霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三九章 海辺(うみべ)雑話(ざつわ)〔二三九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻 篇:第6篇 聖地の憧憬 よみ:せいちのどうけい
章:第39章 第5巻 よみ:うみべのざつわ 通し章番号:239
口述日:1922(大正11)年01月13日(旧12月16日) 口述場所: 筆録者:井上留五郎 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年4月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
西に高山、東に万里の海を控えた浜辺に立って、怒涛のごとく荒れ狂う波を眺めながら、雑談にふける四五人の男たちがあった。
男たちは、宣伝使が最近あちこちに現れては、三千世界一度に開く梅の花、大地が沈むとも真の神は世を救う、という福音を宣伝していることについて、あれこれと品評をしていた。
そんなことがあるものか、といって互いにけなしあいながら、おかしな話をしていた。乙はウラル教の教えこそ天国の福音だ、と言う者もいた。
そこへはるか前方から三人の宣伝使が、予言の宣伝歌を歌いながらやってくると、ウラル教を賛美していた乙は、顔をしかめてしゃがみこんでしまった。暴風はますます激しくなり、一同は山へ逃げ込んでしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-04-03 02:37:33 OBC :rm0539
愛善世界社版:234頁 八幡書店版:第1輯 600頁 修補版: 校定版:238頁 普及版:99頁 初版: ページ備考:
001 西(にし)高山(かうざん)(ひか)(ひがし)縹渺(へうべう)たる万里(ばんり)(うみ)(ひか)へたる浜辺(はまべ)()ち、002山嶽(さんがく)のごとき怒濤(どたう)()(くる)光景(くわうけい)(なが)めて雑談(ざつだん)(ふけ)四五(しご)(をとこ)があつた。
003(かふ)『あゝ()(なか)(へん)になつて()たではないか、004あの(なみ)()よ。005(うみ)(やま)(わか)らぬではないか。006この(あひだ)宣伝使(せんでんし)とやらが()つてきて、007(うみ)(へん)じて(やま)となり、008(やま)(へん)じて(うみ)となると、009大声(おほごゑ)(さけ)んで吾々(われわれ)度胆(どぎも)()いた。010されど「馬鹿(ばか)いへ、011この(ふか)(うみ)(やま)になつてたまるものか」と冷笑(れいせう)してゐた。012それにあの(なみ)(ぢぢ)(だい)からまだ()たこともない。013この(あひだ)もタコマ(やま)半腹(はんぷく)まで海嘯(つなみ)()()せると()つて、014宣伝使(せんでんし)呶鳴(どな)つてゐたよ。015この(へん)(いま)海嘯(つなみ)(さら)はれるかも()れない。016(おまへ)らも(ひと)思案(しあん)して、017タコマ(やま)頂辺(てつぺん)か、018地教山(ちけうざん)へでも避難(ひなん)したらどうだらうね』
019(くび)(かたむ)けて思案顔(しあんがほ)()つた。020(おつ)冷笑(れいせう)(うか)べながら、
021なに022ソンナ馬鹿(ばか)なことがあつてたまるかい。023この(あひだ)宣伝使(せんでんし)といふ(やつ)は、024ありや気違(きちが)ひだよ、025(ほし)()るとか、026洪水(こうずゐ)()るとか、027(ひと)三分(さんぶ)になるとか、028(わけ)(わか)らぬ、029()いて(はし)るやうな法螺(ほら)ばかり()きよつて、030吾々(われわれ)びつくりさせて(よろこ)んで()るのよ。031この()(かみ)もなければ、032(また)ソンナ大変動(だいへんどう)があつてたまるものぢやない、033万々一(まんまんいち)ソンナ(こと)があれば世間並(せけんなみ)ぢやないか。034この()神人(かみがみ)全部(ぜんぶ)()んで(しま)つて、035(わづか)二分(にぶ)三分(さんぶ)(のこ)つたつて(さび)しくて仕様(しやう)がない。036ソンナことを()つてくれな、037それよりもこの(まへ)()宣伝使(せんでんし)のいふことあ()()いて()たよ』
038(へい)()()いて()るつて、039ドンナことを()つたのだい』
040(おつ)『ドンナ(こと)をいつたつて、041そりや大変(たいへん)結構(けつこう)なことだよ。042天来(てんらい)福音(ふくいん)といつたら、043まあアンナことをいふのだらう』
044(かふ)天来(てんらい)福音(ふくいん)(なに)か、045三千世界(さんぜんせかい)一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)」とか、046「たとへ大地(だいち)(しづ)むとも、047(まこと)(かみ)()(すく)ふ」と()ふことだらう』
