霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三章 渓間(けいかん)悲劇(ひげき)〔一〇三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:第2篇 新高山 よみ:にいたかやま
章:第3章 渓間の悲劇 よみ:けいかんのひげき 通し章番号:103
口述日:1921(大正10)年11月13日(旧10月14日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
新高山は八王神・花森彦統裁のもとに、八頭神である高国別・高国姫が高砂島一帯を治めていた。
あるとき高国姫は谷間から誤って転落し、人事不省となった。激流に飲まれようとする高国姫を救ったのは、従神の玉手姫であった。玉手姫は救い上げた高国姫を手厚く看護したが、高国姫は病に伏して身体は次第に衰えていくばかりであった。
そんな折、花森彦は高国別を招き、玉手姫を追放するようにと厳命した。高国別、高国姫は献身的な玉手姫を追放せよ、との花森彦の真意が理解できずに憤慨した。また、花森彦の命令に対する怒りから、高国姫は病が悪化して昇天してしまった。
高国別と玉手姫は花森彦を恨み、天使長・大八洲彦命に事の次第を進言しようとした。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2016-12-23 04:26:48 OBC :rm0303
愛善世界社版:17頁 八幡書店版:第1輯 266頁 修補版: 校定版:19頁 普及版:7頁 初版: ページ備考:
001 新高山(にひたかやま)花森彦(はなもりひこ)統裁(とうさい)のもとに、002高国別(たかくにわけ)003高国姫(たかくにひめ)天地(てんち)律法(りつぱう)厳守(げんしゆ)し、004高砂島(たかさごじま)一帯(いつたい)諸神(しよしん)至治太平(しぢたいへい)(をさ)めゐたりしが、005たまたま高国姫(たかくにひめ)谷間(たにま)(くだ)りて清泉(せいせん)()まむとし、006断崕(だんがい)より(あやま)つて(あし)()(はづ)し、007谷間(たにま)転落(てんらく)し、008神事不省(しんじふせい)(おちい)りければ、009侍者(じしや)らは(おほ)いに(おどろ)きて、010これを(すく)ひあげむと百方(ひやつぱう)()をつくしたれども断崕(だんがい)(たか)く、011渓流(けいりう)はげしく、012いかんとも救助(きうじよ)(みち)なく、013侍者(じしや)(おどろ)きあはてこれの顛末(てんまつ)詳細(しやうさい)高国別(たかくにわけ)報告(はうこく)せしより、014急報(きふはう)()きし(をつと)は、015たちまち顔色(がんしよく)蒼白(さうはく)となり、016とるものも()りあへず、017職服(しよくふく)のまま現場(げんば)にかけつけたりける。
018 高国姫(たかくにひめ)渓間(たにま)激流(げきりう)におちいり、019激浪(げきらう)につつまれて、020()きつ(しづ)みつ(もだ)(くる)しみ(すく)ひを()びゐたり。021その(こゑ)次第(しだい)(ほそ)りゆきて、022つひには(むし)()のごとく(おとろ)へきたりぬ。023いかに(すく)はむとするも断巌(だんがん)絶壁(ぜつぺき)(へだ)てられ救助(きうじよ)(みち)なく、024ただ()をつかねて神司(かみがみ)らは、025あれよあれよと絶叫(ぜつけう)するばかり、026傍観(ばうかん)するより(ほか)方法(はうはふ)とてはあらざりにける。
027 ここに高国姫(たかくにひめ)侍者(じしや)玉手姫(たまてひめ)といふ容色(ようしよく)(すぐ)れたる女性(によしやう)ありしが、028玉手姫(たまてひめ)は、
029主神(しゆしん)一大事(いちだいじ)030(われ)生命(せいめい)()へて(すく)ひまつらむ』
031といふより(はや)着衣(ちやくい)()ぎすて、032数百丈(すうひやくぢやう)谷間(たにま)()がけ、033急転(きふてん)直下(ちよくか)034高国姫(たかくにひめ)(おぼ)(くる)しむ(まへ)飛下(とびくだ)り、035高国姫(たかくにひめ)小脇(こわき)にかかへ、036(から)うじて渓流(けいりう)はるかの下流(かりう)(およ)ぎつきこれを(すく)ひあげたり。037高国別(たかくにわけ)夫妻(ふさい)喜悦(きえつ)感謝(かんしや)はたとふるに(もの)もなく、038玉手姫(たまてひめ)高国姫(たかくにひめ)生命(いのち)(おや)として優遇(いうぐう)され、039つひに玉手姫(たまてひめ)二神司(にしん)寵愛(ちようあい)ふかき神司(しんし)となりぬ。
040 高国別(たかくにわけ)041高国姫(たかくにひめ)二神(にしん)は、042玉手姫(たまてひめ)奇智(きち)才略(さいりやく)忠勇心(ちうゆうしん)(ふか)信頼(しんらい)し、043城中(じやうちう)のこと一切(いつさい)は、044玉手姫(たまてひめ)のほとんど指揮(しき)()たざれば何事(なにごと)決定(けつてい)せざるまでに、045漸次(ぜんじ)権勢(けんせい)()るにいたりける。
