霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三六章 唖者(おし)(さけ)び〔一三六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:第9篇 隠神の活動 よみ:いんしんのかつどう
章:第36章 唖者の叫び よみ:おしのさけび 通し章番号:136
口述日:1921(大正10)年12月06日(旧11月08日) 口述場所: 筆録者:桜井重雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:212頁 八幡書店版:第1輯 335頁 修補版: 校定版:216頁 普及版:95頁 初版: ページ備考:
001 道彦(みちひこ)南高山(なんかうざん)城塞(じやうさい)脱出(だつしゆつ)し、002白狐(びやくこ)高倉(たかくら)(まも)られて何処(どこ)ともなく、003(あし)にまかして漂泊(さすらひ)(たび)をつづけたりしが、004高倉(たかくら)道彦(みちひこ)(さき)()ちて(みちび)きゆきぬ。
005 八島姫(やしまひめ)道彦(みちひこ)(あと)(した)ひて、006()えつ(かく)れつ(したが)ひゆく。007されど道彦(みちひこ)八島姫(やしまひめ)(あと)より()びとどめる(こゑ)を、008聾者(つんぼ)真似(まね)をなして(すこ)しも(きこ)えぬふりを(よそほ)ひ、009ドンドンと(すす)みて()く。010無論(むろん)偽唖者(にせおし)となりし()一言(いちごん)(はつ)せざりける。011八島姫(やしまひめ)はかよわき(あし)にて、012けはしき山坂(やまさか)(いく)つともなく、013昼夜(ちうや)(わか)たず跋渉(ばつせふ)せし疲労(ひらう)によりて、014ほとんど(いき)()えだえに(くる)しみけるが、015やうやくにして長高山(ちやうかうざん)(ふもと)(なが)るる(ふか)谷川(たにがは)のほとりに()きぬ。016道彦(みちひこ)白狐(びやくこ)(あと)(わた)り、017浅瀬(あさせ)(えら)びて(むか)(きし)にやつと到着(たうちやく)し、018(あと)()りかへり(いき)(やす)めゐたりける。
019 このとき、020八島姫(やしまひめ)(いのち)からがら対岸(たいがん)まで()ひかけきたり、021この谷川(たにがは)絶壁(ぜつぺき)()ち、022いかにして(わた)らむやと途方(とはう)にくれながら、023(こゑ)をかぎりに道彦(みちひこ)()びとめたり。024道彦(みちひこ)表面(へうめん)素知(そし)らぬ(かほ)はなしゐるものの、025(こころ)(なか)には八島姫(やしまひめ)心情(しんじやう)察知(さつち)し、026万斛(ばんこく)(なみだ)にむせびゐたるなりき。
027 されど神命(しんめい)もだしがたく、028聾唖(ろうあ)(よそほ)ひし()一言(ひとこと)慰安(ゐあん)(あた)ふるの自由(じいう)(いう)せざりき。029対岸(たいがん)八島姫(やしまひめ)は、030(てん)(はい)()()し、031慟哭(どうこく)やや(ひさ)しうし、032ここに決心(けつしん)(いろ)(うか)べてたちまち懐中(くわいちゆう)より短刀(たんたう)()()し、033(てん)にむかつて合掌(がつしやう)し、034(われ)()咽喉(のど)()かむとする一刹那(いちせつな)035道彦(みちひこ)(おも)はず、
036『しばらく()たれよ』
037()ばはりぬ。038(ひめ)(こゑ)をしぼつて、
039(わらは)一旦(いつたん)(をつと)(さだ)めたるは、040天地(てんち)(あひだ)貴下(きか)()きて(ほか)になし。041()きて恋路(こひぢ)(やみ)(くる)しみ(まよ)はむよりは、042いつそ貴下(きか)御目(おんめ)(まへ)にて自殺(じさつ)()ぐるは、043せめてもの(こころ)(なぐさ)めなり。044かならず(とど)めたまふな』
045とまたも咽喉(のど)()かむとする(とき)046白狐(びやくこ)はたちまち姿(すがた)(あら)はし、047八島姫(やしまひめ)()てる短刀(たんたう)(ちから)かぎりに()(おと)したりしが、048(ひめ)はその()にドツと(たふ)れて失心(しつしん)(てい)なり。049道彦(みちひこ)はこの惨状(さんじやう)()るに(しの)びず、050ふたたび谷川(たにがは)(わた)りきたりて、051谷水(たにみづ)(くち)にふくませ種々(しゆじゆ)介抱(かいはう)結果(けつくわ)052(ひめ)はやうやく蘇生(そせい)するにいたりける。
