霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二七章 不意(ふい)昇天(しようてん)〔一二七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:第8篇 神界の変動 よみ:しんかいのへんどう
章:第27章 不意の昇天 よみ:ふいのしょうてん 通し章番号:127
口述日:1921(大正10)年11月28日(旧10月29日) 口述場所: 筆録者:桜井重雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0327
愛善世界社版:161頁 八幡書店版:第1輯 318頁 修補版: 校定版:165頁 普及版:72頁 初版: ページ備考:
001 天地(てんち)律法(りつぱう)御制定(ごせいてい)とともに各山(かくざん)各地(かくち)守護神(しゆごじん)は、002いづれも更迭(かうてつ)(めい)ぜられける。003その(なか)高白山(かうはくざん)長高山(ちやうかうざん)のごとく以前(いぜん)のままに守護神(しゆごじん)としてとどまり、004神務(しんむ)奉仕(ほうし)する神司(かみがみ)もありける。005ただ重要(ぢうえう)なる地域(ちゐき)にかぎり十二柱(じふにはしら)八王神(やつわうじん)八頭神(やつがしらがみ)らを配置(はいち)したまへり。006ローマは神界(しんかい)経綸上(けいりんじやう)もつとも大切(たいせつ)なる地域(ちゐき)なるより、007神界(しんかい)にてもことに有力(いうりよく)なる神人(かみがみ)をして守護(しゆご)せしめられたり。008ローマの(みやこ)には白色(はくしよく)国魂(くにたま)(まつ)りこれを白玉(しらたま)(みや)()づけ、009また白波(しらなみ)(みや)とも(とな)へけり。010元照別(もとてるわけ)八王神(やつわうじん)(にん)元照姫(もとてるひめ)(つま)として神務(しんむ)輔佐(ほさ)し、011朝照彦(あさてるひこ)八頭神(やつがしらがみ)(めい)ぜられ朝照姫(あさてるひめ)(つま)として神政(しんせい)補助(ほじよ)せしめ、012水口別(みづぐちわけ)013大依別(おほよりわけ)部将(ぶしやう)とし(さか)ンに経綸(けいりん)をおこなひ、014神徳(しんとく)隆々(りうりう)として旭日昇天(きよくじつしようてん)(いきほひ)なりけり。
015 このとき山口別(やまぐちわけ)といふ(もの)あり、016ローマを占領(せんりやう)せむことを(くはだ)てゐたり。017(かれ)鬼雲別(おにくもわけ)018蚊取別(かとりわけ)らの()(ほう)じて羅馬城(ローマじやう)顛覆(てんぷく)しここに大根拠(だいこんきよ)をかまへ、019漸次(ぜんじ)(すす)ンで竜宮城(りゆうぐうじやう)奪取(だつしゆ)し、020つひに()高天原(たかあまはら)をも占領(せんりやう)せむと(くはだ)て、021常世(とこよ)(くに)八王大神(やつわうだいじん)なる常世彦(とこよひこ)首領(しゆりやう)として、022あまたの邪神(じやしん)とともに四方(しはう)八方(はつぱう)より全力(ぜんりよく)をつくしてローマに()()せけり。023元照別(もとてるわけ)朝照彦(あさてるひこ)とともに()高天原(たかあまはら)急使(きふし)()せて、024救援軍(きうゑんぐん)(おく)られむことを()(きた)りぬ。
025 ()高天原(たかあまはら)においては国直姫命(くになほひめのみこと)026大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)027真澄姫(ますみひめ)協議(けふぎ)結果(けつくわ)028大足彦(おほだるひこ)道貴彦(みちたかひこ)()へてローマの救援(きうゑん)(むか)はしめられたり。029しかるにローマは()高天原(たかあまはら)および万寿山(まんじゆざん)(あひ)(なら)びて、030神界(しんかい)経綸上(けいりんじやう)031その大半(たいはん)はここに根拠(こんきよ)()ゑざるべからざる要所(えうしよ)なり。
