霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第五章 盲亀(もうき)浮木(ふぼく)〔二〇五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻 篇:第1篇 動天驚地 よみ:どうてんきょうち
章:第5章 第5巻 よみ:もうきのふぼく 通し章番号:205
口述日:1922(大正11)年01月05日(旧12月08日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年4月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
エデンの大河に飛び込んだ塩治姫、常治彦、玉春姫は、大亀の背に助けられて大河を下った。両側が切り立った崖の河を降っていくと、白い洲が見えた。
亀は三人を乗せたまま、その洲の中を進んでいく。すると酒に酔った神々らが現れて、三人の周りで歓呼の声を上げた。亀はさらに進んで、この地の首長らしき立派な神の前まで進んでいった。
この地は三方を山に守られた、顕恩郷という楽園である。この地の統治者を南天王と言った。南天王は、実は大道別であった。南天王は三人を歓待させた。
顕恩郷の人々は、みな蟹のような顔をしていた。そして、この地には、角の生えた救世神が降臨して顕恩郷を守る、という伝説があった。そのため、顕恩郷のひとびとは常治彦を神輿に担ぎ上げると、東北の山向こうの切り立った立岩の上に乗せ、礼拝を始めた。
常治彦は岩の上に乗せられて降りることもできず、ただ助けを呼ばわっていたが、塩治姫、玉春姫が白いひれを降ると、顕恩郷の神々らは元の平地に帰ってしまい、常治彦はひとり岩の上に残されてしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0505
愛善世界社版:34頁 八幡書店版:第1輯 530頁 修補版: 校定版:36頁 普及版:17頁 初版: ページ備考:
001 エデンの河中(かちう)投身(とうしん)したる塩治姫(しほはるひめ)水中(すゐちう)をくぐり、002下流(かりう)浅瀬(あさせ)()いた。003ここに(ひと)つの巨大(きよだい)なる()(かぶ)(よこ)たはつてゐた。004(ひめ)(てん)(たす)けとその大木(たいぼく)(かぶ)()りつき、005(いき)(やす)めつつあつた。006(いま)まで()(かぶ)(おも)ひしに、007()るみる(うま)のごとき(くび)(あら)はれ、008つぎに手足(てあし)(あら)はれた。009(かぶ)はすつかり(おほ)きな(かめ)(くわ)してしまつた。
010 (ひめ)はその(かめ)()()り、011上流(じやうりう)(なが)めると、012飄箪(へうたん)(くく)つたやうに二人(ふたり)(かみ)がぶくぶくと(あたま)()げて(なが)れて()た。013よくよく()れば、014玉春姫(たまはるひめ)および常治彦(とこはるひこ)である。015(おも)はず大声(おほごゑ)をあげて二人(ふたり)(こゑ)をかけた。016二人(ふたり)(よろこ)んでその(かめ)()りついた。017ここに三柱(みはしら)大亀(おほがめ)()にまたがり、018(かめ)()くままにまかせて、019エデンの大河(たいが)昼夜(ちうや)区別(くべつ)もなく(くだ)る。
020 (かは)両岸(りやうがん)(かべ)のごとく岩石(がんせき)屹立(きつりつ)して、021()()くことが出来(でき)ぬ。022やや下方(かはう)(しろ)()()えた。023三柱(みはしら)(かめ)()くままに(まか)しておくと、024(かめ)はその()(むか)つてのたのたと()(あが)つた。025ここに数多(あまた)神人(かみがみ)(まつり)とみえて、026河辺(かはべ)()(さけ)()み、027(うた)()ひ、028種々(しゆじゆ)木石(ぼくせき)()(たた)き、029拍子(ひやうし)をとつて、030面白(おもしろ)さうに(さわ)いでゐた。
031 (かめ)容赦(ようしや)なく、032あまたの神人(かみがみ)(むら)がるなかを三柱(みはしら)()せたまま(すす)んで()つた。033三柱(みはしら)着物(きもの)()(さら)されていつの()にか(かわ)ききつてゐた。034(さけ)酔潰(よひつぶ)れたる数多(あまた)神人(かみがみ)は、035この光景(くわうけい)()一斉(いつせい)()()ちたたき、036ウロー、037ウローと(さけ)ぶのである。038ここを突破(とつぱ)して(きた)(きた)へと(すす)んで()くと、039またそこにも(やや)上級(じやうきふ)(かみ)らしき(むれ)がしきりに(さけ)()ひ、040()()つて(さわ)いでゐる。041(かめ)はその(なか)遠慮(ゑんりよ)会釈(ゑしやく)もなくのたのたと(すす)んで()つた。042このとき宴席(えんせき)上座(じやうざ)(はう)より金冠(きんくわん)()けたる身体(しんたい)骨格(こつかく)(しう)(すぐ)れたる大将(たいしやう)らしき(かみ)(あら)はれて()た。043そして(かめ)(まへ)立塞(たちふさ)がつた。044(かめ)何事(なにごと)かこの(かみ)(むか)つて(ささや)くやうに()えた。
