霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

余白歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 篇:余白歌 よみ:
章:余白歌 よみ:よはくか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版: 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
大江山(おほえやま)王仁(おに)(くち)より()(いだ)
夢物語(ゆめものがたり)(おそ)ろしきかな〈序〉
弥勒(みろく)()早近(はやちか)づきて彼方此方(あちこち)
山霊(さんれい)明光(めいこう)(はな)()めたり〈総説〉
霊光(れいこう)霊山(れいざん)霊地(れいち)(かがや)けど
()(ひと)(まれ)なる暗世(やみよ)忌々(ゆゆ)しき〈総説〉
千早振(ちはやふ)神代(かみよ)(なぞ)をことごとく
つばらに()きし(かみ)(ふみ)かな〈目次後〉
面白(おもしろ)神世(かみよ)(なぞ)をときさとす
みろく胎蔵(たいざう)物語(ものがたり)かな〈目次後〉
天地(あめつち)(ひろ)きが(なか)只一人(ただひとり)
(さび)しく()ちて()(おも)ふかな〈第1章〉
御開祖(ごかいそ)国常立(くにとこたち)御命(みこと)もて
この天地(あめつち)()れましにけり〈第1章〉
朝日(あさひ)()夕日(ゆふひ)かがやく高熊(たかくま)
(みね)救世(ぐせい)(つづみ)(ひび)けり〈第1章〉
五十鈴川(いすすがは)(みづ)(なか)れの(きよ)ければ
わが神国(かみくに)千代(ちよ)(うつ)らじ〈第1章〉
五十鈴川(いすすがは)(なが)れに霊魂(みたま)(あら)ひたる
(ひと)神代(かみよ)(ひか)りなりけり〈第2章〉
(いにしへ)(かく)れし(かみ)()()げて
(くに)ををさむる(うつ)神子(みこ)かな〈第2章〉
(けが)れたる(ひと)のみたまも玉水(ぎよくすい)
(かがみ)のぞけば(きよ)()るべし〈第6章〉
(うそ)ばかりつき(とお)したる()(なか)
(いま)(おほ)きい(あな)(あら)はる〈第8章(初)〉
(いつは)りのなきよなりせば(これ)ほどに
(かみ)(こころ)(くだ)かざらまし〈第8章(初)〉
曲津見(まがつみ)(しこ)(すさ)びの忌々(ゆゆ)しけれ
とこ()のやみのやみ(くも)(そら)〈第9章〉
(かみ)(はし)(わた)れば(やす)()くものを
(まよ)ふて()つる(まが)八ツ橋(やつはし)〈第9章〉
(うるは)しき(かみ)御国(みくに)(うま)れきて
(かみ)いつかざる(まが)忌々(ゆゆ)しき〈第10章〉
産土(うぶすな)(かみ)御魂(みたま)(あら)はして
御国(みくに)(まも)大本(おほもと)(のり)〈第10章〉
天地(あめつち)(まこと)(おや)()らぬ()
()(さと)せども()人稀(ひとまれ)なり〈第11章〉
父母(ちちはは)(ほか)には(おや)はなきものと
(おも)へる(ひと)()らすおや(がみ)〈第11章〉
()(さま)一日(ひとひ)(はや)国人(くにびと)
三五(さんご)(つき)(てん)(ちゆう)せり〈第12章〉
朝夕(あさゆふ)(かみ)御前(みまへ)太祝詞(ふとのりと)
となふる(いへ)(やす)らかなりけり〈第12章〉
松生(まつお)ふる青山(あをやま)(めぐ)らす()(もと)
(かみ)のまします神苑(みその)なりけり〈第14章〉
()(すく)真実(まこと)(かみ)和衣(にぎたへ)
綾部(あやべ)(さと)天降(あも)りましけり〈第14章〉
曲神(まがかみ)のときめく此世(このよ)言向(ことむ)けて
神国(みくに)をたつる三五(あななひ)(かみ)〈第14章〉
天地(あめつち)のおやの御船(みふね)()(まか)
