霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三五章 (たから)埋換(うめかへ)〔一三五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:第9篇 隠神の活動 よみ:いんしんのかつどう
章:第35章 第3巻 よみ:たからのうめかえ 通し章番号:135
口述日:1921(大正10)年12月06日(旧11月08日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0335
愛善世界社版:207頁 八幡書店版:第1輯 333頁 修補版: 校定版:211頁 普及版:92頁 初版: ページ備考:
001 大道別(おほみちわけ)道彦(みちひこ)改名(かいめい)し、002南高山(なんかうざん)城内(じやうない)(なが)くとどまり、003大島別(おほしまわけ)夫妻(ふさい)非常(ひじやう)なる信任(しんにん)()け、004南高山(なんかうざん)八島姫(やしまひめ)(めあ)はせて、005わが()後継者(こうけいしや)たらしめむとし、006大島別(おほしまわけ)みづから道彦(みちひこ)(むか)つてその(むね)をうち(あか)し、007しきりに(すす)めて()まざりにける。
008 また八島姫(やしまひめ)生命(いのち)恩人(おんじん)なる(うへ)009道彦(みちひこ)英傑(えいけつ)なるに心底(しんてい)より(こころ)をよせ、010ぜひ道彦(みちひこ)(つま)たらむことを祈願(きぐわん)しつつありける。011道彦(みちひこ)親子(おやこ)日々(にちにち)親切(しんせつ)にほだされて、012これを素気(すげ)なく辞退(じたい)するに(くる)しみゐたりける。
013 あるとき大島姫(おほしまひめ)は、014身体(しんたい)にはかに震動(しんどう)しはじめ、015両手(りやうて)()みしまま上下(じやうげ)左右(さいう)()りまはし、016城内(じやうない)くまなく()けめぐり、017これを静止(せいし)すること困難(こんなん)をきはめたり。018大島別(おほしまわけ)(おほ)いにこれを憂慮(いうりよ)し、019()高天原(たかあまはら)にむかつて、020国治立命(くにはるたちのみこと)救助(きうじよ)祈願(きぐわん)せり。021道彦(みちひこ)はただちに(ひめ)狂暴(きやうばう)取押(とりおさ)へむとして(あと)()ひ、022(おもて)階段(かいだん)(うへ)にて(ひめ)とともに格闘(かくとう)をはじめける。
023 その刹那(せつな)024道彦(みちひこ)階段(かいだん)より顛落(てんらく)して頭部(とうぶ)負傷(ふしやう)し、025流血(りうけつ)淋漓(りんり)失神不省(しつしんふせい)(てい)となりぬ。026大島姫(おほしまひめ)(はじ)めて(くち)をきり、
027『われは南高山(なんかうざん)年古(としふる)くすむ高倉(たかくら)といふ白狐(びやくこ)なり。028道彦(みちひこ)はわが頭首(かしら)をうち(ほろ)ぼせしにより、029その(あだ)(むく)ゆるために(ひめ)体内(たいない)()り、030これを階下(かいか)になげつけ、031傷口(きずぐち)より毒血(どくち)(そそ)ぎいれたれば、032(かれ)はたちまち聾唖(ろうあ)となり、033痴呆(ちはう)となり、034かつ発狂(はつきやう)気味(きみ)(いう)するにいたるは()をみるよりも(あき)らかなり。035アヽ(うれ)しや、036(よろこ)ばしや』
037(かた)前後(ぜんご)左右(さいう)にゆすり、038足踏(あしふ)みして愉快気(ゆくわいげ)哄笑(こうせう)するにぞ、039八島姫(やしまひめ)はおほいに(かな)しみ、040道彦(みちひこ)(いだ)きおこし、041別殿(べつでん)にかつぎこみて種々(しゆじゆ)介抱(かいはう)()をつくしたれども道彦(みちひこ)容態(ようだい)すこしも(かは)らず、042八島姫(やしまひめ)言葉(ことば)にたいして(なん)反応(はんのう)もなく、043ただただげらげら(よだれ)をたらして(わら)ふのみなりける。
044 大島姫(おほしまひめ)はふたたび身体(しんたい)前後(ぜんご)左右(さいう)震動(しんどう)させながら、045大島別(おほしまわけ)にむかひ、
046『われはもはや道彦(みちひこ)術中(じゆつちう)(おとしい)れたれば、047これに憑依(ひようい)するの必要(ひつえう)なし。048イザこれより常世城(とこよじやう)()(かへ)らむ』
049()ふかとみれば、050大島姫(おほしまひめ)はバツタリ殿中(でんちう)にうち(たふ)れたり。051諸神司(しよしん)右往左往(うわうさわう)周章狼狽(しうしやうらうばい)して(みづ)(くすり)よと(さわ)ぎまはりしが、052やうやくにして大島姫(おほしまひめ)正気(しやうき)(ふく)し、053さもはづかしき面色(おももち)にて大島別(おほしまわけ)(まへ)平伏(へいふく)し、054城中(じやうちう)(さわ)がせし(つみ)拝謝(はいしや)したりける。055ここに道彦(みちひこ)真正(しんせい)聾唖(ろうあ)にして、056かつ痴呆(ちはう)にかかり、057全快(ぜんくわい)(のぞ)みなきものと一般(いつぱん)(しん)ぜらるるにいたりけるぞ口惜(くちを)しけれ。
