霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二四章 (おも)()や その二〔一七四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 篇:第4篇 天地転動 よみ:てんちてんどう
章:第24章 思ひ奇やその二 よみ:おもいきや その二 通し章番号:174
口述日:1921(大正10)年12月23日(旧11月25日) 口述場所: 筆録者:桜井重雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
南高山の大島別・玉純彦の主従は、常世城の八島姫を疑い、玉純彦は姫に斬りつけようとした。
常世城の従神たちは二人を捕らえようとした。大島別は捕らえられたが、玉純彦の獅子奮迅の勢いに逆に追い散らされてしまった。
玉純彦はそのまま道彦の八王大神に打ってかかったが、逆にその強力によって取り押さえられてしまう。道彦は大島別の縄を解くと、二人に自分たちの使命と計略を明かした。
大島別・玉純彦は始めてこれまでのことに合点が行き、常世城の姫が本物であることを知った。
しかし、このことを八十枉彦が聞いてしまっていた。玉純彦は八十枉彦に飛び掛ってその場に切り捨ててしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:152頁 八幡書店版:第1輯 427頁 修補版: 校定版:160頁 普及版:69頁 初版: ページ備考:
001 南高山(なんかうざん)八王(やつわう)大島別(おほしまわけ)は、002八王大神(やつわうだいじん)拝顔(はいがん)せむと玉純彦(たますみひこ)(したが)へ、003玄関口(げんくわんぐち)(あら)はれたるに、004ここには、005春日姫(かすがひめ)006八島姫(やしまひめ)()女性(ぢよせい)受付(うけつけ)(けん)応接(おうせつ)(やく)にあたりゐたりければ、007大島別(おほしまわけ)二女(にぢよ)姿(すがた)()て、008呆然(ばうぜん)として()ちとまり、009みづから()(ほほ)をつねり眉毛(まゆげ)(つばき)をつけ、010玄関(げんくわん)階段(かいだん)めがけて、
011『またもや白狐(びやくこ)には(あら)ざるか』
012としきりに(つゑ)(さき)にて()(こころ)みけり。013玉純彦(たますみひこ)(こゑ)(あら)らげ、
014八島(やしま)古狐(ふるぎつね)またもや八島姫(やしまひめ)()(へん)じ、015(われ)(たぶら)かさむとするか。016ここは立派(りつぱ)なる玄関口(げんくわんぐち)()せかけをるも、017(まが)ふかたなき泥田(どろた)(なか)018()天眼力(てんがんりき)にてこれを看破(かんぱ)せり。019(すみやか)正体(しやうたい)(あら)はし、020尻尾(しつぽ)()降伏(かうふく)するか。021さなくば(なんぢ)春日姫(かすがひめ)022八島姫(やしまひめ)(しよう)する悪狐(あくこ)023()(もの)()せてくれむ』
024()ふより(はや)く、025(こし)一刀(いつたう)()きぬき、026頭上(づじやう)より梨割(なしわ)りに()りつけむとしたるに、027二女(にぢよ)(おどろ)きて(たい)をかはし、028そのまま奥殿(おくでん)(はし)りいり、029道彦(みちひこ)(まへ)(いた)つて(すく)ひを()ひぬ。030大島別(おほしまわけ)031玉純彦(たますみひこ)二女(にぢよ)(あと)()(つゑ)()(ふる)ひ、032長刀(ちやうたう)(ひらめ)かしながら乱入(らんにふ)する。
033 このとき常世姫(とこよひめ)以下(いか)数多(あまた)神司(かみがみ)は、034(おほ)いに(おどろ)き、035各自(かくじ)得物(えもの)をとつて、036前後左右(ぜんごさいう)より大島別(おほしまわけ)および玉純彦(たますみひこ)()つてかかりぬ。037大島別(おほしまわけ)老身(らうしん)のこととて、038たちまち()(おさ)へられ(ばく)されたり。039玉純彦(たますみひこ)はこれを()てますます(いか)り、040獅子(しし)奮迅(ふんじん)(いきほひ)(もつ)て、041(あた)るを(さいは)前後左右(ぜんごさいう)()りまくる。042その(いきほひ)辟易(へきえき)したる常世姫(とこよひめ)以下(いか)は、043倉皇(さうくわう)として蜘蛛(くも)()()らすごとく()()り、044姿(すがた)をかくしたり。045(あと)には八王大神(やつわうだいじん)高座(かうざ)八重畳(やへだたみ)()悠然(いうぜん)として、046この光景(くわうけい)見守(みまも)りゐたり。