高天原(たかあまはら)(やす)(わた)らむ〈第15章〉
(かみ)()(つみ)引受(ひきう)けて(くる)しむも
(かみ)世界(せかい)(おや)なればなり〈第15章〉
()(かは)()(かは)りして()のために
(なや)みたまひし教祖(みおや)かしこし〈第15章〉
しわがきの秀妻(ほつま)(くに)()(ひと)
神知(かみし)らぬこそゆゆしかりける〈第17章〉
思想界(しさうかい)(なみ)たち(くる)(やみ)()
しづめてぞゆく三五(あななひ)(みち)〈第17章〉
百八十(ももやそ)(くに)(ことごと)言向(ことむ)けて
(かみ)御国(みくに)(すく)()かばや〈第17章〉
山川(やまかは)(きよ)くさやけき神国(かみくに)
(ひと)(こころ)(くも)りけるかな〈第18章〉
さまざまとよこさの(をしへ)はびこりて
(かみ)御国(みくに)をけがしけるかな〈第18章〉
()(つき)(くも)りゆく()有様(ありさま)
(なげ)きてここに伊都能売(いづのめ)(かみ)〈第18章〉
邪津神(まがつかみ)(ひと)(ころも)をまとひつつ
きよき神世(かみよ)(けが)()くなり〈第20章〉
空蝉(うつせみ)世人(よびと)(たす)くる(かみ)ごころ
(いま)(つも)りて()()でませり〈第21章〉
千早(ちはや)ふる神代(かみよ)ながらの神業(かむわざ)
(まな)ぶは神子(みこ)(つと)めなるべし〈第21章〉
水清(みずきよ)和知(わち)(なが)れにみそぎして
(みち)(ひら)かせり教御祖(をしへみおや)〈第22章〉
竜宮(りゆうぐう)(やかた)(そこ)池水(いけみづ)
常磐(ときは)(まつ)(かけ)はうつれり〈第23章〉
生命(いのち)あるうちに神国(みくに)をさとらずば
(たま)八衢(やちまた)(まよ)ふなるらむ〈第24章〉
(もと)神人(かみひと)(はじ)まりつばらかに
()りたる(もの)(かみ)(ほか)なし〈第25章〉
厳霊(いづみたま)(みづ)(みたま)のなかりせば
()()(やみ)永遠(とは)()れまじ〈第26章〉
(いそ)(かみ)(ふる)神代(かみよ)のみまつりに
()(なほ)さむと伊都能売(いづのめ)(かみ)〈第26章〉
栄枯盛衰(えいこせいすい)(つね)ならむ()皇神(すめかみ)
(をしへ)(みち)永久(とこしへ)なりけり〈第27章〉
(とり)けもの(くさ)片葉(かきは)(いた)るまで
(かみ)御魂(みたま)(こも)らぬは()〈第28章〉
ミクロの()はや()よかしと(いの)りつつ
身慾(みよく)(まよ)(ひと)可笑(をか)しき〈第31章〉
()(よく)(こころ)(かがみ)(くも)らされ
此世(このよ)(なが)らに地獄(ぢごく)(たび)する〈第31章〉
()(やま)(はな)(にほ)へど()()れど
(めぐ)みを()らぬ(ひと)(おほ)かり〈第36章〉
()(くに)姿(すがた)なりけり(かみ)()らぬ
(ひと)(ひと)との(あらそ)()()〈第36章〉
けがれたる()()(どろ)をすすがむと
(みづ)大神(おほかみ)天降(あも)りましけり〈第36章〉
()(なか)(おに)大蛇(をろち)言向平(ことむけ)
()(をさ)めます(かみ)御心(みこころ)〈第38章〉
(かみ)()審判(さばき)(いま)やあふ(さか)
(ひと)()らずに()(おく)りをり〈第39章〉
西東南(にしひがしみなみ)(きた)天地(あめつち)
(にな)ふて()てるかみの御柱(みはしら)〈第45章〉
この柱今(はしらいま)(かく)れて()えざれば
()大方(おほかた)()るものもなし〈第45章〉
第九篇(だいくへん)宇宙真相(うちうしんさう)研究(けんきう)
神示(しんじ)世界(せかい)(さと)るべきなり〈第46章〉
()(みづ)(ふた)つのはしら()(いで)
これが(まこと)火水(かみ)()とぞなる〈第46章〉
[この余白歌は八幡書店版霊界物語収録の余白歌を参考に作成しました]