霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一二章 不食不飲(くはずのまず)〔二一二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻 篇:第2篇 中軸移動 よみ:ちゅうじくいどう
章:第12章 第5巻 よみ:くわずのまず 通し章番号:212
口述日:1922(大正11)年01月06日(旧12月09日) 口述場所: 筆録者:桜井重雄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年4月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
そこへウラルの山颪が吹きまくり、神々を中天に巻き上げて釣りまわした。吊り上げられた神々らの首は、鶴のように長く伸ばされてしまった。
風が止むと全員、地上に落下して半死半生の状態で苦しんだ。中空に『八岐大蛇、八岐大蛇』という声が聞こえた。一柱の神が思わず、『八岐大蛇様、助けたまへ』と叫んだ。
すると天上よりうるわしい男女の神々が下ってきた。その中の長とおぼしき神は口を耳まで開き、ウラル山を守護する八頭八尾の大蛇である、と名乗った。そして、アーメニヤに神都を開くためには、八頭八尾の大蛇の霊を祀って百日の断食をすべし、と命じた。
神々らはウラル山に登山して、断食をなすこととした。断食を破って果物を食べた神々は、腹が裂けて苦しみを受けた。断食の違反者たちは縛られて木の枝にかけられた。空中からは、『鬼になりたい者は神命違反者を食らえ』と声がしたが、さすがに誰も応じる神は無かった。
断食五十日目には、神々らは立つ気力さえない状態となった。そこへ、東北の空から六面八臂の鬼神らが襲い掛かった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0512
愛善世界社版:71頁 八幡書店版:第1輯 543頁 修補版: 校定版:73頁 普及版:33頁 初版: ページ備考:
001 (をり)しもウラルの山颪(やまおろし)002地上(ちじやう)()きまくり、003(つひ)には空前絶後(くうぜんぜつご)大旋風(だいせんぷう)となつた。004あらゆる樹木(じゆもく)()(たふ)し、005泥田(どろた)()ちたる神々(かみがみ)を、006()()のごとく(つち)諸共(もろとも)007中天(ちうてん)()きあげ、008天上(てんじやう)をぐるぐると住吉踊(すみよしをど)りの人形(にんぎやう)のやうに()りまはした。009そのため(いづ)れの神人(かみがみ)も、010(つる)のやうに(くび)(のこ)らず(なが)くなつて(しま)つた。011丁度(ちやうど)012空中(くうちう)幾百千(いくひやくせん)とも(かぎ)りなき首吊(くびつ)りが出来(でき)たやうなものである。013首吊(くびつ)りでなくて、014(のこ)らず鶴首(つるくび)になつてしまつた。
015 (かぜ)がやむとともに、016一斉(いつせい)雨霰(あめあられ)のごとく地上(ちじやう)落下(らくか)した。017(うで)()(あし)(くじ)(こし)をぬかし、018にはかに半死半生(はんしはんしやう)(もの)ばかりとなつてしまつた。019そのとき何処(いづく)ともなく、
020八岐(やまた)大蛇(をろち)021八岐(やまた)大蛇(をろち)
022といふ(こゑ)(きこ)えた。023八百万(やほよろづ)腰抜(こしぬ)(やつこ)024不具者(かたはもの)はぶるぶる(くちびる)をふるはせながら、
025八岐(やまた)大蛇(をろち)(さま)026(たす)けたまへ』
027(さけ)んだ。
028 たちまち天上(てんじやう)より(うる)はしき八柱(やはしら)男女(だんぢよ)神人(かみ)が、029神人(かみがみ)らの(まへ)(くだ)つて()た。030さうしてその(なか)一番(いちばん)大将(たいしやう)(おぼ)しき男神(だんしん)は、031(みみ)まで()けた(あか)(くち)(ひら)いて、
