霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二一章 (きつね)尻尾(しつぽ)〔一二一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:第6篇 青雲山 よみ:せいうんざん
章:第21章 狐の尻尾 よみ:きつねのしっぽ 通し章番号:121
口述日:1921(大正10)年11月18日(旧10月19日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0321
愛善世界社版:122頁 八幡書店版:第1輯 304頁 修補版: 校定版:124頁 普及版:54頁 初版: ページ備考:
001 ヒマラヤ(さん)には純銀(じゆんぎん)(たま)をその国魂(くにたま)とし、002白銀(しろがね)(みや)(うやうや)しく鎮祭(ちんさい)し、003高山彦(たかやまひこ)八王神(やつわうじん)(にん)ぜられ、004高山姫(たかやまひめ)(つま)となりて神業(しんげふ)輔佐(ほさ)し、005ヒマラヤ(ひこ)は、006八頭神(やつがしらがみ)となり、007ヒマラヤ(ひめ)(つま)とし、008神政(しんせい)監掌(かんしやう)し、009一時(いちじ)よく上下(じやうげ)ともに(をさ)まりける。010白銀(しろがね)(みや)には玉国別(たまくにわけ)宮司(ぐうじ)として(うやうや)しく奉仕(ほうし)したり。
011 ここに八王大神(やつわうだいじん)常世彦(とこよひこ)は、012部下(ぶか)武寅彦(たけとらひこ)013武寅姫(たけとらひめ)および猛依別(たけよりわけ)(めい)じ、014種々(しゆじゆ)秘策(ひさく)(さづ)けて、015この国玉(くにたま)奪取(だつしゆ)せしめむとしゐたりけり。016武寅彦(たけとらひこ)毎日毎夜(まいにちまいや)宮詣(みやまう)でにことよせ、017昼夜(ちうや)間断(かんだん)なくつけ(ねら)ひゐたれば、018玉国別(たまくにわけ)武寅彦(たけとらひこ)らの行動(かうどう)(いぶ)かり、019ひそかに同形(どうけい)同色(どうしよく)擬玉(にせだま)(つく)り、020これを神殿(しんでん)鎮祭(ちんさい)しおきたり。021武寅彦(たけとらひこ)らは玉国別(たまくにわけ)(つま)なる国香姫(くにかひめ)に、022種々(しゆじゆ)手段(しゆだん)をもつて(ちか)づき、023(めづ)らしきものを(あた)へ、024巧言令色(こうげんれいしよく)いたらざるなく、025やうやくにして国香姫(くにかひめ)薬籠中(やくろうちう)のものとなしにける。026しかして武寅彦(たけとらひこ)は、027ある()国香姫(くにかひめ)にむかひ、
028貴女(きぢよ)にして白銀(しろがね)(みや)(しづ)まれる純銀(じゆんぎん)国魂(くにたま)を、029(をつと)玉国別(たまくにわけ)(うば)はしめ、030これを常世国(とこよのくに)八王大神(やつわうだいじん)(けん)じなば、031(なんぢ)夫婦(ふうふ)をヒマラヤ(さん)八王神(やつわうじん)(にん)じたまふべし。032他神(たしん)幕下(ばくか)にいつまでも、033唯々諾々(ゐゐだくだく)として神妙(しんめう)(つか)ふるも、034(あし)きことには(あら)ざれども、035かの庭前(にはさき)小松(こまつ)()られよ、036大木(たいぼく)(かげ)()てる小松(こまつ)はいつまでも(みき)(ほそ)()(うす)日蔭(ひかげ)境遇(きやうぐう)(あま)ンじ、037幾年(いくねん)()るも立派(りつぱ)成長(せいちやう)する時期(じき)なし。038しかるに(おな)(とき)()ゑられたる小松(こまつ)も、039大木(たいぼく)(かげ)(かく)れざる(まつ)は、040(とし)とともに成長(せいちやう)し、041(みき)(つよ)(えだ)(しげ)り、042衝天(しようてん)(いきほひ)(いう)するに(あら)ずや。043貴下(きか)はかくの(ごと)き、044不利益(ふりえき)なる地位(ちゐ)(あま)ンずるよりも、045(ひと)一代(いちだい)046()末代(まつだい)といふ(ことわざ)あり。047このさい奮起(ふんき)して純銀(じゆんぎん)(たま)(うば)ひとり、048()栄達(えいたつ)(はか)られよ』