053 (ひめ)はやうやう(かほ)をあげ、054(なみだ)をぬぐひながら道彦(みちひこ)()をかたく(にぎ)りしめ、055(かほ)(あか)らめ胸肩(むねかた)ともに(なみ)をうたせ、056たださめざめと()くばかりなり。057道彦(みちひこ)親切(しんせつ)にこれをいたはり、058かつ()()大神(おほかみ)より一大(いちだい)使命(しめい)(はい)し、059(いつは)つて聾唖(ろうあ)となり痴呆(ちはう)となり、060発狂者(はつきやうしや)(よそほ)ひゐるその苦痛(くつう)逐一(ちくいち)()()てたるに、061八島姫(やしまひめ)ははじめて(さと)り、062()()不覚(ふかく)無智(むち)()い、063(いま)までの(あや)しき(こころ)をあらため、064(なに)とぞ今後(こんご)ともに神業(しんげふ)参加(さんか)せしめよと、065赤誠(せきせい)をこめて嘆願(たんぐわん)したりける。
066 道彦(みちひこ)はただちに(てん)にむかつて天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)しけるに、067たちまち天上(てんじやう)より二柱(ふたはしら)天使(てんし)(くだ)りきたり、068一柱(ひとはしら)道彦(みちひこ)にむかひ、069一柱(ひとはしら)八島姫(やしまひめ)にむかひ、070各自(かくじ)特種(とくしゆ)使命(しめい)(つた)へ、071(かた)口外(こうぐわい)することを(きん)じたまひぬ。072この天使(てんし)(あま)高砂(たかさご)(みや)にます国直姫命(くになほひめのみこと)使神(ししん)なりき。073ゆゑに道彦(みちひこ)八島姫(やしまひめ)使命(しめい)()らず、074八島姫(やしまひめ)はまた道彦(みちひこ)使命(しめい)のいかなるかを()らざりける。075しかし道彦(みちひこ)には白狐(びやくこ)高倉(たかくら)をしてこれを守護(しゆご)せしめ、076八島姫(やしまひめ)には白狐(びやくこ)(あさひ)をしてこれを守護(しゆご)せしめられたりける。
077 それより八島姫(やしまひめ)は、078自己(じこ)美貌(びばう)(たて)悪魔(あくま)巣窟(さうくつ)()りてすべての計略(けいりやく)探知(たんち)し、079道彦(みちひこ)力強(ちからづよ)馬鹿(ばか)となりすまして、080悪神(あくがみ)らの巣窟(さうくつ)(さぐ)り、081種々(しゆじゆ)陰謀(いんぼう)覚知(かくち)して、082これを国直姫命(くになほひめのみこと)詳細(しやうさい)奏上(そうじやう)することに(つと)めたり。
083 道彦(みちひこ)084八島姫(やしまひめ)は、085個々別々(ここべつべつ)()(やつ)して長高山(ちやうかうざん)城下(じやうか)(すす)みいりぬ。086長高山(ちやうかうざん)忠孝両全(ちうかうりやうぜん)(ほまれ)(たか)かりし清照彦(きよてるひこ)087末世姫(すゑよひめ)二人(ふたり)主将(しゆしやう)として(まも)りゐたりけり。
088 しかるに、089(うつく)しき(はな)(かぜ)()りやすく、090良果(りやうくわ)(むし)(をか)されやすきがごとく、091長高山(ちやうかうざん)一時(いちじ)天国(てんごく)浄土(じやうど)現出(げんしゆつ)せしごとく天下(てんか)泰平(たいへい)(をさ)まり、092風雨(ふうう)和順(わじゆん)して神人(しんじん)鼓腹(こふく)(たの)しみに()れ、093あまたの神人(かみがみ)(すこ)しも治世(ちせい)(くる)しみを()らざりける。094常世姫(とこよひめ)間者(かんじや)土熊別(つちくまわけ)095鬼丸(おにまる)(ぜん)仮面(かめん)をかぶり長高山(ちやうかうざん)(あら)はれ、096城内(じやうない)神人(かみがみ)らを絲竹管絃(しちくくわんげん)(たのし)みをもつて籠絡(ろうらく)し、097日夜(にちや)茗醼(めいえん)にふけらしめたれば、098長高山(ちやうかうざん)天下(てんか)泰平(たいへい)(なみ)にただよひ、099神人(しんじん)(しも)(くる)しみを()らず、100たがひに自己(じこ)逸楽栄達(いつらくえいたつ)のみにふけり、101(なん)()(やす)きにつき、102天職(てんしよく)責任(せきにん)(かい)せず、103(あご)をもつて下民人(しもたみびと)使役(しえき)し、104()をおふて驕慢心(けうまんしん)増長(ぞうちよう)せしめけり。