霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二五章 邪神(じやしん)滅亡(めつぼう)〔一二五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:第7篇 崑崙山 よみ:こんろんざん
章:第25章 第3巻 よみ:じゃしんのめつぼう 通し章番号:125
口述日:1921(大正10)年11月20日(旧10月21日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0325
愛善世界社版:147頁 八幡書店版:第1輯 313頁 修補版: 校定版:151頁 普及版:66頁 初版: ページ備考:
001 吾妻別(あづまわけ)002吾妻姫(あづまひめ)二人(ふたり)(あひだ)に、003月世姫(つきよひめ)004月照姫(つきてるひめ)005五月姫(さつきひめ)三人(さんにん)(むすめ)(うま)れたり。006長女(ちやうぢよ)月世姫(つきよひめ)は、007その性質(せいしつ)粗暴(そばう)にして(つね)邪神(じやしん)(むれ)出入(しゆつにふ)し、008邪神(じやしん)結託(けつたく)して、009蛸間山(たこまやま)混乱(こんらん)紛擾(ふんぜう)せしむることにのみ全力(ぜんりよく)集注(しふちう)しゐたりけるが、010吾妻別(あづまわけ)重臣(ぢうしん)たる日出彦(ひのでひこ)は、011平素(へいそ)月世姫(つきよひめ)行動(かうどう)ますます暴逆(ばうぎやく)()(くは)へ、012非事醜行(ひじしうかう)()まざるを(なげ)き、013(なみだ)をふるつてしばしばこれを(いさ)めたれども、014月世姫(つきよひめ)一言半句(いちごんはんく)(みみ)をかさず、015つひには日出彦(ひのでひこ)讒訴(ざんそ)してこれを排除(はいじよ)せむとくはだて、016百方(ひやつぱう)手段(しゆだん)をつくして蛸間山城(たこまさんじやう)神人(かみがみ)籠絡(ろうらく)し、017市守姫(いちもりひめ)018畑野彦(はたのひこ)019田長彦(たながひこ)020国平別(くにひらわけ)021竹代彦(たけよひこ)らを股肱(ここう)(しん)となし、022昼夜(ちうや)謀計(ぼうけい)をめぐらし、023日出彦(ひのでひこ)失敗(しつぱい)(きた)さしめむとし、024ここに芳香姫(よしかひめ)といふ(うる)はしき女性(によしよう)(さく)(さづ)けて、025日出彦(ひのでひこ)(おとし)いれむとしたりけり。
026 日出彦(ひのでひこ)八王神(やつわうじん)(めい)(ほう)じて、027竜宮城(りゆうぐうじやう)使(つか)ひせむとする(とき)028芳香姫(よしかひめ)(もん)(たち)ふさがり日出彦(ひのでひこ)(そで)をひきてこれをとどめ、029かつその顔色(かほいろ)熟視(じゆくし)していふ。
030貴下(きか)何故(なにゆゑ)(わらは)平素(へいそ)(いつは)りたまひしや、031残念々々(ざんねんざんねん)
032()をふるはし、033(こゑ)をくもらせ涕泣(ていきふ)する。034日出彦(ひのでひこ)芳香姫(よしかひめ)(げん)035(すこ)しも合点(がつてん)ゆかず、036ただ呆然(ばうぜん)として芳香姫(よしかひめ)様子(やうす)(あや)しみ(なが)めゐたるのみ。
037 芳香姫(よしかひめ)はたちまち日出彦(ひのでひこ)(いだ)きつき、
038無情(むじやう)非道(ひだう)のわが(をつと)よ。039しらじらしきその御様子(ごやうす)040アヽ(わらは)(いま)まで貴下(きか)玩弄物(おもちや)とされゐたるか。041()なば諸共(もろとも)死出(しで)(やま)042三途(さんづ)(かは)もともどもに(わた)らむものと(ちか)ひし(なか)をも(かへり)みず、043竜宮城(りゆうぐうじやう)御使(おつか)ひの旅出(たびで)に、044ただ一言(いちごん)御相談(ごさうだん)もなく(わらは)()て、045はるばると出行(いでゆ)きたまふは(あま)りの無情(むじやう)046アヽ残念(ざんねん)や、047口惜(くちをし)や』
