霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四〇章 照魔鏡(せうまきやう)〔一九〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 篇:第7篇 因果応報 よみ:いんがおうほう
章:第40章 照魔鏡 よみ:しょうまきょう 通し章番号:190
口述日:1921(大正10)年12月28日(旧11月30日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
高月彦は天使長の職に就いた。その祝宴のさなか、常世姫は夫に死に別れた悲しみから、自ら竜宮城の主宰を辞して、長女・初花姫にその役を譲ることを望み、神人らに承認された。
しかし初花姫が登壇すると、五月姫も傍らに登って互いに姉妹の座を争い始めた。常世姫でさえ、どちらがどちらかわからなくなってしまった。
宮比彦は国祖の審判を仰ごうと奥殿に参向したが、大八洲彦命に「このような妖怪変化を見破ることもできないのか」とたしなめられた。
大八洲彦命の言に恥じた宮比彦は天の真奈井に禊して、国祖の奇魂を宿すにいたった。大広間に戻った宮比彦は鎮魂の組み手から霊光を発射すると、五月姫は金毛九尾白面の悪狐の正体をあらわし、逃げてしまった。
常世姫は悪狐が自分の体を借りて生まれ出たことに衝撃を受け、病を発して昇天してしまった。
一方初花姫は今までと変わって険しい顔立ちになってしまった。神人らは竜宮城主宰という重責に緊張しているのだろう、と思っていたが、これは金毛九尾白面の悪狐が初花姫に懸かってしまったのである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:244頁 八幡書店版:第1輯 458頁 修補版: 校定版:254頁 普及版:110頁 初版: ページ備考:
001 高月彦(たかつきひこ)父母(ふぼ)二神司(にしん)をはじめ、002八百万(やほよろづ)神人(かみがみ)眼力(がんりき)をもつて看破(かんぱ)()ざりし八頭八尾(やつがしらやつを)大蛇(をろち)化身(けしん)を、003諸神人(しよしん)満座(まんざ)(なか)善言美詞(ぜんげんびし)神言(かみごと)(そう)し、004その正体(しやうたい)暴露(ばくろ)せしめた天眼通力(てんがんつうりき)は、005あたかも真澄(ますみ)(かがみ)六合(りくがふ)照徹(せうてつ)するがごとしと、006讃嘆(さんたん)せしめたりける。007いかに善言美詞(ぜんげんびし)神言(かみごと)なりといへども、008これを奏上(そうじやう)する神人(かみがみ)にして、009心中(しんちゆう)一片(いつぺん)暗雲(あんうん)あり、010執着(しふちやく)ある(とき)はたちまちその言霊(ことたま)(くも)り、011かつ、012かへつて天地(てんち)邪気(じやき)発生(はつせい)するものなることは、013第一篇(だいいつぺん)()べたるところなり。
014 ここに高月彦(たかつきひこ)神人(かみがみ)らの絶対(ぜつたい)信望(しんばう)()ひて(ちち)(あと)(おそ)天使長(てんしちやう)となり、015天使長(てんしちやう)親任(しんにん)祝宴(しゆくえん)聖地(せいち)城内(じやうない)大広前(おほひろまへ)において(おこな)はれ、016まづ荘厳(さうごん)なる祭壇(さいだん)(あらた)(まう)けられ、017山野河海(さんやかかい)種々(くさぐさ)美味物(うましもの)八足(やたり)机代(つくゑしろ)横山(よこやま)のごとく()()らはし、018御酒(みき)甕戸高知(みかのへたかし)り、019甕腹充(みかのはらみ)てならべて賑々(にぎにぎ)しく供進(きようしん)されたりける。020神人(かみがみ)らは一斉(いつせい)天地(てんち)神明(しんめい)にむかつて天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)(をは)り、021ただちに直会(なほらひ)(えん)(うつ)りたり。
022 このとき竜宮城(りうぐうじやう)主宰者(しゆさいしや)として常世姫(とこよひめ)は、023春日姫(かすがひめ)024八島姫(やしまひめ)(したが)礼装(れいさう)()らして臨席(りんせき)し、025この目出度(めでた)盛宴(せいえん)(しゆく)しける。
