霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四五章 猿猴(ゑんこう)渋柿(しぶがき)〔一四五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:第11篇 新規蒔直し よみ:しんきまきなおし
章:第45章 第3巻 よみ:えんこうとしぶがき 通し章番号:145
口述日:1921(大正10)年12月09日(旧11月11日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
聖地の天変地異が一向に収まらない中、国照姫らは国祖に高照姫命らを律法違反で訴えた。国祖はまたしても、自ら定めた律法に背くわけにもいかず、四柱の天使たちをエデンの園に追放した。これにより、聖地の天変地異はぴたりと収まった。
ちなみに高照姫命は金勝要神の和魂であり、真澄姫命は幸魂、言霊姫命は荒魂、竜世姫命は奇魂である。金勝要神は大地神界の根神であったが、自我心が頑強であったためにエデンの園に押し込められ、次いで地底の穢き国に墜落して、三千年の辛苦を嘗めることになった。
邪神たちは、跡継ぎの天使長は八王大神・常世彦が任命されるであろうと期待していたが、国祖は天から沢田彦命を降し、天使長に任命した。沢田彦命は金神の首領にして、大将軍と称せられる神である。
天使には、同じく天より降した沢田彦命一派の真心彦らを任じた。
真心彦の部下、百照彦は、主人を慰めようと日夜焦慮していた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0345
愛善世界社版:263頁 八幡書店版:第1輯 353頁 修補版: 校定版:267頁 普及版:119頁 初版: ページ備考:
001 天使長(てんしちやう)高照姫命(たかてるひめのみこと)以下(いか)女天使(によてんし)は、002天地(てんち)激怒(げきど)狼狽(らうばい)し、003ほとンど()すところを()らず、004部下(ぶか)神司(かみがみ)らは(のこ)らず(おどろ)きのあまり右往左往(うわうさわう)()げまはり、005(ある)ひはつまづき(ある)ひは失神(しつしん)し、006とかげ欠伸(あくび)したるごとき(あや)しき(かほ)にて(あき)仰天(ぎやうてん)するもあり、007石亀(いしがめ)酒壺(さけつぼ)におちいりて(おぼ)れし(とき)のごとき顔付(かほつき)にて、008じつに()るも滑稽(こつけい)至極(しごく)のいたりなりける。
009 雷鳴(らいめい)容易(ようい)にやまざるのみならず、010ますます激烈(げきれつ)()りとどろき、011東北(とうほく)強風(きやうふう)しきりに()(すさ)み、012暗雲(あんうん)天地(てんち)(とざ)してすさまじく、013常夜(とこよ)(やみ)のごとく神人(しんじん)戦慄(せんりつ)し、014禽獣虫族(きんじうちうぞく)にいたるまで、015いづれも()俯伏(ふふく)して(いき)をも(はつ)せざるの惨状(さんじやう)現出(げんしゆつ)したるぞ(かし)こけれ。016また四柱(よはしら)女天使(によてんし)自我心(じがしん)もつとも(つよ)くして、017神命(しんめい)さへも抗拒(かうきよ)律法(りつぱう)(やぶ)りたれば、018天地(てんち)大神(おほかみ)(いか)りに()れ、019かかる混乱(こんらん)状態(じやうたい)(おちい)りたるぞ是非(ぜひ)なき次第(しだい)なりけり。
020 ()ちまうけたる常世姫(とこよひめ)部下(ぶか)021国照姫(くにてるひめ)022杵築姫(きつきひめ)は、023平素(へいそ)願望(ぐわんばう)成就(じやうじゆ)するはこの(とき)(いつ)すべからずとし、024国治立命(くにはるたちのみこと)奥殿(おくでん)参向(さんかう)し、025高照姫命(たかてるひめのみこと)以下(いか)女天使(によてんし)らの神勅(しんちよく)無視(むし)し、026律法(りつぱう)違反(ゐはん)せる罪科(ざいくわ)詳細(しやうさい)陳述(ちんじゆつ)し、027すみやかに四柱(よはしら)女天使(によてんし)(しよく)(めん)じ、028聖地(せいち)聖城(せいじやう)追放(つゐはう)されたしと進言(しんげん)したり。029神明(しんめい)依怙(えこ)なし、030大神(おほかみ)天地(てんち)律法(りつぱう)(たい)し、031(じやう)(うつた)へて四天使(してんし)(ゆる)すわけにもゆかず、032つひに(なみだ)をのンで四人(よにん)聖職(せいしよく)(めん)じ、033かつ四人(よにん)(たい)し、034改心(かいしん)のためとてエデンの(その)籠居(ろうきよ)厳命(げんめい)したまひける。