048()をくひしばり、049大地(だいち)にドツと()()し、050(こゑ)をかぎりに()(さけ)びける。
051 日出彦(ひのでひこ)(やぶ)から(ぼう)出来事(できごと)に、052月世姫(つきよひめ)一派(いつぱ)奸計(かんけい)とは()らず、
053芳香姫(よしかひめ)発狂(はつきやう)せしか、054不憫(ふびん)(もの)よ』
055といひつつも、056(ただ)ちに()をとり(いだ)きおこし(いた)はり介抱(かいはう)せむとする(をり)しも、057(とき)()ちゐたる月世姫(つきよひめ)は、058市守姫(いちもりひめ)059畑野彦(はたのひこ)060田長彦(たながひこ)061国平別(くにひらわけ)062竹代彦(たけよひこ)らの一味(いちみ)(とも)にその()(あら)はれ、
063天地(てんち)律法(りつぱう)(やぶ)れる不義(ふぎ)もの、064日出彦(ひのでひこ)(しば)れよ』
065下知(げち)(こゑ)とともに、066田長彦(たながひこ)らは(なん)容赦(ようしや)もなく荒縄(あらなは)おつとり、067手足(てあし)をしばりて八王神(やつわうじん)御前(みまへ)にまかりいで、
068天地(てんち)律法(りつぱう)(やぶ)り、069芳香姫(よしかひめ)玩弄(ぐわんろう)せし曲者(くせもの)(とら)へたり。070かかる曲者(くせもの)城内(じやうない)(とど)めおくは、071風儀(ふうぎ)(みだ)秩序(ちつじよ)(やぶ)るの(おそ)れあるのみならず、072八王神(やつわうじん)御名(おんな)(けが)れなり。073すみやかに厳罰(げんばつ)(ところ)し、074当城(たうじやう)追放(つゐはう)禍根(くわこん)()ちたまへ。075証拠(しようこ)(われ)数名(すうめい)実地(じつち)目撃(もくげき)せるところなり』
076言辞(ことば)たくみに無実(むじつ)奏上(そうじやう)をなしたりしが、077日出彦(ひのでひこ)は、078神色自若(しんしよくじじやく)として(おそ)るる(こころ)なく、
079『ただただ賢明(けんめい)なる八王神(やつわうじん)御裁断(ごさいだん)()(たてまつ)る』
080()ひしまま、081一言(いちごん)(はつ)せざりける。
082 八王神(やつわうじん)は、083黙然(もくぜん)としてこの(うつた)へを()きつつありしが、084(なん)言葉(ことば)もなく、085ツト()ちて宮殿(きうでん)(おく)(ふか)()りたまひ、086ただちに神前(しんぜん)端坐(たんざ)して神教(しんけう)()ひたまひ、087日出彦(ひのでひこ)088月世姫(つきよひめ)その()一同(いちどう)()()(れつ)(つく)らしめ、089日出彦(ひのでひこ)にむかつて叮嚀(ていねい)言葉(ことば)をかけ、090()長女(ちやうぢよ)月世姫(つきよひめ)不都合(ふつがふ)きはまる行動(かうどう)(しや)し、091かつ、092(ねんご)ろにこれを慰撫(ゐぶ)したまひ、093月世姫(つきよひめ)(むか)つて今後(こんご)(いまし)め、094その()神人(かみがみ)にも(きび)しく訓戒(くんかい)したまひ、095ここにいよいよ神示(しんじ)によりて日出彦(ひのでひこ)(うたが)ひは氷解(ひようかい)され、096正邪(せいじや)判断(はんだん)は、097日月(じつげつ)のごとく(あき)らかとなりにける。
098 日出彦(ひのでひこ)無実(むじつ)(うたが)ひ、099まつたく(かみ)明白(めいはく)なる教示(けうじ)によりて()れわたりたれば、100天地(てんち)にむかつて拝謝(はいしや)し、101(いそ)竜宮城(りゆうぐうじやう)さして出発(しゆつぱつ)したりける。