045 (きた)には巍峨(ぎが)たる青山(せいざん)(めぐ)らし、046東西(とうざい)(つる)両翼(りやうよく)(ひろ)げたるごとく山脈(さんみやく)延長(えんちやう)し、047あたかも蹄鉄形(ていてつけい)になつた地勢(ちせい)である。048そして(みなみ)大河(たいが)(ひか)へ、049種々(しゆじゆ)(うるは)しき(はな)()きみだれ、050(めづ)らしき果物(くだもの)木々(きぎ)(こずえ)(みの)つてゐた。051ちやうどエデンの(その)にすこしも(ちが)はないやうな楽郷(らくきやう)である。052ここの統一者(とういつしや)南天王(なんてんわう)(とな)へ、053数多(あまた)神人(かみがみ)らより国祖(こくそ)のごとく尊敬(そんけい)されてゐた。054いづれの神々(かみがみ)()()()ひ、055清泉(せいせん)()み、056天然(てんねん)発生(はつせい)する山芋(やまいも)などを嗜食(ししよく)し、057衣食住(いしよくぢう)苦痛(くつう)をすこしも(かん)じないあたかも天国(てんごく)浄土(じやうど)のやうであつた。058南天王(なんてんわう)(じつ)大道別(おほみちわけ)であつた。059この()顕恩郷(けんおんきやう)(とな)へられてある。060南天王(なんてんわう)はあまたの神人(かみがみ)(あつ)めて、061亀上(きじやう)珍客(ちんきやく)天下(てんか)泰平(たいへい)瑞祥(ずゐしやう)として歓待(くわんたい)せしめた。062三柱(みはしら)(おも)ひがけなき神人(かみがみ)らの優遇(いうぐう)感謝(かんしや)し、063つひには果実(このみ)にて(つく)りたる(めづら)しき(さけ)()ひ、064面白(おもしろ)(うた)(うた)ひはじめた。065この()神人(かみがみ)らはいづれも(あたま)比較的(ひかくてき)(よこ)(なが)(だけ)(みじか)く、066ちやうど(かに)のやうな(かほ)をした(もの)ばかりである。067そこへ三柱神(みはしらがみ)(あら)はれたのはあたかも塵芥場(ごもくば)(つる)()りたやうな光景(くわうけい)であつた。
068 これらの神人(かみがみ)南天王(なんてんわう)(たい)し、069天上(てんじやう)より(くだ)りきたれる神人(しんじん)として畏敬(ゐけい)尊信(そんしん)服従(ふくじゆう)第一(だいいち)義務(ぎむ)としてゐる。070しかるに南天王(なんてんわう)神品(しんぴん)骨格(こつかく)その()(しう)(ひい)でたるに()()へ、071この()神々(かみがみ)比較的(ひかくてき)()(ひく)く、072身体(しんたい)矮小(わいせう)にして容貌(ようばう)醜悪(しうあく)なるため、073南天王(なんてんわう)(きさき)とすべき(かみ)なきに、074神人(かみがみ)(こぞ)つて心痛(しんつう)してゐた(さい)である。075そこへ天女(てんによ)のごとき二柱(ふたはしら)女神(によしん)一柱(ひとはしら)男神(だんしん)(あら)はれたるを()て、076(また)もや天津御空(あまつみそら)より(くだ)りきたれる優秀(いうしう)(かみ)(のこ)らず(しん)じてしまつた。077そこで神人(かみがみ)相談(さうだん)(うへ)078南天王(なんてんわう)奏上(そうじやう)して()二神(にしん)(わう)(きさき)となし、079一柱(ひとはしら)男神(だんしん)頭部(とうぶ)(だい)なる(つの)発生(はつせい)しあれば、080まつたく(まこと)(かみ)(しん)じてゐたり。081それゆゑ二柱(ふたはしら)女神(によしん)(たい)して、082この(かみ)(つま)または(きさき)たることを(すこ)しでも顧慮(こりよ)する(もの)がなかつた。
083 常治彦(とこはるひこ)084塩治姫(しほはるひめ)085玉春姫(たまはるひめ)三柱(みはしら)は、086この(さと)神人(かみがみ)らの言霊(ことたま)(つう)じないのを(さいは)ひにして、087種々(しゆじゆ)自由自在(じいうじざい)(はなし)することができた。088そこへ数多(あまた)神人(かみがみ)(あつ)まつて涕泣(ていきふ)拝跪(はいき)し、089輿(こし)(かつ)ぎきたり、090無理(むり)常治彦(とこはるひこ)搭乗(たうじやう)手真似(てまね)をもつて(すす)めた。091常治彦(とこはるひこ)(われ)非常(ひじやう)歓待(くわんたい)するものと(おも)ひ、092心中(しんちゆう)喜悦(きえつ)(じやう)をあらはし、093(ふた)()(うな)づきながら機嫌(きげん)よく輿(こし)(なか)(はい)つた。