霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三一章 万波洋々(ばんぱやうやう)〔二三一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻 篇:第5篇 宇宙精神 よみ:うちゅうせいしん
章:第31章 第5巻 よみ:ばんぱようよう 通し章番号:231
口述日:1922(大正11)年01月11日(旧12月14日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年4月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
船中の宣伝使は、祝部神であった。一方、これに対抗して立ち上がったのは、ウラル彦の宣伝使・牛雲別であった。
祝部神はかまわず、牛雲別を揶揄するこっけい歌を歌って挑発した。船中の神人らは祝部神の大胆さにあきれて様子を見守っていた。
牛雲別は大口を開けてがぶがぶ酒を飲みながら、酒を賛美し祝部神を罵る歌を歌って、船中の神人らに酒を振舞った。神人らは牛雲別の酒を振舞われて、酒を賛美する歌を歌って踊った。
祝部神は元来酒好きであったが、ここは神の試練とぐっとこらえて、声を張り上げ宣伝歌をふたたび歌い始めた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0531
愛善世界社版:184頁 八幡書店版:第1輯 582頁 修補版: 校定版:185頁 普及版:80頁 初版: ページ備考:
001 阿修羅王(あしゆらわう)のごとく閻羅王(えんらわう)のごとき形相(ぎやうさう)(すさま)じき(かみ)は、002巨眼(きよがん)(ひら)き、003船中(せんちう)神人(かみがみ)らを()めつけながら、
004神人(かみがみ)らよ、005()宣示(せんじ)(みみ)をさらへてよく(うけたま)はれよ』
006頭上(づじやう)より()びせかけるやうに呶鳴(どな)りつけた。007これは牛雲別(うしくもわけ)である。
008 此方(こちら)宣伝使(せんでんし)(れい)祝部神(はふりべのかみ)である。009(かれ)無雑作(むざふさ)()(わら)ひながら、
010(ひと)(ふた)()()(いつ)(むゆ)(なな)()(ここの)(たり)(もも)()(よろづ)
011(もも)千種(ちぐさ)(よろづ)のものも
012天地(てんち)(かみ)御恵(みめぐみ)
013()れたるものは(ちり)(ほど)もなし
014(うみ)(そこ)にも(ひかり)あり
015(やま)尾上(をのへ)(かは)()
016(ひか)りに(ひか)(いま)()
017(なん)(おも)ふか盲神(めくらがみ)
018(めくら)(つゑ)(うしな)うた
019(くる)しき(むく)いは()のあたり
020あたるは(ばち)河豚(ふぐ)(にく)
021(あた)(かま)はず()(たけ)
022四足神(よつあしがみ)(あは)れさよ
023(つの)()えたる牛雲別(うしくもわけ)
024()(はて)こそは(あは)れなり
025()(はて)こそは(あは)れなり』
026(また)もや()()(あし)()()らして、027四辺(あたり)(かま)はず傍若無神(ばうじやくぶじん)挙動(きよどう)大胆(だいたん)さに、028(いづ)れも(あき)れて祝部神(はふりべのかみ)全身(ぜんしん)()(そそ)いだ。
029 牛雲別(うしくもわけ)は、030アーメニヤの()に、031螢火(ほたるび)のごとき(ひかり)(あら)はすウラル(ひこ)(めい)により、032宣伝使(せんでんし)として此処(ここ)(あら)はれた。033(かれ)強烈(きやうれつ)なる(さけ)大口(おほぐち)(ひら)いてがぶがぶと牛飲(ぎういん)しながら、034あまたの神人(かみがみ)らに()せつけ、
035(さけ)百薬(ひやくやく)(ちやう)()
036(いのち)(みづ)()まざるか
037()めば(こころ)面白(おもしろ)
038寿命長久(じゆみやうちやうきう)千秋万歳楽(せんしうばんざいらく)のこの(くすり)
039()まぬは天下(てんか)大馬鹿者(おおばかもの)
040たはけた(つら)してぶるぶると
041ふるひ(くる)しむ青瓢箪(あをふくべ)
042(さけ)()んだら(かほ)(いろ)
043朝日(あさひ)豊栄昇(とよさかのぼ)るごと
044(かがや)(わた)血色(いろ)(すが)
045(そら)(かがや)(つき)()
046(こころ)(さはや)()はさらり
047さらりさらりと物事(ものごと)
048(さけ)でなければ(はこ)ばない
049(さけ)(いのち)親神(おやがみ)