032 大足彦(おほだるひこ)八王神(やつわうじん)元照別(もとてるわけ)033八頭神(やつがしらがみ)朝照彦(あさてるひこ)ら、034各地(かくち)配置(はいち)されたる十一柱(じふいちはしら)八王神(やつわうじん)をここに(あつ)め、035十二(じふに)八頭神(やつがしらがみ)国魂(くにたま)守護(しゆご)一時(いちじ)委任(ゐにん)することと(さだ)め、036十一(じふいち)八王神(やつわうじん)はあまたの神将(しんしやう)神卒(しんそつ)(ひき)つれローマにあつまり、037八王大神(やつわうだいじん)魔軍(まぐん)にむかつて、038あるひは()(ある)ひは(ふせ)全力(ぜんりよく)傾注(けいちう)し、039一時(いちじ)非常(ひじやう)なる勢力(せいりよく)にて、040さすがの八王大神(やつわうだいじん)全力(ぜんりよく)をつくしたる攻撃軍(こうげきぐん)(てき)しかね、041旗色(はたいろ)(にはか)にさびしくなりきたりて、042やや小康(せうかう)()たるローマの聖都(せいと)は、043八王神(やつわうじん)おのおの(こころ)をゆるめ、044(なん)()(やす)きに(うつ)らむとする(きざ)しを馴致(じゆんち)したりける。
045 ここに十二(じふに)八王神(やつわうじん)はたがひに嫉視反目(しつしはんもく)して同志討(どうしう)ちをはじめたる。046この(きよ)(じやう)じて常世彦(とこよひこ)魔軍(まぐん)は、047醜女(しこめ)048探女(さぐめ)(ふか)城内(じやうない)()らしめ、049内部(ないぶ)より土崩瓦潰(どほうぐわくわい)せしめむと全力(ぜんりよく)傾注(けいちう)したり。050八王神(やつわうじん)各自(かくじ)嫉視反目(しつしはんもく)はおひおひ(はげ)しく、051あたかも洪水(こうずゐ)(つつみ)(くづ)すごとく、052さすがの大足彦(おほだるひこ)053道貴彦(みちたかひこ)も、054これを鎮定(ちんてい)するの手段(しゆだん)()きたりにける。
055 かくして八王神(やつわうじん)はローマに(あつ)まり、056争闘(そうとう)につぐに争闘(そうとう)をもつてし、057許多(きよた)年月(としつき)経過(けいくわ)したり。058七王(ななわう)八王(やわう)協心戮力(けふしんりくりよく)もつて(てき)(ほろ)ぼさむとしたる計画(けいくわく)は、059かへつて失敗(しつぱい)大原因(だいげんいん)となり、060そのあひだに大国彦(おほくにひこ)061常世彦(とこよひこ)両派(りやうは)魔軍(まぐん)は、062八頭神(やつがしらがみ)使嗾(しそう)して八王神(やつわうじん)にたいし反旗(はんき)()げしめ、063独立(どくりつ)(はか)ることとなりぬ。064これぞ世界(せかい)国々(くにぐに)分立(ぶんりつ)割拠(かつきよ)する端緒(たんちよ)となりける。
065 ローマ(じやう)内部(ないぶ)暗闘(あんとう)探女(さぐめ)陰密的(いんみつてき)活躍(くわつやく)(くは)へて、066外部(ぐわいぶ)よりふたたび常世彦(とこよひこ)部下(ぶか)山口別(やまぐちわけ)らの総攻撃(そうこうげき)にあひ、067つひに(ささ)へがたき状態(じやうたい)(おちい)りぬ。068大足彦(おほだるひこ)(あま)鳥船(とりふね)にのり夜陰(やいん)(じやう)じてひそかに竜宮城(りゆうぐうじやう)帰還(きくわん)し、069ローマの窮状(きゆうじやう)逐一(ちくいち)国直姫命(くになほひめのみこと)進言(しんげん)したり。070そのとき何処(いづこ)より()(きた)りけむ、071常世姫(とこよひめ)大足彦(おほだるひこ)(まへ)にあらはれ、072ローマ守備(しゆび)粗漏(そろう)きはまれる施設(しせつ)(くち)をきはめて罵倒(ばたふ)し、073かつ……(すみ)やかに大足彦(おほだるひこ)排除(はいじよ)されたし……と国直姫命(くになほひめのみこと)進言(しんげん)したり。074国直姫命(くになほひめのみこと)何故(なにゆゑ)かこの解決(かいけつ)(あた)へず、075ただちに(くも)(おこ)(てん)(あが)りたまひける。
076 常世姫(とこよひめ)時期(じき)到来(たうらい)とひそかに(よろこ)びつつ、077国直姫命(くになほひめのみこと)遺言(ゆゐごん)なりと(いつは)り、078魔我彦(まがひこ)079魔我姫(まがひめ)をして神務(しんむ)神政(しんせい)(おこな)はしめ、080みづから国直姫命(くになほひめのみこと)地位(ちゐ)()かむと(くはだ)てゐたりける。
081大正一〇・一一・二八 旧一〇・二九 桜井重雄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。