102 月世姫(つきよひめ)謀計(ぼうけい)のガラリはづれたるに失望(しつばう)し、103いかにもして初志(しよし)(たつ)せむと、104蛸間(たこま)(たき)芳香姫(よしかひめ)をともなひ、105悪竜(あくりう)(かみ)七日七夜(なぬかななよ)祈願(きぐわん)()めけるが、106芳香姫(よしかひめ)忽然(こつぜん)として六面八臂(ろくめんはつぴ)邪鬼(じやき)(へん)じ、107中空(ちうくう)()けのぼるよと()るまに、108東北(とうほく)(てん)(あや)しき雲塊(うんくわい)あらはれ、109たちまち西北(せいほく)(そら)にむかつて延長(えんちやう)し、110昼夜(ちうや)(べん)ぜざる常暗(とこやみ)(そら)となり、111あまたの黒竜(こくりう)月世姫(つきよひめ)頭上(づじやう)()がけて(くだ)りきたり、112(さか)ンに毒気(どくき)()きかけ、113火炎(くわえん)(した)()して月世姫(つきよひめ)()(ころ)さむとす。114このとき月世姫(つきよひめ)(こゑ)をあげていふ。
115(なんぢ)芳香姫(よしかひめ)変化(へんげ)にあらずや。116(わらは)(なんぢ)(めい)ずるところは、117(わらは)(くる)しめよとには(あら)ず。118日出彦(ひのでひこ)(なや)ませ滅亡(めつぼう)せしめむがためなり。119(なに)をまちがへてかかる反対的(はんたいてき)行動(かうどう)をとるや』
120絶叫(ぜつけう)したりしに、121その(とき)黒雲(こくうん)(あひだ)より(こゑ)ありて、
122(なんぢ)(じつ)悪逆無道(あくぎやくぶだう)なり。123芳香姫(よしかひめ)(いま)悪竜(あくりう)となりて(なんぢ)(ほろ)ぼさむとす。124(ひと)(のろ)はば(あな)(ふた)つ、125自己(おのれ)(いづ)るものは自己(おのれ)(かへ)る。126(てん)賞罰(しやうばつ)は、127寸毫(すんがう)もたがふことなし、128(おも)()れや』
129言葉(ことば)(した)より(やり)穂尖(ほさき)(あめ)()るがごとく、130危険(きけん)()にせまりて寸毫(すんがう)(のが)るるの余地(よち)なかりけるが、131(から)うじてわが居室(きよしつ)()げいりホツト一息(ひといき)つぐ()もなく、132(いへ)四隅(しぐう)より毒竜(どくりう)あまた出現(しゆつげん)して(またた)くうちに火炎(くわえん)(くわ)し、133(けむり)身辺(しんぺん)をつつみ、134猛火炎々(まうくわえんえん)として(てん)(ちゆう)し、135月世姫(つきよひめ)黒焦(くろこげ)となりて(あえ)なくも(ほろ)びける。136(いま)まで(やや)さえたる月世姫(つきよひめ)も、137(かみ)懲罰(ちようばつ)によりて暗路(やみぢ)をたどり幽界(いうかい)のふたたび刑罰(けいばつ)()くるの破目(はめ)(おちい)りしなり。138アヽ天地(てんち)依怙(えこ)なし、139(ぜん)(たす)(あく)(ほろ)ぼし、140世界(せかい)神人(しんじん)(いまし)めたまふこと、141(じつ)明鏡(めいきやう)(もの)(うつ)して余蘊(ようん)なきがごとし。142(つつし)むべきは悪事(あくじ)にして、143(おそ)るべきは天地(てんち)神明(しんめい)大道(だいだう)なり。144(かみ)はかかる暗黒(あんこく)無道(ぶだう)()出現(しゆつげん)して、145(しん)146(いう)147(げん)三界(さんがい)立替(たてかへ)立直(たてなほ)しの神業(しんげふ)開始(かいし)し、148真善美(しんぜんび)天国(てんごく)地上(ちじやう)樹立(じゆりつ)したまはむとす。149(かみ)(くに)(うま)れ、150(かみ)(くに)(あは)()(かみ)子孫(しそん)たる吾人(ごじん)は、151つつしみて神業(しんげふ)奉仕(ほうし)し、152神恩(しんおん)(むく)いたてまつるべき責任(せきにん)重大(ぢゆうだい)なるを(ふか)自覚(じかく)すべきなり。
153大正一〇・一一・二〇 旧一〇・二一 外山豊二録)
154(第二四章~第二五章 昭和一〇・一・一六 於亀の井旅館 王仁校正)