霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一四章 霊系(れいけい)抜擢(ばつてき)〔一一四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:第4篇 鬼城山 よみ:きじょうざん
章:第14章 第3巻 よみ:れいけいのばってき 通し章番号:114
口述日:1921(大正10)年11月16日(旧10月17日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
長白山では磐長彦が独身となってしまったため、後妻として忠実な侍女・玉姫を迎えようとしたが、有国彦は竜宮城の判断を仰いだため、天使会議が開かれた。
実情に沿って賛成する言霊別命と、律法の厳密な解釈に立って反対する大足彦が議論を戦わせた。実際の霊系にしたがった配慮をすべきである、という言霊別命の意見が多数に容れられ、玉姫は磐長彦の妻となり、長白山は無事泰平に治まった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0314
愛善世界社版:85頁 八幡書店版:第1輯 290頁 修補版: 校定版:87頁 普及版:38頁 初版: ページ備考:
001 磐長彦(いはながひこ)独身(ひとりみ)となり、002神務(しんむ)管掌(くわんしやう)しゐたり。003しかるに内助者(ないじよしや)たるべき(つま)死別後(しべつご)内政上(ないせいじやう)すべての(こと)につき不便(ふべん)(かん)じ、004ここに忠実(ちうじつ)無比(むひ)なる侍女(じぢよ)玉姫(たまひめ)挙用(きよよう)して正妻(せいさい)となさむとし、005諸神司(しよしん)をあつめてその意見(いけん)聴取(ちやうしゆ)したりしが、006諸神司(しよしん)磐長彦(いはながひこ)孤独(こどく)不遇(ふぐう)生活(せいくわつ)()ておほいに同情(どうじやう)()(へう)し、007玉姫(たまひめ)正妻(せいさい)となすべきことを満場(まんぢやう)一致(いつち)をもつて賛成(さんせい)したりける。008磐長彦(いはながひこ)満足(まんぞく)(てい)にてただちに八王神(やつわうじん)御殿(ごてん)参候(さんこう)し、009玉姫(たまひめ)正妻(せいさい)とすべきことの許可(きよか)奏請(そうせい)したるに、010有国彦(ありくにひこ)一身上(いつしんじやう)一大事(いちだいじ)なれば、011自分(じぶん)単独(たんどく)にては(けつ)しかねしより、012この(むね)書面(しよめん)(したた)使者(ししや)()高天原(たかあまはら)につかはし、013天使長(てんしちやう)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)裁決(さいけつ)()ひたまひけり。
014 大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)はただちに言霊別命(ことたまわけのみこと)015神国別命(かみくにわけのみこと)016大足彦(おほだるひこ)大広前(おほひろまへ)(あつ)め、017磐長彦(いはながひこ)婚儀(こんぎ)につきその可否(かひ)討議(たうぎ)せむとし、018ここに天使(てんし)会議(くわいぎ)(ひら)かれたりける。
019 いよいよ天使(てんし)会議(くわいぎ)(ひら)かれぬ。020大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)()つて磐長姫(いはながひめ)平素(へいそ)行跡(ぎやうせき)より変死(へんし)(さい)にいたるまでの種々(しゆじゆ)経緯(いきさつ)詳細(しやうさい)説明(せつめい)し、021かつ……侍女(じぢよ)玉姫(たまひめ)()れてその正妻(せいさい)となすべきことの可否(かひ)審議(しんぎ)されたしと、022長白山(ちやうはくざん)八王神(やつわうじん)有国彦(ありくにひこ)より奏請(そうせい)(きた)れり。023(ねが)はくは諸天使(しよてんし)慎重(しんちよう)なる審議(しんぎ)(のぞ)む……と、024宣言(せんげん)して()()きたまひぬ。025ここに言霊別命(ことたまわけのみこと)は、
026磐長彦(いはながひこ)妻帯(さいたい)はやむを()ざる次第(しだい)なれば、027ただちに承認(しようにん)(あた)ふべきものと思意(しい)す。028一時(いちじ)(はや)くこれを正妻(せいさい)となし、029長白山(ちやうはくざん)安全(あんぜん)(はか)りたし』
030()()てたり。
031 大足彦(おほだるひこ)()()つて顔色(かほいろ)()へ、032言霊別命(ことたまわけのみこと)(せつ)極力(きよくりよく)反駁(はんばく)していふ。
033天地(てんち)律法(りつぱう)一夫一婦(いつぷいつぷ)(みち)をきびしく(いまし)めあり。034しかるに後妻(ごさい)(むか)ふるは律法(りつぱう)違反(ゐはん)するものにして、035悪例(あくれい)後日(ごじつ)(のこ)すものなれば、036断乎(だんこ)として(ゆる)すべからず。037体主霊従(たいしゆれいじゆう)行動(かうどう)(かみ)(ちやう)たるものの(もつと)(つつし)むべきことならずや、038(かみ)のなすところ(しも)これに(したが)ふ、039上流(じやうりう)(にご)れば(かなら)下流(かりう)(にご)るは自然(しぜん)道理(だうり)なり』
040言葉(ことば)はげしく反対(はんたい)()表示(へうじ)したりけるに、041言霊別命(ことたまわけのみこと)はただちに起立(きりつ)し、
