霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三章 臭黄(くさき)(はな)〔二〇三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻 篇:第1篇 動天驚地 よみ:どうてんきょうち
章:第3章 第5巻 よみ:くさきのはな 通し章番号:203
口述日:1922(大正11)年01月04日(旧12月07日) 口述場所: 筆録者:吉見清子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年4月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
持ち帰った神璽は橄欖山の神殿に鎮祭された。それより神殿は一日おきに鳴動するようになった。しかしこの神璽に宿っていたのは、八頭八尾の悪竜の霊であった。
これより聖地エルサレムには怪事が続発して暗雲に包まれた。八王大神はやや反省の色を表し、ひそかに国祖の神霊を人知れず鎮祭していた。
玉春姫と塩光彦は駆け落ちしてエデンの園の大樹の下で、ひそかに暮らしていた。盤古大神は息子がいなくなったのを悲しみ、神示を乞うた。すると、息子はエデンの園の大樹の下に、一人の女性と暮らしているのが見えた。
盤古大神はただちに大樹の周りを探させた。塩光彦と玉春姫は樹上に逃れて捜索の目をくらましていたが、ついに見つかって連れ戻された。
一方常世彦夫婦も、娘がいなくなってしまったために方々を捜索させていたが、何の手がかりもなかった。常世彦は国祖に祈って、エデンの園という神示を得た。
常世彦はそこで、娘・玉春姫の捜索を盤古大神に願い出たが、盤古大神は常世彦に一通の信書を返すのみであった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0503
愛善世界社版:25頁 八幡書店版:第1輯 527頁 修補版: 校定版:27頁 普及版:13頁 初版: ページ備考:
001 いよいよ橄欖山(かんらんざん)神殿(しんでん)には、002エデンの(その)より捧持(はうぢ)(まゐ)りたる神璽(しんじ)(うやうや)しく鎮祭(ちんさい)された。003この神殿(しんでん)隔日(かくじつ)鳴動(めいどう)するのが(れい)となつた。004これを日毎(ひごと)(とどろ)きの(みや)()ふ。005この神霊(しんれい)(まこと)(かみ)御霊(おんれい)ではなくして、006八頭八尾(やつがしらやつを)悪竜(あくりう)(れい)であつた。
007 これより聖地(せいち)ヱルサレム宮殿(きうでん)は、008日夜(にちや)怪事(くわいじ)のみ続発(ぞくはつ)暗雲(あんうん)につつまれた。009八王大神(やつわうだいじん)常世彦(とこよひこ)はやや良心(りやうしん)(かへり)みるところあつて、010(ひそか)国祖大神(こくそおほかみ)神霊(しんれい)(ひと)()れず鎮祭(ちんさい)し、011昼夜(ちうや)その(つみ)(しや)しつつあつた。012大神(おほかみ)(いか)りやや()けたりけむ、013(ひさし)()りにて東天(とうてん)太陽(たいやう)のおぼろげなる御影(みかげ)()ることを()た。014(したが)つて(つき)(かげ)(のぼ)りそめた。015八王大神(やつわうだいじん)(よる)ひそかに庭園(ていえん)()で、016月神(げつしん)(むか)つて感謝(かんしや)(なみだ)にくれた。017されどその本守護神(ほんしゆごじん)悪霊(あくれい)憑依(ひようい)せる副守護神(ふくしゆごじん)のために根底(こんてい)より改心(かいしん)することは出来(でき)なかつた。
018 玉春姫(たまはるひめ)塩光彦(しほみつひこ)()(たづさ)へ、019父母(ふぼ)両親(りやうしん)()をくぐりて、020エデンの大河(たいが)をわたり、021エデンの楽園(らくゑん)にいたり、022(その)東北隅(とうほくぐう)枝葉(しえう)繁茂(はんも)せる大樹(たいじゆ)(した)にひそかに(くら)してゐた。023盤古大神(ばんこだいじん)塩光彦(しほみつひこ)(かげ)(うしな)ひしに(おどろ)き、024昼夜(ちうや)禊身(みそぎ)をなし、025断食(だんじき)をおこなひ、026天地(てんち)神明(しんめい)(いの)つた(とき)しも、027(その)東北(とうほく)(あた)つて(むらさき)(くも)たち(のぼ)り、028雲中(うんちゆう)塩光彦(しほみつひこ)ほか一柱(ひとはしら)女神(めがみ)姿(すがた)()た。029盤古大神(ばんこだいじん)はただちに従者(じゆうしや)(めい)じ、030その方面(はうめん)(くま)なく(さが)さしめた。031塩光彦(しほみつひこ)032玉春姫(たまはるひめ)は、033神々(かみがみ)らの(ちか)づく足音(あしおと)(おどろ)き、034もつとも(しげ)れる()(えだ)(たか)(のぼ)つて姿(すがた)(かく)した。035この()(うるは)しき()()あまた(みの)つて、036いつまで(のぼ)つてゐても食物(しよくもつ)には充分(じうぶん)であつた。037神々(かみがみ)らは園内(ゑんない)(くま)なく捜索(そうさく)した。038されど二人(ふたり)姿(すがた)何日(なんにち)()つても見当(みあた)らなかつた。039盤古大神(ばんこだいじん)はこれを()いて(おほ)いに(かな)しんだ。040しかして(みづか)園内(ゑんない)(さが)(まは)つた。