032(われ)はウラル(さん)守護(しゆご)する八頭八尾(やつがしらやつを)大蛇(をろち)である。033もはや今日(こんにち)国祖(こくそ)国治立尊(くにはるたちのみこと)は、034わが神力(しんりき)(おそ)れて()(くに)退隠(たいいん)し、035その()神人(かみがみ)はいづれも(そこ)(くに)()()き、036無限(むげん)責苦(せめく)()へり。037この世界(せかい)はもはや(われ)自由(じいう)なり。038(なんぢ)らこのアーメニヤの()(きた)つて神都(しんと)(ひら)き、039神政(しんせい)樹立(じゆりつ)せむと(おも)はば、040まづ第一(だいいち)宮殿(きうでん)(つく)り、041わが霊魂(みたま)(しづ)め、042朝夕(てうせき)礼拝(れいはい)(おこた)るなかれ。043また盤古大神(ばんこだいじん)をはじめ八王大神(やつわうだいじん)その()神人(かみがみ)は、044ただ(いま)より百日(ひやくにち)断水(だんすゐ)断食(だんじき)(はげ)むべし』
045()ふかと()れば、046八柱(やはしら)神人(しんじん)姿(すがた)(けむり)のごとく()え、047ただ空中(くうちう)運行(うんかう)する(おと)のみ(きこ)えてきた。048その(おと)次第々々(しだいしだい)(うす)らいでウラル(さん)目蒐(めが)けて(かへ)つたやうな気持(きもち)がした。
049 不思議(ふしぎ)にも、050大負傷(だいふしやう)(なや)んでゐた神人(かみがみ)()(あし)(こし)(もと)のごとくに全快(ぜんくわい)し、051ただ(くび)のみは(なが)くなつたままである。052神人(かみがみ)らは(さき)(あらそ)うて、053ウラル(さん)方面(はうめん)さして断食(だんじき)をなさむと駆登(かけのぼ)つた。
054 ウラル(さん)中腹(ちうふく)には、055非常(ひじやう)(ひろ)平地(へいち)がある。056この平地(へいち)南向(みなみむ)きになつて、057非常(ひじやう)(かを)りのよい(うま)さうな果物(くだもの)(えだ)もたわむばかりになつてゐて、058平地(へいち)()れてゐる。
059 あまたの神人(かみがみ)は、060やつと此処(ここ)まで(のぼ)つてきたが、061咽喉(のど)はにはかに(かわ)きだし、062(はら)非常(ひじやう)()いてきた。063されど大蛇(をろち)厳命(げんめい)によつて、064咽喉(のど)から()()るほど()ひたくても()ふことが出来(でき)なかつた。065ちやうど餓鬼(がき)(かは)(はた)()つて、066その(みづ)()むことが出来(でき)ぬやうな苦痛(くつう)である。
067 盤古大神(ばんこだいじん)はじめ八王大神(やつわうだいじん)(しき)りに(くち)なめしをなし、068長舌(ちやうぜつ)()し、069この果物(くだもの)をみて羨望(せんばう)(ねん)にかられてゐた。070神人(かみがみ)咽喉(のど)()けるほど(かわ)き、071(はら)()いて(いた)のごとくなつてゐる矢先(やさき)072()(まへ)にぶらついたこの美味(びみ)()ひたくて(たま)らず、073()るより()ぬが(くすり)と、074いづれも()()ぶつて()ぬやうに(つと)めてゐた。075さうすると何処(いづこ)ともなしに百雷(ひやくらい)一時(いちじ)落下(らくか)したやうな音響(おんきやう)がきこえ、076地響(ぢひびき)がして身体(しんたい)二三尺(にさんじやく)中空(ちうくう)(はふ)りあげた。077吃驚(びつくり)して(おも)はず()(ひら)くと、078()(まへ)079(くち)(まへ)(うま)さうな果物(くだもの)ぶらついてゐる。080エヽ(まま)(かは)よと四五(しご)従者(じうしや)は、081そのまま(おほ)きな果物(くだもの)(わし)づかみにしてかぶりはじめた。082(なん)とも()へぬ(うま)さである。083()れぬうちこそ(つゆ)をも(いと)へ、084(どく)()うたら(さら)までねぶれといふ自棄糞気味(やけくそぎみ)になつて、085四五人(しごにん)神人(かみがみ)舌鼓(したつづみ)をうつて(ねこ)のやうに咽喉(のど)ごろごろ()らしながら、086(うま)さうに()(はじ)めた。087(かたはら)神人(かみがみ)はその(おと)()いて()(たて)もたまらなくなつて、088()()ぢた(うへ)089両方(りやうはう)(ゆび)(みみ)(ふさ)いで、090(かほ)をしかめて辛抱(しんばう)してゐた。