霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三二章 破軍(はぐん)(つるぎ)〔一三二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:第8篇 神界の変動 よみ:しんかいのへんどう
章:第32章 破軍の剣 よみ:はぐんのつるぎ 通し章番号:132
口述日:1921(大正10)年11月29日(旧11月01日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0332
愛善世界社版:189頁 八幡書店版:第1輯 328頁 修補版: 校定版:193頁 普及版:85頁 初版: ページ備考:
001 大石別(おほいしわけ)002守高彦(もりたかひこ)は、003大道別(おほみちわけ)言葉(ことば)実否(じつぴ)(ため)さむと、004(いそ)天道山(てんだうざん)大瀑布(だいばくふ)諸神卒(しよしんそつ)とともに(かけ)つけ()れば、005春日姫(かすがひめ)容姿(ようし)がらりと(へん)じ、006にこやかに微笑(びせう)しながら二人(ふたり)にむかひ遠路(ゑんろ)のところ御迎(おむか)大儀(たいぎ)と、007()にすましゐたりける。008平玉彦(ひらたまひこ)得意(とくい)らしく(はな)ぴこつかせ、009(みぎ)()(かふ)にて上下(じやうげ)(くちびる)(ひだり)から(みぎ)(ななめ)にこすりながら、
010大石別(おほいしわけ)011守高彦(もりたかひこ)
012言葉(ことば)(するど)()びかければ、013二人(ふたり)はその態度(たいど)憤然(ふんぜん)として(おもて)をふくらせ、
014銀毛八尾(ぎんまうはちぴ)悪狐(あくこ)にしたがふ平玉彦(ひらたまひこ)盲目(めくら)どもよ、015平玉蜘蛛(ひらたまぐも)となりて、016()(まへ)正体(しやうたい)をあらはせ』
017(さけ)ぶや、018平玉彦(ひらたまひこ)(いか)りて、019(なんぢ)無礼(ぶれい)ものと()ひながら大石別(おほいしわけ)()つてかからむとしたり。020されど、021仁王(にわう)のごとき強力無双(がうりきむさう)守高彦(もりたかひこ)両手(りやうて)拳骨(げんこつ)(にぎ)りをるその形相(ぎやうさう)のすさまじさに、022やや躊躇(ちうちよ)(いろ)ありき。
023 春日姫(かすがひめ)言葉(ことば)(やさ)しく、
024大石別(おほいしわけ)025守高彦(もりたかひこ)026(わらは)はすでに病気(びやうき)全快(ぜんくわい)なしたれば、027最早(もはや)ここに長居(ながゐ)するの必要(ひつえう)なし。028わが本復(ほんぷく)(いは)ひにかへ、029平玉彦(ひらたまひこ)(ゆる)せよ』
030言葉(ことば)()へけるを、031大石別(おほいしわけ)守高彦(もりたかひこ)()()何事(なにごと)物言(ものい)はせながら、032この()無事(ぶじ)引返(ひきかへ)すこととなり、033春日姫(かすがひめ)神司(かみがみ)らに(おく)られて賑々(にぎにぎ)しく帰城(きじやう)したりける。
034 道貫彦(みちつらひこ)は、035春日姫(かすがひめ)無事(ぶじ)帰城(きじやう)せることをよろこび、036春日姫(かすがひめ)(たの)みを()れて烏羽玉(うばたま)(みや)宮司(ぐうじ)(にん)じける。037平玉彦(ひらたまひこ)038大石別(おほいしわけ)以下(いか)神司(かみがみ)は、039これを()欣喜(きんき)のあまり落涙(らくるい)しながら、040大道別(おほみちわけ)(まへ)にすすみいで、
041貴下(きか)は、042(おそ)れおほくも八王神(やつわうじん)御娘(おんむすめ)春日姫(かすがひめ)を、043銀毛八尾(ぎんまうはちぴ)悪狐(あくこ)といひ、044かつ御足(みあし)(うら)(きつね)斑紋(はんもん)ありといはれたり。045されどかくのごとく病気(びやうき)全快(ぜんくわい)したまひ、046神聖(しんせい)なる烏羽玉(うばたま)(みや)(つかさ)とならせたまひ、047精神(せいしん)ここに一変(いつぺん)して至善(しぜん)至美(しび)なる神司(しんし)とならせたまひしに(あら)ずや。048貴下(きか)八王神(やつわうじん)にたいし(すみ)やかに切腹(せつぷく)せらるべし。049卑怯(ひけふ)未練(みれん)躊躇(ちうちよ)せば、050われ(てん)にかはつて貴下(きか)誅戮(ちうりく)せむ』
051(いき)まきながら()めよりにける。
