霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一九章 (くす)根元(ねもと)〔一一九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:第6篇 青雲山 よみ:せいうんざん
章:第19章 第3巻 よみ:くすのねもと 通し章番号:119
口述日:1921(大正10)年11月18日(旧10月19日) 口述場所: 筆録者:栗原七蔵 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0319
愛善世界社版:111頁 八幡書店版:第1輯 300頁 修補版: 校定版:113頁 普及版:49頁 初版: ページ備考:
001 青雲山(せいうんざん)は、002八王神(やつわうじん)として神澄彦(かむずみひこ)(にん)ぜられ、003神澄姫(かむずみひめ)(つま)となり、004吾妻彦(あづまひこ)八頭神(やつがしらがみ)となり、005吾妻姫(あづまひめ)はその(つま)となりたまひて、006青雲山(せいうんざん)一帯(いつたい)神政(しんせい)(つかさど)ることと(さだ)まりにける。
007 青雲山(せいうんざん)には国魂(くにたま)として、008黄金(こがね)(たま)(まつ)るべく、009(さか)ンに土木(どぼく)(おこ)して、010荘厳(さうごん)無比(むひ)なる宮殿(きうでん)建立(こんりふ)着手(ちやくしゆ)されたり。011この宮殿(きうでん)黄金(こがね)(みや)といふ。012宮殿(きうでん)竣工(しゆんこう)するまで、013玉守彦(たまもりひこ)をして大切(たいせつ)にこの宝玉(ほうぎよく)保護(ほご)せしめたまひぬ。
014 この黄金(こがね)(たま)は、015十二個(じふにこ)国魂(くにたま)のうちにても、016もつとも大切(たいせつ)なる国魂(くにたま)なり。017八王大神(やつわうだいじん)一名(いちめい)常世彦(とこよひこ)は、018いかにもしてこの(たま)()()れむとし、019部下(ぶか)邪神(じやしん)020国足彦(くにたるひこ)021醜熊(しこくま)022玉取彦(たまとりひこ)内命(ないめい)(くだ)し、023つねに玉守彦(たまもりひこ)保護(ほご)せる国魂(くにたま)()()れむと、024()()(しな)()へ、025つけ(ねら)ひゐたりける。
026 玉守彦(たまもりひこ)は、027大切(たいせつ)なるこの宝玉(ほうぎよく)(てき)(うば)はれむことを(おそ)れ、028ひそかに同形(どうけい)石玉(せきぎよく)(つく)り、029これに金鍍金(きんめつき)(ほどこ)し、030真正(しんせい)(たま)には(すみ)()りて黒玉(くろたま)となしゐたるを、031玉守彦(たまもりひこ)(つま)玉守姫(たまもりひめ)はこの様子(やうす)をうかがひ()り、032玉守彦(たまもりひこ)(むか)つてその不都合(ふつがふ)()め、033かつ偽玉(にせだま)(つく)りたる理由(りいう)(たづ)ねてやまざれば、034玉守彦(たまもりひこ)はやむを()ずして(こた)ふるやう、
035『この黄金(こがね)(たま)天下(てんか)稀代(きだい)珍品(ちんぴん)にして、036(ふたた)(われ)らの()()るべきものに(あら)ず。037われこの(たま)保管(ほくわん)(めい)ぜられしを(さいは)ひ、038同形(どうけい)偽玉(にせだま)(つく)り、039これを宮殿(きうでん)竣工(しゆんこう)(うへ)040殿内(でんない)(ふか)(をさ)め、041真正(しんせい)(たま)はわが(いへ)(かく)しおき後日(ごじつ)この(たま)(とく)によりて、042(われ)夫婦(ふうふ)は、043青雲山(せいうんざん)八王神(やつわうじん)となり、044一世(いつせい)栄華(えいぐわ)(きは)めむと(おも)ふゆゑに、045(われ)偽玉(にせだま)(つく)りたり』
046といひつつ玉守姫(たまもりひめ)(かほ)をのぞき()しに、047玉守姫(たまもりひめ)喜色(きしよく)満面(まんめん)にあふれ、048おほいに(をつと)智略(ちりやく)()()てにける。
049 玉守彦(たまもりひこ)は、050智慧(ちゑ)(あさ)く、051(くち)(かる)く、052嫉妬(しつと)(ふか)(つま)玉守姫(たまもりひめ)に、053秘密(ひみつ)看破(かんぱ)されしことを(うれ)ひ、054終日(しうじつ)終夜(しゆうや)(かうべ)()れ、055(うで)()み、056溜息(ためいき)をつき思案(しあん)にくれける。057(をんな)嫉妬(しつと)のために大事(だいじ)()らすことあり、058いかにせば(つま)(いつは)り、059この秘密(ひみつ)漏洩(ろうえい)(ふせ)がむかと苦心(くしん)焦慮(せうりよ)したる結果(けつくわ)060ここに玉守彦(たまもりひこ)は、061真偽(しんぎ)二個(にこ)(たま)玉守姫(たまもりひめ)(あづ)けおき、
