霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二六章 大蛇(をろち)長橋(ながはし)〔一二六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:第7篇 崑崙山 よみ:こんろんざん
章:第26章 大蛇の長橋 よみ:おろちのながはし 通し章番号:126
口述日:1921(大正10)年11月28日(旧10月29日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0326
愛善世界社版:153頁 八幡書店版:第1輯 315頁 修補版: 校定版:157頁 普及版:69頁 初版: ページ備考:
001 モスコーには、002黒色(こくしよく)(たま)安置(あんち)し、003これを烏羽玉(うばたま)(みや)といふ。004道貫彦(みちつらひこ)八王神(やつわうじん)となし、005道貫姫(みちつらひめ)(つま)として神務(しんむ)輔佐(ほさ)せしめ、006夕日別(ゆふひわけ)八頭神(やつがしらがみ)とし、007夕照姫(ゆふてるひめ)(つま)として神政(しんせい)輔翼(ほよく)せしめたまへり。
008 夕照姫(ゆふてるひめ)(つね)()()ちたる女性(ぢよせい)にして、009したがつて肉体(にくたい)(はなは)(よわ)く、010(つね)病魔(びやうま)(おそ)ふところとなりゐたり。011その病魔(びやうま)八頭八尾(やつがしらやつを)大蛇(をろち)眷族(けんぞく)大蛇姫(をろちひめ)といふ邪霊(じやれい)ありて、012憑依(ひようい)し、013(ひめ)身体(しんたい)(くる)しめゐたり。014これがために夕照姫(ゆふてるひめ)はつひに重態(ぢうたい)におちいり、015危篤(きとく)(ひん)しければ、016夕日別(ゆふひわけ)枕頭(ちんとう)をはなれず(した)しく看護(かんご)()をつくしたり。017(したが)つて夫婦(ふうふ)(なか)はきはめて親密(しんみつ)なりける。018夕照姫(ゆふてるひめ)臨終(りんじゆう)にさいし、019夕日別(ゆふひわけ)にむかひ、
020(わらは)死後(しご)はかならず後妻(ごさい)()れたまふなかれ』
021遺言(ゆゐごん)せむとし、022()ひだしかねて煩悶(はんもん)し、023連日(れんじつ)連夜(れんや)(をつと)(かほ)凝視(みつめ)てゐたりける。024夕照姫(ゆふてるひめ)は、025()死後(しご)において(をつと)後妻(ごさい)(めと)るを(ねた)ましきことに(おも)ひ、026その一念(いちねん)執着(しふちやく)のため、027臨終(りんじゆう)(いき)()きとりかねゐたりけるより、028夕日別(ゆふひわけ)はつひにその心中(しんちゆう)察知(さつち)し、029(つま)にむかひて、
030(なんぢ)(われ)(こころ)(のこ)すことなく神界(しんかい)にいたるべし。031(なんぢ)昇天後(しようてんご)032(われ)(だん)じて後妻(ごさい)()れじ、033安心(あんしん)せよ』
034(やく)したりければ、035夕照姫(ゆふてるひめ)満面(まんめん)(ゑみ)をふくみ(ねむ)るがごとく絶息(ぜつそく)したりける。
036 かくて夕日別(ゆふひわけ)(おほ)くの(とし)()たるが、037老年(らうねん)におよび(さび)しくなりしより、038後妻(ごさい)(めと)らむとするの(こころ)(いだ)きける。039部下(ぶか)神人(かみがみ)は、040(みこと)(おい)寂寥(せきれう)(なげ)きたまふを()(どく)(おも)ひ、041後妻(ごさい)(めと)られむことを(すす)めけるに(みこと)はおほいに(よろこ)び、042夕照姫(ゆふてるひめ)との約束(やくそく)無視(むし)して、043八王神(やつわうじん)道貫彦(みちつらひこ)(むすめ)なる夕凪姫(ゆふなぎひめ)(めと)りける。