049(くち)をきはめて巧妙(かうめう)説得(せつとく)したりければ、050国香姫(くにかひめ)幾度(いくたび)(あたま)(たて)にふり、051(かた)をゆすり、052会心(くわいしん)(ゑみ)をもらし、053武寅彦(たけとらひこ)にむかつて(をつと)玉国別(たまくにわけ)をしてその目的(もくてき)(たつ)せしむることを予約(よやく)したりけり。
054 ここに国香姫(くにかひめ)曲人(まがびと)甘言(かんげん)(まど)はされ、055(をつと)玉国別(たまくにわけ)にむかひ種々(しゆじゆ)言葉(ことば)をつくして、056国魂(くにたま)(ぬす)()らしめむとしたれども、057玉国別(たまくにわけ)天地(てんち)律法(りつぱう)厳守(げんしゆ)せる正義(せいぎ)神司(しんし)なれば、058国香姫(くにかひめ)(げん)()いておほいに(いか)り、059ただ一言(いちごん)(もと)叱責(しつせき)したるが、060たちまち「(かへり)みよ」といふ律法(りつぱふ)(おも)()し、061にはかに笑顔(ゑがほ)をつくりていふ。
062『これには(ふか)仔細(しさい)のあることならむ。063(われ)最愛(さいあい)なる(なんぢ)のために(たま)(ぬす)みだし、064夫婦(ふうふ)諸共(もろとも)一度(いちど)出世(しゆつせ)をなさむ』
065と、066わざと(うれ)しげに(こた)へたり。067国香姫(くにかひめ)(をつと)逐一(ちくいち)承諾(しようだく)せることを、068武寅彦(たけとらひこ)(いそ)報告(はうこく)したり。069ここに武寅彦(たけとらひこ)願望(ぐわんばう)成就(じやうじゆ)(とき)こそ(きた)れり、070八王大神(やつわうだいじん)賞賜(しやうし)(あづ)からむものと、071()(こころ)()びたつばかり、072(いさ)(すす)みて夜半(よは)073玉国別(たまくにわけ)(やかた)(おとづ)れにける。
074 玉国別(たまくにわけ)(よろこ)ンで、075これを(むか)へ、076山海(さんかい)珍味(ちんみ)佳肴(かかう)をもつて饗応(きやうおう)し、077丑満(うしみつ)(ころ)078武寅彦(たけとらひこ)らをともなひ白銀(しろがね)(みや)(まう)で、079自分(じぶん)黄金(こがね)(かぎ)をもつて(やしろ)(ぢやう)をはづし、080(とびら)をひらき(だい)なる(あさ)(ふくろ)擬玉(にせだま)をつつみ()ちだし、081ふたたび(とびら)()ぢ、082武寅彦(たけとらひこ)にむかつていふ。
083首尾(しゆび)よく国魂(くにたま)()()れり。084一時(いちじ)(はや)くこの()()()り、085(たま)(みづうみ)(ほとり)にいたりてこれを(わた)すべし。086長居(ながゐ)発覚(はつかく)(おそ)れあり』
087とみづから(さき)()ち、088夜陰(やいん)(まぎ)れて(たま)(みづうみ)(ほとり)()たりける。
089 このとき玉国別(たまくにわけ)武寅彦(たけとらひこ)(ほか)二人(ふたり)にむかひ(わら)つていふ。
090貴下(きか)らは(じつ)によく巧妙(かうめう)()けさせたまへども、091如何(いかん)せむ、092背後(はいご)(しろ)(きつね)尻尾(しつぽ)()ゆるは不都合(ふつがふ)ならずや。093(われ)(じつ)にヒマラヤ(さん)()(とし)()たる大狸(おほだぬき)なれども、094貴下(きか)らのごとく(すこ)しも()()せしことなし』
095といひつつ武寅彦(たけとらひこ)らの(かほ)(あな)のあくほど(のぞ)()るにぞ、096三人(さんにん)は、097玉国別(たまくにわけ)言葉(ことば)感歎(かんたん)していふ。