026 常世姫(とこよひめ)(つま)(わか)れ、027(なみだ)のいまだ(かわ)かざるに、028()長子(ちやうし)天使長(てんしちやう)顕職(けんしよく)につきたるを(よろこ)び、029神明(しんめい)(しや)感涙(かんるい)(むせ)びつつ、030悲喜(ひき)こもごもいたり(なつ)(ふゆ)一度(いちど)(きた)りしがごとき面色(おももち)なりけり。031ここに長女(ちやうぢよ)初花姫(はつはなひめ)032五月姫(さつきひめ)常世姫(とこよひめ)左右(さいう)()()めにける。033常世姫(とこよひめ)(つま)昇天(しようてん)されしのちは、034みづから竜宮城(りうぐうじやう)主宰(しゆさい)たることを()し、035(つま)冥福(めいふく)(いの)らむと決心(けつしん)し、036その後任(こうにん)初花姫(はつはなひめ)(ゆづ)らむとし、037さいはひ諸神司(しよしん)集合(しふがふ)式場(しきぢやう)にその意見(いけん)をもちだし、038諸神人(しよしん)賛否(さんぴ)(もと)めたるに、039諸神人(しよしん)はその心情(しんじやう)(さつ)し、040一柱(ひとはしら)拒止(きよし)するものなく異口同音(いくどうおん)初花姫(はつはなひめ)をして、041竜宮城(りうぐうじやう)主宰者(しゆさいしや)たらしむることを協賛(けふさん)決定(けつてい)したりけり。042(ぜん)(いそ)げの(ことわざ)のごとく、043ここに常世姫(とこよひめ)後任者(こうにんしや)として初花姫(はつはなひめ)就任(しうにん)披露(ひろう)をなし、044ふたたび厳粛(げんしゆく)なる祭典(さいてん)執行(しつかう)されたれば、045聖地(せいち)凶事(きようじ)吉事(きつじ)弔祝(てうしゆく)集合(しふがふ)にて非常(ひじやう)なる雑踏(ざつたふ)(きは)めけり。046祭典(さいてん)無事(ぶじ)にすみ、047初花姫(はつはなひめ)就任(しうにん)挨拶(あいさつ)をなさむとし中央(ちうあう)小高(こだか)壇上(だんじやう)(あら)はれたるに、048(おな)じく五月姫(さつきひめ)登壇(とうだん)したり。049しかしてその容貌(ようばう)といひ、050背格好(せかつかう)といひ、051分厘(ふんりん)()もなく(うり)(ふた)つに()りたる(ごと)くなりき。052初花姫(はつはなひめ)一言(いちげん)諸神人(しよしん)(むか)つて挨拶(あいさつ)すれば、053五月姫(さつきひめ)同時(どうじ)(くち)(ひら)いて(おな)じことをいふ。054初花姫(はつはなひめ)右手(みぎて)()ぐれば五月姫(さつきひめ)右手(みぎて)()げ、055くさめをすれば同時(どうじ)にくさめをなし、056あたかも(かげ)(かたち)(したが)ふがごとく、057あまたの神人(かみがみ)らはこの不思議(ふしぎ)なる場面(ばめん)二度(にど)びつくりしたり。058さきに二柱(ふたはしら)高月彦(たかつきひこ)(くわい)(おどろ)き、059(やうや)くその正邪(せいじや)判別(はんべつ)し、060ほつと一息(ひといき)()きしまもなく、061またもや姉妹(きやうだい)二人(ふたり)判別(はんべつ)(くる)しまさるる不思議(ふしぎ)現象(げんしやう)()せつけられ、062いづれも()()見合(みあは)せ、063またもや常世城(とこよじやう)における野天泥田(のてんどろた)会議(くわいぎ)()(まひ)にあらずやと(まゆ)(つばき)し、064(ほほ)()めりなどして煩悶(はんもん)しゐたりける。065()女性(ぢよせい)(たがひ)姉妹(しまい)(あらそ)ひぬ。066されど現在(げんざい)()(おと)したる(はは)常世姫(とこよひめ)さへ、067盛装(せいさう)()らしたる姉妹(しまい)判別(はんべつ)することを()ざりける。
068 ここに高月彦(たかつきひこ)はふたたび「惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)」の神言(かみごと)奏上(そうじやう)したれど(なん)効果(かうくわ)もなく、069依然(いぜん)として二女(にぢよ)(たが)ひに(あね)位置(ゐち)(あらそ)ふのみ。070ここに宮比彦(みやびひこ)()をたち諸神人(しよしん)にむかつて、
071(われ)はこれより国祖大神(こくそおほかみ)宮殿(きうでん)参向(さんかう)し、072大神(おほかみ)審判(しんぱん)()(たてまつ)らむと(おも)ふ。073諸神人(しよしん)御意見(ごいけん)如何(いかん)
074満座(まんざ)()ひけるに、075諸神司(しよしん)一斉(いつせい)賛成(さんせい)し、076宮比彦(みやびひこ)をして大神(おほかみ)神慮(しんりよ)をうかがひ正邪(せいじや)審判(しんぱん)()(まつ)らしめけり。
