霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四二章 常世(とこよ)会議(くわいぎ)〔一四二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:第10篇 神政の破壊 よみ:しんせいのはかい
章:第42章 第3巻 よみ:とこよかいぎ 通し章番号:142
口述日:1921(大正10)年12月08日(旧11月10日) 口述場所: 筆録者:谷村真友 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
美山彦の一派は何とかして大八洲彦命、言霊別命らを追い落とそうとして、邪神の部下たちを先導に、言霊別命・大足彦らの悪評を宣伝させた。
また、各山の八王・八頭たちのほとんどを篭絡し、言霊別命に対して反抗的態度を取らせることに成功した。彼らを常世城に集めた常世彦は、反大八洲彦命の団体を作り上げてしまった。
大八洲彦命は常世彦に対して使者を送り、非道を戒めたが、八王・八頭の大多数を味方につけた常世彦はにべもなく撥ね付けた。
ただ、万寿山の磐楠彦と、天山の斎代彦が、常世彦に組せずに神政を守っているのみであった。手撫土(=艮の金神)、足撫土(=坤の金神)が守る十二の宝座も、十までは常世彦に奪われてしまったのである。
八乙女(万寿山・天山の八王神夫妻・八頭神夫妻ら八名)のみが、国大立命の加護によって、邪神の難を免れたのである。古書にある「八乙女」とは、この八王(やお)と女神のことである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0342
愛善世界社版:246頁 八幡書店版:第1輯 347頁 修補版: 校定版:250頁 普及版:110頁 初版: ページ備考:
001 美山彦(みやまひこ)002国照姫(くにてるひめ)らの一派(いつぱ)暗々裡(あんあんり)大国彦(おほくにひこ)内通(ないつう)し、003言霊別命(ことたまわけのみこと)以下(いか)窮地(きゆうち)におとしいれ、004()高天原(たかあまはら)神退(かむやら)ひに退(やら)はむと、005ここに(たま)()(みづうみ)一敗(いつぱい)()にまみれ潰走(くわいそう)したる牛雲別(うしくもわけ)006蚊取別(かとりわけ)007蟹雲別(かにくもわけ)先導(せんだう)に、008八十枉津(やそまがつ)なる朝触(あさふれ)009夕触(ゆふふれ)010日触(ひふれ)011言触(ことふれ)らをして数百万(すうひやくまん)探女(さぐめ)(あめ)(した)四方(よも)国々(くにぐに)のこる(くま)なく配置(はいち)し、012もつて言霊別命(ことたまわけのみこと)013大足彦(おほだるひこ)悪評(あくひやう)宣伝(せんでん)せしめ、014蠑螈別(いもりわけ)015播磨別(はりまわけ)らの応援(おうゑん)をえて各山(かくざん)各地(かくち)八王神(やつわうじん)籠絡(ろうらく)せしめたり。016八王神(やつわうじん)017八頭神(やつがしらがみ)はつひに(かれ)らの奸策(かんさく)におちいり、018漸次(ぜんじ)言霊別命(ことたまわけのみこと)反抗(はんかう)態度(たいど)をとり、019各山(かくざん)各地(かくち)八王八頭(やつわうやつがしら)常世城(とこよじやう)召集(せうしふ)し、020十二柱(じふにはしら)八王八頭(やつわうやつがしら)八王大神(やつわうだいじん)部下(ぶか)附属(ふぞく)せしめむとし、021一大(いちだい)団結力(だんけつりよく)をつくつて()高天原(たかあまはら)なる大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)排除(はいじよ)せむことを鳩首(きうしゆ)謀議(ぼうぎ)八王八頭(やつわうやつがしら)賛成(さんせい)をえたりける。