霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三三章 暗夜(やみよ)光明(くわうみやう)〔二三三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻 篇:第5篇 宇宙精神 よみ:うちゅうせいしん
章:第33章 第5巻 よみ:やみよのこうみょう 通し章番号:233
口述日:1922(大正11)年01月11日(旧12月14日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年4月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
船が打ち上げられたのは、地中海の牛島(サルヂニア島)であった。ここは、黄金水の霊から現れた玉のうち、竹熊に奪われなかった残りの瑠璃光の玉を、高杉別が従者・杉高に命じて密かに隠させた場所であった。
玉を島の頂上の岩石に隠し、その上にしるしの松を植えて杉高に守らせたのである。
先の天教山の爆発に際して、天空から十一個のうるわしい光輝の宝玉が瀬戸の海に落下した。海神はそれを杉高に奉ったため、牛島には十二個の宝玉が揃うことになったのであった。
これは玉を守る杉高の真心に感じて、国祖が賜ったものであった。後に、杉高は十二個の宝玉を奉じて高杉別とともに神業に奉仕することになる。
さて、暗中島に打ち上げられた神人らは、この苦境の中で、祝部神の歌う宣伝歌に感じてその意を悟り始めた。祝部神はさらに、改心を促す歌を歌った。
祝部神の歌が終わるとともに、朝日がさんざんと輝いた。牛雲別はこの苦難のうちに自らの非を翻然として悟り、酒を廃して祝部神に帰順した。
牛雲別は祝彦を改名し、杉高は杉高彦と名乗り、共に祝部神に付いて宣伝使となった。牛島の十二個の宝玉は天の磐船に載せられて、地教山の高照姫命のもとに送り届けられた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0533
愛善世界社版:194頁 八幡書店版:第1輯 586頁 修補版: 校定版:196頁 普及版:84頁 初版: ページ備考:
001 一行(いつかう)(さき)(あらそ)うて暗中(あんちう)摸索(もさく)002(しま)駈上(かけのぼ)つた。003山頂(さんちやう)には一道(いちだう)光明(くわうみやう)(やみ)()うてサーチライトのごとく、004(ほそ)(なが)海面(かいめん)()らしてゐる。005この(しま)地中海(ちちうかい)一孤島(いちこたう)にして牛島(うしじま)といひ、006また神島(かみじま)007炮烙島(はうらくじま)(とな)へられた。008現今(げんこん)にてはサルヂニア(たう)()ふ。009またこの(うみ)一名(いちめい)瀬戸(せと)(うみ)()ふ。
010 かつて黄金水(わうごんすゐ)(れい)より(あら)はれ()でたる十二個(じふにこ)(たま)のうち、011十個(じつこ)までは邪神(じやしん)竹熊(たけくま)一派(いつぱ)のために、012反間苦肉(はんかんくにく)(さく)(じやう)ぜられ、013竜宮城(りうぐうじやう)神人(かみがみ)が、014その持玉(ぢぎよく)各自(かくじ)争奪(そうだつ)されたる(とき)015注意(ちうい)(ぶか)高杉別(たかすぎわけ)は、016従者(じゆうしや)杉高(すぎたか)(めい)じ、017その一個(いつこ)たる瑠璃光色(るりくわうしよく)(たま)を、018(ひそか)にこの(しま)頂上(ちやうじやう)なる岩石(がんせき)()(やぶ)り、019(ふか)くこれを秘蔵(ひざう)せしめ、020その(うへ)標示(しるし)(まつ)()ゑ、021杉高(すぎたか)をして(かた)くこれを(まも)らしめつつあつた。
022 しかるに天教山(てんけうざん)爆発(ばくはつ)(さい)し、023天空(てんくう)より(ひかり)(はな)つて十一個(じふいつこ)(うる)はしき光輝(くわうき)(はつ)せる宝玉(ほうぎよく)024この瀬戸(せと)(うみ)落下(らくか)し、025あまたの海神(かいしん)海底(かいてい)(ふか)くこれを(さぐ)(もと)めて杉高(すぎたか)(たてまつ)り、026(いま)やこの(ひと)(じま)には十二個(じふにこ)宝玉(ほうぎよく)(そろ)うたのである。027かかる不思議(ふしぎ)現象(げんしやう)は、028(まつた)杉高(すぎたか)がこの孤島(こたう)苦節(くせつ)(まも)り、029天地(てんち)神命(しんめい)遵守(じゆんしゆ)し、030(あめ)(あした)031(ゆき)(ゆふべ)にも()(はな)さず、032(こころ)(ゆる)めず、033厳格(げんかく)保護(ほご)せしその誠敬(せいけい)(こころ)に、034国祖大神(こくそおほかみ)(かん)(たま)ひて、035ここに十一個(じふいつこ)(たま)(くだ)し、036都合(つがふ)十二個(じふにこ)宝玉(ほうぎよく)(そろ)へさせ、037もつて高杉別(たかすぎわけ)および杉高(すぎたか)至誠(しせい)(あは)れませ(たま)うたからである。038これより杉高(すぎたか)高杉別(たかすぎわけ)(とも)に、039この(たま)捧持(ほうぢ)して天地(てんち)改造(かいざう)大神業(だいしんげふ)奉仕(ほうし)し、040芳名(はうめい)万代(よろづよ)(つた)へた。041この事実(じじつ)後日(ごじつ)(くは)しく()ぶることにする。