058 道彦(みちひこ)白狐(びやくこ)高倉(たかくら)(あさひ)二柱(ふたはしら)にみちびかれ、059南高山(なんかうざん)山頂(さんちやう)にある数多(あまた)珍宝(ちんぽう)調査(てうさ)すべく(のぼ)りゆく。060されど痴呆(ちはう)(おも)ひつめたる神司(かみがみ)らは、061道彦(みちひこ)行動(かうどう)(がう)注意(ちうい)(はら)はざりしは、062道彦(みちひこ)にとりて非常(ひじやう)なる幸福(さいはひ)なりける。
063 道彦(みちひこ)は、064夜陰(やいん)(じやう)白狐(びやくこ)案内(あんない)にて山頂(さんちやう)(のぼ)りみれば、065常世姫(とこよひめ)間者(かんじや)なる高山彦(たかやまひこ)は、066山頂(さんちやう)(つち)開掘(かいくつ)し、067すでに種々(しゆじゆ)珍宝(ちんぽう)(うば)ひ、068常世(とこよ)(くに)(かへ)らむとして同類(どうるゐ)とともに、069あまたの荷物(にもつ)をこしらへゐたる最中(さいちゆう)なりき。070そこへ突然(とつぜん)道彦(みちひこ)(あら)はれきたりたれど、071高山彦(たかやまひこ)は、072痴呆(ちはう)にして聾唖(ろうあ)なる道彦(みちひこ)(おも)ひ、073(すこ)しも懸念(けねん)せず種々(しゆじゆ)(たから)掘出(ほりだ)し、074かつ貴重(きちよう)なる宝物(たからもの)道彦(みちひこ)()()はせ、075(やま)(くだ)らしめむとせり。076一味(いちみ)曲者(くせもの)はおのおの(たから)背負(せお)ひ、077(やま)(くだ)りゆかむとするこの(とき)078高倉(たかくら)079(あさひ)白狐(びやくこ)はにはかに千仭(せんじん)谷間(たにま)平地(へいち)()せかけたれば、080いづれも平坦(へいたん)道路(みち)(おも)(あやま)り、081(のこ)らず谷間(たにま)におちいり、082岩角(いはかど)(きず)つき、083あるひは渓流(けいりう)(なが)され、084ほとンど曲者(くせもの)一隊(いつたい)全滅(ぜんめつ)しをはりしぞ愉快(ゆくわい)なれ。
085 高山彦(たかやまひこ)大負傷(だいふしやう)をなし、086つひに滅亡(めつぼう)せしかば、087道彦(みちひこ)白狐(びやくこ)(みちび)かれ谷間(たにま)(くだ)りけるに、088不思議(ふしぎ)にも、089その谷間(たにま)自分(じぶん)のかつて顛落(てんらく)したりし(おな)箇所(かしよ)なりき第三三章参照090すべての(たから)(みな)この谷底(たにぞこ)(あつ)まりありければ、091白狐(びやくこ)指示(さししめ)すままにその(たから)一所(ひとところ)にあつめ、092(つち)()りてこれを(ふか)()(かく)し、093その(うへ)千引(ちびき)(いは)をもつて(おほ)ひ、094(なに)くはぬ(かほ)にて(かへ)()たりける。
095 南高山(なんかうざん)城内(じやうない)には、096高山彦(たかやまひこ)以下(いか)のあまたの神司(かみがみ)姿(すがた)()えざるに不審(ふしん)をおこし、097四方(しはう)八方(はつぱう)手配(てくば)りして、098その行方(ゆくへ)(さが)しつつありしところへ(かへ)()たりし道彦(みちひこ)衣類(いるゐ)には、099()一面(いちめん)附着(ふちやく)しゐたれば、100大島別(おほしまわけ)は、101道彦(みちひこ)衣類(いるゐ)()()て、102やや不審(ふしん)(いだ)きつつありけるところへ、103数多(あまた)神司(かみがみ)高山彦(たかやまひこ)屍骸(なきがら)(かつ)(かへ)()たりぬ。104しかして数多(あまた)神司(かみ)渓流(けいりう)()ちて(くる)しみ、105ほとンど全滅(ぜんめつ)せることを委細(ゐさい)奏上(そうじやう)したりける。106(とき)しも高山彦(たかやまひこ)従臣(じゆうしん)なる高彦(たかひこ)は、107危難(きなん)をまぬがれ(かへ)(きた)り、108道彦(みちひこ)のために全部(ぜんぶ)(ほろ)ぼされむとしたることを、109(なみだ)とともに奏上(そうじやう)したりける。
110 大島別(おほしまわけ)烈火(れつくわ)のごとく(いきどほ)り、111長刀(ちやうたう)引抜(ひきぬ)き、112真向(まつかう)より道彦(みちひこ)()りつけたるに、113道彦(みちひこ)はヒラリと(たい)をかはし、114()をうつて(わら)ひながら後退(あとしざ)りしつつ、
115『ここまで御座(ござ)れ、116甘酒(あまざけ)のまそ』
117(をど)りつつ城門(じやうもん)をにげだしたり。118八島姫(やしまひめ)血相(けつさう)かへて道彦(みちひこ)(あと)()ひつつ門外(もんぐわい)()づるや、119たちまち(やみ)にまぎれて行方(ゆくへ)をくらましにける。
120大正一〇・一二・六 旧一一・八 外山豊二録)
121(第三四章~第三五章 昭和一〇・一・一八 於延岡市吉野家 王仁校正)