041 枝葉(しえう)(しげ)つた果樹(くわじゆ)片隅(かたすみ)より一々(いちいち)(あふ)()つつあつた。042樹上(じゆじやう)塩光彦(しほみつひこ)(ちち)樹下(じゆか)(きた)ることを(ゆめ)にも()らず、043平気(へいき)になつて大地(だいち)にむかつて、044()()(うす)(ところ)より臀引(しりひ)きまくりて、045(きたな)(もの)(おと)した。046盤古大神(ばんこだいじん)(あや)しき物音(ものおと)仰向(あふむ)くとたんに、047(くさ)(もの)(はな)(くち)(うへ)()ちてきた。048(おどろ)いて(こゑ)()侍者(じしや)()んだ。049されど一柱(ひとはしら)(ちか)くには侍者(じしや)(かげ)()えなかつた。050やむを()(ほそ)渓水(たにみづ)()りて(あら)(おと)し、051ふたたび(うへ)(なが)むれば、052豈計(あにはか)らむや、053天人(てんにん)にも()まがふばかりの美女(びぢよ)(よう)し、054樹上(じゆじやう)にわが()塩光彦(しほみつひこ)がとまつてゐた。055盤古大神(ばんこだいじん)(おほい)(いか)り、056はやくこの()(くだ)れと(さけ)んだ。057二人(ふたり)(あひ)(よう)(ちち)(こゑ)はすこしも(みみ)()らない様子(やうす)であつた。058盤古大神(ばんこだいじん)(こゑ)(から)して()んだ。059されど樹上(じゆじやう)二人(ふたり)(みみ)には、060どうしても(はい)らない。061如何(いかん)とならば、062この()果物(くだもの)()ふときは、063()(うと)く、064(みみ)(とほ)くなるからである。065ゆゑにこの()耳無(みみな)しの()()ふ。066その()目無(めな)しの()といふ。067(いま)()に「ありのみ」といひ、068(なし)()といふのはこれより転訛(てんくわ)したものである。
069 盤古大神(ばんこだいじん)宮殿(きうでん)()(かへ)り、070神々(かみがみ)(あつ)めこの()()(のぼ)らしめ、071無理(むり)二人(ふたり)引摺(ひきず)りおろし、072殿内(でんない)()(かへ)つた。073()れば二柱(ふたはしら)とも()うすく(みみ)はすつかり聾者(ろうしや)となつてゐたのである。074ここに塩長姫(しほながひめ)二人(ふたり)のこの姿(すがた)()(おほい)(あは)れみ()(なげ)き、075庭先(にはさき)()(みだ)れたる(にほ)(うるは)しき草花(くさばな)()りきたりて、076二人(ふたり)(かみ)()()した。077これより二人(ふたり)(みみ)(きこ)えるやうになつた。078ゆゑにこの(はな)(きく)(はな)()づけた。079これが後世(こうせい)(かしら)花簪(はなかんざし)()濫觴(らんしやう)である。
080 一方(いつぱう)聖地(せいち)ヱルサレムにおいては、081玉春姫(たまはるひめ)何時(いつ)となく踪跡(そうせき)(くらま)したるに(おどろ)き、082両親(りやうしん)部下(ぶか)神人(かみがみ)らをして、083(やま)()084(かは)()085(うみ)(はて)まで(のこ)(くま)なく(さが)さしめた。086されど(なん)便(たよ)りもなかつた。087常世彦(とこよひこ)はひそかに国祖(こくそ)神霊(しんれい)(いの)り、088(ゆめ)になりとも愛児(あいじ)行方(ゆくへ)(しら)させたまへと祈願(きぐわん)しつつあつた。089ある()(ゆめ)何処(いづこ)ともなく『エデンの(その)』といふ(こゑ)(きこ)えた。090八王大神(やつわうだいじん)(ただち)にエデンの宮殿(きうでん)(いた)り、091盤古大神(ばんこだいじん)(ねが)ひ、092エデンの(その)(くま)なく捜索(そうさく)せむことを使者(ししや)をして()はしめた。093盤古大神(ばんこだいじん)信書(しんしよ)(したた)め、094使者(ししや)をして()(かへ)らしめた。095常世彦(とこよひこ)(うやうや)しく()しいただきこれを披見(ひけん)して、096かつ(よろこ)びかつ(おどろ)きぬ。
097大正一一・一・四 旧大正一〇・一二・七 吉見清子録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。