046 ここに新高山(にひたかやま)中心(ちうしん)とする高砂島(たかさごじま)は、047玉手姫(たまてひめ)(みづ)ももらさぬ経綸(けいりん)によつて(おほ)いに(をさ)まり、048よく天地(てんち)律法(りつぱう)厳守(げんしゆ)し、049上下一致(しやうかいつち)して神政(しんせい)模範(もはん)となり、050(くに)(ほまれ)高砂(たかさご)の、051千歳(ちとせ)(まつ)永久(とこしへ)に、052(おさ)まる御代(みよ)(おも)ひきや、053高国姫(たかくにひめ)渓流(けいりう)()ちたるとき、054身体(しんたい)一部(いちぶ)障害(しやうがい)をきたし、055それが原因(げんいん)となりて大病(たいびやう)(はつ)し、056病床(びやうしやう)呻吟(しんぎん)し、057身体(しんたい)()(おとろ)へゆくばかりなりける。
058 ここに高国別(たかくにわけ)は、059高国姫(たかくにひめ)寵愛(ちようあい)ふかき玉手姫(たまてひめ)をして、060昼夜(ちうや)看護(かんご)尽力(じんりよく)せしめたるに、061玉手姫(たまてひめ)周到(しうたう)なる看護(かんご)(なん)(かう)なく、062(やまひ)日々(にちにち)(おも)りゆくのみなりける。063ここに花森彦(はなもりひこ)高国別(たかくにわけ)(ちか)(まね)き、064玉手姫(たまてひめ)一時(いちじ)(はや)追放(つゐはう)すべく厳命(げんめい)せられたるにぞ、065高国別(たかくにわけ)天使(てんし)(めい)をいぶかり、066()におちぬていにて言葉(ことば)(しづか)に、
067『かれ玉手姫(たまてひめ)忠勇無比(ちうゆうむひ)にして真心(まごころ)より懇切(こんせつ)なる神司(かみ)なり。068高国姫(たかくにひめ)危急(ききふ)(すく)ひたるもまた玉手姫(たまてひめ)なり。069(おほ)くの侍者(じしや)ありといへども、070玉手姫(たまてひめ)のごとき忠実(ちうじつ)なる(もの)(ほか)一柱(ひとはしら)もなし。071しかるに天使(てんし)(なに)をもつて玉手姫(たまてひめ)()ひだせと(めい)じたまふか』
072反問(はんもん)したりけれど、073花森彦(はなもりひこ)は、
074(いま)何事(なにごと)(かた)るべき時期(じき)にあらず、075ただ(わが)(めい)遵奉(じゆんぽう)せば()れり』
076と、077(つる)一声(ひとこゑ)(のこ)して殿内(でんない)ふかく足早(あしばや)(すす)みいりぬ。078しかして高国別(たかくにわけ)(つま)および玉手姫(たまてひめ)にむかつて、079花森彦(はなもりひこ)厳命(げんめい)次第(しだい)物語(ものがたり)れば、080高国姫(たかくにひめ)(おも)(やまひ)(あたま)をもたげながら、081(おどろ)きの()()はり、
082『わが生命(せいめい)玉手姫(たまてひめ)のために(すく)はれ、083(いま)また懇切(こんせつ)なる看護(かんご)()く、084(わらは)にとつて(いのち)(おや)なり。085たとへ天使(てんし)厳命(げんめい)なりといへども、086かかる没義道(もぎだう)なる(めい)には(したが)ひがたし』
087非常(ひじやう)天使(てんし)(うら)興奮(こうふん)結果(けつくわ)つひに上天(しやうてん)したりける。088高国別(たかくにわけ)(つま)憤死(ふんし)()(おほ)いに(かな)しみ、089かつ花森彦(はなもりひこ)(ふか)(うら)むにいたれり。
090 ここに玉手姫(たまてひめ)高国別(たかくにわけ)心中(しんちゆう)(さつ)し、091熱涙(ねつるゐ)をうかべ、092花森彦(はなもりひこ)無情(むじやう)冷酷(れいこく)(いか)り、093高国別(たかくにわけ)をして信書(しんしよ)(したた)天使(てんし)捧呈(ほうてい)せしめける。094その文意(ぶんい)は、
095高国姫(たかくにひめ)天使(てんし)冷酷(れいこく)なる命令(めいれい)(うら)憤死(ふんし)いたしたり。096また玉手姫(たまてひめ)誠意(せいい)(うたが)はれ、097かつ放逐(はうちく)(めい)をうけたるを(おほ)いに憤慨(ふんがい)せり。098(われ)はいかに天使(てんし)(めい)なりとて盲従(まうじゆう)するに(しの)びず、099(じつ)貴神(きしん)(うら)みまつる』
100()ふの意味(いみ)なりし。101花森彦(はなもりひこ)はこれを披見(ひけん)してただちに高国別(たかくにわけ)にたいし、102天則(てんそく)違反(ゐはん)(よし)懇諭(こんゆ)し、103かつ、
104()(くに)にいたるべし』
105厳命(げんめい)したりける。106高国別(たかくにわけ)天使(てんし)神通力(じんつうりき)()らず、107ただ(たん)無情(むじやう)冷酷(れいこく)処置(しよち)とのみ思惟(しゐ)し、108自暴自棄(じばうじき)となりて、109花森彦(はなもりひこ)無道(むだう)天使長(てんしちやう)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)進言(しんげん)せむとしたりける。
110大正一〇・一一・一三 旧一〇・一四 加藤明子録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。