042(じつ)心得(こころえ)貴下(きか)のお言葉(ことば)かな。043ただ(いま)体主霊従(たいしゆれいじゆう)行為(かうゐ)()はれしが、044(われ)第二(だいに)正妻(せいさい)(むか)ふるをもつて律法(りつぱう)違反(ゐはん)となし、045または体主霊従(たいしゆれいじゆう)行為(かうゐ)とみなすを()ず。046如何(いかん)となれば磐長姫(いはながひめ)(をつと)にたいし根本的(こんぽんてき)にその霊系(れいけい)(こと)にしをれば、047(つね)円満(ゑんまん)()き、048風波(ふうは)()えざるは当然(たうぜん)なり。049この夫妻(ふさい)はもとより恰好(かつかう)(えん)(あら)ずして、050霊系(れいけい)無視(むし)体系(たいけい)(おも)ンじたるに起因(きいん)するものなり。051霊系(れいけい)合致(がつち)せざる(もの)(もの)とを夫婦(ふうふ)となし、052外観(ぐわいくわん)体裁(ていさい)(おも)きをおくは(じつ)霊系(れいけい)無視(むし)したるものなり。053(いま)やこの(あやま)ちを()り、054霊系(れいけい)(ひと)しき玉姫(たまひめ)()れて正妻(せいさい)たらしめむとするは、055(たい)(かる)ンじ(れい)(おも)ンずる天地(てんち)法則(はふそく)(かな)ひ、056霊主体従(れいしゆたいじゆう)本義(ほんぎ)(かへ)りたるものなり。057ゆゑに(われ)(だん)じて体主霊従(たいしゆれいじゆう)行為(かうゐ)(だん)ずること(あた)はず』
058()べたて(せき)()きたまへば、059大足彦(おほだるひこ)(ふたた)()ちあがり、
060言霊別命(ことたまわけのみこと)(あふ)せは一理(いちり)あるに()たれども、061いま一応(いちおう)熟考(じゆくかう)()ひたし。062いかに霊主体従(れいしゆたいじゆう)をもつて天地(てんち)法則(はふそく)なりとはいへ、063現在(げんざい)(いや)しき侍女(じぢよ)挙用(きよよう)して、064一国(いつこく)(つかさど)八頭神(やつがしらがみ)正妻(せいさい)たらしめむとするは、065神界(しんかい)秩序(ちつじよ)(みだ)すものにして、066あたかも提灯(ちやうちん)釣鐘(つりがね)067均衡(きんかう)()れざること(もつと)もはなはだし、068かくのごとき不均衡(ふきんかう)結婚(けつこん)(ゆる)すといへども、069たちまち軽重(けいちよう)()(しつ)し、070早晩(さうばん)顛覆破鏡(てんぷくはきやう)()()るは必然(ひつぜん)なり、071かかる一大事(いちだいじ)軽々(かるがる)しく聴許(ちやうきよ)せむとするは、072あへて天地(てんち)律法(りつぱう)(かる)んじ神意(しんい)冒涜(ばうとく)する無法(むはふ)行為(かうゐ)なり』
073極言(きよくげん)したり。074言霊別命(ことたまわけのみこと)三度(みたび)()つて(くち)(ひら)き、
075心得(こころえ)大足彦(おほだるひこ)のお言葉(ことば)かな。076(いや)しき侍女(じぢよ)をして八頭神(やつがしらがみ)(つま)となすは不均衡(ふきんかう)なりとか、077神界(しんかい)秩序(ちつじよ)(みだ)すものなりとか、078(おほ)せられたれども、079そのお言葉(ことば)こそ体主霊従(たいしゆれいじゆう)のはなはだしきものなり。080いかに(いや)しき侍女(じぢよ)なりとて、081その霊性(れいせい)において(うるは)しく高貴(かうき)ならば、082たとへ形体(けいたい)(うへ)において(いや)しき(しよく)にありとも、083その精神(せいしん)にして立派(りつぱ)ならば、084霊主体従(れいしゆたいじゆう)本義(ほんぎ)よりみて(これ)否定(ひてい)すべきものに(あら)ず。085いたづらに門閥的(もんばつてき)旧思想(きうしさう)墨守(ぼくしゆ)し、086いらざる体面論(たいめんろん)主張(しゆちやう)さるるはかへつて神慮(しんりよ)(そむ)き、087律法(りつぱう)精神(せいしん)をわきまへざる頑冥固陋(ぐわんめいころう)旧思想(きうしさう)なり。088かかる所論(しよろん)はほとんど歯牙(しが)にかくるに()らず』
089気色(けしき)ばみて陳弁(ちんべん)したり。
090 ここに、091大足彦(おほだるひこ)三度(みたび)()つてこの(せつ)(ばく)し、092たがひに熱火(ねつくわ)のごとく論難(ろんなん)攻撃(こうげき)いつ()つべしとも()へざりしを、093このとき神国別命(かみくにわけのみこと)()つて、
094両神司(りやうしん)所説(しよせつ)いづれを()くも一理(いちり)あり。095しかるに霊主体従(れいしゆたいじゆう)および体主霊従(たいしゆれいじゆう)本義(ほんぎ)については、096われは言霊別命(ことたまわけのみこと)賛成(さんせい)す。097諸天使(しよてんし)すみやかに玉姫(たまひめ)正妻(せいさい)()るることの許可(きよか)(あた)へられむ(こと)希望(きばう)す』
098主張(しゆちやう)したまひける。
099 ここに大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)多数(たすう)意見(いけん)()れ、100磐長彦(いはながひこ)(つま)玉姫(たまひめ)()れるることの決定(けつてい)(あた)へ、101目出度(めでた)天使(てんし)会議(くわいぎ)終了(しうれう)()げたり。102元来(ぐわんらい)玉姫(たまひめ)忠実(ちうじつ)なる女性(ぢよせい)にして磐長姫(いはながひめ)寵児(ちようじ)なりける。103いよいよ玉姫(たまひめ)玉代姫(たまよひめ)改名(かいめい)し、104磐長彦(いはながひこ)(つま)となり内助(ないじよ)(こう)もつとも(おほ)く、105長白山(ちやうはくざん)無事(ぶじ)泰平(たいへい)(をさ)まりにける。
106大正一〇・一一・一六 旧一〇・一七 加藤明子録)