霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二九章 男波(をなみ)女波(めなみ)〔一二九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:第8篇 神界の変動 よみ:しんかいのへんどう
章:第29章 男波女波 よみ:おなみめなみ 通し章番号:129
口述日:1921(大正10)年11月29日(旧11月01日) 口述場所: 筆録者:谷村真友 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0329
愛善世界社版:169頁 八幡書店版:第1輯 321頁 修補版: 校定版:173頁 普及版:76頁 初版: ページ備考:
001 モスコーの八王神(やつわうじん)道貫彦(みちつらひこ)は、002ローマに召集(せうしふ)されて多年(たねん)(あひだ)不在(ふざい)なりき。003(つま)道貫姫(みちつらひめ)()(あま)かりしため、004その長女(ちやうぢよ)春日姫(かすがひめ)(ちち)不在(ふざい)(こころ)をゆるめ放縦(はうじう)堕落(だらく)ますます(はげ)しく、005神司(かみがみ)らの指弾(しだん)する行動(かうどう)をつねに平気(へいき)にて(えん)じゐたり。006されど母人(ははびと)は、007()(あい)(まなこ)くらみて春日姫(かすがひめ)のあらぬ日々(にちにち)行動(かうどう)如何(いかん)(すこ)しも()づかざりける。008春日姫(かすがひめ)(まゆ)(なが)()(すず)しく、009口許(くちもと)しまりて(いろ)(しろ)く、010(はだへ)やはらかく、011あたかも桜花(あうくわ)(とき)をえて咲初(さきそ)めたるごとき容姿(ようし)()てりき。
012 八王大神(やつわうだいじん)従臣(じゆうしん)竹倉別(たけくらわけ)といふ若者(わかもの)ありき。013竹倉別(たけくらわけ)水色(みづいろ)烏帽子(ゑぼし)狩衣(かりぎぬ)(ちやく)し、014烏羽玉(うばたま)(みや)参拝(さんぱい)したるに、015春日姫(かすがひめ)盛装(せいさう)をこらし侍女(じぢよ)春姫(はるひめ)とともに、016神前(しんぜん)参拝(さんぱい)ををはり階段(かいだん)(くだ)らむとするや、017みづからわが(ころも)(すそ)()階段(かいだん)より真逆(まつさか)さまに顛倒(てんたう)せむとしたり。018このとき階段(かいだん)(のぼ)りくる竹倉別(たけくらわけ)は、019春日姫(かすがひめ)(たい)をささへ(あやふ)厄難(やくなん)(すく)ひければ、020春日姫(かすがひめ)感謝(かんしや)一通(ひととほ)りの(よろこ)びではなく、021(なに)(ふか)印象(いんしやう)胸底(むなそこ)にとどめける。022春日姫(かすがひめ)春姫(はるひめ)()をひかれて階段(かいだん)(くだ)り、023あと振返(ふりかへ)りつつ竹倉別(たけくらわけ)階段(かいだん)(のぼ)りゆくを流目(ながしめ)見惚(みと)れゐたりしが、024これより春日姫(かすがひめ)(なに)ゆゑか、025ただちに(やまひ)(とこ)呻吟(しんぎん)する()とはなりける。
026 諸神司(しよしん)はこれを(うれ)ひて大神(おほかみ)(いの)り、027医薬(いやく)(あた)へなど色々(いろいろ)()をつくせども、028春日姫(かすがひめ)(やまひ)にたいしては(なん)効果(かうくわ)もなかりける。029(はは)道貫姫(みちつらひめ)(ひめ)日夜(にちや)(よわ)りゆく姿(すがた)をながめて、030()()も、031たまらず煩悶(はんもん)苦悩(くなう)しつつ、032あたかも掌中(しやうちう)(たま)(うしな)ひしごとく、033落胆(らくたん)失望(しつばう)(きよく)(たつ)しゐたり。
