霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四八章 律法(りつぱう)審議(しんぎ)〔九八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 篇:第7篇 天地の大道 よみ:てんちのだいどう
章:第48章 第2巻 よみ:りっぽうのしんぎ 通し章番号:98
口述日:1921(大正10)年11月09日(旧10月10日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年1月27日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
天稚彦、稚桜姫命が律法によって罰せられ、幽界に落とされてから、竜宮城と地の高天原では律法はよく守られていた。
言霊別命は、独り者となっていた花森彦に妻を選定しようと提案したが、諸神は、天稚彦と稚桜姫命の堕落のもとを作ったのは花森彦であるとして、賛同しなかった。
肉体上の罪はおろか、霊魂上の罪まで前世にさかのぼって律法で裁かれるべきである、と主張する諸神に対して、言霊別命は、自分は言霊姫を妻とするまでに何度か妻を変えたので、まずは自分が幽界に落ちる、と宣言した。
そして律法違反の罪が一切無い神々がいったい幾柱あるのか、と大声で呼ばわった。神々はただ、うなだれるのみであった。
天上より天津神・国直姫命が下り、国治立命が天上で律法の解釈について天津神と協議した結果、これまでの罪は問わないが、以降は霊魂上までさかのぼって罪が償却されるまで罰せられることとなった、と伝えた。
国直姫命は竜宮城にとどまって、稚桜姫命の職を襲った。また花森彦は国栄姫との婚姻を許された。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0248
愛善世界社版:242頁 八幡書店版:第1輯 245頁 修補版: 校定版:246頁 普及版:115頁 初版: ページ備考:
001 国治立命(くにはるたちのみこと)が、002天道別命(あまぢわけのみこと)とともに天地(てんち)律法(りつぱう)制定(せいてい)され、003その第一(だいいち)着手(ちやくしゆ)に、004稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)律法(りつぱう)犠牲(ぎせい)となり、005幽界(いうかい)(くだ)りたまうた。006それより竜宮城(りゆうぐうじやう)も、007()高天原(たかあまはら)も、008神司(かみがみ)謹慎(きんしん)により、009律法(りつぱう)厳粛(げんしゆく)(まも)られてゐた。
010 さて一夫一婦(いつぷいつぷ)制定(せいてい)により、011花森彦(はなもりひこ)身上(みのうへ)について(ひと)つの問題(もんだい)がおこつた。012ここに言霊別命(ことたまわけのみこと)は、013花森彦(はなもりひこ)孤独(こどく)(あわれ)み、014相当(さうたう)(つま)選定(せんてい)し、015夫婦(ふうふ)うちそろひ、016神業(しんげふ)参加(さんか)せしめむことを提議(ていぎ)した。017神国別命(かみくにわけのみこと)以下(いか)諸神将(しよしんしよう)は、018鳩首(きうしゆ)謀議(ぼうぎ)結果(けつくわ)019言霊別命(ことたまわけのみこと)提議(ていぎ)理由(りいう)なしとして、020(はうむ)らむとした。021その理由(りいう)は、
022天稚彦(あめのわかひこ)023稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)堕落(だらく)せしめたる原因(げんいん)は、024花森彦(はなもりひこ)である。025肝腎(かんじん)主神(しゆしん)幽界(いうかい)()ちたまひし(のち)に、026安閑(あんかん)として(つま)(めと)り、027雪隠(せつちん)にひそみて饅頭(まんじゆう)くらひしごとく素知(そし)らぬ顔色(かほいろ)なしをるは、028(じつ)無責任(むせきにん)にして()道義的(だうぎてき)罪悪(ざいあく)である。029(ひら)たくいへば花森彦(はなもりひこ)は、030二柱(ふたはしら)とともに(つみ)(じゆん)じ、031幽界(いうかい)にいたつてこれに奉仕(ほうし)すべきが、032神司(かみ)たるものの当然(たうぜん)行動(かうどう)であらねばならぬ』
