霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四七章 夫婦(ふうふ)大道(だいだう)〔一四七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:第11篇 新規蒔直し よみ:しんきまきなおし
章:第47章 夫婦の大道 よみ:ふうふのだいどう 通し章番号:147
口述日:1921(大正10)年12月09日(旧11月11日) 口述場所: 筆録者:谷村真友 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
辞職した真心彦は謹慎していたが、やがて精神に異常をきたして自刃して果てた。
神々らは真心彦の長子・広宗彦を天使に推し、国祖に承認された。広宗彦は仁慈をもって下に臨んだため、神界はこれまでにないほどよく平和に治まった。
真心彦の未亡人・事足姫は後添えを迎え、桃上彦をもうけた。桃上彦も仁慈深い神であったため、広宗彦はこの父違いの弟を自分の補佐として抜擢した。
しかし時が経つにつれて桃上彦は邪神に魅入られ、兄の地位を奪おうと画策するにいたった。桃上彦は民には偽りの慈悲を施し、自分に反対するものは容赦なく排除した。そのために次第に神人らは律法を軽んずるようになり、たちまち世は乱れてしまった。
これは八王大神が邪神を桃上彦に憑依させ、国祖の治世を足元から転覆させようという企みであった。しかし桃上彦の母・事足姫も、不貞によって桃上彦を生んだために、桃上彦の精神に邪悪な影響を及ぼしたことも原因であった。
これはげに、律法を軽んじて体主霊従の心持・行いをなした結果である。
桃上彦は八十猛彦、百猛彦を寵愛して野心をますますたくましくしていた。後に神界では、桃上彦を大曲津神と呼ぶに至ることになる。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0347
愛善世界社版:277頁 八幡書店版:第1輯 358頁 修補版: 校定版:280頁 普及版:126頁 初版: ページ備考:
001 真心彦(うらひこ)(しよく)()し、002(かた)門戸(もんこ)()ざして他人(たにん)との接見(せつけん)()ち、003謹慎(きんしん)()(へう)しつつありしが、004つひにはその精神(せいしん)異状(いじやう)(てい)し、005一間(ひとま)()りて、006ひそかに短刀(たんたう)()きはなち、
007惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
008神語(しんご)(とな)自刃(じじん)して帰幽(きいう)したりける。009(つま)事足姫(ことたるひめ)をはじめ、010長子(ちやうし)広宗彦(ひろむねひこ)011次子(じし)行成彦(ゆきなりひこ)悲歎(ひたん)(おどろ)きはたとふるにものなく、012七日七夜(なぬかななや)()()くごとくなりけり。013八百万(やほよろづ)神人(かみがみ)(なみだ)(あめ)(そで)をしぼらぬはなく、014同情(どうじやう)(ねん)はことごとく清廉潔白(せいれんけつぱく)なる真心彦(うらひこ)御魂(みたま)(あつ)まりぬ。015八百万(やほよろづ)神人(かみがみ)(みこと)生前(せいぜん)勲功(くんこう)賞揚(しやうやう)し、016長子(ちやうし)広宗彦(ひろむねひこ)をして、017(ちち)(あと)()ぐべく神司(かみがみ)らは一致(いつち)して、018国治立命(くにはるたちのみこと)(ねが)()でたり。
019 ここに広宗彦(ひろむねひこ)仁慈(じんじ)をもつて下万民(しもばんみん)(のぞ)みければ、020神界(しんかい)現界(げんかい)(じつ)無事(ぶじ)泰平(たいへい)(をさ)まり、021したがつて国治立命(くにはるたちのみこと)神世(かみよ)謳歌(おうか)する(こゑ)六合(りくがう)(とどろ)きわたりたり。022国治立命(くにはるたちのみこと)をはじめ、023()高天原(たかあまはら)神人(かみがみ)威勢(ゐせい)旭日昇天(きよくじつしようてん)のごとく隆々(りうりう)として四海(しかい)(あつ)するにいたり、024開闢(かいびやく)以来(いらい)かくのごとくよく(をさ)まりし神世(しんせい)空前絶後(くうぜんぜつご)聖代(せいだい)(しよう)せられける。025(えう)するに、026清廉(せいれん)にして無欲(むよく)027かつ仁慈(じんじ)(ふか)真心彦(うらひこ)()()()ぎたる広宗彦(ひろむねひこ)経綸(けいりん)よろしきを()たる結果(けつくわ)なるべし。