044 夕日別(ゆふひわけ)はそれより元気(げんき)とみに回復(くわいふく)し、045領内(りやうない)巡視(じゆんし)に、046あまたの従者(じゆうしや)をしたがへ出張(しゆつちやう)さるることしばしばなりき。047夕凪姫(ゆふなぎひめ)はいつも奥殿(おくでん)居住(きよぢう)して外出(ぐわいしゆつ)せざりけるが、048ある(とき)049たちまち天上(てんじやう)より黒雲(こくうん)()りて(くだ)りきたる容貌(ようばう)醜悪(しうあく)なる鬼女(きぢよ)あり。050薙刀(なぎなた)をひつさげ、051夕凪姫(ゆふなぎひめ)(まへ)(あら)はれて、
052(わらは)こそは夕照姫(ゆふてるひめ)なり。053(をつと)は、054(わらは)臨終(りんじゆう)のときの(かた)約束(やくそく)(やぶ)り、055(なんぢ)()れて後妻(ごさい)としたり。056(わらは)(をつと)にたいして(うらみ)()らさむと日夜(にちや)つけねらへども、057神力強盛(しんりききやうせい)にしていかんともすること(あた)はず。058よつて、059その片割(かたわれ)なる(なんぢ)雌雄(しゆう)(けつ)せむ。060尋常(じんじやう)勝負(しようぶ)あれ』
061()ばはりけるに、062夕凪姫(ゆふなぎひめ)元来(ぐわんらい)勝気(かちき)女性(ぢよせい)なれば、063(すこ)しも(おそ)れず、064ただちに()つて長押(なげし)()けし薙刀(なぎなた)()るより(はや)()ちむかひける。065かくして(たが)ひに火花(ひばな)()らし、066秘術(ひじゆつ)をつくして(たたか)ひけれども容易(ようい)勝負(しようぶ)はつかず、067鶏鳴(けいめい)とともに夕照姫(ゆふてるひめ)は、068ふたたび黒雲(こくうん)にのり中空(ちうくう)(かげ)(ぼつ)したりける。069(をつと)不在中(ふざいちゆう)は、070毎夜(まいよ)時刻(じこく)(さだ)めて(あら)はれきたり、071たがひに薙刀(なぎなた)をもつて勝負(しようぶ)(あらそ)ひゐたるをもつて、072一間(ひとま)のうちは天井裏(てんじやううら)073(はしら)074(たたみ)075(ふすま)区別(くべつ)なく、076薙刀(なぎなた)創痕(きずあと)ばかりとなりける。077されども夕凪姫(ゆふなぎひめ)(ふか)くこれを()して何人(なにびと)にも()らさざりけり。
078 夕日別(ゆふひわけ)領内(りやうない)巡視(じゆんし)()へ、079帰城(きじやう)して夕凪姫(ゆふなぎひめ)奥殿(おくでん)()り、080居室(きよしつ)刀痕(かたなあと)()ておほいに(あや)しみ、081その理由(りいう)(たづ)ねける。082夕凪姫(ゆふなぎひめ)はやむを()()りし次第(しだい)をもれなく物語(ものがた)りしに、083(をつと)はこれを()きておほいに(おどろ)き、084ただちに烏羽玉宮(うばたまのみや)にいたり、085祈願(きぐわん)()らし、086かつ宮司(ぐうじ)高国別(たかくにわけ)をもつて神勅(しんちよく)奏請(そうせい)したりける。
087 ときに巫子(みこ)あり、088にはかに身体(しんたい)震動(しんどう)し、089大地(だいち)にバツタと(たふ)れ、090(おき)あがりてはまた(たふ)れ、091大声(おほごゑ)(はな)つて()(さけ)び、092夕日別(ゆふひわけ)面上(めんじやう)(あな)のあくばかりに、093怨恨(えんこん)()ゆる(いや)らしき()をもつて(にら)みつけ、
094(なんぢ)夕日別(ゆふひわけ)は、095(わらは)との約束(やくそく)(やぶ)り、096夕凪姫(ゆふなぎひめ)後妻(ごさい)にいれたり。097ただ(いま)098()(もの)()せむ』
099矢庭(やには)()びかかり、100(みこと)(くび)()をかけ、101生首(いきくび)()()かむと(たけ)りくるふその有様(ありさま)は、102()()もよだつばかりなりける。
