霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第八章 従神司(じゆうしん)殊勲(しゆくん)〔一〇八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:第3篇 ロツキー山 よみ:ろっきーざん
章:第8章 第3巻 よみ:じゅうしんのしゅくん 通し章番号:108
口述日:1921(大正10)年11月14日(旧10月15日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
言代別はその後は偽国直姫命の信任を得るに至り、牢番から身を起こして、ついには参謀の地位にまで上っていた。
一方言霊別命が帰還した地の高天原では、早速大足彦に軍勢を率いさせて、ロッキー山奪回の戦端を開いた。
偽国直姫命はこの事態に狼狽し、言代別をよばわったが、言代別は少しも姿を現さず、このためにロッキー山側の迎撃準備は大幅に遅れた。
言代別はまた、大足彦に対して、国の真澄の鏡を使うようにと進言した。大足彦が真澄の鏡で城内を射照らせば、大半は悪霊・悪神の正体を現して、逃げていった。また偽国直姫命、偽国治立命も邪鬼・悪狐の正体を現して逃げ去った。
幸いにロッキー山の紺色の国魂は魔神に汚されずに残っていた。言代別は、新たにロッキー山の八王神に任命された。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0308
愛善世界社版:50頁 八幡書店版:第1輯 277頁 修補版: 校定版:51頁 普及版:21頁 初版: ページ備考:
001 (もち)()月影(つきかげ)とともに、002言霊別命(ことたまわけのみこと)姿(すがた)牢獄(らうごく)より()()りにけり。003されど言代別(ことしろわけ)監守(かんしゆ)する獄舎(ごくしや)にあらざれば、004言代別(ことしろわけ)には(なに)(とがめ)もなかりき。005言代別(ことしろわけ)漸次(ぜんじ)重用(ぢうよう)されて、006つひには国直姫命(くになほひめのみこと)参謀(さんぼう)となりぬ。007これよりロツキー(ざん)城内(じやうない)はほとんど言代別(ことしろわけ)意志(いし)のままに一切(いつさい)事物(じぶつ)処理(しより)さるることとなりける。
008 (はなし)はかはつて、009()高天原(たかあまはら)においては、010大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)以下(いか)諸神将(しよしんしよう)は、011言霊別命(ことたまわけのみこと)帰還(きくわん)により一切(いつさい)情勢(じやうせい)知悉(ちしつ)し、012このままに放任(はうにん)せば国治立命(くにはるたちのみこと)偽称(ぎしよう)する常熊彦(つねくまひこ)013および国直姫命(くになほひめのみこと)偽称(ぎしよう)する醜玉姫(しこたまひめ)らの、014いかなる奸策(かんさく)をめぐらし、015つひには各地(かくち)八王(やつわう)八頭(やつがしら)神司(がみ)籠絡(ろうらく)し、016()高天原(たかあまはら)神政(しんせい)転覆(てんぷく)せむとするやも(はか)りがたし、017躊躇(ちうちよ)していたづらに時日(じじつ)(うつ)さば、018(つひ)斧鉞(ふゑつ)(もち)ふるも(およ)ばざるにいたらむ。019よろしく二葉(ふたば)(うち)()りとるに()かずと、020ここに天使(てんし)大足彦(おほだるひこ)をして諸神(しよしん)将卒(しやうそつ)引率(いんそつ)しロツキー(ざん)(むか)はしめ、021東西南北(とうざいなんぽく)各門(かくもん)より一挙(いつきよ)にこれを()()とし、022邪神(じやしん)膺懲(ようちよう)し、023天地(てんち)律法(りつぱう)()(さと)し、024心底(しんてい)より悔悟(くわいご)せしめむと、025衆議(しうぎ)一決(いつけつ)したりければ、026ここに大足彦(おほだるひこ)諸神(しよしん)将卒(しやうそつ)引率(いんそつ)し、027天磐樟船(あまのいはくすぶね)(つら)ねて、028天空(てんくう)(かけ)り、029ロツキー(ざん)にむかひ(いさ)ましく進発(しんぱつ)したりける。