028 ここに真心彦(うらひこ)未亡人(みばうじん)なる事足姫(ことたるひめ)は、029(をつと)(こころ)(さつ)せず、030数年(すうねん)()てつひに(をつと)恩徳(おんとく)(わす)れ、031春永彦(はるながひこ)といふ(のち)(をつと)をもち、032夫婦(ふうふ)のあひだに桃上彦(ももがみひこ)といふ一柱(ひとはしら)男子(だんし)()みけり。033桃上彦(ももがみひこ)はまた仁慈(じんじ)ふかく(しも)神人(かみがみ)をあはれみ、034かつ(かみ)にたいして忠実(ちうじつ)至誠(しせい)(じつ)をあげ、035(しゆう)評判(ひやうばん)非常(ひじやう)()かりけるより、036(あに)広宗彦(ひろむねひこ)はおほいに(よろこ)び、037自分(じぶん)副役(ふくやく)として神務(しんむ)輔佐(ほさ)せしめたり。
038 (しか)るに(ほし)(うつ)(つき)(けみ)するにしたがひ、039最初(さいしよ)きはめて善良(ぜんりやう)なる性質(せいしつ)桃上彦(ももがみひこ)も、040つひに常世国(とこよのくに)魔神(ましん)にその心魂(しんこん)誑惑(けうわく)せられ、041漸次(ぜんじ)悪化(あくくわ)邪遷(じやせん)して体主霊従(たいしゆれいじゆう)行動(かうどう)をなし、042上位(じやうゐ)(めい)(ほう)ぜず、043他神人(たしん)迷惑(めいわく)心頭(しんとう)におかず、044自己(じこ)本位(ほんゐ)(むね)とし、045驕慢心(けうまんしん)日々(ひび)増長(ぞうちよう)して、046つひには(あに)地位(ちゐ)(うば)ひ、047みづから天使(てんし)位置(ゐち)(のぼ)り、048神政(しんせい)全権(ぜんけん)掌握(しやうあく)せむと(はか)り、049ひたすら下万民(しもばんみん)(のぞ)みを一身(いつしん)集中(しふちう)することのみに砕心(さいしん)焦慮(せうりよ)したりけり。050それゆゑ下万民(しもばんみん)桃上彦(ももがみひこ)にたいする勢望(せいばう)一時(いちじ)非常(ひじやう)なるものにてありき。051つひに桃上彦(ももがみひこ)(あに)排斥(はいせき)し、052みづからその地位(ちゐ)につき仁政(じんせい)世界(せかい)()き、053(おほ)いに神政(しんせい)のために心身(しんしん)傾注(けいちう)しける。054下々(しもじも)神人(かみがみ)最初(さいしよ)はその仁政(じんせい)(くち)をきはめて謳歌(おうか)しつつありしが、055つひにはその(おん)になれて(あま)りに()りがたく(おも)はざるにいたり、056放縦(はうじう)安逸(あんいつ)生活(せいくわつ)をのみ(くはだ)て、057天地(てんち)律法(りつぱう)をもつて無用(むよう)長物(ちやうぶつ)(へん)するにいたり、058聖地(せいち)(おも)なる神司(かみ)侍者(じしや)漸次(ぜんじ)聖地(せいち)(はな)れて四方(しはう)各自(かくじ)(おも)ひおもひの方面(はうめん)散乱(さんらん)したり。059(しか)して桃上彦(ももがみひこ)にむかいて忠告(ちゆうこく)(あた)ふる神人(かみ)あらば(いか)つてこれを排除(はいじよ)し、060かつ(つみ)におとしいれ、061乱暴(らんばう)狼藉(らうぜき)いたらざるなく、062(またた)くうちに聖地(せいち)(ふゆ)木草(きくさ)のごとき荒涼(くわうりやう)たる状況(じやうきやう)となり(をは)りける。063これぞ常世彦(とこよひこ)064常世姫(とこよひめ)があまたの邪神(じやしん)使役(しえき)して、065神政(しんせい)紊乱(ぶんらん)せしめ、066国治立命(くにはるたちのみこと)漸次(ぜんじ)排除(はいじよ)する前提(ぜんてい)として、067大樹(だいじゆ)()らむとせば()づその(えだ)()るの戦法(せんぱふ)(もち)ゐたるゆゑなり。068国治立命(くにはるたちのみこと)枝葉(えだは)をきられた大樹(だいじゆ)のごとく、069手足(てあし)をもぎとられし(かに)のごとく、070二進(につち)三進(さつち)もならざるやうに()むけられたまひて、071(かみ)権威(けんゐ)はまつたく()()ちにける。072これぞ体主霊従(あく)大原因(だいげんいん)となり、073天地(てんち)律法(りつぱう)根底(こんてい)より破壊(はくわい)さるるの状態(じやうたい)馴致(じゆんち)したるなりき。
074 事足姫(ことたるひめ)は、075空閨(くうけい)(さび)しさに(しの)びきれず、076婦女(ふぢよ)のもつとも大切(たいせつ)なる貞節(ていせつ)(やぶ)り、077(のち)(をつと)をもちて(をつと)(れい)にたいし無礼(ぶれい)(くは)へたるごとき、078体主霊従(たいしゆれいじゆう)精神(せいしん)より(うま)れいでたる桃上彦(ももがみひこ)なりければ、079最初(さいしよ)(あひだ)はきはめて()080(たま)ともに円満清朗(ゑんまんせいろう)にして、081申分(まをしぶん)なき至誠(しせい)神人(かみ)なりしかども、082(はは)天則(てんそく)(やぶ)りたる、083不貞(ふてい)水火(いき)凝結(ぎようけつ)したる胎内(たいない)()りて出生(しゆつしやう)したる結果(けつくわ)084つひにはその本性(ほんしやう)あらはれ、085放縦(はうじう)驕慢(けうまん)精神(せいしん)萠芽(はうが)せむとする、086その間隙(かんげき)(じやう)じて邪神(じやしん)容器(ようき)不知不識(しらずしらず)のあひだに()りかはり、087つひには分外(ぶんぐわい)大野心(だいやしん)をおこし、088あたら大神(おほかみ)苦辛(くしん)して修理固成(しうりこせい)されたる天地(てんち)大経綸(だいけいりん)を、089根底(こんてい)より破滅(はめつ)顛覆(てんぷく)せしむるにいたりける。090神諭(しんゆ)に、