035 四天使(してんし)神命(しんめい)律法(りつぱう)にたいしては抗弁(かうべん)するの余地(よち)なく、036唯々(ゐゐ)として厳命(げんめい)拝受(はいじゆ)し、037(めい)のまにまにエデンの(その)籠居(ろうきよ)憂目(うきめ)(あぢ)はふの()むなきに(たち)いたりけり。
038 四天使(してんし)追放(つゐはう)とともに、039さしも激烈(げきれつ)なりし雷鳴(らいめい)も、040(すさま)じかりし電火(でんくわ)も、041烈風強雨(れつぷうがうう)も、042たちまち(をさ)まりて清澄(せいちやう)なる天地(てんち)(くわ)し、043宇宙(うちう)(ゆめ)()めたるごとき光景(くわうけい)となりにける。
044 エデンの(その)は、045(ひがし)(きた)西(にし)三方(さんぱう)青山(せいざん)をもつて(かこ)まれ、046南方(なんぱう)のみ(ひろ)展開(てんかい)して一条(いちでう)大川(おほかわ)(きよ)(なが)れ、047自然(しぜん)城壁(じやうへき)(つく)られあり。048四人(よにん)はこの一定(いつてい)場所(ばしよ)押込(おしこ)められ、049草木(さうもく)()食用(しよくよう)(きよう)しつつ(たのし)からぬ光陰(くわういん)(おく)りけり。
050 エデンの(その)は、051かつて邪神(じやしん)棟梁(とうりやう)竹熊(たけくま)割拠(かつきよ)せし(ところ)にして、052鬼熊(おにくま)のために占領(せんりやう)せられしが、053鬼熊(おにくま)054鬼姫(おにひめ)没落後(ぼつらくご)まつたく竜宮城(りゆうぐうじやう)管下(くわんか)になりゐたりしところなり。
055 (ちなみ)に、056高照姫命(たかてるひめのみこと)金勝要(きんかつかね)(かみ)和魂(にぎみたま)であり、
057 真澄姫命(ますみひめのみこと)幸魂(さちみたま)であり、
058 言霊姫命(ことたまひめのみこと)荒魂(あらみたま)であり、
059 竜世姫命(たつよひめのみこと)奇魂(くしみたま)である。
060 (いま)まで四魂合一(しこんがふいつ)して、061神業(しんげふ)奉仕(ほうし)されつつありしが、062自我心(じがしん)強烈(きやうれつ)なりしために、063聖地(せいち)聖城(せいじやう)追放(つゐはう)され、064さびしき配所(はいしよ)(つき)(こころ)(なぐさ)め、065(とき)()ちたまふの()むをえざるに(たち)いたりしは(じつ)残念(ざんねん)のいたりなりける。066これについても(つつし)むべきは、067自我心(じがしん)驕慢心(けうまんしん)なれ。068神諭(しんゆ)各所(かくしよ)に、
069金勝要之神(きんかつかねのかみ)もあまり自我心(じがしん)(つよ)かつたゆゑに、070(せま)(ところ)押込(おしこ)められなさつたぞよ』
071とあるも、072この消息(せうそく)()らされたるなり。
073 しかるに金勝要(きんかつかね)(かみ)は、074一旦(いつたん)大地(だいち)神界(しんかい)根神(こんじん)とまでなりたまひしに、075自我心(じがしん)頑強(ぐわんきやう)なりしため、076エデンの(その)(おし)こめられ、077なほも自我(じが)頑強(ぐわんきやう)()りしため、078つひには地底(ちてい)(しこ)めき(きた)なき(くに)墜落(つゐらく)し、079三千年(さんぜんねん)辛苦(しんく)をなめたまふに(いた)りしなり。
080 美山彦(みやまひこ)081国照姫(くにてるひめ)一派(いつぱ)は、082時運(じうん)到来(たうらい)をよろこびつつ、083かならずや後継(あとつぎ)天使長(てんしちやう)は、084常世彦(とこよひこ)新任(しんにん)され、085自分(じぶん)らの一派(いつぱ)天使(てんし)聖職(せいしよく)(めい)ぜらるるものと期待(きたい)し、086(かた)(いか)らし(はな)をうごめかし、087得意(とくい)頂点(ちやうてん)(たつ)し、088その吉報(きつぱう)(いま)か、089いまかと(ゆび)をり(かぞ)へて(たの)しみ()ちゐたりける。
090 しかるに豈計(あにはか)らむや、091後継(あとつぎ)神司(かみ)常世彦(とこよひこ)一派(いつぱ)(くだ)らずして、092天上(てんじやう)より(くだ)りきたれる金神(こんじん)首領(しゆりやう)なる沢田彦命(さはだひこのみこと)一派(いつぱ)(くだ)りける。093沢田彦命(さはだひこのみこと)一名(いちめい)大将軍(だいしやうぐん)諸神将(しよしんしよう)より賞揚(しやうやう)されつつありし英雄神(えいゆうしん)におはせり。