077 大宮殿(だいきうでん)には大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)078高照姫命(たかてるひめのみこと)一派(いつぱ)神人(かみがみ)がまめまめしく国祖大神(こくそおほかみ)奉侍(ほうじ)し、079神務(しんむ)奉仕(ほうし)()たり。080宮比彦(みやびひこ)はただちに奥殿(おくでん)()り、081神務長(しんむちやう)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)にむかひ、082国祖大神(こくそおほかみ)伝奏(でんそう)されむことを(ねが)ふにぞ、083大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)(おほ)いに(わら)ひ、
084(なんぢ)(つね)神明(しんめい)奉仕(ほうし)する聖職(せいしよく)にありながら、085かくのごとき妖怪変化(えうくわいへんげ)をも看破(かんぱ)(あた)はざるや。086(われ)はかかる(ちい)さきことを国祖(こくそ)進言(しんげん)するは(おそ)れおほければ謝絶(しやぜつ)す』
087断乎(だんこ)として()ねつけたれば、088宮比彦(みやびひこ)(おほ)いに()ぢ、089神務長(しんむちやう)(げん)(かへり)(ただ)ちに(あま)真名井(まなゐ)(はし)りゆき、090真裸体(まつぱだか)となりて御禊(みそぎ)(しう)し、091祈祷(きたう)()らしけるに、092果然(くわぜん)宮比彦(みやびひこ)国祖大神(こくそおほかみ)奇魂(くしみたま)(かか)らせたまふこととなりぬ。093ここに宮比彦(みやびひこ)(いそ)大広間(おほひろま)(あら)はれ、094壇上(だんじやう)()両手(りやうて)()姉妹(しまい)女性(ぢよせい)にむかつて鎮魂(ちんこん)神業(かむわざ)(しう)したるに、095(みこと)()みたる左右(さいう)人指指(ひとさしゆび)より光明(くわうみやう)赫灼(かくしやく)たる霊気(れいき)発射(はつしや)して二女(にぢよ)(おもて)()らしければ、096たちまち五月姫(さつきひめ)はその霊威(れいゐ)光明(くわうみやう)()らされて、097金毛九尾(きんまうきうび)白面(はくめん)悪狐(あくこ)正体(しやうたい)(あら)はし、098城内(じやうない)黒雲(こくうん)にて(つつ)み、099(くも)(かく)れて何処(いづこ)ともなく()()りにける。100宮比彦(みやびひこ)中空(ちうくう)(むか)つて鎮魂(ちんこん)をはじめ、
101(ひと)(ふた)()()(いつ)(むゆ)(なな)()(ここの)(たり)(もも)()(よろづ)
102(あま)数歌(かずうた)(ふたた)繰返(くりかへ)奏上(そうじやう)(をは)るとともに、103大広間(おほひろま)黒雲(くろくも)後形(あとかた)もなく()()せ、104神人(かみがみ)らの面色(めんしよく)はいづれも驚異(きやうい)感激(かんげき)(いろ)ただよひにける。
105 常世姫(とこよひめ)現在(げんざい)()()みの()五月姫(さつきひめ)悪狐(あくこ)()胎内(たいない)()りて(うま)()たりしものなるかと、106(おどろ)きあきれ茫然(ばうぜん)として(あや)しみの(くも)につつまれけり。107これより常世姫(とこよひめ)(やまひ)()108つひに(つま)(あと)()ひて昇天(しようてん)したりしより、109いよいよ竜宮城(りうぐうじやう)初花姫(はつはなひめ)(かは)りて主宰者(しゆさいしや)となりぬ。110金毛九尾白面(きんまうきゆうびはくめん)悪狐(あくこ)邪霊(じやれい)(あら)はるるとともに、111初花姫(はつはなひめ)精神(せいしん)容貌(ようばう)(にはか)一変(いつぺん)し、112さしも温和(をんわ)なりしその面色(めんしよく)次第(しだい)険峻(けんしゆん)(いろ)(あら)はしけるに、113満座(まんざ)神人(かみがみ)らは初花姫(はつはなひめ)面貌(めんばう)(にはか)険峻(けんしゆん)となりしは、114(いま)までの気楽(きらく)なる生活(せいくわつ)()()へ、115竜宮城(りうぐうじやう)主宰者(しゆさいしや)たるの重職(ぢうしよく)()ひしより、116心魂(しんこん)緊張(きんちやう)をきたしたる結果(けつくわ)ならむと誤信(ごしん)()たりける。117ああ初花姫(はつはなひめ)身魂(みたま)は、118何者(なにもの)ならむか。
119大正一〇・一二・二八 旧一一・三〇 加藤明子録)