034 道貫姫(みちつらひめ)春姫(はるひめ)をひそかに(まね)き、
035(なんぢ)はつねに春日姫(かすがひめ)(そば)(ちか)(つか)ふる(もの)なれば、036(ひめ)意中(いちう)をよく(さつ)しゐるならむ。037(ひめ)のこの(たび)重病(ぢうびやう)につきては、038(なに)(おも)ひあたることなきや』
039(みみ)(くち)よせひそかに()ひかけたるが、040春姫(はるひめ)春日姫(かすがひめ)病因(びやういん)はほぼ察知(さつち)してゐたれども、041(おそ)れて口外(こうぐわい)することをはばかり、
042『くはしく(さぐ)りて後日(ごじつ)(まを)しあげむ』
043とやうやくその()立去(たちさ)り、044春日姫(かすがひめ)にむかひ、
045烏羽玉(うばたま)(みや)参拝(さんぱい)のをり、046竹倉別(たけくらわけ)危難(きなん)(すく)はれ、047それより発病(はつびやう)したまひしは、048(かみ)(くすり)もきかぬ御病気(ごびやうき)には(あら)ずや』
049とおそるおそる(たづ)ねけるに、050春日姫(かすがひめ)(そで)にて(かほ)をおほひながら(あたま)をかたむけ、051やや覚束(おぼつか)なき(こゑ)にてただ一言(いちごん)
052(しか)り』
053(こた)へ、054そのまま夜具(やぐ)をひきかぶり(いき)をはづませ、055病体(びやうたい)左右(さいう)にゆすりてもがき、056かつ(すす)(なき)さへ(きこ)へけり。057春姫(はるひめ)春日姫(かすがひめ)にむかひ、
058(しゆ)のためならば、059たとへ()天律(てんりつ)(やぶ)るとも、060(わらは)律法(りつぱう)犠牲(ぎせい)となりて目的(もくてき)願望(ぐわんばう)(たつ)(まゐ)らせむ』
061決心(けつしん)(いろ)をしめし、062しばしの(いとま)()ひこの()立去(たちさ)り、063ただちに竹倉別(たけくらわけ)(いへ)(おとづ)れた。
064 竹倉別(たけくらわけ)()けても()れても、065(からす)()かぬ()はあつても、066春姫(はるひめ)(おも)はぬ()瞬時(しゆんじ)もなきまでに懸想(けさう)しゐたりしが、067(いま)その(たう)女性(ぢよせい)不意(ふい)訪問(はうもん)をうけて(むね)ををどらせ、068(かた)()()げしつつ(かほ)をあからめ、069(よう)もなきに前後(ぜんご)左右(さいう)室内(しつない)()けまはり、070晴天(せいてん)霹靂(へきれき)頭上(づじやう)にはげしく落下(らくか)せむとする(とき)態度(たいど)そのままなりける。071春姫(はるひめ)落付顔(おちつきがほ)竹倉別(たけくらわけ)()をとり、
072何事(なにごと)出来(しゆつたい)せしか()らざれども、073まづ、074しばらく(おち)つかせたまへ』
075(かた)()で、076(むね)をさすりてその()端坐(たんざ)せしめたるに、077竹倉別(たけくらわけ)はあたかも()()ひしごとく、078(ほね)までぐなぐなになりし心地(ここち)して、079(なん)となく()つかぬ風情(ふぜい)なりき。080春姫(はるひめ)(みみ)(くち)()せ、081あたりをはばかりながら、
082春日姫(かすがひめ)(なんぢ)(こころ)をよせ、083ために病床(びやうしやう)()したまふ。084貴下(きか)(しゆ)(たす)くるために春日姫(かすがひめ)(をつと)となりたまはずや』
085私語(ささや)けば、086竹倉別(たけくらわけ)(きつね)につままれたるごとき面持(おももち)にて、087ただ茫然(ばうぜん)として春姫(はるひめ)(かほ)(あな)のあくほどうちながめ両眼(りやうがん)よりは(あつ)(なみだ)ほとばしりける。088春姫(はるひめ)竹倉別(たけくらわけ)心中(しんちゆう)()らず、089その態度(たいど)焦慮(もどかし)がり百方(ひやつぱう)(べん)をつくして、090春日姫(かすがひめ)()(したが)はしめむとしきりに(すす)めてやまざりける。091竹倉別(たけくらわけ)ははづかしさうに、