094 常世彦(とこよひこ)一派(いつぱ)は、095(あん)相違(さうゐ)し、096猿猴(ゑんこう)渋柿(しぶがき)(くち)一杯(いつぱい)(ふく)みしごとく、097(ほほ)をふくらせ渋面(じふめん)(つく)りながら、098悄然(せうぜん)として引下(ひきさ)がりたるその(さま)099()るも()(どく)なる次第(しだい)なりける。
100 ここに国治立命(くにはるたちのみこと)沢田彦命(さはだひこのみこと)天使長(てんしちやう)(にん)じ、101(つま)沢田姫命(さはだひめのみこと)輔佐神司(ほさしん)となし、102真心彦(うらひこ)天使(てんし)(にん)じ、103(つま)事足姫(ことたるひめ)をして神務(しんむ)輔佐(ほさ)せしめたまひける。
104 また沢田彦命(さはだひこのみこと)従臣(じゆうしん)に、105八雲彦(やくもひこ)106八雲姫(やくもひめ)夫婦(ふうふ)ありしが抜擢(ばつてき)されて(もち)ひられ、107また真心彦(うらひこ)には国比古(くにひこ)108国比女(くにひめ)夫婦(ふうふ)および百照彦(ももてるひこ)従臣(じゆうしん)として奉仕(ほうし)せしめられたり。
109 百照彦(ももてるひこ)は、110真心彦(うらひこ)のもつとも寵愛(ちようあい)(ふか)かりし(もの)にして、111真心彦(うらひこ)(しも)(あした)112(つき)(ゆふべ)無聊(むれう)()らすためと、113百照彦(ももてるひこ)居室(きよしつ)(まね)き、114種々(しゆじゆ)面白(おもしろ)物語(ものがたり)()きて(こころ)(らう)(なぐさ)めゐたり。115百照彦(ももてるひこ)は、116いかにして(しゆ)心労(しんらう)慰安(ゐあん)せむかと(つね)焦慮(せうりよ)しゐたれども、117(しゆ)機嫌(きげん)とるべき物語(ものがたり)も、118もはや種絶(たねぎ)れとなりにける。
119 いかにせば()からむやと()居間(ゐま)端座(たんざ)し、120双手(もろて)()みて吐息(といき)をもらし、121思案(しあん)(しづ)みてゐたるを、122(つま)なる春子姫(はるこひめ)(をつと)(ちか)ごろの様子(やうす)をうかがひ、123(をつと)には(なに)一大事(いちだいじ)出来(しゆつたい)し、124それがために朝夕(てうせき)苦慮(くりよ)をめぐらしたまふならむかと、125(こころ)(こころ)ならず、126(おも)ひきりて(をつと)にむかひ()ふやう、
127(ちか)ごろの(をつと)様子(やうす)(うかが)ひまつるに、128よほど御心痛(ごしんつう)のていに見受(みう)けたてまつる。129天地(てんち)(あひだ)にかけがへなき(みづ)ももらさぬ夫婦(ふうふ)のあひだに、130なにの遠慮(ゑんりよ)懸念(けねん)のあるべきぞ、131苦楽(くらく)(とも)にすべき偕老同穴(かいらうどうけつ)(ちぎり)(むす)びたる(つま)に、132(こころ)苦衷(くちゆう)(かく)したまふは、133(じつ)冷酷(れいこく)無慈悲(むじひ)御仕打(おんしう)ち、134(わらは)はこれを(うら)みまつる』
135(なみだ)片手(かたて)口説(くど)()つれば、136百照彦(ももてるひこ)はやうやく(くち)(ひら)き、
137(われ)(しゆ)仁慈(じんじ)恩徳(おんとく)(ふか)きに昼夜(ちうや)感謝(かんしや)(ねん)()たず。138しかるに(しゆ)真心彦(うらひこ)神務(しんむ)繁忙(はんばう)心身(しんしん)疲労(ひらう)し、139()をおひて身体(しんたい)やつれ(よわ)らせたまふを()るにつけ、140従臣(じゆうしん)()として、141これを対岸(たいがん)火災視(くわさいし)するあたはず、142いかにもして(しゆ)御心(みこころ)(なぐさ)(まつ)らむと日々(ひび)御側(おそば)()し、143神務(しんむ)閑暇(かんか)には面白(おもしろ)四方山(よもやま)物語(ものがたり)御聞(おきき)(たつ)し、144御心(みこころ)幾分(いくぶん)(なぐさ)(まつ)りきたりしに、145もはや(われ)はめづらしき物語(ものがたり)もつきたれば、146今後(こんご)はいかにして御心(みこころ)(なぐさ)(まつ)らむと、147とつおいつ思案(しあん)にくるるなり』
148(かた)りて(ふと)吐息(といき)をつく。149春子姫(はるこひめ)何事(なにごと)()するところあるもののごとく、150(をつと)にむかひ笑顔(ゑがほ)をたたへ()せゐたりけり。
151大正一〇・一二・九 旧一一・一一 加藤明子録)