091()(みだ)れる原因(げんいん)は、092夫婦(ふうふ)(みち)からであるぞよ』
093(しめ)されあるごとく、094夫婦(ふうふ)(みち)ほど大切(たいせつ)なもの(また)(ほか)になかるべし。095国家(こくか)(ほろ)ぼすも、096一家(いつか)(やぶ)るも、097一身(いつしん)(そこな)ふも、098みな天地(てんち)律法(りつぱう)(さだ)められたる夫婦(ふうふ)大道(だいだう)()みあやまるよりきたるところの(わざはひ)なり。099神界(しんかい)神々(かみがみ)(まを)すもさらなり、100地上(ちじやう)人類(じんるゐ)(かみ)()ぐところの結構(けつこう)なる身魂(みたま)なるを()りて、101第一(だいいち)夫婦(ふうふ)関係(くわんけい)注意(ちうい)すべきものなり。
102 かくのごとく事足姫(ことたるひめ)脱線的(だつせんてき)不倫(ふりん)行為(かうゐ)より、103ひいてはその()精神(せいしん)(だい)なる影響(えいきやう)をおよぼし、104つひには神界(しんかい)混乱(こんらん)紛糾(ふんきう)(きよく)(たつ)し、105現界(げんかい)人類(じんるゐ)にいたるまで、106この罪悪(ざいあく)感染(かんせん)し、107現代(げんだい)のごとく邪悪(じやあく)無道(ぶだう)社会(しやくわい)現出(げんしゆつ)するに(たち)いたりたるなり。
108 これを(おも)へば神人(しんじん)ともに、109体主霊従(たいしゆれいじゆう)心行(しんかう)(あらた)め、110根本(こんぽん)より身魂(みたま)立替立直(たてかへたてなほ)しに全力(ぜんりよく)をささげ、111霊主体従(れいしゆたいじゆう)天授(てんじゆ)大精神(だいせいしん)(たち)かへり、112(かみ)御子(みこ)たるの天職(てんしよく)奉仕(ほうし)し、113毫末(がうまつ)といへども体主霊従(たいしゆれいじゆう)()するがごときことなきやう、114たがひに(つつし)み、115天地(てんち)律法(りつぱう)(かた)(まも)らざるべからざるを(つよ)(ふか)(かん)ずる次第(しだい)なり。
116 天地(てんち)律法(りつぱう)(やぶ)りて、117自由(じいう)行動(かうどう)()りたる二神人(にしん)()(うま)れたる桃上彦(ももがみひこ)が、118(だい)なる野心(やしん)(おこ)しその目的(もくてき)(たつ)せむため、119(しも)神人(かみがみ)にたいして人望(じんばう)()はむとし、120八方(はつぱう)美人(びじん)主義(しゆぎ)発揮(はつき)したるために、121かへつて下々(しもじも)神人(かみがみ)より軽侮(けいぶ)せられ、122愚弄(ぐろう)され、123綱紀(かうき)弛緩(ちくわん)し、124(かみ)(めい)ずるところ(しも)これを(もち)ゐざる不規則(ふきそく)きはまる社会(しやくわい)現出(げんしゆつ)せしめたるなり。125神界(しんかい)にては桃上彦(ももがみひこ)大曲津神(おほまがつかみ)()ばるるにいたりける。126神諭(しんゆ)に、
127慢神(まんしん)誤解(ごかい)夫婦(ふうふ)(みち)(よく)ほど(こは)いものは()い』
128(しめ)されたるとほり、129桃上彦(ももがみひこ)失敗(しつぱい)処世上(しよせいじやう)手本(てほん)として、130神人(しんじん)ともに日々(にちにち)行動(かうどう)(つつし)み、131天授(てんじゆ)精魂(せいこん)(けが)さざるやう努力(どりよく)せざるべからず。132また桃上彦(ももがみひこ)八十猛彦(やそたけひこ)133百猛彦(ももたけひこ)(こと)のほか寵愛(ちようあい)し、134両人(りやうにん)頤使(いし)してますます野心(やしん)をたくましうし、135神政(しんせい)をもち(あら)したる結果(けつくわ)は、136現界(げんかい)にもその影響(えいきやう)波及(はきふ)し、137()ちも(おろ)しもならぬ澆季(げうき)()招来(せうらい)したりしなり。
138大正一〇・一二・九 旧一一・一一 谷村真友録)
139(第四四章~第四七章 昭和一〇・一・一八 於宮崎市神田橋旅館 王仁校正)
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。