霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第九章 弁者(べんしや)弁者(べんしや)〔一〇九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:第4篇 鬼城山 よみ:きじょうざん
章:第9章 第3巻 よみ:べんしゃとべんしゃ 通し章番号:109
口述日:1921(大正10)年11月15日(旧10月16日) 口述場所: 筆録者:森良仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
鬼城山には灰色の玉が国魂として鎮祭され、真鉄彦が八王神、元照彦が八頭神と任じられた。しかし鬼城山にはかねてから美山彦一派の悪神が割拠し、常世姫の威勢を借りて、地の高天原に対抗し、八王八頭神の着任を妨害していた。
地の高天原は弁舌によって美山彦らを説き伏せようと、弁舌巧みな口子姫を使わした。しかし口子姫は国照姫に論破され、竜宮城に復命せずに逆に敵方に就いてしまった。
竜宮城は口子姫が三年も帰城せず、敵方に就いたことを知り、今度は吾妻別の息子・須賀彦を使わすことになった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0309
愛善世界社版:57頁 八幡書店版:第1輯 280頁 修補版: 校定版:59頁 普及版:25頁 初版: ページ備考:
001 寒風(かんぷう)()(すさ)み、002牡丹餅雪(ぼたもちゆき)さへ()りきたる高熊山(たかくまやま)巌窟(がんくつ)入口(いりぐち)に、003霊縛(れいばく)()け、004身動(みうご)きならぬ(くる)しさに、005二時間(にじかん)ばかりを(つひ)やせしと(おも)ふころ、006またもや王仁(おに)霊界(れいかい)逍遥(せうえう)したりける。
007 たちまち巌壁(がんぺき)紫紺色(しこんいろ)(くも)戸帳(とばり)がおろされ、008(なか)より荘重(さうちよう)なる大神(おほかみ)御声(みこゑ)()こゆると同時(どうじ)に、009紫紺色(しこんしよく)(くも)戸帳(とばり)自然(しぜん)にまきあげられ、010正面(しやうめん)には、011えもいはれぬ荘厳(さうごん)なる宝座(ほうざ)(まう)けられ、012あまたの天使(てんし)(したが)へて国治立命(くにはるたちのみこと)013国直姫命(くになほひめのみこと)(とも)中央(ちうあう)着座(ちやくざ)され、014ふたたび神界(しんかい)探険(たんけん)厳命(げんめい)(くだ)したまひしが、015宝座(ほうざ)忽然(こつぜん)として()()りし刹那(せつな)に、016自分(じぶん)はある高山(かうざん)(いただき)(のぼ)り、017鬼城山(きじやうざん)におこれる種々(しゆじゆ)経緯(いきさつ)()るとはなしに、018見聞(けんぶん)しゐたりける。
019 鬼城山(きじやうざん)には灰色(はひいろ)(たま)鎮祭(ちんさい)し、020真鉄彦(まがねひこ)八王神(やつわうじん)となし、021元照彦(もとてるひこ)八頭神(やつがしらがみ)となし、022真鉄姫(まがねひめ)023元照姫(もとてるひめ)八王八頭神(やつわうやつがしらがみ)(つま)として、024永遠(ゑいゑん)守護(しゆご)せしむることに決定(けつてい)されたり。025しかるに鬼城山(きじやうざん)にはすでに棒振彦(ぼうふりひこ)変名(へんめい)なる美山彦(みやまひこ)026高虎姫(たかとらひめ)変名(へんめい)なる国照姫(くにてるひめ)ら、027常世姫(とこよひめ)権威(けんゐ)(かさ)にきて傍若無人(ばうじやくぶじん)挙動(ふるまひ)(おほ)く、028(くは)ふるに杵築姫(きつきひめ)029清熊(きよくま)030猿世彦(さるよひこ)031駒山彦(こまやまひこ)らの邪神(じやしん)とともに武威(ぶゐ)(かがや)かし、032容易(ようい)国治立命(くにはるたちのみこと)神命(しんめい)(ほう)ぜず、033かつ律法(りつぱう)遵守(じゆんしゆ)せず、034()高天原(たかあまはら)より八王八頭(やつわうやつがしら)神司(かみ)赴任(ふにん)をさまたげ、035魔神(ましん)(あつ)めてあくまで対抗(たいかう)しつつありしなり。
036 ここに大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)諸神将(しよしんしよう)をあつめ、037美山彦(みやまひこ)罪状(ざいじやう)にたいし、
038天地(てんち)律法(りつぱう)御制定(ごせいてい)により従前(じゆうぜん)罪悪(ざいあく)大赦(たいしや)せられたれば、039この(さい)本心(ほんしん)()(かへ)らせ、040神業(しんげふ)参加(さんか)せしめなば如何(いかん)
041提議(ていぎ)されたり。042諸神将(しよしんしよう)天使長(てんしちやう)御意見(ごいけん)賛成(さんせい)したてまつらむと、043満場(まんぢやう)一致(いつち)をもつて(みこと)提議(ていぎ)可決(かけつ)したり。044されど邪智(じやち)ふかき美山彦(みやまひこ)以下(いか)曲人(まがびと)らの一筋縄(ひとすぢなは)にては到底(たうてい)(しろ)()ひがたきを()り、045竜宮城(りゆうぐうじやう)侍女(じぢよ)にして弁舌(べんぜつ)(たく)みなる口子姫(くちこひめ)をつかはし、046神意(しんい)伝達(でんたつ)し、047すみやかに大神(おほかみ)帰順(きじゆん)せしむべく(むね)(ふく)めて鬼城山(きじやうざん)(つか)はしたまひける。