042 咫尺(しせき)(べん)ぜざる暗黒(あんこく)()に、043(から)うじてこの(しま)打上(うちあ)げられたる神人(かみがみ)らは、044あたかも地獄(ぢごく)にて(ほとけ)()ひしごとく、045盲亀(まうき)浮木(ふぼく)取着(とりつ)きしがごとく、046死者(ししや)冥府(めいふ)より(よみがへ)りたるがごとく、047枯木(かれき)(はな)(ひら)きしがごとく、048三千年(さんぜんねん)西王母(せいわうぼ)(その)桃花(たうくわ)()きしごとき(うれ)しさと感謝(かんしや)(ねん)()られ、049祝部神(はふりべのかみ)暗中(あんちう)()ちて、
050三千世界(さんぜんせかい)云々(うんぬん)
051(うた)(うた)(こゑ)蛇蝎(だかつ)のごとく()(きら)ひし神人(かみがみ)も、052ここに本守護神(ほんしゆごじん)霊威(れいゐ)発動(はつどう)して、053天女(てんによ)音楽(おんがく)とも(きこ)え、054慈母(じぼ)(あい)(こゑ)とも(ひび)いた。055神人(かみがみ)らは一斉(いつせい)(こゑ)(そろ)へて、056祝部神(はふりべのかみ)(あと)をつけ、
057三千世界(さんぜんせかい)一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)云々(うんぬん)
058(とな)()した。
059 祝部神(はふりべのかみ)は、060これに(ちから)()て、061(また)もや面白(おもしろ)(うた)(うた)(はじ)めた。
062()烏羽玉(うばたま)(やみ)(ふか)
063(つみ)さへ(ふか)現世(うつしよ)
064(かみ)不覚(ふかく)をとりどりに
065(ふか)くも(おも)ひめぐらせば
066海底(かいてい)(ふか)()(ふか)
067餌食(ゑじき)となすも()()らず
068邪曲(まが)(たす)くる神心(かみごころ)
069(ふか)(さと)りて感謝(かんしや)せよ
070(うみ)より(ふか)(かみ)(おん)
071(おん)になれては(また)もとの
072(ふか)泥溝(どぶ)にと()()まれ
073奈落(ならく)(そこ)(そこ)(ふか)
074不覚(ふかく)をとるな(もも)(かみ)
075(かみ)(めぐみ)()(あた)
076(あた)(かがや)瑠璃光(るりくわう)
077(ひかり)(かみ)姿(すがた)ぞや
078(ひかり)(かみ)姿(すがた)ぞや
079(うし)雲別(くもわけ)(つの)()
080(こころ)(くも)()(はら)
081(こころ)岩戸(いはと)(おし)()けて
082(かみ)(ひかり)(たた)へかし
083牛雲別(うしくもわけ)(はじ)めとし
084(もも)神人(かみがみ)諸共(もろとも)
085(こころ)(やみ)()らせよや
086(こころ)(やみ)()(ひら)けなば
087朝日(あさひ)(まば)ゆき()(ひかり)
088(なれ)頭上(づじやう)()らすべし
089朝日(あさひ)直刺(たださ)(ひと)(じま)
090夕日(ゆふひ)(かがや)(ひと)(まつ)
091常磐(ときは)(まつ)のその根本(ねもと)
092千代(ちよ)(うご)かぬ(いは)()
093()()かれたる瑠璃光(るりくわう)
094(たま)(ひかり)あやかり
095(こころ)(たま)(みが)くべし
096三千世界(さんぜんせかい)珍宝(うづだから)
097この神島(かみじま)(あつ)まりて
098十二(じふに)(たまご)()(なら)
099(まつ)千歳(ちとせ)(いろ)(ふか)
100枝葉(えだは)(しげ)(みき)(ふと)
101(そら)()()杉高(すぎたか)
102功績(いさを)をひらく()のあたり
103高杉別(たかすぎわけ)誠忠(せいちう)
104(とも)(あら)はれ(きた)(しま)
105蓬莱山(ほうらいざん)(ただ)ならず
106この神島(かみじま)(むかし)より
107(かみ)(かく)せし宝島(たからじま)
108(たから)(しま)(すく)はれて
109(はだし)(はだか)(かへ)るなよ
110(かみ)より()ちぬ御宝(みたから)
111(うで)もたわわに(たま)はりて
112叢雲(むらくも)(しげ)現世(うつしよ)