105(かみ)日夜(にちや)絲竹管絃(しちくくわんげん)のひびきに心魂(しんこん)をとろかし、106酒池肉林(しゆちにくりん)驕奢(けうしや)(たましひ)(くさ)らし、107(たから)湯水(ゆみづ)のごとく濫費(らんぴ)し、108下級民人(かきふたみびと)惨苦(さんく)(すこ)しも(おも)はざるにいたれり。109これぞ常世姫(とこよひめ)間者(かんじや)土熊別(つちくまわけ)110鬼丸(おにまる)らの術中(じゆつちう)(おちい)らしめ、111長高山(ちやうかうざん)内部(ないぶ)より崩潰(ほうくわい)せしめむとの奸策(かんさく)なりける。112神人(しんじん)はつねに美女(びぢよ)()(はべ)らせ、113長夜(ちやうや)遊楽(いうらく)(ふけ)りゐたりけるが、114あるとき土熊別(つちくまわけ)(さけ)(ゑひ)をさますべく、115城外(じやうぐわい)にいでて散歩(さんぽ)せるに、116たちまち前方(ぜんぱう)容色(ようしよく)ならぶものなき美人(びじん)(あら)はれける。117この美人(びじん)前述(ぜんじゆつ)八島姫(やしまひめ)なりける。
118 八島姫(やしまひめ)は、119酔眼朦朧(すいがんもうろう)として(うた)(うた)ひつつ(すす)みくる土熊別(つちくまわけ)(まへ)にいたり、120にはかに地上(ちじやう)俯伏(ひれふ)して()(くる)しみはじめたり。121土熊別(つちくまわけ)はこれを()てただちに()きおこし、
122貴女(あなた)はいづれの女性(ぢよせい)にましますや。123また何用(なによう)ありてこの城下(じやうか)()たられしや』
124(した)もまはらぬ言霊(ことたま)にて()ひかくれば、125(ひめ)はただうつむきて()くばかりなり。126土熊別(つちくまわけ)はもどかしがり、127しきりに()(たづ)ねけるを、128(ひめ)はただちに(かほ)をあげ、129(なみだ)をぬぐひながら、
130(わらは)(てん)より(くだ)りたる旭姫(あさひひめ)といふ(もの)なり。131長高山(ちやうかうざん)には(つね)絲竹管絃(しちくくわんげん)(おと)()えず、132日夜(にちや)面白(おもしろ)舞曲(ぶきよく)(えん)ぜらるると()き、133雲路(くもぢ)()けてひそかにその舞曲(ぶきよく)()むと(くだ)りきたる(をり)しも、134烈風(れつぷう)のために羽衣(はごろも)(やぶ)られて飛行(ひかう)自由(じいう)ならず、135突然(とつぜん)地上(ちじやう)墜落(つゐらく)して大腿骨(だいたいこつ)()ち、136痛苦(つうく)()へず(くる)しみをれるなり』
137(まこと)しやかに物語(ものがた)りければ、138土熊別(つちくまわけ)はやや(みぎ)(かた)をそばだて、139(くび)左右(さいう)(かたむ)けながら、140旭姫(あさひひめ)(かほ)熟視(じゆくし)ししばらくは無言(むごん)のまま()()ちゐたり。141このとき、142旭姫(あさひひめ)はニタニタと(わら)ひはじめたり。143しかして(ひめ)は、
144『あゝありがたし、145(わらは)苦痛(くつう)(まつた)()えたり』
146()ひながらすつくと(たち)あがり数十歩(すうじつぽ)(ゑん)をゑがいて軽々(かるがる)しく歩行(ほかう)して()せたるに、147土熊別(つちくまわけ)()()ちて(よろこ)び、148ただちに(ひめ)()をたづさへ城内(じやうない)酒宴(しゆえん)()(みちび)きける。149あまたの美人(びじん)宴席(えんせき)にあれども、150旭姫(あさひひめ)容色(ようしよく)端麗(たんれい)にしてその風采(ふうさい)優雅(いうが)なるにおよぶ(もの)なかりける。151ほとンど(ひめ)万緑叢中(ばんりよくそうちう)紅一点(こういつてん)(くわん)あるにぞ、152神人(かみがみ)らは()()つて(よろこ)びあいにける。
153 ここに旭姫(あさひひめ)神司(かみがみ)らの()ひをいれ、154天女(てんによ)()ひを(えん)ずることとなりぬ。155拍手(はくしゆ)喝采(かつさい)(こゑ)(しろ)内外(ないぐわい)(とどろ)きわたりける。
156大正一〇・一二・六 旧一一・八 桜井重雄録)
157(第三六章 昭和一〇・一・一八 於延岡市 王仁校正)