霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第六章 南天王(なんてんわう)〔二〇六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻 篇:第1篇 動天驚地 よみ:どうてんきょうち
章:第6章 第5巻 よみ:なんてんおう 通し章番号:206
口述日:1922(大正11)年01月05日(旧12月08日) 口述場所: 筆録者:松村仙造 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年4月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
顕恩郷の神々は、二人の女性を南天王の妃とするよう奏上した。南天王は、表面上これを許した。
塩治姫と見えたのは、実は春日姫であった。また、玉春姫と見えたのは、八島姫であった。国祖が隠退された後、国祖派の神々は、律法に遠慮することなく神術を駆使して邪神に対抗し始めていたのである。
春日姫、八島姫は、南天王が大道別であることを知って、再開を喜んだ。春日姫は恋人の鷹住別を思い出して沈んでいたが、鷹住別は清彦と名を変えて、南天王に仕えていた。二人は再会を喜んだ。
また、かつて大道別を想って故郷を飛び出した八島姫は自らの運命を嘆いていた。大道別は今は日の出の神・南天王となって国祖の神命を受けて活動中であるため、夫とすることはできなかったのである。
大道別は、そこで従者の芳彦という者を呼んだ。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0506
愛善世界社版:41頁 八幡書店版:第1輯 532頁 修補版: 校定版:43頁 普及版:20頁 初版: ページ備考:
001 顕恩郷(けんおんきやう)大王神(だいわうじん)なる南天王(なんてんわう)は、002その(じつ)大道別(おほみちわけ)分魂(わけみたま)で、003()出神(でのかみ)であつた。004そして三柱(みはしら)(むか)(きた)つた大亀(おほがめ)琴平別(ことひらわけ)化神(けしん)である。
005 神人(かみがみ)らは二柱(ふたはしら)女神(めがみ)婉麗(ゑんれい)にして神格(しんかく)高尚(かうしやう)なるに敬服(けいふく)し、006南天王(なんてんわう)()ふて、007()女神(ぢよしん)(きさき)にせむことを協議(けふぎ)した。008神人(かみがみ)らの(なか)より蟹若(かにわか)といふ(もの)009()されて代表(だいへう)となり、010南天王(なんてんわう)宮殿(きうでん)参向(さんかう)し、011衆議(しうぎ)一致(いつち)請願(せいぐわん)をなした。012南天王(なんてんわう)(おも)ふところありて表面(へうめん)これを(ゆる)した。013これより顕恩郷(けんおんきやう)高貴(かうき)なる三柱(みはしら)神人(しんじん)によりて統一(とういつ)さるることとなり、014南方(なんぱう)より年々(ねんねん)()めきたる悪神(あくがみ)襲来(しふらい)(おそ)るるに()らずと異口同音(いくどうおん)(しゆく)しあうた。
015 (いま)まで塩治姫(しほはるひめ)()えしはその(じつ)春日姫(かすがひめ)であつた。016春日姫(かすがひめ)には高倉(たかくら)白狐(びやくこ)始終(しじう)守護(しゆご)してゐた。017また玉春姫(たまはるひめ)()えしは実際(じつさい)八島姫(やしまひめ)であつて、018白狐(びやくこ)(あさひ)守護(しゆご)してゐた。
019 (いま)まで国祖(こくそ)御神政中(ごしんせいちう)は、020大江山(たいかうざん)鬼武彦(おにたけひこ)以下(いか)正義(せいぎ)神人(かみがみ)らは、021(てき)(たい)するその神術(かむわざ)をよほど遠慮(ひか)へてゐたのであるが、022もはや国祖(こくそ)御退隠(ごたいいん)となり、023いかなる権謀術数(けんぼうじゆつすう)()づるとも、024今日(こんにち)(るゐ)国祖(こくそ)(およ)ぼし(たてまつ)(うれ)ひはなくなつた。025そこで聖地(せいち)神人(かみがみ)らは国祖大神(こくそおほかみ)御無念(ごむねん)(ふか)(さつ)し、026わが()はたとへ天津神(あまつかみ)より天則違反(てんそくゐはん)()はるるとも、027至恩(しおん)ある大神(おほかみ)(てき)にたいして、028極力(きよくりよく)反抗(はんかう)をこころみ、029復讐(ふくしう)をなさむとするの念慮(ねんりよ)は、030片時(かたとき)()(わす)れなかつた。
031 二柱(ふたはしら)女神(めがみ)は、032南天王(なんてんわう)宮殿(きうでん)(ふか)(つか)へることとなつた。033蟹若(かにわか)(おほい)(よろこ)んで神人(かみがみ)にその(むね)(つた)へ、034一同(いちどう)()()つて祝杯(しゆくはい)()げた。