048(おつ)ここから章末まで乙が九箇所、丙が一箇所あるが、校正本では乙と丙が入れ替わっているようだ。入れ替わっていると考えないと文脈がおかしくなる。校定版も愛世版も乙と丙を入れ替えている。霊界物語ネットも入れ替えた。馬鹿(ばか)いふない、049この天地(てんち)自然(しぜん)出来(でき)たのだ。050(あめ)()るのも(かぜ)()くのも(なみ)(たか)くなるのも海嘯(つなみ)も、051みな時節(じせつ)だよ。052この()浮世(うきよ)といつて(みづ)(うへ)()いてゐるのだ。053ソンナけち(くさ)恐怖心(きようふしん)(おこ)すやうな、054たとへ大地(だいち)(しづ)むともなぞと、055吾々(われわれ)はちつと()()わないよ。056アンナ(うた)()くと、057吾々(われわれ)(あたま)はガンガンいつて、058(いま)()(なみ)よりも業腹(ごふばら)()つよ。059吾々(われわれ)()いた福音(ふくいん)といふのは、060ソンナけち(くさ)白痴(こけ)おどしの(くさ)文句(もんく)ぢやない。061古今独歩(ここんどつぽ)062珍無類(ちんむるい)063奇妙(きめう)奇天烈(きてれつ)福音(ふくいん)だ。064まあコンナ大事(だいじ)なことはとつとこうかい。065(おまへ)らに()かしたら吃驚(びつくり)して癲癇(てんかん)でも(おこ)すと迷惑(めいわく)だからな』
066(へい)(なん)だい、067()さまの()ふことあ一体(いつたい)(わけ)(わか)らぬぢやないかい、068(えら)さうに(ひと)受売(うけうり)勿体(もつたい)ぶつて天来(てんらい)福音(ふくいん)だなぞと、069おほかた駄法螺(だぼら)でも吹音(ふくいん)だらう、070癲癇(てんかん)泡吹音(あわふくいん)くらゐが(せき)(やま)だ』
071(おつ)『だまつて()いてゐろよ、072たとへ大地(だいち)(しづ)むとも間男(まをとこ)(ちから)()(すく)ふのだ。073弱蟲(よわむし)腰抜蟲(こしぬけむし)(まへ)でコンナことを()つたら、074冥加(みやうが)(つき)天罰(てんばつ)(あた)るかも()れぬ。075やつぱり(かへ)つて(おまへ)らの迷惑(めいわく)になるから()めておこかい』
076(てい)『あまり勿体(もつたい)ぶるない、077三文(さんもん)大神楽(だいかぐら)(くち)ばつかりだよ、078こいつな、079この(あひだ)自分(じぶん)小忰(こせがれ)井戸(ゐど)へはまりよつただ。080その(とき)狼狽(うろた)へよつて矢庭(やには)()(あは)せて「お(てん)とさま、081(てん)とさま」と()かしてな、082吠面(ほえづら)かわきよつて(をが)(たふ)してゐたのよ。083その(あひだ)にその小忰(こせがれ)がぶくぶくと(あわ)をふきよつて(しづ)んでしまつたのだ。084その(とき)自暴糞(やけくそ)になりよつてな、085この()(かみ)(くそ)もあるものか。086全智全能(ぜんちぜんのう)(かみ)だつて、087(しり)(あき)れて雪隠(せつちん)(おど)る、088小便壺(せうべんつぼ)がお()で、089()でをすると()かして(うら)んでゐたよ』
090(おつ)()らぬことをいふない、091(ひと)欠点(あら)までコンナとこで(さら)()しよつて、092貴様(きさま)(かかあ)()んだ(とき)どうだつたい。093(をとこ)らしくもない、094(つめ)たうなつて()()びて、095(いし)(やう)(かた)うなつた(やつ)を……こら女房(にようばう)096(まへ)(わし)(あと)(のこ)してなぜ(さき)()んだ、097一度(いちど)(をつと)といつてくれ……ナンテ()んだ(やつ)(もの)をいへと()かすやうな没暁漢(わからずや)だからね』
098(てい)馬鹿(ばか)()へ、099(おれ)(かかあ)100(かみ)さまだ。101貴様(きさま)(かかあ)のやうな(とかげ)欠伸(あくび)したやうな(へん)面付(つらつき)した(かかあ)とは(たね)(ちが)ふだよ。102()んでからでも毎晩々々(まいばんまいばん)おれの枕許(まくらもと)へきて介抱(かいほう)する、103そりやホントに親切(しんせつ)だよ。104そして天人(てんにん)天降(あまくだ)つたやうな立派(りつぱ)装束(しやうぞく)()てゐるよ』
105(おつ)一遍(いつぺん)手水(てうづ)使(つか)うて()い、106そりや(まぼろし)だよ、107すべた(かかあ)にうつつ三太郎(さんたらう)になりよつて、108毎日(まいにち)日日(ひにち)(いき)のある(あひだ)はお嬶大明神(かかだいみやうじん)(あが)めよつて、109朝晩(あさばん)()つぴり(ごし)をしよつて、110(かかあ)のお給仕(きふじ)(よだれ)()らしてをつたお目出度(めでた)(やつ)だからね』
111 一同(いちどう)(ころ)げて(わら)ふ。112このとき海鳴(うみなり)ますます(はげ)しく(なみ)脚下(あしもと)まで(おそ)うてきた。113これは大変(たいへん)真蒼(まつさを)(かほ)して一丁(いつちやう)ばかり(やま)へかけ(のぼ)つた。