091(かぜ)()くと、092果物(くだもの)(えだ)()れて、093その(うま)さうな果物(くだもの)(くち)のあたりに(さは)つてくる。094(おも)はず()らず(した)がでる。095こいつは(たま)らぬとまた(くち)(ふさ)いだ。096ちやうど()ざる097()ざる098()ざる庚申(かうしん)さまの眷属(けんぞく)沢山(たくさん)(あら)はれた。099四五(しご)自棄糞(やけくそ)になつた神人(かみがみ)腹一杯(はらいつぱい)布袋(ほてい)のやうになつて(いき)までも(くる)しく、100(かた)(いき)をするやうになつた。101(はら)(なか)得心(とくしん)したが、102まだ(した)得心(とくしん)せぬので、103無理(むり)無体(むたい)(した)要求(えうきう)をかなへてやつた。104もはや(した)得心(とくしん)をしたが、105肝腎(かんじん)眼玉(めだま)得心(とくしん)せぬので無理矢理(むりやり)()つては()()つては()ひ、106大地(だいち)にドンドンと四肢(しこ)()んで、107()()まうとした。108そのとたんに(へそ)括約筋(くわつやくきん)がバラバラになつて、109果物(くだもの)赤子(あかご)沢山(たくさん)(うま)れた。110アイタヽアイタヽと(はら)(かか)へて(しか)(づら)しながら大地(だいち)七転八倒(しちてんはつたふ)した。111()神人(かみがみ)はまた()をあけてこの光景(くわうけい)()112あり()(くさ)(つる)をとつて(はら)(かは)一処(ひとところ)(あつ)め、113これを(へそ)真中(まんなか)(かた)(くく)り、114五柱(いつはしら)神人(かみ)神命(しんめい)違反(ゐはん)大罪人(だいざいにん)として(ぼう)にかつぎ、115その果物(くだもの)()(えだ)にかけた。
116 この(とき)117またもや天上(てんじやう)から(こゑ)がした。
118(はら)()いたら、119神命(しんめい)違反者(ゐはんしや)(くら)へ』
120()つた。121神人(かみがみ)果物(くだもの)()はれぬが、122この五柱(いつはしら)神人(かみ)でも()つて()たいやうな()がした。123このとき早玉彦(はやだまひこ)といふ八王大神(やつわうだいじん)侍者(じしや)は、124(てん)(こゑ)のする(はう)にむかひ、
125断食(だんじき)する吾々(われわれ)126この(もの)()うても神意(しんい)(はん)せずや』
127(たづ)ねて()た。
128 さうすると、129また空中(くうちう)(こゑ)あつて、
130(おに)になりたき(もの)はこれを(くら)へ』
131()つた。132いづれの神人(かみ)自分(じぶん)(あく)(わか)らず、133各自(かくじ)至善(しぜん)至美(しび)立派(りつぱ)(もの)自信(じしん)してゐるので、134流石(さすが)邪神(じやしん)(おに)になることだけは閉口(へいこう)したとみえ、135一柱(ひとはしら)もこれを()はうとする(もの)もなかつた。136さうかうする(うち)に、137断食(だんじき)(ぎやう)五十日(ごじふにち)経過(けいくわ)した。138(いづ)れの神人(かみがみ)(こゑ)さへも()てる勇気(ゆうき)()せ、139()(うる)み、140(みみ)はガンガン早鐘(はやがね)をつくがごとくになり、141ちやうど(ひる)(しほ)したやうにただ地上(ちじやう)(よこ)たはつて、142(むし)(いき)にピコピコと身体(しんたい)一部(いちぶ)動揺(どうえう)させてゐた。143このとき、144東北(とうほく)(そら)より、145六面八臂(ろくめんはつぴ)鬼神(きしん)146あまたの(あか)147(あを)148(くろ)などの(かほ)をした幕下(ばくか)(おに)()()れ、149この()にむかつて(うれ)しさうに(くだ)つてくるのを()た。
150 あゝこの結果(けつくわ)如何(どう)なるであらうか。
151大正一一・一・六 旧大正一〇・一二・九 桜井重雄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)