094神人(かみがみ)らはその輿(こし)()つて(たか)つて(かつ)きあげた。095この顕恩郷(けんおんきやう)(むかし)から(つの)()えたる(かみ)降臨(かうりん)して、096天変地妖(てんぺんちえう)(ふせ)ぎ、097万年(まんねん)寿命(じゆみやう)(まも)るといふ伝説(でんせつ)(つた)はつてゐた。098そこへ南天王(なんてんわう)誕生(たんじやう)祝日(しゆくじつ)にあたつて、099万年(まんねん)(よはひ)(たも)つてふ(かめ)()り、100河上(かはかみ)より(くだ)りきたれるは、101あたかも天上(てんじやう)より(くだ)りきたれる神人(しんじん)相違(さうゐ)なしと(こころ)より(よろこ)(いさ)んだ。
102 神輿(みこし)はダンダンと(かつ)がれて東北(とうほく)(やま)(たに)()え、103立岩(たちいは)(うへ)神輿(みこし)もろとも安置(あんち)された。104この(いは)円柱(ゑんちゆう)()てたるごとき長円形(ちやうゑんけい)棒岩(ぼういは)である。105そして神人(かみがみ)らは(とほ)退(しりぞ)拍手(かしはで)()つて、106ウロー、107ウローと一斉(いつせい)讃美(さんび)しかつ(よろこ)び、108(なみだ)(なが)して拝礼(はいれい)した。
109 常治彦(とこはるひこ)輿(こし)(なか)より様子(やうす)(あや)しと(すこ)しく(とびら)()()れば、110()()れる輿(こし)(てん)をも(つら)ぬくばかり(なが)棒岩(ぼういは)(うへ)()ゑられてある。111()るにも()られず、112()りるにも()りられず、113途方(とはう)にくれ(こゑ)をかぎりに『オーイ、114オーイ』と(さけ)んだ。115あまたの神人(かみがみ)はその(こゑ)()きつけ『オーイ、116オーイ』と、117()ばはりながら(よろこ)び、118(はじ)めて(てん)(かみ)(こゑ)()きたりと、119(いさ)(くる)(をど)(まは)つた。120常治彦(とこはるひこ)は、
121輿(こし)(おろ)せ』
122大声(おほごゑ)()ばはつた。123(いは)(した)(とほ)くこの光景(くわうけい)()()(さわ)いでゐた神人(かみがみ)らは、124一斉(いつせい)芝生(しばふ)(うへ)(こし)をおろし、125棒岩(ぼういは)神輿(みこし)をうち(なが)めた。126常治彦(とこはるひこ)はこれを()てもどかしがり、
127(ちが)(ちが)ふ』
128といふた。129(ちが)ふという言葉(ことば)は、130顕恩郷(けんおんきやう)にては臀部(でんぶ)をまくり握拳(にぎりこぶし)(しり)()つと()ふことである。131神人(かみがみ)らは棒岩(ぼういは)(はう)(むか)つて一斉(いつせい)赤黒(あかぐろ)(しり)をまくり、132(ひい)(ふう)()つと、133(こぶし)(かた)めて自分(じぶん)(しり)()ちたたいた。134それがために、135臀部(でんぶ)(あを)変色(へんしよく)したものさへあつた。136(みこと)はこれを()て、
137『コラコラ』
138といつた。139コラコラと()ふことは、140この(きやう)にては(しり)をまくつたまま左右(さいう)(まは)ることである。141棒岩(ぼういは)(うへ)にある(みこと)(ごふ)()やし、
142『コラコラ(ちが)ふ』
143といつた。144コラコラと(ふた)(かさ)ねていふ(とき)は、145(あたま)(した)にし(あし)(うへ)にして()(ある)(まは)ることである。146神人(かみがみ)らは(てん)(たふと)(かみ)御命令(ごめいれい)(かた)尊信(そんしん)し、147(さき)(あらそ)うて(さか)さまになり、148前後左右(ぜんごさいう)()(まは)り、149(まは)(そこ)なつて(たに)()(きづ)つく(もの)出来(でき)た。150(なか)には、
151『こいつは(まこと)(かみ)でない、152吾々(われわれ)(くる)しむる悪神(あくがみ)である』
153とつぶやく(もの)もあつた。154何処(いづこ)よりともなく(かたはら)(やま)中腹(ちうふく)塩治姫(しほはるひめ)155玉春姫(たまはるひめ)女神(めがみ)姿(すがた)忽然(こつぜん)として(あら)はれた。156(しろ)()のやうな領巾(ひれ)前後左右(ぜんごさいう)()つてゐた。157この(きやう)神人(かみがみ)らはその(しろ)領巾(ひれ)()るとともに、158雪崩(なだれ)をうつてもとの平地(へいち)(かへ)つてしまつた。159常治彦(とこはるひこ)横槌(よこづち)()()せられた(かめ)のやうに手足(てあし)をもがき、
160塩治姫(しほはるひめ)ヤーイ
161 玉春姫(たまはるひめ)ヤーイ』
162(こゑ)をかぎりに(さけ)び、163つひにはその(こゑ)さへ()なくなつてしまつた。
164大正一一・一・五 旧大正一〇・一二・八 加藤明子録)