霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四章 奇縁万状(きえんばんじやう)〔二〇四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻 篇:第1篇 動天驚地 よみ:どうてんきょうち
章:第4章 第5巻 よみ:きえんばんじょう 通し章番号:204
口述日:1922(大正11)年01月04日(旧12月07日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年4月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
盤古大神の信書には、塩光彦と玉春姫の間柄の経緯がのべられ、玉春姫を読めとしてつかわすように、と書かれていた。
常世彦は、娘が主上である盤古大神の息子の妃となるのは、立身であるとして、承諾することとなった。そして、自分の息子の常治彦には、盤古大神の娘・塩治姫をめあわすように、と要求した。
盤古大神夫妻は娘に対し、常治彦の妃となるよう言い渡した。塩治姫は悲しんで、ついにエデンの園の宮殿を飛び出してしまった。
いつまで経っても塩治姫がやってこないので、常治彦はみずから盤古大神の宮殿に出向いた。宮殿内は、塩治姫を捜索する神々で騒然としていた。
常治彦はこの様子に身の危険を感じて引き返した。常治彦がエデンの河辺までやってくると、人々が騒いでいる。何事かと聞いてみると、盤古大神の娘・塩治姫が河に飛び込んでしまった、という。
騒ぎを聞きつけて、宮殿から塩光彦と玉春姫もやってきた。常治彦は妹の玉春姫を認めると、聖地へ帰ろうと言って小脇に抱えると、共にエデンの大河に飛び込んでしまった。
塩光彦は玉春姫が奪われたことを悲しんでいたが、白雲が降りてくると、雲の中から玉春姫が現れた。塩光彦は喜んで手をとって宮殿に帰還した。
一方、聖地エルサレムには常治彦が塩治姫を携えて無事に帰還していた。本物の常治彦はエデンの大河に妹と飛び込んでしまっている。聖地に帰還した常治彦と塩治姫は、一体何者であろうか。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0504
愛善世界社版:29頁 八幡書店版:第1輯 528頁 修補版: 校定版:31頁 普及版:15頁 初版: ページ備考:
001 盤古大神(ばんこだいじん)信書(しんしよ)(おもむ)きは、
002『わが長子(ちやうし)塩光彦(しほみつひこ)貴下(きか)(むすめ)玉春姫(たまはるひめ)(あい)(おぼ)れ、003もはや膠漆不離(かうしつふり)(あひだ)となり、004いかに理義(りぎ)()(さと)すといへども、005(こひ)上下(じやうげ)(へだ)てなしとかや、006吾々(われわれ)としては(これ)をいかんともすること(あた)はず、007(ねが)はくは貴下(きか)(むすめ)玉春姫(たまはるひめ)をつかはされたし』
008()ふのであつた。
009 常世彦(とこよひこ)(ほか)ならぬ盤古大神(ばんこだいじん)要求(えうきう)といひ、010かつ(むすめ)立身(りつしん)なりとして常世姫(とこよひめ)(はか)り、011これを承諾(しようだく)することとなつた。012その代償(だいしやう)として、
013『わが長子(ちようし)常治彦(とこはるひこ)に、014貴下(きか)御娘(おんむすめ)塩治姫(しほはるひめ)(つま)として(あた)(たま)はむことを』
015懇請(こんせい)した。
016 盤古大神(ばんこだいじん)(つま)塩長姫(しほながひめ)(はか)り、017塩治姫(しほはるひめ)一間(ひとま)(まね)いて、
018八王大神(やつわうだいじん)長子(ちやうし)常治彦(とこはるひこ)(つま)たるべし』
019厳命(げんめい)した。020塩治姫(しほはるひめ)卒倒(そつたふ)せむばかりに(おどろ)(あき)れ、021ただ()をギロつかせて父母(ふぼ)両親(りやうしん)(かほ)視守(みまも)るのみ。022(くち)はひきつけて一言(いちごん)(はつ)すること(あた)はず、023両眼(りやうがん)よりは(たき)のごとき(なみだ)(したた)るのであつた。024盤古大神(ばんこだいじん)夫妻(ふさい)は、025最愛(さいあい)なる(むすめ)のこの様子(やうす)()て、026(むね)(くぎ)027(かすがい)()たるる(おも)ひであつた。
028 八王大神(やつわうだいじん)請求(せいきう)は、029()()(きふ)(くは)へた。
030万一(まんいち)貴下(きか)にして塩治姫(しほはるひめ)(くだ)(たま)はずば、031わが最愛(さいあい)(むすめ)玉春姫(たまはるひめ)一時(いつとき)(はや)く、032聖地(せいち)(かへ)させたまへ』
033進退(のつぴき)ならぬ強談判(こはだんぱん)である。034塩治姫(しほはるひめ)七日七夜(なぬかななよ)()(さけ)んで、035つひには(こゑ)得上(えあ)げなくなつた。036一方(いつぱう)常治彦(とこはるひこ)は、037(ふか)(だい)なる(かんむり)(かぶ)りて(つの)(おほ)ひ、038エデンの大河(たいが)(わた)り、039四五(しご)侍者(じしや)(したが)へ、040盤古大神(ばんこだいじん)返事(へんじ)()()らぬのに(ごふ)()やし、041(みづか)直接(ちよくせつ)談判(だんぱん)せむと(すす)()つた。
