霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四〇章 紅葉山(こうえうざん)〔二四〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻 篇:第6篇 聖地の憧憬 よみ:せいちのどうけい
章:第40章 第5巻 よみ:こうようざん 通し章番号:240
口述日:1922(大正11)年01月13日(旧12月16日) 口述場所: 筆録者:井上留五郎 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年4月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
月照彦神は、宣伝の道すがら、モスコーの道貫彦の神館を通りかかった。すると館より鷹住別・春日姫夫婦が月照彦神の前に現れた。夫婦は父の八王・道貫彦は天教山の教えに耳を傾けず、どうか諭してほしい、と月照彦神に嘆願した。
道貫彦は館で酒宴の真っ最中であったが、突然倒れ、館内は大騒ぎになってしまった。そこへ館の外では怪しい三人の宣伝使が、涼しい声を張り上げて、道貫彦に警告を与える宣伝歌を歌い始めた。
この警告の宣伝歌の文句は、道貫姫の胸に突き刺さった。そこで姫は従神に命じて宣伝使を招き、奥殿に招きいれた。宣伝使たちは遠慮もなく進みいると、天教山の教えを伝える宣伝歌を歌い始めた。
卒倒していた道貫彦はがぜん立ち上がり、一緒に踊り始めたので、神人らは驚いた。
三柱の宣伝使は身にまとった蓑笠を脱ぎ捨て、中央に鼎立した。それは、大八洲彦命(月照彦神)、鷹住別、春日姫であった。
道貫彦は悔改め、月照彦神の教示を受け入れて従者となり、一緒に諸方を遍歴することとなった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0540
愛善世界社版:242頁 八幡書店版:第1輯 603頁 修補版: 校定版:246頁 普及版:103頁 初版: ページ備考:
001 (つゆ)(たま)(しも)(つるぎ)(いく)たびか、002()けて血潮(ちしほ)()むる紅葉(もみぢば)の、003(あか)(こころ)()らしつつ、004(にしき)(はた)のこの経綸(しぐみ)005()りなす(いと)小田巻(をだまき)や、006真木(まき)(はしら)のいと(たか)く、007高天原(たかあまはら)神国(かみくに)に、008(きづ)()げむと神人(かみがみ)の、009四方(よも)(こころ)(くば)りつつ、010(くる)しき(なや)みを(もの)とせず、011沐雨櫛風(もくうしつぷう)(かず)かさね、012(くさ)(まくら)(かな)しげに、013天津御空(あまつみそら)月星(つきほし)を、014(しとね)()つつ(すす)みくる。015(こころ)(あか)紅葉山(こうえうざん)の、016紅葉(もみじ)大樹(おほき)のその(もと)に、017(こし)うち()けて宣伝(せんでん)の、018(かみ)姿(すがた)殊勝(しゆしよう)にも、019彼方(あなた)こなたの(やま)(いろ)020日々(ひび)()()有様(ありさま)を、021()()()しと青息(あをいき)や、022吐息(といき)(つき)大神(おほかみ)に、023(いの)(こころ)真澄空(ますみぞら)024(たちま)()きくる木枯(こがら)しの、025(かぜ)薄衣(うすぎ)身体(しんたい)を、026(ふる)はせながら(また)もや()つて()でて()く。027()くはいづくぞモスコーの、028(みやこ)をさしてさし(のぼ)る、029(ひがし)(やま)()()(つき)の、030(かげ)(まど)かなその身魂(みたま)031月照彦(つきてるひこ)宣伝使(せんでんし)032春日(かすが)(ひめ)(うま)れたる、033道貫彦(みちつらひこ)神館(かみやかた)034息急(いきせ)()つて(すす)みける。
