霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一一章 裸体(らたい)道中(だうちう)〔一一一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:第4篇 鬼城山 よみ:きじょうざん
章:第11章 裸体の道中 よみ:らたいのどうちゅう 通し章番号:111
口述日:1921(大正10)年11月15日(旧10月16日) 口述場所: 筆録者:栗原七蔵 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
口子姫、須賀彦ともに復命しなかった竜宮城側では、ついに天使・言霊別命を鬼城山に使いに出すことになった。
美山彦側は、何度ともなくこれまでの戦闘で打ち負かされてきた敵将・言霊別命が使いにやってくると聞いて、これを害しようと、口子姫に命じて毒酒を用意させた。
口子姫は毒酒の甕を取り替えたため、言霊別命は危難を脱した。また美山彦は言霊別命に風呂を進めて、そこで命を害しようとしたが、口子姫は言霊別命の身代わりとなり、国照姫の槍に突かれて絶命した。
美山彦は城内くまなく言霊別命を探させた。言霊別命は口子姫の衣装で変装して城を脱出しようとした。清熊はこの変装を怪しんで、衣を掴んで引き止めたが、言霊別命は衣を捨てて裸体のまま城の堀に飛び込み、逃げおおせた。
北へ逃げた言霊別命は、老人夫婦の小屋に逃げ込み、老夫婦の厚意によって衣を得た。そして部下の村幸彦を鬼城山に偵察に向かわせ、自分はさらに北へと向かった。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0311
愛善世界社版:68頁 八幡書店版:第1輯 284頁 修補版: 校定版:70頁 普及版:30頁 初版: ページ備考:
001 ここに国直姫命(くになほひめのみこと)002大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)は、003国治立命(くにはるたちのみこと)(めい)(ほう)じ、004口子姫(くちこひめ)使者(ししや)として、005鬼城山(きじやうざん)(つか)はしたまへども、006口子姫(くちこひめ)国照姫(くにてるひめ)言向(ことむけ)和合(やは)され、007三年(さんねん)になるも復命(ふくめい)せず、008よつてさらに須賀彦(すがひこ)をつかはし、009神命(しんめい)(つた)へしめたまへども、010これまた、011小桜姫(こざくらひめ)容色(ようしよく)(まよ)ひて(めい)(そむ)き、012美山彦(みやまひこ)養子(やうし)となりてこれ(また)三年(みとせ)にいたるも復命(ふくめい)せず、013(いづ)れの(かみ)(つか)はして、014これを言向和合(ことむけやは)さむやと、015国直姫命(くになほひめのみこと)は、016諸神(しよしん)(あつ)めて言問(ことと)はせたまひける。
017 ここに諸神司(しよしん)協議(けふぎ)結果(けつくわ)は、018天使(てんし)言霊別命(ことたまわけのみこと)使神(ししん)として派遣(はけん)することに決定(けつてい)したれば、019(みこと)は、020ただちに(めい)(ほう)じ、021村幸彦(むらさちひこ)をしたがへ鬼城山(きじやうざん)にいたり、022美山彦(みやまひこ)に、023大神(おほかみ)大命(たいめい)を、024いと(おごそ)かに(まを)(わた)されたり。
025 美山彦(みやまひこ)026国照姫(くにてるひめ)は、027数度(すうど)戦闘(せんとう)にうち(やぶ)られ、028千載(せんざい)怨恨(うらみ)をいだける敵将(てきしやう)029言霊別命(ことたまわけのみこと)直使(ちよくし)()き、030おほいに(いか)り、031平素(へいそ)鬱憤(うつぷん)()らすは、032(いま)この(とき)なりと、033さあらぬ(てい)(よそほ)ひ、034懐中(くわいちう)兇器(きようき)をのみ、035わざと(うやうや)しく他意(たい)なきふうを(よそほ)ひ、036(みこと)海山河野(うみやまかはぬ)珍物(うましもの)をもつてつくりたる食膳(しよくぜん)(たてまつ)り、037(あま)(さけ)をすすめむと()ひながら、038国照姫(くにてるひめ)はひそかに口子姫(くちこひめ)をわが居間(ゐま)(まね)き、039毒酒(どくしゆ)をすすめることを小声(こごゑ)命令(めいれい)したり。