042 このとき塩治姫(しほはるひめ)は、043父母(ふぼ)両親(りやうしん)強要(きやうえう)()まりかね、044門内(もんない)より脱出(だつしゆつ)し、045いづこにか()(かく)さむとして河辺(かはべ)()()いた。046このとき常治彦(とこはるひこ)は、047塩治姫(しほはるひめ)河辺(かはべ)にて都合(つがふ)よく出会(でつくわ)した。048されど(やつ)れはてたる(ひめ)姿(すがた)(あやま)られ、049()(もの)(おも)つてエデン(じやう)(すす)()つた。
050 常治彦(とこはるひこ)はただちに盤古大神(ばんこだいじん)夫妻(ふさい)面会(めんくわい)(もと)め、051塩治姫(しほはるひめ)をわが(つま)(くだ)したまはむことを懇請(こんせい)した。052この(とき)エデンの宮殿内(きうでんない)は、053(ひめ)姿(すがた)()えざるに(おどろ)き、054数多(あまた)侍者(じしや)右往左往(うわうさわう)(ひろ)園内(ゑんない)(くま)なく捜索(そうさく)真最中(まつさいちう)である。055常治彦(とこはるひこ)はこの光景(くわうけい)()て、
056『われ(みづか)(おに)のごとく、057(つの)(しやう)じたる()(かく)(きた)りたるを(もつ)て、058(ひめ)はわれを(きら)ひ、059姿(すがた)をかくし、060あまたの侍者(じしや)は、061われを()(ころ)さむとして、062かくのごとく(さわ)げるならむ。063永居(ながゐ)(おそ)れあり、064一先(ひとま)聖地(せいち)()(かへ)り、065あまたの神軍(しんぐん)(ひき)ゐてエデンの宮殿(きうでん)()(ほろぼ)さむ』
066心中(しんちゆう)(ふか)()(けつ)し、067勃然(ぼつぜん)として(きびす)をかへし、068宮殿(きうでん)(あと)にエデンの河辺(かはべ)(かへ)つて()た。
069 河辺(かはべ)()てみれば、070あまたの神人(かみがみ)(かは)両岸(りやうがん)立騒(たちさわ)いでゐる。
071何事(なにごと)なりや』
072(たづ)ねて()た。073神人(かみがみ)(くち)(そろ)へて、
074『ただいま盤古大神(ばんこだいじん)姫御子(ひめみこ)塩治姫(しほはるひめ)075河中(かちう)投身(とうしん)したまひ、076その御姿(おんすがた)さへも()えざれば、077(われ)らは如何(いか)にもして(すく)ひまゐらせむと(さわ)いでゐるのだ』
078(こた)へる。
079 急報(きふはう)によつて盤古大神(ばんこだいじん)は、080あまたの神人(かみがみ)(したが)河辺(かはべ)(はし)()き、081(かは)をながめて号泣(ごうきふ)した。082塩光彦(しほみつひこ)083玉春姫(たまはるひめ)(あと)()つて、084その()(あら)はれた。085そこには兄神(あにがみ)常治彦(とこはるひこ)が、086(かは)をながめて茫然(ばうぜん)()つてゐる。087玉春姫(たまはるひめ)は、
088兄上(あにうへ)
089(こゑ)をかけた。090常治彦(とこはるひこ)(いもうと)(こゑ)(おどろ)振返(ふりかへ)つて、
091『おう、092玉春姫(たまはるひめ)か、093われと(とも)聖地(せいち)(かへ)れ』
094()ふより(はや)く、095(ひめ)小脇(こわき)(かか)へ、096河中(かちう)へザンブと()()んだまま、097その姿(すがた)()えなくなつた。
098 アヽこの三柱(みはしら)(かみ)はどうなつたであらうか。
099 塩光彦(しほみつひこ)最愛(さいあい)(つま)(うしな)ひ、100茫然自失(ばうぜんじしつ)101(てん)(あふ)いで、102その不遇(ふぐう)(なげ)くをりしも、103忽然(こつぜん)として白雲(はくうん)その(まへ)()るよと()るまに、104入水(にふすゐ)せし玉春姫(たまはるひめ)は、105莞爾(につこ)として()(あら)はれ、106(かた)(みこと)()(にぎ)り、107宮殿(きうでん)(いさ)ましげに(みちび)(かへ)つた。
108 盤古大神(ばんこだいじん)夫婦(ふうふ)も、109この光景(くわうけい)をみて(おほ)いに(よろこ)び、110宮殿(きうでん)立帰(たちかへ)り、111天地(てんち)神明(しんめい)感謝(かんしや)したのである。112アヽ(いま)(あら)はれたる玉春姫(たまはるひめ)は、113はたして何者(なにもの)であらうか。
114 聖地(せいち)ヱルサレムの宮殿(きうでん)においては、115八王大神(やつわうだいじん)常世彦(とこよひこ)は、116常治彦(とこはるひこ)(かへ)りの(おそ)きに欠伸(あくび)しながら、117大門(おほもん)(まへ)()た。118前方(ぜんぱう)よりは数多(あまた)神人(かみがみ)(おく)られ、119常治彦(とこはるひこ)塩治姫(しほはるひめ)()(たづさ)へて、120さも(むつま)()に、121莞爾(につこ)として(かへ)つて()た。122アヽこの二神(にしん)は、123何神(なにがみ)化身(けしん)であらうか。
124大正一一・一・四 旧大正一〇・一二・七 外山豊二録)
125(序文~第四章 昭和一〇・三・二九 於吉野丸船室 王仁校正)