114(てい)(えら)さうに太平楽(たいへいらく)のへらず(ぐち)ばかり(なら)べよつたが、115そのざま(なん)だい。116(なみ)()たつて真蒼(まつさを)(かほ)しやがつて、117(こし)()かさぬ(ばか)りに(やま)駆登(かけのぼ)つたそのぶざまつたらないぢやないか。118()られたざまでないよ、119ソンナざまして天来(てんらい)福音(ふくいん)なんて福音(ふくいん)()いて(あき)れらあ、120(あき)入谷(いりや)鬼子母神(きしもじん)だ。121それもつと(はや)意茶(いちや)つかさずに癲癇(てんかん)泡吹音(あわふくいん)とやらを、122吾々(われわれ)御一統(ごいつとう)(まへ)(かしこ)(かしこ)奏聞(そうもん)(つかまつ)るが後生(ごしやう)のためだよ』
123(おつ)『その後生(ごしやう)(おも)ひだした、124この(あひだ)もな、125ウラル(ひこ)宣伝使(せんでんし)だと()つて五升樽(ごしやうだる)(とも)(かつ)がして大道(だいだう)呶鳴(どな)つて()たのだ。126それだ、127天国(てんごく)福音(ふくいん)といふのは』
128(てい)(なん)(こと)だい、129べらべらと序文(じよぶん)ばつかり(なら)べよつて、130おほかた(さけ)(くら)ふことだらう。131まあこいつらの福音(ふくいん)といふのは(たる)さへ()せたらよいのだ。132(くち)(つばき)(いつ)ぱい()めよつて、133(かに)のやうな(あわ)をふきよつてな、134(のど)をぢりぢり()げつかして、135餓鬼(がき)()みたい(みづ)()まれぬ(とき)のやうな(あは)れな面付(つらつき)をして、136その宣伝使(せんでんし)(あと)から()きまはつて、137(いぬ)(しし)(あと)をつけるやうに(はな)ばかりぴこつかして(ある)いていつたということだ。138こいつ()福音(ふくいん)といふことは、139(さけ)(にほ)ひを()ぎつけて、140よう()みもせず、141けなりさうに(ゆび)をくはへて、142宣伝使(せんでんし)(くさ)(しり)からついて(ある)きよつて、143宣伝使(せんでんし)(かはや)へでも這入(はい)つてゐるまに、144(たる)のつめをポンと()いて、145(なが)(した)(たる)(なか)()れべそべそやつて()ると、146雪隠(せつちん)(まど)から宣伝使(せんでんし)()つけられて平謝(ひらあやま)りに(あやま)つて、147その代償(だいしやう)として立派(りつぱ)(うつく)しいお(けつ)()かしてもらつた(くさ)(やつ)があるといふ評判(ひやうばん)だつた。148大方(おほかた)こいつ(とう)のことだらうよ。149天国(てんごく)福音(ふくいん)でなくつて糞放(くそこき)尻拭音(しりふくいん)だよ。150馬鹿々々(ばかばか)しい、151(くそ)(あき)れらあ』
152 (おつ)(こぶし)(にぎ)り、153むつとした顔付(かほつ)きで、
154貴様(きさま)アよい頬桁(ほほげた)だなあ』
155(てい)頬桁(ほほげた)より桐下駄(きりげた)がよいのだ、156あまり穿()きちがひするなよ』
157(おつ)穿()きちがひは貴様(きさま)のこつた、158(ひと)下駄(げた)(ひと)()みつけやうとしよつて、159泥足(どろあし)三千世界(さんぜんせかい)(どろ)(うみ)なんて、160泥棒(どろばう)()(ぐさ)みたいなことを(ぬか)してな、161馬鹿(ばか)らしい、162それよりも(さけ)(かは)りに泥水(どろみづ)でも()んだら、163ちつと天来(てんらい)福音(ふくいん)()けるだらう。
164()めよ(さわ)げよ一寸先(いつすんさき)(やみ)
165(やみ)のあとには(つき)()
166 ヨイトサ、167ヨイトサ』
168(てい)(さけ)もないのに(さけ)()んだ()になりよつて、169(をど)(やつ)があるものかい』
170(おつ)ごてごていふない、171(はや)(かへ)つて(かかあ)幽霊(いうれい)になと()つてこい、172かまふない』
173とたがひに(うで)(まく)りあげ格闘(かくとう)(はじ)めたとたんに、174はるか前方(ぜんぱう)より三柱(みはしら)宣伝使(せんでんし)は、
175三千世界(さんぜんせかい)一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)176(ひら)いて()りて()(むす)ぶ』
177(うた)つてくる。178(おつ)矢庭(やには)()(ふさ)ぎ、179(かほ)(しか)め、180両手(りやうて)(あたま)(おさ)へながら、
181『こいつはたまらぬ』
182大地(だいち)にしやがんだ。
183 (をり)しも暴風(ばうふう)ますます(はげ)しく、184(なみ)脚下(あしもと)(おそ)うてくる。185一同(いちどう)(さき)(あらそ)うて(また)もや山上(さんじやう)めがけて()()した。
186大正一一・一・一三 旧大正一〇・一二・一六 井上留五郎録)