092貴下(きか)のお(すす)めを承諾(しようだく)するに(さき)だち、093(ひと)つの(ねが)ひあり』
094とて狩衣(かりぎぬ)(そで)(おもて)をつつみ、095(いき)をはづませ(かた)まで動揺(どうえう)させたり。096春姫(はるひめ)は、
097貴下(きか)(ねがひ)とはいかなることぞ。098(よわ)(をんな)()(かな)ふことならば、099何事(なにごと)にても身命(しんめい)にかへて(おう)じたてまつらむ』
100といふ。101このとき竹倉別(たけくらわけ)(たづ)ねて若彦(わかひこ)といふ(うるは)しき若者(わかもの)102烏帽子(ゑぼし)直垂(ひたたれ)着用(ちやくよう)しながら這入(はい)りきたり。103若彦(わかひこ)は、104春姫(はるひめ)()ても()めても(わす)れられぬ若者(わかもの)なりき。105春姫(はるひめ)()()えたちぬ。106若彦(わかひこ)はこの()光景(くわうけい)()ていぶかり無言(むごん)のまま、107直立(ちよくりつ)不動(ふどう)姿勢(しせい)()りゐたり。
108 竹倉別(たけくらわけ)春姫(はるひめ)(こころ)(うば)はれ、109若彦(わかひこ)()りきたりてわが(まへ)()てることさへ(すこ)しも()づかず、110(かほ)(ひも)()きてしきりに春姫(はるひめ)(むか)(おも)ひのたけを、111ちぎれちぎれに口説(くど)きたてたり。112春姫(はるひめ)は、113若彦(わかひこ)(まへ)にて(おも)ひもよらぬ竹倉別(たけくらわけ)口説(くど)きたてられ、114(いた)(かゆ)さの(いた)ばさみとなりて、115心中(しんちう)悶々(もんもん)(じやう)にたへざりけり。116若彦(わかひこ)竹倉別(たけくらわけ)(いへ)にひそかに春姫(はるひめ)(きた)りゐるを()て、117なンとなく不快(ふくわい)(ねん)をおこし、118たちまち顔色(かほいろ)(へん)じて(もの)をも()はず立去(たちさ)りにける。119この(とき)春姫(はるひめ)(むね)(つるぎ)()むよりも(くる)しかりしならむ。
120 春姫(はるひめ)はわが(こころ)にもなき主命(しゆめい)によりての訪問(はうもん)若彦(わかひこ)(みと)められ、121若彦(わかひこ)顔色(かほいろ)のただならぬに煩悶(はんもん)し、122いまは自暴自棄(じばうじき)となりにける。123されど(しゆ)(めい)(おも)千言万語(せんげんばんご)をつくして竹倉別(たけくらわけ)納得(なつとく)させ、124春日姫(かすがひめ)(をつと)たることを承諾(しようだく)させたりける。
125 春姫(はるひめ)竹倉別(たけくらわけ)をともなひ、126春日姫(かすがひめ)(やかた)(みちび)きぬ。127それより竹倉別(たけくらわけ)春日姫(かすがひめ)親切(しんせつ)にほだされて、128つひには春姫(はるひめ)一時(いちじ)(ゆめ)(わす)るることとなりぬ。129若彦(わかひこ)はまた春姫(はるひめ)(こころ)(ふか)()せゐたりしところ、130春姫(はるひめ)のひとり竹倉別(たけくらわけ)訪問(はうもん)せるを(みと)めてより(おほ)いに竹倉別(たけくらわけ)(うら)み、131いかにもして春日姫(かすがひめ)との(あひだ)()き、132鬱憤(うつぷん)(はら)さむと日夜(にちや)計画(けいくわく)しゐたり。
133 あゝ竹倉別(たけくらわけ)134春日姫(かすがひめ)(あひだ)如何(いか)になりゆくならむか。
135大正一〇・一一・二九 旧一一・一 谷村真友録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。