033といふのであつた。034城内(じやうない)諸神将(しよしんしよう)満場(まんぢやう)一致(いつち)035()()つて神国別命(かみくにわけのみこと)意見(いけん)賛成(さんせい)した。
036 言霊別命(ことたまわけのみこと)は、
037今回(こんくわい)事件(じけん)原動力(げんどうりよく)(けつ)して花森彦(はなもりひこ)にあらず。038奸佞(かんねい)邪智(じやち)にたけたる常世姫(とこよひめ)原動力(げんどうりよく)である。039ゆゑに花森彦(はなもりひこ)(つま)(きん)ずるに(さき)だち、040まづ常世姫(とこよひめ)改心(かいしん)せしめ、041幽界(いうかい)(おもむ)かしめよ』
042言葉(ことば)(つよ)めて主張(しゆちやう)した。043かくして(たが)ひに議論(ぎろん)()てなかつた。044つひには真澄姫(ますみひめ)裁断(さいだん)()ふこととなつた。045真澄姫(ますみひめ)は、
046花森彦(はなもりひこ)妻帯(さいたい)は、047(だん)じて(ゆる)すべからず』
048裁決(さいけつ)した。049八百万(やほよろづ)神人(かみがみ)はこの(せつ)賛成(さんせい)をした。
050 ここに言霊別命(ことたまわけのみこと)(いろ)をなし、
051天地(てんち)律法(りつぱう)既往(きわう)(さかのぼ)りてこれを(ばつ)すべきや』
052質問(しつもん)した。053神司(かみがみ)は、
054肉体上(にくたいじやう)既往(きわう)はおろか、055過去(くわこ)における霊魂(れいこん)(つみ)今回(こんくわい)律法(りつぱう)によりて(ばつ)すべきもの』
056主張(しゆちやう)したのである。057言霊別命(ことたまわけのみこと)は、
058(しか)らばまづ第一(だいいち)(われ)(つみ)せよ。059(われ)言霊姫(ことたまひめ)(をつと)となるまでに、060数回(すうくわい)(つま)()へたり。061過去(くわこ)霊魂(れいこん)(つみ)確知(かくち)せずといへども、062肉体上(にくたいじやう)における律法(りつぱう)違反(ゐはん)は、063確乎(かくこ)たる証拠(しようこ)あり』
064といひはなち、065かついふ。
066諸神司(しよしん)にして(はて)してこの律法(りつぱう)()れざるもの幾柱(いくはしら)かある』
067大声叱呼(たいせいしつこ)された。068いづれの神司(かみがみ)(いま)まで自分(じぶん)(つみ)(たな)にあげ、069素知(そし)らぬ(かほ)(かく)してゐたのを()()ぬかれ、070猿猴(ゑんこう)樹上(じゆじやう)よりたたき(おと)されしごとき(こころ)()ちとなり、071いづれもアフンとして沈黙(ちんもく)におちてしまつた。072いづれの神司(かみ)もここにいたつて()いた(くち)がすぼまらず、073(だれ)もかれも雪隠(せつちん)饅頭(まんぢゆう)()ふた系統(ひつぽう)神司(かみ)ばかりであつた。
074 神司(かみがみ)らは言霊別命(ことたまわけのみこと)事理明白(じりめいはく)なる一言(いちごん)(きも)をぬかれ、075石亀(いしかめ)横槌(よこづち)()(うへ)(かふ)をのせられ、076(くび)()ばしてもがきつつ進退(しんたい)きはまりし体裁(ていさい)にて、077()(あし)もつけやうがなかつた。
078 言霊別命(ことたまわけのみこと)は、
079諸神司(しよしん)意見(いけん)にして(はて)して正当(せいたう)ならば、080(われ)には(だい)なる決心(けつしん)あり。081(われ)まづ、082天則(てんそく)違反(ゐはん)罪神(ざいしん)として裁断(さいだん)をうけ、083幽界(いうかい)にくだらむ。084諸神司(しよしん)はいづれも清廉潔白(せいれんけつぱく)神司(かみ)にましませば、085(けつ)して幽界(いうかい)(くだ)されたまふごとき(あん)じは毛頭(まうとう)なかるべし。086さらばこれより国治立命(くにはるたちのみこと)御前(みまへ)()()(つみ)自白(じはく)し、087その処置(しよち)甘受(かんじゆ)せむ』
