霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二五章 姫神(ひめがみ)宣示(せんじ)〔二二五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻 篇:第4篇 救世の神示 よみ:きゅうせいのしんじ
章:第25章 第5巻 よみ:ひめがみのせんじ 通し章番号:225
口述日:1922(大正11)年01月10日(旧12月13日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年4月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
瑞祥あふれる天教山に、木花姫命をはじめ宣伝使たちは意気を休めていた。神々らは天眼鏡を片手に地上の様子をおのおの眺めていた。
木花姫命は一同を集めると、さまざまな色の被面布を授け、現界・幽界で神言を伝える際には、この覆面を必ずかぶるように、と言い渡した。神々は変装して、野立彦命の神教を宣伝するため、八方に手分けすることになった。
このとき天教山は鳴動を始め、その音響は次第に強烈になってきた。木花姫命は、天教山の鳴動は火球の世界から大神の神霊が現れ、スの種を世界にまくばる瑞祥のあらわれである、と諭した。そして自らは天教山の中腹に転居した。
木花姫命は神々らにヒマラヤ山に一度集合して、野立姫命の神教を拝受した後、宣伝使となって世界を救済するように、と凛とした威厳をもって宣旨した。
天教山はついに大爆発を起こして中空に火花を散らすことになった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0525
愛善世界社版:147頁 八幡書店版:第1輯 570頁 修補版: 校定版:150頁 普及版:66頁 初版: ページ備考:
001 (つき)(きよ)(ほし)(まれ)にして、002銀河(ぎんが)東南(とうなん)(てん)より西北(せいほく)(なが)れ、003(かぜ)微妙(びめう)音楽(おんがく)(そう)し、004天教山(てんけうざん)中腹(ちうふく)(かすみ)(おび)()(まは)し、005海面(かいめん)見渡(みわた)せば、006(なみ)(しづか)にして水面(すゐめん)白色(はくしよく)真帆(まほ)片帆(かたほ)007東西南北(とうざいなんぼく)(かぜ)をはらんで疾走(しつそう)する(さま)008(じつ)竜宮城(りうぐうじやう)神苑(しんゑん)白鷺(しらさぎ)()りたるがごとき光景(くわうけい)であつた。
009 木花姫命(このはなひめのみこと)中心(ちうしん)に、010天道別命(あまぢわけのみこと)011天真道彦命(あめのまみちひこのみこと)012月照彦神(つきてるひこのかみ)013足真彦神(だるまひこのかみ)014磐戸別神(いはとわけのかみ)015祝部神(はふりべのかみ)016弘子彦神(ひろやすひこのかみ)017太田神(おほたのかみ)その()神々(かみがみ)は、018勇気(ゆうき)凛々(りんりん)たる面持(おももち)にて、019いまや黄金橋(わうごんけう)をあとにしてこの天教山(てんけうざん)(いき)(やす)め、020天眼鏡(てんがんきやう)片手(かたて)にとりて、021(うへ)(てん)()らし、022(した)地上(ちじやう)()らし、023天地(てんち)光景(くわうけい)()にとるごとく、024(いな)025神現幽(しんげんいう)三界(さんかい)光景(くわうけい)目睫(もくせふ)(あひだ)透見(とうけん)()らるるその面白(おもしろ)さに、026われを(わす)異口同音(いくどうおん)に、
027『ヤヤヤ大変(たいへん)大変(たいへん)
028(さけ)ぶもあれば、
029『ヤア面白(おもしろ)い』
030(さけ)神人(かみがみ)もある。031なかに祝部神(はふりべのかみ)頓狂(とんきやう)(こゑ)()して、
032『ヨウヨウこいつは大変(たいへん)だ、033(たす)けてやらねばなるまい』
034一目散(いちもくさん)天教山(てんけうざん)()(くだ)らむとする(あわ)(もの)である。035木花姫命(このはなひめのみこと)満面(まんめん)(ゑみ)(たた)へつつ祝部神(はふりべのかみ)を『(しば)し』と()びとめられた。036祝部神(はふりべのかみ)(くだ)りかけたる山路(やまみち)をふたたび(のぼ)(きた)りながら、037(みぎ)()をもつて(はな)をこすりあげ、038(みぎ)目縁(まぶち)より(ひだり)目尻(めじり)にかけてつるりと()で、039()(かふ)にてはなをかみながら、040その()(そで)にて(ぬぐ)(おと)し、
041『これはこれは、042(まこと)失礼(しつれい)いたしました』
043とお玉杓子(たまじやくし)のようなる不格好(ぶかくかう)(かほ)つきして、044かるく目礼(もくれい)するのであつた。
045 月照彦神(つきてるひこのかみ)祝部神(はふりべのかみ)にむかひ、
046貴下(きか)のごとく(あわ)てた挙動(きよどう)にて、047いかにして天橋(てんけう)(わた)りたまひしか』
048(いぶか)しげに()ひかけたまへば、049(みこと)雑作(ざふさ)なく、