103 夕日別(ゆふひわけ)如何(いかん)ともするよしなく、104ただ違約(ゐやく)(つみ)(しや)し、105かつ、
106夕凪姫(ゆふなぎひめ)離縁(りえん)して(なんぢ)(れい)(なぐさ)め、107冥福(めいふく)(いの)るべければ、108今回(こんくわい)(ゆる)せよ』
109といひけるに、110巫女(みこ)はふたたび(くち)()りて、
111『しからば(わらは)要求(えうきう)すべきことあり、112第一(だいいち)にその要求(えうきう)()れたまふか』
113(ねん)()したり。114夕日別(ゆふひわけ)震慄(しんりつ)しながら、
115何事(なにごと)にても()(ちから)のおよぶ範囲(はんゐ)のことならば(なんぢ)要求(えうきう)(おう)ずべし』
116言葉(ことば)()れぎれに(いき)をはづませて(こた)へける。117巫女(みこ)はやや顔色(がんしよく)をやはらげ、
118(しか)らばモスコーの長橋(ながはし)(たもと)に、119今宵(こよひ)丑満(うしみつ)(とき)()して、120三万匹(さんまんびき)(かへる)(とら)へ、121笊籠(ざるかご)(をさ)めて(なんぢ)みづから()ちきたれ』
122といふを、123夕日別(ゆふひわけ)恐怖(きようふ)のあまり(いち)()もなくこれを承諾(しようだく)して(やかた)(かへ)り、124即時(そくじ)数多(あまた)神卒(しんそつ)(めい)じ、125山野(さんや)にいでて(かへる)捕獲(ほくわく)せしめたれど、126(かへる)(やうや)三百匹(さんびやくぴき)より(あつ)まらず、127夕照姫(ゆふてるひめ)要求(えうきう)百分(ひやくぶん)(いち)()たるに()ぎざりける。128ここに夕日別(ゆふひわけ)はやむを()ずあまたのなめくじ(とら)へてこれを底積(そこづみ)となし、129(かへる)をもつて上側(うはかは)をつつみ、130侍神(じしん)をして丑満(うしみつ)(こく)()し、131長橋(ながはし)(たもと)()(はこ)ばしめける。
132 たちまち天上(てんじやう)より黒雲(こくうん)()りくる鬼女(きぢよ)あり。133侍者(じしや)(おどろ)きその()()(たふ)れむとするとき、134鬼女(きぢよ)はこれを(たす)けおこし侍者(じしや)にむかひて、
135夕日別(ゆふひわけ)何故(なにゆゑ)(きた)りたまはざりしや』
136()ひければ、137侍者(じしや)(こた)へて、
138(みこと)数十万(すうじふまん)なめくじ(しつ)四周(ししう)(あつ)め、139その(なか)安座(あんざ)して()でたまはず、140夕凪姫(ゆふなぎひめ)(あひ)(よう)して(たの)しみゐたまへり』
141(こた)へたるに、142鬼女(きぢよ)はたちまち忿怒(ふんど)(いろ)(あら)はし、143()()(くろ)大蛇(をろち)姿(すがた)となり、144(かへる)()れある(ざる)(あたま)()()れ、145一口(ひとくち)()ひつくしたるが、146たちまちなめくじ(どく)にあてられ、147大蛇(をろち)身体(しんたい)()るまに溶解(ようかい)消滅(せうめつ)して(あと)には(ほね)のみを(のこ)し、148夕照姫(ゆふてるひめ)怨霊(おんりやう)はここにまつたく滅尽(めつじん)したりける。
149 夕凪姫(ゆふなぎひめ)は、150それより先妻(せんさい)同様(どうやう)(やまひ)(はつ)し、151帰幽(きいう)してその霊魂(れいこん)大蛇(をろち)(くわ)し、152長橋(ながはし)守護神(しゆごじん)となりにける。153これを「大蛇(をろち)長橋(ながばし)」と(とな)ふ。
154大正一〇・一一・二八 旧一〇・二九 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。