050(おや)()らない()があろか
051(おや)()らぬは鬼子(おにご)ぞや
052(おに)(ころ)すはこの(さけ)
053(さけ)(さかな)祝部(はふりべ)
054(かみ)(した)をば()()いて
055(つく)なますにして(くら)
056(くら)(くら)いと()かす(やつ)
057(さけ)()んで()(あか)くなる
058(あか)(こころ)神心(かみごころ)
059(あか)(こころ)神心(かみごころ)
060(くら)(こころ)祝部(はふりべ)
061真赤(まつか)虚言(うそ)月読(つきよみ)
062月夜(つきよ)(かま)をぬかれたる
063あきれ(がほ)して()のあたり
064吠面(ほえづら)かわくが面白(おもしろ)
065これを(さかな)(みな)(やつ)
066おれが(いま)()すこの(さけ)
067遠慮(ゑんりよ)会釈(ゑしやく)梨地(なしぢ)(つき)
068()つて()()()んだら()へよ
069()うたら(くだ)まけ(くだ)まきや(はた)
070()れるか()れぬかおりや()らぬ
071()らぬが(ほとけ)ほつとけ()てとけ
072一寸(いつすん)さきは(やみ)
073(やみ)(あと)には(つき)()
074あまり無聊(むれう)時鳥(ほととぎす)
075(こゑ)はすれども姿(すがた)()せぬ
076()せぬ姿(すがた)(おに)()
077(おに)念仏(ねんぶつ)わしや鬼来(きらい)
078きらひな(やつ)()()れな
079()きなお(さけ)()ひつぶれ
080(よひ)(たく)んだ(ふくろどり)
081(ふくろ)(そこ)(たた)いて()たら
082(たれ)(こころ)(おな)(こと)
083(さけ)(きら)ひな(かみ)なかろ
084()まし(がほ)して()()しみ
085(えら)そな(つら)して(りき)むより
086(すこ)しは(かほ)(ひも)ほどけ
087(ほとけ)地獄(ぢごく)()うたよな
088この甘酒(うまざけ)(あぢ)()
089()うて()うて()ひつぶれ
090()うたらよいぢやないか
091よいよいよいのよいのさつさ
092酒酒(さつさ)酒酒(さつさ)
093(しき)りに祝部神(はふりべのかみ)宣示(せんじ)にたいして防禦線(ばうぎよせん)()り、094座席(ざせき)(かたはら)より二樽(ふたたる)(きつ)(さけ)()し、095数多(あまた)(さかづき)船中(せんちう)にふり()いた。
096 神人(かみがみ)らは(ねこ)(ねずみ)()せたごとく(のど)をごろごろ()らし、097(くちびる)(つばき)をため、098(うらや)ましげに酒樽(さかだる)()(そそ)いだ。099(なか)には(きつね)油揚(あぶらあげ)()せつけられたやうな心地(ここち)となつて、100牛雲別(うしくもわけ)(たる)(かがみ)(ひら)くを()たず、101飢虎(きこ)のごとく(たる)()がけて()びつく上戸(じようご)神人(かみ)(あら)はれた。102(にはか)船中(せんちう)(はる)めき(わた)り、103(よひ)(まは)るにつれて、104神人(かみがみ)らは平手(ひらて)をもちて(ふなばた)(たた)き、105拍子(ひやうし)をとり()(はじ)めた。
106()るか()るかと(はま)()()れば
107(はま)松風(まつかぜ)(おと)もせぬ
108(おと)(きこ)えた竜宮海(りうぐうかい)
109乙姫(おとひめ)さまでも()んで()
110(しやく)をさしたら面白(おもしろ)からう
111(しやく)(さは)るは祝部神(はふりべのかみ)
112(しやく)にさはるは祝部神(はふりべのかみ)
113(しやく)(あたま)(くだ)いてやろか』
114 ポンポンポンと(ふなばた)をたたき、115(つひ)には両手(りやうて)自分(じぶん)(ひたい)無性矢鱈(むしやうやたら)(たた)いて(をど)(くる)うた。
116 祝部神(はふりべのかみ)元来(ぐわんらい)(さけ)()きである。117(のど)から()()るやうにその(さかづき)()りたくなつた。118(のど)(あた)りに(はら)(むし)()(あが)つて、119ぐうぐうと()かすのである。120祝部神(はふりべのかみ)はこれこそ(かみ)(こころ)みとわれとわが(こころ)(せい)し、121(おも)はず()らず(ゆび)(くは)へ、122(つひ)には激昂(げきかう)してわれとわが(ゆび)()()り、123(はじ)めて()がつき、124(また)もや(こゑ)()()げて、125三千世界(さんぜんせかい)一度(いちど)(ひら)云々(うんぬん)」の(うた)をうたひ(はじ)めた。
126大正一一・一・一一 旧大正一〇・一二・一四 加藤明子録)