098『われは貴下(きか)()らるるごとく、099常世国(とこよのくに)白狐(びやくこ)なり。100しかるにいま貴下(きか)にその正体(しやうたい)看破(かんぱ)せられたるは、101(じつ)慚愧(ざんき)のいたりなり。102貴下(きか)(なに)ゆゑに尻尾(しつぽ)()えざるや』
103(いぶ)かり()ふにぞ、104玉国別(たまくにわけ)はここぞとばかり(かた)をゆすり、105(はな)ぴこつかせ、106得意(とくい)満面(まんめん)(てい)にて、
107『さればとよ。108(われ)純銀(じゆんぎん)(たま)(ちか)(まも)りをれば、109その(たま)(とく)によりて天地(てんち)(あひだ)にいかなる(たか)(かみ)()正体(しやうたい)()きはむるものなし。110貴下(きか)らもこの(たま)一度(いちど)()()れたまひなば、111(われ)らのごとくよく()(おほ)さるべし』
112(わら)ひつついふ。113武寅彦(たけとらひこ)()(たて)もたまらず、
114『われにこの(たま)()たせたまはずや』
115(うらや)まし()(かほ)をのぞき、116玉国別(たまくにわけ)(くび)はいづれにふれるやを凝視(ぎやうし)しをる。117玉国別(たまくにわけ)はたちまち(くび)左右(さいう)にふり、
118『なかなかもつて滅相千万(めつさうせんばん)119この(たま)常世国(とこよのくに)八王大神(やつわうだいじん)(たてまつ)るまでは他見(たけん)(ゆる)されぬ』
120ときつぱりと()ねつけたりければ、121武寅彦(たけとらひこ)らは両手(りやうて)(あは)せ、
122常世国(とこよのくに)まで(かへ)(みち)はなかなか(なが)し。123万一(まんいち)途中(とちゆう)にて()尻尾(しつぽ)他神(たしん)発見(はつけん)せられなば()一大事(いちだいじ)なり。124慈悲(じひ)にただ一度(いちど)わが()()れさせたまへ』
125歎願(たんぐわん)するを、126玉国別(たまくにわけ)はわざと不承不承(ふしやうぶしやう)に、
127(しか)らば(のぞ)みを(かな)へさせむ。128三人(さんにん)とも一度(いちど)白狐(びやくこ)全正体(ぜんしやうたい)をあらはし、129この麻袋(あさぶくろ)()()み、130おのおの自由(じいう)()()れられよ』
131()(はな)てば、132ここに三人(さんにん)ともたちまち白狐(びやくこ)(へん)じ、133(さき)(あらそ)ひて布袋(ふくろ)()()みにけり。134玉国別(たまくにわけ)は、135手早(てばや)(ふくろ)(くち)()め、
136『サア悪神(わるがみ)ども(おも)()つたか。137(きつね)七化(ななば)け、138如何(いか)にたくみに()けるとも、139(たぬき)八化(やば)けには(かな)ふまじ』
140といひつつ(ふくろ)大地(だいち)幾度(いくど)となく()げつくれば、141白狐(びやくこ)(いた)さに()へかね(くる)しき(かな)しき(こゑ)をあげて(すく)ひを(もと)めける。142玉国別(たまくにわけ)は、
143邪神(じやしん)眷属(けんぞく)馬鹿狐(ばかぎつね)144容赦(ようしや)はならぬ』
145といひつつ(ふくろ)(おも)(いし)(しば)りつけ、146(たま)(みづうみ)深淵(ふかみ)へどつとばかりに()()みにける。147たちまち湖水(こすゐ)左右(さいう)にひらき波浪(なみ)たち(さわ)ぎ、148擬玉(にせだま)(きつね)(とも)に、149ブクブクと(おと)をたてて湖水(こすゐ)(そこ)(ふか)沈没(ちんぼつ)したりける。150このこと常世彦(とこよひこ)(みみ)()り、151純銀(じゆんぎん)国魂(くにたま)(たま)(みづうみ)(そこ)(ふか)く、152白狐(びやくこ)(とも)(しづ)めるものと確信(かくしん)されたりければ、153これより白銀(しろがね)(みや)国魂(くにたま)(うば)はむとする計画(たくみ)は、154あとを()ちにける。
155大正一〇・一一・一八 旧一〇・一九 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。