088()ちあがらむとするを、089諸神司(しよしん)はあわててこれを()きとめ、
090短気(たんき)損気(そんき)091しばらく()たれよ』
092大手(おほて)をひろげて(みこと)(まへ)()ちふさがるのであつた。093言霊別命(ことたまわけのみこと)はをかしさにたへず、094(おも)はず失笑(しつせう)せむとしたが、095にはかに律法(りつぱう)精神(せいしん)(おも)ひだし、096無理(むり)にこれをおさへた。
097 そのとき真鉄彦(まがねひこ)(はし)りいで、
098(ふた)をあくれば(いづ)れの神司(かみがみ)同様(どうやう)ならむ。099(おな)(あな)(きつね)100同僚(どうれう)情誼(じやうぎ)をもつて、101まづ(おも)ひとどまりたまへ』
102諫止(かんし)した。103言霊別命(ことたまわけのみこと)は、
104天地(てんち)律法(りつぱう)依怙(えこ)なし。105(われ)過去(くわこ)(つみ)によつて裁断(さいだん)()けむ。106(とど)めたまうな』
107(そで)()りきつて()かむとす。108をりしも安世彦(やすよひこ)(くち)をひらいて、
109『まづこの()はこれにて(しづ)まりたまへ。110(かたき)(すゑ)()()つて()()らす。111まづ第一(だいいち)常世姫(とこよひめ)(ほろ)ぼし禍根(くわこん)()つに()かず』
112とこともなげにいつた。113言霊別命(ことたまわけのみこと)は、
114(ほろ)ぼすとは(ころ)すといふことならむ。115(ころ)すといふ行為(かうゐ)天地(てんち)律法(りつぱう)違反(ゐはん)せずや』
116一本(いつぽん)(まゐ)つた。117安世彦(やすよひこ)(あたま)をかき、
118『これは失言(しつげん)いたしました』
119()きさがる。120この光景(くわうけい)()たるあまたの神司(かみがみ)は、121あたかも(とかげ)のあくびしたやうな顔色(おももち)にて、122(くち)(ひら)きアフンとしてゐたのである。
123 をりしも天上(てんじやう)より一道(いちだう)光明(くわうみやう)赫灼(かくしやく)として、124衆神司(しうしん)のまへに(つよ)放射(はうしや)するよと()るまに、125(うるは)しき威厳(ゐげん)そなはれる女神(めがみ)(くだ)りきたり、126中央(ちうあう)にしとやかに端座(たんざ)せられた。127この(かみ)国直姫命(くになほひめのみこと)である。128国直姫命(くになほひめのみこと)神司(かみがみ)にむかひ、129ただいま国治立命(くにはるたちのみこと)天上(てんじやう)にのぼり、130律法(りつぱう)解釈(かいしやく)につき、131天津神(あまつかみ)とともに御詮議(ごせんぎ)ありし結果(けつくわ)
132律法(りつぱう)制定前(せいていぜん)(つみ)今回(こんくわい)かぎり()はざるべし。133今後(こんご)世界(せかい)における(すべ)ての罪悪(ざいあく)厳重(げんぢう)処罰(しよばつ)し、134霊魂上(れいこんじやう)(つみ)償却(しやうきやく)するまでは永遠(ゑいゑん)(つみ)さるるべし』
135との御決定(ごけつてい)なりと、136言葉(ことば)おごそかに宣示(せんじ)せられた。137そして国直姫命(くになほひめのみこと)は、138稚桜姫命(わかざくらひめのみこと)天職(てんしよく)をおそひ、139竜宮城(りゆうぐうじやう)にとどまり()高天原(たかあまはら)(をさ)めたまふこととなつた。140かくて花森彦(はなもりひこ)国栄姫(くにさかひめ)一名(いちめい)花森姫(はなもりひめ)との結婚(けつこん)(ゆる)さるることとなつた。
141大正一〇・一一・九 旧一〇・一〇 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)