035 (をり)から()りしく村雨(むらさめ)に、036草鞋脚袢(わらぢきやはん)()をかため、037(すげ)小笠(をがさ)(くさ)(みの)038この()(すゑ)をはかなみて、039(なみだ)(あめ)古布子(ふるぬのこ)040(そで)ふりあうも多生(たしやう)(えん)041つまづく(いし)(えん)のはし。
042 (はし)つて()()三柱(みはしら)神人(かみがみ)は、043この宣伝使(せんでんし)(うた)宣伝歌(せんでんか)()きつけられ、044たちまち(まへ)(あら)はれて、045大地(だいち)(かしら)()げながら、
046貴下(きか)地中海(ちちうかい)西南岸(せいなんがん)にて御目(おめ)にかかりし月照彦神(つきてるひこのかみ)にましまさずや、047(われ)らはそのとき天地(てんち)(かみ)懲戒(ちやうかい)()け、048(みち)()(はづ)(あしなへ)の、049(たび)徜徉(さまよ)(をり)からに、050天地(てんち)(ゆる)言霊(ことたま)の、051三千世界(さんぜんせかい)(うめ)(はな)052一度(いちど)(ひら)くと言挙(ことあ)げし、053(ひがし)()して御姿(みすがた)を、054(かく)したまひし(うつ)(かみ)055(われ)らは御後(みあと)()(をが)み、056その再会(さいくわい)()つほどに、057(てん)時節(じせつ)到来(たうらい)か、058(おも)はずここに(めぐ)()尊顔(そんがん)(はい)するは、059盲亀(まうき)浮木(ふぼく)060浮木(ふぼく)はまだおろか、061枯木(かれき)(はな)()きしが(ごと)(かん)きはまりて(こと)()の、062()()紅葉(もみぢ)(かほ)あからめて、063(はぢ)(しの)びつつ()(むか)(まを)したり。064わが(ちち)道貫彦(みちつらひこ)(さいはひ)にして(いま)健全(けんぜん)月日(つきひ)(おく)(さふら)へど、065(もと)より頑迷不霊(ぐわんめいふれい)にして、066天教山(てんけうざん)(あら)はれし(かみ)(をしへ)をうはの(そら)067空吹(そらふ)(かぜ)()(なが)し、068(ふさ)がる(みみ)木耳(きくらげ)の、069気苦労(きぐらう)おほき(われ)らが夫婦(ふうふ)070いかに教示(けうじ)(さと)すとも、071ただ一言(ひとこと)()かばこそ、072()()(すさ)(さけ)()の、073(とりこ)となりし両親(たらちね)の、074(こころ)(あさ)まし常暗(とこやみ)の、075岩戸(いはと)(ひら)(すく)はむと、076(あさ)(ゆふ)なに()()くし、077(こころ)(つく)(いさ)むれど、078馬耳東風(ばじとうふう)(あさ)ましさ、079(とり)(うた)へど(はな)()けども(わが)(こころ)080(ちち)(こころ)(なほ)さむと、081暗路(やみぢ)辿(たど)(あは)れさを、082()(はか)られて一言(ひとこと)の、083教示(けうじ)(たの)(たてまつ)る』
084(なみだ)(とも)嘆願(たんぐわん)したりける。
085 モスコーの奥殿(おくでん)には、086道貫彦(みちつらひこ)あまたの侍者(じしや)(とも)に、087八尋殿(やひろどの)において大酒宴(だいしゆえん)真最中(まつさいちう)である。088神人(かみがみ)らは一統(いつとう)(こゑ)(そろ)へて、
089()めよ(さわ)げよ一寸先(いつすんさき)(やみ)
090 (やみ)のあとには(つき)()
091 (やみ)のあとには(つき)()る』
092とさうざうしく(うた)(くる)(こゑ)は、093殿外(でんぐわい)(とほ)(ひび)(わた)りける。
094 たちまち道貫彦(みちつらひこ)顔色(がんしよく)蒼白(さうはく)(へん)じ、095座上(ざじやう)卒倒(そつたふ)した。096数多(あまた)神人(かみがみ)(よひ)一時(いちじ)()め、097(うへ)(した)への大騒(おほさわ)ぎとなつた。098道貫姫(みちつらひめ)(おほ)いに(おどろ)き、099鷹住別(たかすみわけ)何処(いづこ)ぞ? 春日姫(かすがひめ)……と、100狂気(きやうき)(ごと)くに(さけ)(くる)ふ。
101 神人(かみがみ)らは二神司(にしん)所在(ありか)(さが)さむと、102()()(たか)()になつて、103城内(じやうない)くまなく()(まは)つた。104されど(なん)(かげ)もない。
