(ばうふう)()(すさ)み、061血雨(ちあめ)(たき)のごとく(くだ)り、062洪水(こうずゐ)おこりて(やま)をも(ぼつ)せむとするにいたつた。063天空(てんくう)には幾千万(いくせんまん)とも(かず)かぎりなき怪鳥(くわいてう)(つばさ)をならべて前後(ぜんご)左右(さいう)にかけめぐり、064空中(くうちゆう)衝突(しようとつ)して、065あるひは地上(ちじやう)に、066あるひは海上(かいじやう)落下(らくか)し、067火焔(くわえん)濛々(もうもう)としてたちあがり、068(たか)(やま)はほとんど()けうせ、069水上(すゐじやう)地震(ぢしん)のために巨浪(きよらう)(やま)をなし、070天地(てんち)もほとんど破壊(はくわい)せむばかりであつた。
071 このとき()高天原(たかあまはら)に、072国治立命(くにはるたちのみこと)(あら)はれたまひ、073大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)(めい)じて、074天上(てんじやう)天則(てんそく)をもつて地上(ちじやう)宣伝(せんでん)せむとしたまうた。075八百万(やほよろづ)神司(かみ)はこの(むね)奉戴(ほうたい)し、076(あま)鳥船(とりふね)()諸方(しよはう)()けめぐり、077天則(てんそく)芭蕉(ばせう)()(しる)し、078世界(せかい)各地(かくち)撒布(さんぷ)せしめた。079されど一柱(ひとり)とてこれを(もち)ゐる(もの)はなく、080かへつてこれを嘲笑(てうせう)するばかりである。081大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)はやむをえず、082(ひと)まづ()高天原(たかあまはら)帰還(きくわん)された。
083 このとき天上(てんじやう)より嚠喨(りうりよう)たる音楽(おんがく)()こえ、084数多(あまた)従神(じゆうしん)をともなひ、085いういうとして()高天原(たかあまはら)めがけて(くだ)りきたる荘厳(さうごん)女神(めがみ)があつた。086女神(めがみ)第一着(だいいつちやく)竜宮城(りゆうぐうじやう)(あら)はれ、087城内(じやうない)にしばし光玉(くわうぎよく)(くわ)して休息(きうそく)し、088ふたたび(もと)女神(めがみ)となり、089従神(じゆうしん)とともに()高天原(たかあまはら)なる、090国治立命(くにはるたちのみこと)宮殿(きうでん)()かせたまひ、
091『この(たび)地上(ちじやう)大混乱(だいこんらん)たちまち天上(てんじやう)影響(えいきやう)し、092天上(てんじやう)状態(じやうたい)はあたかも乱麻(らんま)のごとし。093一時(いちじ)(はや)大地(だいち)修理固成(しうりこせい)し、094もつて天上(てんじやう)混乱(こんらん)(をさ)められよ。095(われ)()大神(おほかみ)神使(しんし)096高照姫命(たかてるひめのみこと)なり』
097(つた)へられた。
098 国治立命(くにはるたちのみこと)神意(しんい)(かしこ)み、099すみやかに地上(ちじやう)混乱(こんらん)(をさ)め、100天界(てんかい)安全(あんぜん)ならしめ、101もつて天津大神(あまつおほかみ)御目(おんめ)にかけむと(こた)へられた。102高照姫命(たかてるひめのみこと)(おほ)いに(よろこ)び、103大神(おほかみ)もさぞ御満足(ごまんぞく)思召(おぼしめ)すらむ。104(わらは)(いそ)ぎ、105貴神(きしん)答辞(たふじ)復命(ふくめい)したてまつらむ、106(よろこ)(いさ)んで天上(てんじやう)紫雲(しうん)とともに(かへ)りたまうた。
107大正一〇・一一・八 旧一〇・九 栗原七蔵録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)