040口子姫(くちこひめ)は、041(いま)鬼城山(きじやうざん)使臣(ししん)として(おも)(もち)ひられつつあれども、042なんとして天使(てんし)言霊別命(ことたまわけのみこと)毒酒(どくしゆ)をすすめ(たてまつ)るに(しの)びむやと、043(こころ)矢竹(やたけ)焦燥(いらだ)てども、044(かたはら)国照姫(くにてるひめ)()()り、045(まなこ)をすゑて、046その動静(どうせい)(うかが)ひつつあれば、047いかんともなすに(よし)なく、048やむを()ず、049(さけ)(どく)混入(こんにふ)したりける。
050 この(とき)(おな)(かたち)したる二個(にこ)(かめ)(さけ)()り、051一個(いつこ)(どく)()らざる清酒(せいしゆ)()り、052国照姫(くにてるひめ)は、053頭髪(とうはつ)一筋(ひとすぢ)()きて酒甕(さけがめ)(しば)り、054毒酒(どくしゆ)(しるし)とせり。055二本(にほん)酒甕(さけがめ)(みこと)(まへ)()ゑられたり。056ここに言霊別命(ことたまわけのみこと)057美山彦(みやまひこ)晩餐(ばんさん)をともにすることとなりぬ。058口子姫(くちこひめ)は、059(くだん)頭髪(とうはつ)をとり(はづ)し、060清酒(せいしゆ)(かめ)(くく)りつけ、061素知(そし)らぬ(てい)(よそほ)ひゐたりける。
062 晩餐(ばんさん)には国照姫(くにてるひめ)063口子姫(くちこひめ)あらはれて、064酌婦(しやくふ)(よう)をつとめたるが、065国照姫(くにてるひめ)は、066頭髪(とうはつ)(くく)りたる(かめ)をとり、067これを言霊別命(ことたまわけのみこと)(すす)めたり。068また口子姫(くちこひめ)(しるし)なき(かめ)をとりて、069美山彦(みやまひこ)にすすめ、070つぎに国照姫(くにてるひめ)にもこれを(すす)めける。071あまたの侍女(じぢよ)酒杯(しゆはい)のあひだを往来(わうらい)し、072歌舞音曲(かぶおんきよく)(かな)でてこの(えん)(にぎは)しぬ。073(さけ)はおひおひと(すす)むにしたがつて(ゑひ)がまはりぬ。074このとき美山彦(みやまひこ)は、075にはかに(むね)(くる)しとて(せき)をはづし、076言霊別命(ことたまわけのみこと)無礼(ぶれい)陳謝(ちんしや)しつつ、077酔歩蹣跚(すゐほまんさん)として寝所(しんじよ)()り、078まもなく頭痛(づつう)をおこし、079(はら)(いた)め、080咽喉(のど)よりは(さか)ンに黒血(くろち)()き、081七顛八倒(しちてんはつたう)(くる)しみける。082侍臣(じしん)(おどろ)き、083(みづ)(くすり)よと周章狼狽(あわてふためき)084(うへ)(した)への大騒(おほさわ)ぎとなりける。085(とき)しも国照姫(くにてるひめ)はまたもや頭痛(づつう)(はつ)し、086(はら)(いた)め、087これまた七顛八倒(しちてんはつたう)(くる)しみて黒血(くろち)()きその()()(たふ)れたり。088言霊別命(ことたまわけのみこと)はこれを()(おほ)いに(おどろ)き、089国照姫(くにてるひめ)介抱(かいはう)余念(よねん)なかりける。
090 口子姫(くちこひめ)は、091言霊別命(ことたまわけのみこと)にむかひ()くばせしながら、092美山彦(みやまひこ)寝所(しんじよ)にかけつけ、093介抱(かいはう)従事(じゆうじ)したりしが、094(さいはひ)にも、095毒酒(どくしゆ)(りやう)(すく)なかりしためか、096数日(すうじつ)(のち)夫婦(ふうふ)恢復(くわいふく)()るにいたりける。097言霊別命(ことたまわけのみこと)は、098吾身(わがみ)毒害(どくがい)せむとし(あやま)つて夫婦(ふうふ)が、099毒酒(どくしゆ)()みたるその顛末(てんまつ)(がう)()らず、100また口子姫(くちこひめ)(かへ)忠義(ちうぎ)所為(しよゐ)なることをも()らずにゐたりしなり。