105 このとき城門外(じやうもんぐわい)にどやどやと数多(あまた)神人(かみがみ)(ささや)(こゑ)(きこ)えた。106そして三柱(みはしら)(あや)しき宣伝使(せんでんし)は、107(すず)しき(こゑ)()りあげて、
108()めよ(さわ)げよ一寸先(いつすんさき)(やみ)
109(やみ)のあとには(つき)()
110(つき)()るとは何事(なにごと)
111(つき)(つき)ぢやがまごつきよ
112(いき)つきばつたり(ちから)つき
113(いま)(いのち)もつきの(そら)
114(そら)()(くも)(なが)むれば
115(ひがし)西(にし)北南(きたみなみ)
116()うた揚句(あげく)(いき)つきの
117道貫彦(みちつらひこ)(あは)れなる
118最後(さいご)()るは()のあたり
119冥加(みやうが)につきし今日(けふ)(つき)
120(くも)(こころ)烏羽玉(うばたま)
121暗路(やみぢ)(てら)月照彦(つきてるひこ)
122(かみ)(みこと)宣伝使(せんでんし)
123(つき)御空(みそら)鷹住別(たかすみわけ)
124長閑(のどか)(はる)春日姫(かすがひめ)
125(いのち)瀬戸(せと)(すく)はむと
126(こころ)(ひと)つの(ひと)(じま)
127(かみ)(しづ)まる(ひと)(まつ)
128堅磐常磐(かきはときは)(かみ)(のり)
129(のり)(たが)へし天罰(てんばつ)
130(むく)いは(たちま)ちモスコーの
131道貫彦(みちつらひこ)()(はて)
132(はて)しなき()(なが)らへて
133(はて)なき(ゆめ)(むす)びつつ
134(こころ)(いと)(もつ)()
135(みだ)れに(みだ)れし奇魂(くしみたま)
136()れよ()れてれ朝日(あさひ)(ごと)
137()めよ()めすめ月照彦(つきてるひこ)
138(かみ)(をしへ)()()まし
139(ふたた)(いき)()(かへ)
140(すく)ひの(つかさ)(あら)はれよ
141(すく)ひの(つかさ)(あら)はれよ』
142門前(もんぜん)(たたず)み、143数多(あまた)神人(かみがみ)(かこ)まれて大音声(だいおんじやう)()ばはつてゐる。
144 この(こゑ)(むね)()すが(ごと)道貫姫(みちつらひめ)(みみ)()つた。145(ひめ)従臣(じうしん)(めい)じ、146三柱(みはしら)神司(かみ)(まね)いて奥殿(おくでん)(すす)ましめた。
147 三柱(みはしら)神司(かみ)簑笠(みのかさ)のまま遠慮(ゑんりよ)会釈(ゑしやく)もなく奥殿(おくでん)(すす)()り、148(また)もや三千世界(さんぜんせかい)宣伝歌(せんでんか)(うた)ひ、149()()つて(をど)(はじ)めた。
150 (いき)()えだえに卒倒(そつたふ)しゐたる道貫彦(みちつらひこ)は、151俄然(がぜん)として()(あが)り、152両手(りやうて)()(をど)(はじ)めた。153神人(かみがみ)はあまりの不思議(ふしぎ)さに、154アフンとして()いた(くち)(ふさ)がらなかつた。
155 三柱(みはしら)神司(かみ)目配(めくば)せしながら、156()(まと)へる簑笠(みのかさ)()()て、157宴席(えんせき)中央(ちうあう)()(どもゑ)となつて鼎立(ていりつ)した。158()れば大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)(はじ)鷹住別(たかすみわけ)159春日姫(かすがひめ)三柱(みはしら)である。
160 (これ)よりさしも頑迷(ぐわんめい)なりし道貫彦(みちつらひこ)前非(ぜんぴ)()い、161月照彦神(つきてるひこのかみ)教示(けうじ)(したが)ひ、162顕要(けんえう)地位(ちゐ)()てて、163月照彦神(つきてるひこのかみ)従者(じうしや)となり、164天下(てんか)救済(きうさい)のために諸方(しよはう)遍歴(へんれき)する(こと)となりたり。
165大正一一・一・一三 旧大正一〇・一二・一六 井上留五郎録)