050(わたし)天教山(てんけうざん)(はう)のみ()つめてゐましたので、051足許(あしもと)などは(すこ)しも()にかけませぬ』
052()つて数多(あまた)神々(かみがみ)(けむり)にまいた。053祝部神(はふりべのかみ)はそれでも()ました(かほ)木花姫命(このはなひめのみこと)(むか)ひ、
054(わたくし)三界(さんかい)惨状(さんじやう)目撃(もくげき)してより、055一寸(ちよつと)()安逸(あんいつ)()()くことは出来(でき)ないやうな()になりました。056なにとぞ一時(いちじ)もはやく下山(げざん)(ゆる)させたまへ』
057といふより(はや)く、058木花姫命(このはなひめのみこと)宣示(せんじ)()たず、059(きびす)(かへ)してまたもやトントンと青木ケ原(あをきがはら)(くだ)りゆかむとする。060足真彦神(だるまひこのかみ)苦笑(くせう)しながら、
061祝部神(はふりべのかみ)062あまり貴下(きか)挙動(きよどう)粗忽(そこつ)()ぎざるや、063(いま)大神(おほかみ)御許容(ごきよよう)なし、064自由(じいう)行動(かうどう)神人(しんじん)のもつとも(つつし)むべきところならずや』
065(こゑ)(ちから)()れて()()めた。066祝部神(はふりべのかみ)はまたもや()ばなをかみながら(もと)()(あら)はれた。067神々(かみがみ)一度(いちど)にどつと哄笑(こうせう)し、068なかには(わら)ひこけて腰骨(こしぼね)(こぶし)もて(たた)(かみ)さへもあつた。
069 木花姫命(このはなひめのみこと)神々(かみがみ)(あつ)め、070天眼鏡(てんがんきやう)一面(いちめん)づつ神々(かみがみ)(さづ)け、071()(むらさき)072(あを)073(あか)074(しろ)075()076(くろ)(とう)被面布(ひめんぷ)(わた)し、
077(なんぢ)諸神人(しよしん)ら、078いま現幽二界(げんいうにかい)()(いた)りて神言(しんげん)(つた)へむとするときは、079(かなら)ずこの被面布(ひめんぷ)(もち)ゐたまへ、080しかし神界(しんかい)(この)(かぎ)りに(あら)ず』
081といひつつ各神(かくしん)各色(かくしよく)被面布(ひめんぷ)(わた)された。
082 (ここ)神々(かみがみ)八方(はつぱう)手分(てわけ)けなしつつ、083神界(しんかい)より野立彦命(のだちひこのみこと)神教(しんけう)宣伝(せんでん)するため、084各自(かくじ)変装(へんさう)して地上(ちじやう)神人(しんじん)にむかひ、085警告(けいこく)(あた)ふることとなつた。
086 このとき天教山(てんけうざん)鳴動(めいどう)しはじめた。087音響(おんきやう)時々刻々(じじこくこく)強烈(きやうれつ)となつた。088木花姫命(このはなひめのみこと)神々(かみがみ)(むか)ひ、
089『もはや野立彦命(のだちひこのみこと)神教(しんけう)宣伝(せんでん)すべき神々(かみがみ)は、090黄金橋(わうごんけう)のもつとも困難(こんなん)なる修業(しうげふ)()へ、091難関(なんくわん)(わた)りたれば、092ふたたび邪神(じやしん)誑惑(けうわく)せらるることなかるべし。093(いま)当山(たうざん)鳴動(めいどう)刻々(こくこく)激烈(げきれつ)となるは、094火球(くわきう)世界(せかい)より大神(おおかみ)神霊(しんれい)ここに(あら)はれたまひて、095三千世界(さんぜんせかい)一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)096(ひら)いて()りて()(むす)び、097スの(たね)世界(せかい)間配(まくば)瑞祥(ずゐしやう)表徴(へうちよう)なれば、098(われ)はこれより中腹(ちうふく)青木ケ原(あをきがはら)転居(てんきよ)せむ、099諸神(しよしん)はこれよりヒマラヤ(さん)(あつ)まり、100野立姫命(のだちひめのみこと)(ふたた)神教(しんけう)拝受(はいじゆ)し、101霊魂(みたま)洗練(せんれん)(くは)へ、102もつて完全無欠(くわんぜんむけつ)宣伝使(せんでんし)となり、103地上(ちじやう)世界(せかい)救済(きうさい)されよ』
104(かたち)(あらた)言葉(ことば)おごそかに宣示(せんじ)された。105(さすが)優美(いうび)にして愛情(あいじやう)(あふ)るるばかりの木花姫命(このはなひめのみこと)も、106この(とき)ばかりは凛乎(りんこ)として(をか)すべからざる威厳(ゐげん)(そな)はつてゐた。107諸神(しよしん)(おも)はずその()()たれて地上(ちじやう)(ひざま)づき、108感涙(かんるい)(むせ)んだ。109鳴動(めいどう)刻々(こくこく)(はげ)しく、110(つひ)には山頂(さんちやう)より大爆発(だいばくはつ)をなして中空(ちうくう)火花(ひばな)()らし、111()もいはれぬ光景(くわうけい)(てい)したのである。112あゝ今後(こんご)天教山(てんけうざん)は、113いかなる神霊的(しんれいてき)活動(くわつどう)開始(かいし)さるるであらうか。
114大正一一・一・一〇 旧大正一〇・一二・一三 加藤明子録)