047 玉純彦(たますみひこ)八王大神(やつわうだいじん)にむかひ、
048常世(とこよ)(くに)邪神(じやしん)変化(へんげ)(おも)()れや』
049と、050またもや()つてかかれば、051八王大神(やつわうだいじん)(すこ)しも(さわ)がず、052玉純彦(たますみひこ)()(うで)ぐつ(にぎ)りしめたり。053玉純彦(たますみひこ)強力(がうりき)大神(おほかみ)につかまれて、054その()(かほ)をしかめて平伏(へいふく)したりけり。055八王大神(やつわうだいじん)はただちに()つて、056大島別(おほしまわけ)(いましめ)()き、057慇懃(いんぎん)にその()をなでさすり、058四辺(しへん)をはばかりながら小声(こごゑ)になりて、059常世城(とこよじやう)における一切(いつさい)秘密(ひみつ)物語(ものがた)り、060かつ真正(しんせい)八王大神(やつわうだいじん)急病(きふびやう)のため(いま)九死一生(きうしいつしやう)061(めい)旦夕(たんせき)(せま)(むね)(みみ)うちし、062自分(じぶん)一旦(いつたん)聾唖痴呆(ろうあちはう)となりゐたる大道別(おほみちわけ)にして春日姫(かすがひめ)(しん)八王(やつわう)道貫彦(みちつらひこ)(むすめ)なること、063および八島姫(やしまひめ)(しん)大島別(おほしまわけ)(むすめ)にして、064南高山(なんかうざん)にある八島姫(やしまひめ)白狐(びやつくこ)(あさひ)化身(けしん)なることを詳細(しやうさい)物語(ものがた)り、065かつ今後(こんご)議場(ぎぢやう)におけるすべての計画(けいくわく)打合(うちあは)せたり。
066 大島別(おほしまわけ)067玉純彦(たますみひこ)は、068はじめて(うたが)()れ、069かつ大道別(おほみちわけ)智謀(ちぼう)絶倫(ぜつりん)なるを感嘆(かんたん)し、070二神司(にしん)(よろこ)(いさ)みて、071その()退場(たいぢやう)せむとする(とき)072物蔭(ものかげ)より(あら)はれ()でたる八十枉彦(やそまがひこ)は、
073()(かみ)なしと(おも)ふは、074(なんぢ)愚者(ぐしや)不覚(ふかく)075この(よし)076常世姫(とこよひめ)報告(はうこく)せむ』
077足早(あしばや)(はし)(いで)むとするを、078玉純彦(たますみひこ)はうしろより()びかかり、079長刀(ちやうたう)()き、080背部(はいぶ)よりただ一刀(いつたう)のもとに()()けたれば、081八十枉彦(やそまがひこ)七転八倒(しちてんばつたう)082()をもがき(あし)(うご)かせ、083虚空(こくう)をつかんで(もろ)くも絶命(ぜつめい)したりける。
084 ここに八島姫(やしまひめ)085春日姫(かすがひめ)(あか)(ぬの)をもつて八十枉彦(やそまがひこ)遺骸(なきがら)をつつみ、086その(うへ)をふたたび白布(しらぬの)をもつておほひ、087玉純彦(たますみひこ)()しつかとくくりつけたり。
088 玉純彦(たますみひこ)素知(そし)らぬ(かほ)にヤツコス気取(きど)りにて、089大島別(おほしまわけ)(あと)にしたがひ、090六方(ろつぱう)()みながら足音(あしおと)(たか)城内(じやうない)面白(おもしろ)(うた)(うた)ひつつ退出(たいしゆつ)したりける。
091 玉純彦(たますみひこ)(せな)荷物(にもつ)夜陰(やいん)にまぎれて、092草原(くさはら)野井戸(のゐど)にひそかに()()み、093素知(そし)らぬ(ふう)(よそほ)ひゐたり。094このことは常世城(とこよじやう)何人(なにびと)()(もの)なかりしといふ。
095大正一〇・一二・二三 旧一一・二五 桜井重雄録)