035 奥殿(おくでん)には南天王(なんてんわう)春日姫(かすがひめ)036八島姫(やしまひめ)三柱(みはしら)鼎坐(ていざ)して昔語(むかしがた)りに()(てつ)した。037春日姫(かすがひめ)(おも)はず、038大道別(おほみちわけ)日の出神(ひのでのかみ)面会(めんくわい)し、039うれしさのあまり(なみだ)(たた)へ、040()(にはか)鷹住別(たかすみわけ)のことを(おも)()し、041(うれ)ひに(しづ)面容(おももち)であつた。042南天王(なんてんわう)は、
043貴下(きか)(なに)ゆゑにかくの(ごと)く、044この目出度(めでた)宿縁(えにし)(よろこ)びにたいし(ふさ)ぎたまふや』
045()つた。046春日姫(かすがひめ)はわづかに(こゑ)()して、
047『たかす……』
048()つた。049南天王(なんてんわう)はその(こゑ)春日姫(かすがひめ)()(さと)り、050ただちに()()つて、
051清彦(きよひこ)052清彦(きよひこ)
053()んだ、054(こゑ)(おう)じて、055一間(ひとま)より(あら)はれ()でた神格(しんかく)(すぐ)れた侍神(じしん)がある。056()れば、057春日姫(かすがひめ)常世城(とこよじやう)()りしより、058夢寐(むび)にも(わす)れぬ恋人(こひびと)鷹住別(たかすみわけ)であつた。059春日姫(かすがひめ)(おも)はず飛付(とびつ)かむとしたが()神人(かみがみ)(まへ)(はばか)りて、060(うご)(こころ)(われ)から制止(せいし)し、061()づかしげに(うつむ)いて(すす)()きに()く。
062 南天王(なんてんわう)(すゐ)をきかして、063鷹住別(たかすみわけ)064春日姫(かすがひめ)二人(ふたり)別殿(べつでん)()らしめた。065あとに(のこ)つた八島姫(やしまひめ)南天王(なんてんわう)二柱(ふたはしら)(たがひ)黙然(もくねん)として(かほ)見合(みあは)せ、066うれし(なみだ)()れてゐた。067八島姫(やしまひめ)(おも)ひきつたやうに、
068南高山(なんかうざん)において、069貴下(きか)生命(いのち)(すく)はれ、070それより貴下(きか)(した)(こころ)071(しき)りに(おこ)りて、072つひには父母(ふぼ)()て、073御後(みあと)(した)ひまつりしも、074(いま)(むかし)(ゆめ)となりたれども、075(いつ)たん(おも)ひつめたる最初(さいしよ)(ねん)は、076(いま)()えやらず、077(わらは)(こころ)(せつ)なさを推量(すゐりやう)ありたし』
078前後(ぜんご)もかまはず、079南天王(なんてんわう)(ひざ)(かほ)をあて、080()(さけ)ぶのであつた。
081 南天王(なんてんわう)八島姫(やしまひめ)心情(しんじやう)(あは)れみ、082いかにもして彼女(かれ)(なぐさ)めむと(おも)へども、083(いつ)たん国祖(こくそ)より(めい)ぜられたる大使命(だいしめい)あれば、084たとへ国祖(こくそ)隠退(いんたい)(たま)ふとも、085(みだ)りに妻帯(さいたい)するは大神(おほかみ)神慮(しんりよ)(はん)するものである。086されどこの八島姫(やしまひめ)心情(しんじやう)推知(すゐち)しては、087さすが道義(だうぎ)堅固(けんご)なる南天王(なんてんわう)も、088骨身(ほねみ)(くだ)くるごとき(せつ)なき(おも)ひをしたのである。
089 八島姫(やしまひめ)(やうや)くにして(かほ)をあげ、
090(ああ)091(わらは)(とし)()いたる父母(ふぼ)二神(にしん)()て、092山海(さんかい)高恩(かうおん)忘却(ばうきやく)し、093かつ忠節(ちうせつ)無比(むひ)玉純彦(たますみひこ)途中(とちう)追返(おひかへ)したるは、094(いま)になつて(おも)へば、095(じつ)(わらは)一生(いつしやう)不覚(ふかく)であつた。096たとへ臣下(しんか)身分(みぶん)たりとも、097(かれ)がごとき忠良(ちうりやう)なる玉純彦(たますみひこ)をして、098せめては(わが)(をつと)にもつことを()ば、099いかに(さいは)ひならむかと()ごとに(おも)(うか)ぶれども、100かれ玉純彦(たますみひこ)常世(とこよ)(くに)にて、101(ひと)たび姿(すがた)()たるきり、102(いま)(いづ)れにあるや、103その居所(きよしよ)判然(はんぜん)せず。104また(ちち)消息(せうそく)()かまほしけれど、105(いま)となりては如何(いかん)とも詮術(せんすべ)なく、106日夜(にちや)悲歎(ひたん)(なみだ)()るるのみ』
107と、108流石(さすが)女人(によにん)愚痴(ぐち)をこぼし、109(たき)のごとく(なみだ)(なが)して、110その()(たふ)()しにけり。
111 このとき南天王(なんてんわう)(なに)(おも)ひけむ、112つと()をたちて()()ち、
113芳彦(よしひこ)114芳彦(よしひこ)
115()ばはつた。116芳彦(よしひこ)ははたして如何(いか)なる神人(かみ)であらうか。
117大正一一・一・五 旧大正一〇・一二・八 松村仙造録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)