霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

総説

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:前付 よみ:
章:総説 よみ:そうせつ 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年01月 口述場所: 筆録者:王仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
天地が分かれて日地月星、草木中魚が現れ、おのおの分掌の神を定めて守護せしめられた。
大神は人体の元祖神として天足彦、胞場姫を生んで天の益人の種となした。しかし天足彦、胞場姫は神勅にそむいて体主霊従の果実を食し、子孫に悪念を残した。また、その邪念からは強力な一群の悪霊が生まれ、世界を混乱に陥れた。
悪霊たちは、力の強い神人らに乗り移って、国治立命らを隠退させ、代わりに盤古大神を奉じ、世界を物質主義・優勝劣敗・弱肉強食の暗黒界にしたててしまう。
そこで天の三体の大神はこの状況を座視するにしのびず、ふたたび国治立命の出現を命じ、理想の神代を実現しようとする。物語はこの次第を略述したものである。
本巻は国大立命、金勝要神、大将軍沢田彦命が隠退するまでを述べたものであり、無始無終の霊界の一部を物語っているに過ぎない。願わくは霊界一部の消息を探知することで、霊主体従の身魂に立ち返り、世界万国のために弥勒の神業に奉仕されるようになることを望む次第である。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm030003
愛善世界社版:1頁 八幡書店版:第1輯 259頁 修補版: 校定版:3頁 普及版:1頁 初版: ページ備考:
001 天地剖判(てんちぼうはん)して大地(だいち)002()003(つき)004星辰(せいしん)(あら)はれ、005地上(ちじやう)には樹草(じゆさう)006人類(じんるゐ)007(けだもの)008(とり)009(うを)010(むし)発生(はつせい)せしめ、011各自(かくじ)分掌(ぶんしやう)(かみ)(さだ)めてこれを守護(しゆご)せしめたまひける。
012 大神(おほかみ)人体(じんたい)元祖神(ぐわんそしん)として天足彦(あだるひこ)013胞場姫(えばひめ)()みたまひ、014(あめ)益人(ますひと)(たね)()したまひたり。015しかるに天足彦(あだるひこ)胞場姫(えばひめ)のために神勅(しんちよく)にそむきて霊主体従(れいしゆたいじゆう)本義(ほんぎ)(わす)れ、016つひに体主霊従(ちえ)果実(このみ)(しよく)し、017霊性(れいせい)たちまち悪化(あくくわ)して子孫(しそん)悪念(あくねん)(のこ)したるのみならず、018邪念(じやねん)はおのづから()つて八頭八尾(やつがしらやつを)大蛇(をろち)(へん)じ、019あるひは金毛九尾(きんまうきうび)悪狐(あくこ)(くわ)し、020六面八臂(ろくめんはつぴ)魔鬼(まき)となり、021世界(せかい)混乱(こんらん)紛擾(ふんぜう)せしめ、022国治立大神(くにはるたちのおほかみ)023国直姫命(くになほひめのみこと)024大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)以下(いか)諸神(しよしん)()(くに)隠退(いんたい)せしめ、025盤古大神(ばんこだいじん)塩長彦(しほながひこ))を(ほう)じて国治立大神(くにはるたちのおほかみ)聖職(せいしよく)(かは)らしめ、026塩長姫(しほながひめ)をして国直姫命(くになほひめのみこと)(しよく)をおそはしめ、027八王大神(やつわうだいじん)常世彦(とこよひこ))をして大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)(しよく)(つかさど)らしめ、028常世姫(とこよひめ)をして豊国姫命(とよくにひめのみこと)にかはらしめ、029和光同塵的(わくわうどうじんてき)神策(しんさく)()き、030一時(いちじ)糊塗(こと)して、031大国彦(おほくにひこ)結託(けつたく)し、032世界(せかい)物質(ぶつしつ)主義