030 大足彦(おほだるひこ)部将(ぶしやう)031足世彦(たるよひこ)東門(ひがしもん)より、032足永彦(たるながひこ)西門(にしもん)より、033大照彦(おほてるひこ)南門(みなみもん)より、034大嶋別(おほしまわけ)北門(きたもん)より、035一斉(いつせい)(とき)をつくつてロツキー(じやう)()めよせたる。036(とき)しもあれや一天(いつてん)(すみ)(なが)せしごとく、037(つき)(ひかり)(ほし)(かがや)きもなく、038咫尺(しせき)(べん)ぜざるにいたりたり。039にはかに(さわ)(とり)羽音(はおと)国直姫命(くになほひめのみこと)(おどろ)()をさまし、
040言代別(ことしろわけ)(いづ)れにあるや、041敵軍(てきぐん)にはかに()しよせたり。042諸神司(しよしん)はすみやかに各門(かくもん)守備(しゆび)につけよ』
043大声(おほごゑ)()ばはりけるにぞ、044魔軍(まぐん)諸神将(しよしんしよう)は、045国直姫命(くになほひめのみこと)(こゑ)()あてに、046大広前(おほひろまへ)()(あつ)まりぬ。047城内(じやうない)参謀(さんぼう)(けん)総指揮官(そうしきくわん)たる言代別(ことしろわけ)は、048何故(なにゆゑ)かすこしも姿(すがた)(あら)はさざりき。049諸神将(しよしんしよう)統率者(とうそつしや)(うしな)周章狼狽(しうしやうらうばい)なすところを()らず。050大足彦(おほだるひこ)(ひき)ゐる神将(しんしやう)(ほり)()え、051(かべ)(やぶ)り、052門戸(もんこ)破壊(はくわい)し、053破竹(はちく)(いきほひ)をもつて本城(ほんじやう)進撃(しんげき)せり。
054 このとき言代別(ことしろわけ)血相(けつさう)かへて何処(いづく)よりともなく(はし)りきたり、
055事態(じたい)容易(ようい)ならず、056国直姫命(くになほひめのみこと)奥殿(おくでん)()国治立命(くにはるたちのみこと)身辺(しんぺん)守護(しゆご)したまへ、057(われ)はこれより、058()せくる数万(すうまん)敵軍(てきぐん)にむかひ、059六韜三略(りくとうさんりやく)兵法(へいはふ)をもつて敵軍(てきぐん)千変万化(せんぺんばんくわ)にかけ(なや)まし、060一柱(ひとはしら)ものこさず(ほり)藻屑(もくづ)となし、061御神慮(ごしんりよ)(なぐさ)(たてまつ)らむ。062諸神将(しよしんしよう)(われ)にしたがひ防禦(ばうぎよ)従事(じゆうじ)せよ』
063言葉(ことば)おごそかに(れい)(くだ)し、064みづから東門(ひがしもん)(むか)ひぬ。
065 東門(ひがしもん)には大足彦(おほだるひこ)066足世彦(たるよひこ)とともに侵入(しんにふ)せむとする真最中(まつさいちゆう)なりき。067言代別(ことしろわけ)大足彦(おほだるひこ)にむかひ、
068(われ)言霊別命(ことたまわけのみこと)従者(じゆうしや)言代別(ことしろわけ)なり、069(くに)真澄(ますみ)(かがみ)(いだ)してロツキー(じやう)(てら)させたまへ』
