霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一一章 蜃気楼(しんきろう)〔二一一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻 篇:第2篇 中軸移動 よみ:ちゅうじくいどう
章:第11章 第5巻 よみ:しんきろう 通し章番号:211
口述日:1922(大正11)年01月06日(旧12月09日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年4月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
盤古大神らは、忽然と現れたアーメニヤの宮殿に本拠を置くこととした。
神々が遷都を祝っていると、空に神軍が現れ、国祖が采配を振るっているのが見えた。神々が恐れのあまりひれ伏すと、宮殿と思えた場所は泥田の中であった。
一同が驚いていると、宮殿は蜃気楼となって空中に飛び上がってしまった。それとともに盤古大神、常世彦ら上位の神々も、宮殿とともに空に舞い上がったかのような幻が見えた。
従者神たちは、上位の神々が天上に登ってしまったかと思って探し回ったが、実は盤古大神も常世彦も泥田の中にいて、探し回る従者神たちの足に踏みつけられていた。
今まで国祖の神軍が見えた空には、八頭八尾の大蛇が火を吹いており、満天を黒雲で包んでしまっていた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0511
愛善世界社版:68頁 八幡書店版:第1輯 542頁 修補版: 校定版:70頁 普及版:32頁 初版: ページ備考:
001 盤古大神(ばんこだいじん)以下(いか)神人(かみがみ)は、002忽然(こつぜん)として(あら)はれたるアーメニヤの宮殿(きうでん)を、003万古不易(ばんこふえき)安住所(あんぢゆうしよ)(さだ)め、004(かく)居室(きよしつ)(さだ)め、005八百万神(やほよろづのかみ)配置(はいち)神政(しんせい)(おこな)ふこととなつた。006(てん)より()つたか、007()から()いたか、008()らぬまに荘厳(さうごん)無比(むひ)宮殿(きうでん)をはじめ数多(あまた)建築物(けんちくぶつ)()てられてゐた。009神人(かみがみ)らは盤古(ばんこ)神政(しんせい)(しゆく)するために遠近(をちこち)(やま)()けいり、010種々(しゆじゆ)(めづら)しき花木(はなき)()(きた)つて、011(おのおの)これをかたげながら宮殿(きうでん)中心(ちうしん)として面白(おもしろ)(うた)(うた)ひ、012(さけ)()ひながら(をど)(くる)うてゐた。
013 (とき)中空(ちうくう)にあたり何神(なにがみ)(こゑ)ともなく、
014『アーメニヤ、015アーメニヤ』
016(さけ)(こゑ)しきりに(きこ)えた。017神人(かみがみ)らは()せずして(こゑ)する(はう)(あふ)()た。018幾百千(いくひやくせん)とも(かぎ)りなき神軍(しんぐん)武装(ぶさう)(ととの)へ、019(くも)()中空(ちうくう)整列(せいれつ)して、020その中央(ちうあう)には国祖(こくそ)国治立尊(くにはるたちのみこと)神姿(しんし)(あら)はれ、021采配(さいはい)()つて神軍(しんぐん)指揮(しき)しつつあつた。022神人(かみがみ)らはその威厳(ゐげん)()たれてたちまち地上(ちじやう)平伏(へいふく)した。023(なん)とはなしに身体(しんたい)一面(いちめん)湿気(しつき)(かん)じ、024(おどろ)きのあまり(さけ)(よひ)()め、025ぶるぶると地震(ぢしん)(まご)のやうに、026一斉(いつせい)(ふる)ひだした。027このとき(また)もや天上(てんじやう)より、
028盲神(めくらがみ)ども、029(あし)もとを()よ』
030(あたま)からたたきつけるやうな(こゑ)()(はな)つた。031いづれも(おどろ)いて(あし)もとを()ると、032またもや泥田(どろた)(なか)盤古大神(ばんこだいじん)はじめ、033八百万(やほよろづ)神人(かみがみ)らは(どろ)まみれになつて、034のたくつてゐた。035ここはアーメニヤの宮殿(きうでん)と、036(いづ)れも(おも)うて宮殿(きうでん)(はう)一斉(いつせい)()やれば、037(いま)まで立派(りつぱ)宮殿(きうでん)()えしは蜃気楼(しんきろう)であつた。038()るみる天上(てんじやう)宮殿(きうでん)()(あが)り、039自分(じぶん)らの姿(すがた)までも空中(くうちう)()(あが)つてしまつた。040八王大神(やつわうだいじん)はじめ、041(おも)なる神将(しんしやう)(のこ)らず蜃気楼(しんきろう)とともに天上(てんじやう)(のぼ)つてゐるのが()える。042(のこ)された神人(かみがみ)らは(しやう)(うしな)(おどろ)きのあまり、043四方(しはう)八方(はつぱう)泥田(どろた)(なか)をうろつき(はじ)めた。044そのじつ盤古大神(ばんこだいじん)八王大神(やつわうだいじん)天上(てんじやう)(かげ)(うつ)つてゐるのみで、045依然(いぜん)として(ふか)泥田(どろた)(ちち)(あた)りまで()()り、046身動(みうご)きもならず(くる)しんでゐた。047されど数多(あまた)神人(かみがみ)らは、048盤古大神(ばんこだいじん)以下(いか)神将(しんしやう)(のこ)らず天上(てんじやう)(のぼ)りしものと(おも)ひ、049右往左往(うわうさわう)泥田(どろた)(はし)(まは)り、050盤古大神(ばんこだいじん)051八王大神(やつわうだいじん)以下(いか)神将(しんしやう)泥足(どろあし)()みつけ、052一斉(いつせい)に、
053『オイオイ』
054()くばかりである。
055 このとき、056ウラル(ざん)方面(はうめん)より黒雲(こくうん)()(おこ)し、057空中(くうちう)()らし(すす)(きた)八頭八尾(やつがしらやつを)大蛇(をろち)(あら)はれた。058(いま)まで国治立尊(くにはるたちのみこと)以下(いか)神将(しんしやう)059(てん)一方(いつぱう)(あら)はれゐたりしその姿(すがた)はいつしか()()せ、060八頭八尾(やつがしらやつを)大蛇(をろち)()()きつつ、061満天(まんてん)(すみ)(なが)したごとく黒雲(こくうん)をもつて(つつ)んでしまつた。
062大正一一・一・六 旧大正一〇・一二・九 加藤明子録)