(しゆぎ)悪化(あくくわ)し、033優勝劣敗(いうしやうれつぱい)034弱肉強食(じやくにくきやうしよく)(たん)(ひら)き、035つひには収拾(しうしふ)すべからざる悪逆(あくぎやく)無道(むだう)暗黒界(あんこくかい)(くわ)せしめ、036その惨状(さんじやう)()もあてられぬ光景(くわうけい)となりたれば、037(てん)三体(さんたい)大神(おほかみ)坐視(ざし)するに(しの)びず、038ここに末法濁世(まつぱふぢよくせ)()短縮(たんしゆく)して(ふたた)国治立命(くにはるたちのみこと)出現(しゆつげん)(めい)じたまひ、039完全無欠(くわんぜんむけつ)理想(りさう)神世(かみよ)出現(しゆつげん)せむとする次第(しだい)略述(りやくじゆつ)せるものなれども、040製本上(せいほんじやう)都合(つがふ)により本巻(ほんくわん)は、041国大立命(くにひろたちのみこと)および金勝要神(きんかつかねのかみ)042大将軍(たいしやうぐん)沢田彦命(さはだひこのみこと)隠退(いんたい)さるるまでの霊界(れいかい)消息(せうそく)(つた)ふることとせり。043ゆゑにこの霊界(れいかい)物語(ものがたり)は、044あたかも大海(たいかい)一滴(いつてき)045九牛(きうぎう)一毛(いちまう)にもおよばず、046無限(むげん)絶対(ぜつたい)047無始(むし)無終(むしう)霊界(れいかい)一部(いちぶ)物語(ものがたり)なれば、048これをもつて霊界(れいかい)全況(ぜんきやう)となすは(あやま)りなり。049(ねが)はくはこの(しよ)をもつて霊界(れいかい)一部(いちぶ)消息(せうそく)探知(たんち)し、050霊主体従(れいしゆたいじゆう)身魂(みたま)()ちかへり、051世界(せかい)万国(ばんこく)のために弥勒(みろく)神業(しんげふ)奉仕(ほうし)されむことを懇望(こんまう)する次第(しだい)なり。052数千年間(すうせんねんかん)歴史上(れきしじやう)事実(じじつ)のみ研究(けんきう)さるる現代(げんだい)人士(じんし)は、053この物語(ものがたり)()みて(ある)ひは怪乱狂暴(くわいらんきやうばう)()るにたらざる痴人(ちじん)夢物語(ゆめものがたり)嘲笑(てうせう)し、054牽強附会(けんきやうふくわい)(げん)となさむは、055むしろ当然(たうぜん)()といふべし。056神諭(しんゆ)(いは)く、
057()(もと)(まこと)生神(いきがみ)が、058時節(じせつ)きたりてこの()(あら)はれ、059因縁(いんねん)ある身魂(みたま)にうつりて太古(むかし)から()ひおきにも、060()きおきにもなきことを、061(ふで)(くち)とで世界(せかい)()らすのであるから、062世界(せかい)人民(じんみん)(うたが)ふて真実(まこと)にいたさぬのは、063もつとものことであるぞよ云々(うんぬん)
064(しめ)されあり。065また、
066『この(かみ)(まを)すことは、067因縁(いんねん)身魂(みたま)でないと、068到底(たうてい)(はら)へは這入(はい)らぬぞよ』
069(しめ)されあり。070ゆゑに神縁(しんえん)(ふか)人士(じんし)にあらざれば、071(だん)じて(しん)(がた)からむ。
072 (えう)は、073(たん)一片(いつぺん)小説(せうせつ)()なしたまふも不可(ふか)なく、074また痴人(ちじん)夢物語(ゆめものがたり)として()まるるも()なり。075ただ天地(てんち)大神(おほかみ)たちの天地修理固成(てんちしうりこせい)容易(ようい)ならざる御艱難(ごかんなん)御苦心(ごくしん)径路(けいろ)拝察(はいさつ)したてまつり、076かつ洪大無辺(こうだいむへん)神恩(しんおん)(むく)ひたてまつり、077人生(じんせい)本分(ほんぶん)(まつた)ふしうる人士(じんし)一人(ひとり)にても出現(しゆつげん)するにいたらば、078口述者(こうじゆつしや)にとりて、079望外(ばうぐわい)欣幸(きんかう)とするところなり。080惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
081  大正十一年一月   王仁識
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。