048 口子姫(くちこひめ)照妙(てるたへ)のうるはしき(ころも)()かざり、049二柱(ふたはしら)侍女(じぢよ)をともなひ、050鬼城山(きじやうざん)にいたり、051美山彦(みやまひこ)をはじめ国照姫(くにてるひめ)面接(めんせつ)申込(まをしこ)みたり。052美山彦(みやまひこ)らは、053口子姫(くちこひめ)(おく)()にみちびき来意(らいい)(たづ)ねたるに、054口子姫(くちこひめ)一礼(いちれい)して(のち)おもむろにいふ。
055『このたび天地(てんち)律法(りつぱう)()高天原(たかあまはら)において制定(せいてい)され、056世界(せかい)各所(かくしよ)十二(じふに)国魂(くにたま)鎮祭(ちんさい)し、057八王八頭(やつわうやつがしら)神司(かみ)任命(にんめい)したまひたり。058しかして鬼城山(きじやうざん)真鉄彦(まがねひこ)059真鉄姫(まがねひめ)060元照彦(もとてるひこ)061元照姫(もとてるひめ)主宰(しゆさい)のもとに()かるることに決定(けつてい)されたり。062(なんぢ)はすみやかにこの神命(しんめい)拝受(はいじゆ)し、063鬼城山(きじやうざん)城塞(じやうさい)()けわたし、064()高天原(たかあまはら)参上(まゐのぼ)りて神務(しんむ)奉仕(ほうし)されよ。065以上(いじやう)天使長(てんしちやう)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)直命(ぢきめい)なり』
066(よど)みなく申渡(まをしわた)しけるに、067国照姫(くにてるひめ)は、068(ひざ)をすすめてその処置(しよち)不当(ふたう)なるを(ののし)り、069かつ懸河(けんが)弁舌(べんぜつ)をふるひて滔々(たうたう)弁駁(べんばく)につとめたり。070されど口子姫(くちこひめ)名題(なだい)弁舌者(べんぜつしや)なれば、071(まけ)ず、072(おと)らず布留那(ふるな)(べん)をふるひて、073神命(しんめい)(をか)すべからざる理由(りいう)極力(きよくりよく)弁明(べんめい)したりけれども、074国照姫(くにてるひめ)もさすがの悪漢(しれもの)075口子姫(くちこひめ)一言(ひとこと)()ぶればまた一言(ひとこと)076たがひに舌鉾(ぜつぽう)火花(ひばな)()らし(しのぎ)(けづ)り、077弁論(べんろん)はてしもなく、078寝食(しんしよく)(わす)れて七日七夜(なぬかななよ)(つひ)やしけるが、079布留那(ふるな)弁者(べんしや)口子姫(くちこひめ)も、080つひに国照姫(くにてるひめ)舌鉾(ぜつぽう)()(やぶ)られて(かぶと)()ぎ、081国照姫(くにてるひめ)幕下(ばくか)となり、082()高天原(たかあまはら)三年(さんねん)()るも復命(ふくめい)せざるのみならず、083その()鬼城山(きじやうざん)美山彦(みやまひこ)重用(ぢうよう)され、084高天原(たかあまはら)一時(いちじ)反旗(はんき)(ひるがへ)すにいたりける。
085 大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)はふたたび諸神将(しよしんしよう)(あつ)めていふ。
086鬼城山(きじやうざん)(つか)はせし口子姫(くちこひめ)三年(さんねん)()るもいまだ復命(ふくめい)せざるのみか、087もろくも国照姫(くにてるひめ)侫弁(ねいべん)(きも)をぬかれ、088いまや鬼城山(きじやうざん)重臣(ぢうしん)となり、089反旗(はんき)(ひるがへ)さむとせりと()く。090鬼城山(きじやうざん)美山彦(みやまひこ)一派(いつぱ)にたいし膺懲(ようちよう)神軍(しんぐん)をむけ、091一挙(いつきよ)にこれを討滅(たうめつ)せむは容易(ようい)(わざ)なれども如何(いかん)せむ、092天地(てんち)律法(りつぱう)厳然(げんぜん)として日月(じつげつ)のごとく、093毫末(がうまつ)(をか)すべからず、094諸神(しよしん)御意見(ごいけん)(うけたまは)りたし』
095諸神司(しよしん)(たい)しはかりたまひける。096ここに天使(てんし)神国別命(かみくにわけのみこと)すすみいで、
097天地(てんち)律法(りつぱう)は「(ころ)(なか)れ」とあり、098仁慈(じんじ)をもつて万物(ばんぶつ)(たい)するは、099大神(おほかみ)御神慮(ごしんりよ)にして、100かつ律法(りつぱう)(しめ)すところなり。101大神(おほかみ)禽獣虫魚(きんじうちうぎよ)にいたるまで、102(ひろ)万物(ばんぶつ)(あい)せよと(のたま)ひ、103かつ律法(りつぱう)(さだ)めおかれたり。104(かれ)らはいかに猛悪(まうあく)(かみ)なりといへども、105一方(いつぱう)頭領(とうりやう)(あふ)がるるにおいておや。106(のぞ)むらくは(ふたた)使(つかひ)をつかはして大神(おほかみ)神慮(しんりよ)懇切(こんせつ)()(しめ)し、107大義名分(たいぎめいぶん)(さと)らせなば、108つひに心底(しんてい)より帰順(きじゆん)するにいたらむ。109よろしく吾妻別(あづまわけ)一子(いつし)須賀彦(すがひこ)(つか)はしたまへ』
110進言(しんげん)しければ、111天使長(てんしちやう)はこの(げん)()れ、112須賀彦(すがひこ)第二(だいに)使者(ししや)として、113鬼城山(きじやうざん)派遣(はけん)したまひける。
114大正一〇・一一・一五 旧一〇・一六 森良仁録)