022大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)はこの形勢(けいせい)()事態(じたい)容易(ようい)ならずとし、023ここに八嶋彦(やしまひこ)024加賀彦(かがひこ)025陸奥彦(むつひこ)使者(ししや)として常世国(とこよのくに)(つか)はし、026(いつ)たん神界(しんかい)にて(さだ)められたる天使長(てんしちやう)管轄(くわんかつ)をはなれ、027自由(じいう)八王八頭(やつわうやつがしら)連合(れんがふ)団体(だんたい)(つく)り、028大神(おほかみ)制定(せいてい)(やぶ)るは、029天則(てんそく)違反(ゐはん)のもつとも(はなは)だしきものたることを極力(きよくりよく)言明(げんめい)せしめたり。
030 されど最早(もはや)常世彦(とこよひこ)は、031世界(せかい)八王八頭(やつわうやつがしら)をほとンど悪辣(あくらつ)なる手段(しゆだん)をもつて言向(ことむ)(したが)へたる(いきほひ)にまかせ、032天使長(てんしちやう)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)宣示(せんじ)馬耳東風(ばじとうふう)()(なが)し、033自由(じいう)権利論(けんりろん)強調(きやうちよう)して八嶋彦(やしまひこ)034加賀彦(かがひこ)035陸奥彦(むつひこ)らの使者(ししや)侮蔑(ぶべつ)し、036かつ全地上(ぜんちじやう)国魂(くにたま)一致(いつち)決議(けつぎ)をいまさら改変(かいへん)するは、037道理(だうり)(おい)(ゆる)すべからざる悪逆無道(あくぎやくぶだう)処置(しよち)なり、038一言(いちげん)はね()けたり。039使者(ししや)はほとンど()りつく(しま)()寝入(ねい)り、040(なみ)にとられた(おき)(ふね)041悄然(せうぜん)として帰城(きじやう)したりける。
042 その(なか)にも万寿山(まんじゆざん)八王神(やつわうじん)磐樟彦(いはくすひこ)一派(いつぱ)と、043天山(てんざん)八王神(やつわうじん)斎代彦(ときよひこ)一派(いつぱ)神司(かみがみ)は、044天則(てんそく)(おも)ンじ苦節(くせつ)(まも)り、045四面楚歌(しめんそか)(なか)卓立(たくりつ)して、046上下(じやうげ)一致(いつち)よく永遠(ゑいゑん)神政(しんせい)支持(しぢ)しつつありき。
047 かくして()高天原(たかあまはら)において神定(かむさだ)めたまひし十二(じふに)八王神(やつわうじん)は、048十王女(とをめ)まで八頭八尾(やつがしらやつを)憑依(ひようい)せる常世彦(とこよひこ)のために併呑(へいどん)されをはりぬ。049手撫土(てなづち)(うしとら)金神(こんじん))、050足撫土(あしなづち)(ひつじさる)金神(こんじん))のひそかに(まも)りたまへる十二(じふに)宝座(ほうざ)は、051すでに十座(じふざ)までも(うしな)はれける。052十二個(じふにこ)黄金水(わうごんすゐ)(たま)竹熊(たけくま)のために、053十個(じつこ)まで占奪(せんだつ)されたると同様(どうやう)惨事(さんじ)なり。054八王大神(やつわうだいじん)(かち)(じやう)じて、055なほもこの(のこ)りの二王(にわう)をその幕下(ばくか)たらしめむとして、056あらゆる奸策(かんさく)(ほどこ)したれど、057この八乙女(やをとめ)のみは、058国大立命(くにひろたちのみこと)のために(なん)(まぬが)れたりけり。
059 この次第(しだい)後日(ごじつ)(くは)しく口述(こうじゆつ)すべし。060ある古書(こしよ)()せたる八乙女(やをとめ)といへるは(すなは)八王(やを)女神(めがみ)意義(いぎ)なりといふ。
061大正一〇・一二・八 旧一一・一〇 谷村真友録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/24【霊界物語ネット】『出口王仁三郎全集』の「第二篇 皇道我観」(第一~第十章)を校正しました。
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。