070()ばはりぬ。071このとき城内(じやうない)諸神将(しよしんしよう)は、072言代別(ことしろわけ)指揮(しき)のもとに(のこ)らず東門(ひがしもん)(あつ)まりゐたるが、073大足彦(おほだるひこ)は、074(くに)真澄(ますみ)(かがみ)()りだし、075敵軍(てきぐん)(むか)つて射照(いてら)したるに、076城内(じやうない)神軍(しんぐん)六分(ろくぶ)までは、077邪鬼(じやき)078悪狐(あくこ)079悪蛇(あくじや)正体(しやうたい)をあらはし、080(かがみ)威徳(ゐとく)(てら)されて、081(あさひ)(しも)()ゆるがごとく煙散霧消(えんさんむせう)したり。082言代別(ことしろわけ)大足彦(おほだるひこ)先頭(せんとう)()ち、083常熊彦(つねくまひこ)084醜玉姫(しこたまひめ)奥殿(おくでん)(すす)みいり、085()(そと)より大音声(だいおんじやう)にて、
086(われ)いま如意宝珠(によいほつしゆ)(たま)()りいだし敵軍(てきぐん)(てら)すやいなや、087(てき)(たま)威徳(ゐとく)にちぢみあがり、088蜘蛛(くも)()()らすがごとく四方(しはう)散乱(さんらん)して、089もはや城内(じやうない)には(てき)片影(へんえい)をも(みと)めず、090かくなる(うへ)はいつまでも奥殿(おくでん)(しの)ばせたまふに(およ)ばず、091この()(はや)(ひら)かせたまへ』
092()ばはりぬ。093国治立命(くにはるたちのみこと)094国直姫命(くになほひめのみこと)偽神(にせがみ)言代別(ことしろわけ)言葉(ことば)()きおほいに安堵(あんど)し、095たちまち(うち)より()(ひら)きたるを、096大足彦(おほだるひこ)はただちに奥殿(おくでん)進入(しんにふ)し、097(くに)真澄(ますみ)(かがみ)懐中(くわいちゆう)より()りいだし、098二人(ふたり)(むか)つて射照(いてら)しはじむるや、099たちまち六面八臂(ろくめんはつぴ)邪鬼(じやき)(へん)じ、100金毛九尾(きんまうきうび)悪狐(あくこ)(くわ)し、101魔神(ましん)正体(しやうたい)をあらはし、102常世城(とこよじやう)()がけて黒雲(こくうん)(じやう)(くも)(かすみ)()()りぬ。103(さいはひ)にロツキー(ざん)紺色(こんいろ)(たま)は、104魔軍(まぐん)(けが)されず、105厳粛(げんしゆく)鎮祭(ちんさい)せられありける。
106 ここに大足彦(おほだるひこ)言代別(ことしろわけ)忠勇(ちうゆう)義烈(ぎれつ)(しやう)し、107言代別(ことしろわけ)(みこと)()(あた)へて言代別命(ことしろわけのみこと)(しよう)せしめロツキー(ざん)主権者(しゆけんしや)となし、108八王神(やつわうがみ)(れつ)(くは)へられける。109つぎに東門(ひがしもん)武将(ぶしやう)足世彦(たるよひこ)(みこと)()(あた)足世彦命(たるよひこのみこと)(しよう)せしめ八頭(やつがしら)(れつ)(くは)へたまひ、110つぎに足永彦(たるながひこ)111大照彦(おほてるひこ)112大嶋別(おほしまわけ)をのこし、113ロツキー(じやう)部将(ぶしやう)として(とど)めおき、114みづからは少数(せうすう)神軍(しんぐん)とともに(あま)磐船(いはぶね)()り、115無事(ぶじ)高天原(たかあまはら)凱旋(がいせん)せられたりと(おも)ふとたんに、116(つめ)たき(みづ)一二滴(いちにてき)117襟首(えりくび)何処(いづこ)からともなく()ちきたり、118(おどろ)いて正気(しやうき)(かへ)れば、119()高熊(たかくま)霊窟(れいくつ)入口(いりぐち)両手(りやうて)()端坐(たんざ)したまま、120鎮魂(ちんこん)姿勢(しせい)()りて()たりける。
121大正一〇・一一・一四 旧一〇・一五 加藤明子録)