101 美山彦(みやまひこ)は、102ここに(あたら)しき湯槽(ゆぶね)(つく)り、103なみなみと(あふ)るるばかり()(わか)し、104まづ言霊別命(ことたまわけのみこと)賓客(ひんきやく)として、105第一着(だいいちちやく)入浴(にふよく)(すす)めけるが、106口子姫(くちこひめ)は、107言霊別命(ことたまわけのみこと)(なに)ごとか私語(ささやき)つつ一間(ひとま)()りて衣服(いふく)()ぎ、108これを言霊別命(ことたまわけのみこと)(ちやく)せしめ、109みづから言霊別命(ことたまわけのみこと)衣裳(いしやう)()(ちやく)し、110悠々(いういう)として湯殿(ゆどの)()りぬ。
111 この(とき)112国照姫(くにてるひめ)男神(おとこがみ)浴殿(よくでん)()りしことをたしかめ、113ただちに美山彦(みやまひこ)急告(きふこく)したれば、114美山彦(みやまひこ)(とき)をはからひ、115大身(おほみ)(やり)(ひつさ)浴殿(よくでん)()るや、116たちまち魂消(たまぎ)(をんな)(さけ)(ごゑ)117よくよく()れば(おも)ひきや、118わが寵臣(ちようしん)口子姫(くちこひめ)ならむとは、119(おどろ)きあわてこれを(たす)けむと()けより()れば、120湯槽(ゆぶね)()は、121赤色(せきしよく)(へん)じ、122口子姫(くちこひめ)身体(しんたい)強直(きやうちよく)したるまま(あけ)(そま)りて絶命(ぜつめい)しゐたりける。
123 ここに美山彦(みやまひこ)は、124……言霊別命(ことたまわけのみこと)をとり(のが)せしか残念(ざんねん)至極(しごく)なり、125たとへ鬼神(きじん)(ゆう)ありて(てん)(かけ)り、126()(くぐ)るとも、127要害(えうがい)きびしきこの城内(じやうない)(のが)るべき手段(てだて)なし、128あくまで(さが)(もと)めて、129多年(たねん)(うら)みを()らさむ……と、130あまたの従臣(じゆうしん)(めい)(くだ)し、131血眼(ちまなこ)となりて城内(じやうない)くまなく捜索(さうさく)しける。132このとき城門(じやうもん)(はし)(いで)むとする女性(ぢよせい)あり。133清熊(きよくま)(あや)しみてあとより()ひすがり、134背後(はいご)より襟筋(えりすぢ)()がけて無手(むんづ)とつかめば、135女神(めがみ)変装(へんさう)せる言霊別命(ことたまわけのみこと)手早(てばや)(ころも)()()てて裸体(はだか)となり、136(しろ)(ほり)にザンブとばかり()()みたまひ、137清熊(きよくま)()には、138口子姫(くちこひめ)着衣(ちやくい)(のこ)れるのみ。139言霊別命(ことたまわけのみこと)は、140水底(すゐてい)(もぐ)り、141(むか)(きし)につき、142(から)うじて(いのち)(ひろ)ひたまひぬ。143(みこと)はそれより裸体(らたい)のまま、144鬼城山(きじやうざん)城塞(じやうさい)(あと)にして、145韋駄天(ゐだてん)(ばし)りに、146(きた)(きた)へと()()びたまひぬ。
147 寒気(かんき)はますます(はげ)しく()()()はぬ(くる)しさをこらへて、148とある荒廃家(あばらや)()げこみ、149老人(らうじん)夫婦(ふうふ)厚意(こうい)により、150(あか)つき(やぶ)れたる(ころも)(あた)へられ、151ホツと一息(ひといき)つきながら、152なほも一目散(いちもくさん)北方(ほつぱう)さして()()したまへば、153はるか後方(こうはう)より、154(こゑ)(かぎ)りに()ぶものあり。155ふりかへり()れば、156まがふ(かた)なき従臣(じゆうしん)村幸彦(むらさちひこ)なり。157(みこと)(かれ)神策(しんさく)(さづ)け、158ふたたびこの()引返(ひきかへ)して、159鬼城山(きじやうざん)偵察(ていさつ)(むか)はしめたまひける。160村幸彦(むらさちひこ)今後(こんご)はたして、161いかなる活動(くわつどう)をなすならむか。
162大正一〇・一一・一五 旧一〇・一六 栗原七蔵録)
163(第三章~第一一章 昭和一〇・一・一五 於今治市吉忠旅館 王仁校正)
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。