113(よろづ)のものを(すく)ふべし
114われと(おも)はむ神等(かみたち)
115われに(つづ)けよ、いざ(つづ)
116言触神(ことぶれがみ)(たの)しさは
117体主霊従(たいしゆれいじゆう)小欲(せうよく)
118(くら)べて()れば()(ほこり)
119(ほこり)(よく)(とら)はれて
120(まなこ)(くら)村肝(むらきも)
121(こころ)(くも)らせ(やみ)()
122暗路(やみぢ)(まよ)(うみ)(うへ)
123(こころ)(なみ)なぎ()てて
124この()(つく)(はじ)めたる
125(かみ)御息(みいき)(かぜ)()
126()いも(あま)いも(わきま)へて
127この()(すく)(かみ)となれ
128(かみ)(ちから)()のあたり
129(あた)(かがや)瑠璃光(るりくわう)
130(ひかり)(かみ)姿(すがた)ぞや
131(ひかり)(かみ)姿(すがた)ぞや
132東雲(しののめ)(ちか)(やみ)(そら)
133やがて(ひら)くる常磐樹(ときはぎ)
134(まつ)根本(ねもと)神集(かむつど)
135千代(ちよ)万代(よろづよ)(ゆる)ぎなき
136堅磐常磐(かきはときは)松心(まつごころ)
137この松心(まつごころ)神心(かみごころ)
138(かみ)(こころ)(みな)(かへ)
139(かみ)(こころ)(みな)(かへ)
140かへれよ(かへ)村肝(むらきも)
141(こころ)(ひそ)曲津神(まがつかみ)
142大蛇(をろち)金狐(きんこ)悪鬼(あくき)(ども)
143国治立(くにはるたち)大神(おほかみ)
144御息(みいき)気吹(いぶき)吹払(ふきはら)
145(はら)(きよ)めて(かみ)()
146()つぞ目出度(めでた)(ひと)(まつ)
147(こころ)(ひと)つの(ひと)(じま)
148(こころ)(ひと)つの(ひと)(じま)
149(ひと)(ふた)()()(いつ)(むゆ)(なな)()(ここの)(たり)
150百千万(ももちよろづ)神人(かみがみ)
151百千万(ももちよろづ)神人(かみがみ)
152それ(いま)(のぼ)(ひむがし)
153(そら)()(そら)には真円(まんまる)
154(かがみ)のやうな()(のぼ)
155(こころ)(かがみ)(あきら)かに
156()らして()づること(なか)
157ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
158みたま(さち)はひましませよ
159三千世界(さんぜんせかい)(うめ)(はな)
160一度(いちど)(ひら)(まつ)()
161(まつ)千歳(ちとせ)(つる)巣喰(すぐ)
162(みどり)(かめ)(この)(しま)
163(およ)(つど)ひて(かみ)()
164(いは)ふも目出度(めでた)今日(けふ)(そら)
165千秋万歳(せんしうばんざい)万々歳(ばんばんざい)
166千秋万歳(せんしうばんざい)万々歳(ばんばんざい)
167ヨイトサ、ヨーイトサ、ヨイヨイヨイトサツサツサ』
168祝部神(はふりべのかみ)(うた)(をは)ると(とも)に、169東天(とうてん)(くれなゐ)(てう)して(あま)岩戸(いはと)(ひら)けし(ごと)く、170()大神(おほかみ)(ひがし)(やま)(うへ)温顔(をんがん)(あら)はし、171(ひと)(じま)神人(かみがみ)らをして莞爾(につこ)として(のぞ)かせ(たま)うた。
172 ここに牛雲別(うしくもわけ)は、173危機一髪(ききいつぱつ)(かみ)試練(しれん)()ひ、174翻然(ほんぜん)としてその()(さと)り、175断然(だんぜん)(さけ)(はい)し、176かつ三千世界(さんぜんせかい)宣伝歌(せんでんか)(おや)のごとくに欣仰(きんかう)し、177寸時(すんじ)(くち)()たなかつた。178牛雲別(うしくもわけ)祝部神(はふりべのかみ)帰順(きじゆん)し、179祝彦(はふりひこ)()(たま)はり、180杉高(すぎたか)はまた杉高彦(すぎたかひこ)改名(かいめい)し、181ここに三柱(みはしら)相携(あひたづさ)へて、182大神(おほかみ)宣伝使(せんでんし)となつた。
183 しかして、184この十二個(じふにこ)宝玉(ほうぎよく)は、185(あま)磐船(いはふね)()せ、186玉若彦(たまわかひこ)神司(かみ)をしてこれを(まも)らしめ、187地教山(ちけうざん)高照姫命(たかてるひめのみこと)御許(みもと)(おく)(とど)けられた。188惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
189大正一一・一・一一 旧大正一〇・一二・一四 外山豊二録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)