062(われ)数日間(すうじつかん)山中(さんちゆう)跋渉(ばつせふ)し、063真宝玉(しんはうぎよく)(かく)()(さが)(きた)らむ。064(なんぢ)大切(たいせつ)にこの宝玉(ほうぎよく)片時(かたとき)()(はな)さず(かた)(まも)るべし。065この(たま)(われ)夫婦(ふうふ)栄達(えいたつ)(たね)なり』
066と、067まづ名利欲(めいりよく)をもつて玉守姫(たまもりひめ)(あざむ)き、068自分(じぶん)(やま)()りて(うさぎ)(いけど)り、069また(うみ)にいたりて(さけ)(とら)へ、070夜中(よなか)ひそかに宝珠山(ほうじゆさん)にわけ()り、071(ひろ)谷川(たにがは)()(うさぎ)(ざる)()浅瀬(あさせ)(ひた)()き、072八尾(はちび)(さけ)大樹(だいじゆ)(えだ)につるし、073何喰(なにく)はぬ(かほ)にて数日(すうじつ)(のち)わが()(かへ)り、074玉守姫(たまもりひめ)に、075適当(てきたう)なる(かく)場所(ばしよ)(さが)()たることを、076(よろこ)(いさ)報告(はうこく)したりける。077玉守姫(たまもりひめ)はおほいに(よろこ)び、
078(ぜん)(いそ)げといふことあり。079一時(いちじ)(はや)く、080この(くろ)黄金(こがね)宝玉(ほうぎよく)(かく)しおかむ』
081玉守彦(たまもりひこ)(そで)をひきて、082そはそはしき態度(たいど)(あら)はし()()てたり。083玉守彦(たまもりひこ)は、
084『しからば明朝(みやうてう)未明(みめい)()()()で、085(なんぢ)とともに宝珠山(ほうじゆさん)にゆかむ』
086(こた)へ、087その()夫婦(ふうふ)ともに安眠(あんみん)し、088早朝(さうてう)(くろ)(たま)(たづさ)(やま)(ふか)くわけ()りける。089途中(とちゆう)かなり(ひろ)谷川(たにがは)(なが)れあり。090二人(ふたり)浅瀬(あさせ)(えら)びて(わた)りはじめ、091(かは)(なか)ほどにいたりし(とき)092バサバサと(おと)するものあり。093玉守姫(たまもりひめ)(みみ)(さと)くこれを()きつけ、094(まなこ)上流(じやうりう)(てん)()るに、095川中(かはなか)には一個(いつこ)(ざる)浅瀬(あさせ)にかかり(うご)きゐたり。096夫婦(ふうふ)不思議(ふしぎ)にたへずと(ちか)より、097(ざる)(ふた)()()れば不思議(ふしぎ)や、098(なか)には(うさぎ)二匹(にひき)(うご)きゐたり。099玉守姫(たまもりひめ)玉守彦(たまもりひこ)にむかひ、
100『これは(じつ)(めづら)しき獲物(えもの)なり。101(てん)(あた)へならむ。102幸先(さいさき)よし』
103(ざる)(とも)にこれを(ひろ)ひて、104なほも山奥(やまおく)(ふか)くわけ()りにける。
105 鬱蒼(うつさう)たる老松(らうしやう)(てん)をおほひ、106(ひる)なほ(くら)きまでに(しげ)りゐる。107その樹下(じゆか)夫婦(ふうふ)横臥(わうぐわ)して(いき)(やす)めゐたりしが、108玉守姫(たまもりひめ)はフト(そら)(あふ)()るとたんに、
109『ヤー不思議(ふしぎ)
110絶叫(ぜつけう)したり。111玉守彦(たまもりひこ)素知(そし)らぬ(かほ)にて、
112不思議(ふしぎ)とは何事(なにごと)ぞ』
113()ひも(をは)らざるに、114玉守姫(たまもりひめ)頭上(づじやう)(まつ)(こづゑ)()さし、
115『この(まつ)には沢山(たくさん)(さけ)(うを)()りをれり』
116といふ。117玉守彦(たまもりひこ)はいかにも不思議(ふしぎ)千万(せんばん)とあきれ(がほ)(こた)へ、118ただちにその()にのぼり、119(さけ)一々(いちいち)()(えだ)よりむしり()りぬ。120夫婦(ふうふ)(さけ)(うさぎ)(おも)たげに(にな)ひ、121なほも(やま)(ふか)くわけ()り、122(くす)大木(たいぼく)根元(ねもと)(たま)(うづ)めて(かへ)()たりける。
123 ここに夫婦(ふうふ)(うさぎ)(さけ)料理(れうり)して、124(いは)ひの(さけ)()み、125雪隠(せつちん)にて饅頭(まんぢゆう)(くら)ひしごとき素知(そし)らぬ(かほ)にて日八十日(ひやそか)126夜八十夜(よるやそよ)(すご)したりける。
127大正一〇・一一・一八 旧一〇・一九 栗原七蔵録)