052 (とき)しも道貫彦(みちつらひこ)御召(おめし)なりとて、053春姫(はるひめ)言葉(ことば)おごそかに大道別(おほみちわけ)差招(さしまね)きければ、054大道別(おほみちわけ)春姫(はるひめ)とともに奥殿(おくでん)(すす)()りしに、055奥殿(おくでん)には道貫彦(みちつらひこ)056春日姫(かすがひめ)正座(しやうざ)にひかへ、057言葉(ことば)(あら)く、
058(なんぢ)春日姫(かすがひめ)にたいする無礼(ぶれい)(つみ)により、059天地(てんち)律法(りつぱう)()らし自殺(じさつ)(まを)しつくる』
060(おごそ)かに言渡(いひわた)しける。061大道別(おほみちわけ)(おどろ)くかと(おも)ひのほか、062大口(おほぐち)あけて打笑(うちわら)ひその()(たふ)()しぬ。063しばしの(のち)
064『あゝ(くら)い、065(くら)い』
066(つぶや)きながら、067(こし)一刀(いつたう)()くより(はや)電光石火(でんくわうせきくわ)春日姫(かすがひめ)(くび)は、068(どう)(はな)れける。
069 このとき道貫彦(みちつらひこ)は、070大声(おほごゑ)大道別(おほみちわけ)引捕(ひきとら)へよと怒号(どがう)すれば、071この(こゑ)(おどろ)いて平玉彦(ひらたまひこ)072大石別(おほいしわけ)073畠照彦(はたてるひこ)074竹友別(たけともわけ)その()神司(かみがみ)奥殿(おくでん)()がけて(はし)りいり、075前後(ぜんご)左右(さいう)より大道別(おほみちわけ)()()さへ、076高手(たかて)小手(こて)にしばり()げたり。077大道別(おほみちわけ)心中(しんちう)(てん)破軍星(はぐんせい)(いの)り、078国治立命(くにはるたちのみこと)救助(きうじよ)(いの)りければ、079たちまち百雷(ひやくらい)一時(いちじ)にとどろく(ごと)音響(おんきやう)とともに、080破軍星(はぐんせい)精魂(せいこん)たる武満彦命(たけみつひこのみこと)(くだ)りきたり、081破軍(はぐん)(つるぎ)をもつて空中(くうちゆう)()(まく)りたまふにぞ、082(いま)まで春日姫(かすがひめ)(おも)ひし女性(ぢよせい)は、083銀毛八尾(ぎんまうはちぴ)悪狐(あくこ)(くわ)し、084そこに斃死(へいし)しゐたりける。085ここに(まつた)大道別(おほみちわけ)無辜(むじつ)()れ、086かつ道貫彦(みちつらひこ)非常(ひじやう)(くち)をきはめて大道別(おほみちわけ)天眼力(てんがんりき)感賞(かんしやう)したり。087しかるに大道別(おほみちわけ)春日姫(かすがひめ)悪狐(あくこ)(くび)()()てたるさい、088そのほとばしる()一滴(いつてき)(くち)()み、089その()身体(しんたい)一面(いちめん)にひろがり、090さしも明察(めいさつ)にして勇猛(ゆうまう)なりし大道別(おほみちわけ)精神(せいしん)異状(いじやう)をきたし、091発狂者(はつきやうしや)となりにける。
092 これよりモスコーの(しろ)は、093常世姫(とこよひめ)駆使(くし)せる金毛九尾(きんまうきうび)悪狐(あくこ)のために蹂躙(じうりん)され、094道貫彦(みちつらひこ)095夕日別(ゆふひわけ)夫妻(ふさい)は、096つひに(しろ)()てて万寿山(まんじゆざん)(なん)()くることとはなりぬ。
097 大道別(おほみちわけ)はそれより世界(せかい)各地(かくち)漂浪(へうらう)し、098ある不可思議(ふかしぎ)出来事(できごと)より、099病気(びやうき)まつたく()えたれども第三三章参照100(みこと)依然(いぜん)として発狂者(はつきやうしや)をよそほひ、101かつ聾者(ろうしや)となり、102馬鹿者(ばかもの)となりて敵状(てきじやう)視察(しさつ)し、103最後(さいご)神政(しんせい)成就(じやうじゆ)神業(しんげふ)にたいして偉勲(ゐくん)()てたるなり。104神機(しんき)発揚(はつやう)神司(しんし)として五六七(みろく)神政(しんせい)基礎(きそ)となり、105国祖(こくそ)再出現(さいしゆつげん)にさいし、106とつぜん()高天原(たかあまはら)顕現(けんげん)する神人(しんじん)なり。107大道別(おほみちわけ)正体(しやうたい)ははたして如何(いかん)108ただ今後(こんご)(ちやう)せむのみ。
109大正一〇・一一・二九 旧一一・一 外山豊二録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。