霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四五章 魂脱(たまぬけ)問答(もんだふ)〔二四五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻 篇:第7篇 宣伝又宣伝 よみ:せんでんまたせんでん
章:第45章 第5巻 よみ:たまぬけもんどう 通し章番号:245
口述日:1922(大正11)年01月14日(旧12月17日) 口述場所: 筆録者:藤原勇造 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年4月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
万寿山の八王であった磐楠彦は、磐戸別の神と名を改めて、宣伝の旅に各地を回っていた。常世の国を横断し、竜宮城へと渡るために、常世の国の西岸の紅の港にやってきた。
そこには船人たちが雑談にふけっており、噂話に花を咲かせていた。海の向こうの戦争の話から、万寿山の宣伝使の宣伝の話をしていた。
そして竜宮島=冠島に秘めおかれた潮満潮干の玉をウラル彦の手下が取ろうと攻め寄せ、大海原彦神が迎え撃ったが、玉には神力がなく、奪われてしまった、という。また、沓島の玉にも力がなく、これも敵に奪われてしまった、という話をしていた。
しかし実は玉の力は厳の御魂がシナイ山に隠してしまっていた。ウラル彦の手下はシナイ山も攻めたが、守護神の貴治別が岩石を降らして撃退した、という。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0545
愛善世界社版:275頁 八幡書店版:第1輯 613頁 修補版: 校定版:280頁 普及版:116頁 初版: ページ備考:
001 (まこと)(よはひ)(たも)神国(しんこく)は、002()久方(ひさかた)天津空(あまつそら)003寿(ことほ)()真鶴(まなづる)の、004(ひがし)西(にし)()()ひて、005()瑞祥(ずゐしやう)(うた)ひつつ、006(みどり)(かめ)はうれしげに、007(てん)(むか)つて()(のぼ)る、008目出度(めでた)(よはひ)万寿山(まんじゆざん)009(あるじ)(かみ)(あら)はれし、010この(うる)はしき神国(しんこく)を、011堅磐常磐(かきはときは)(まも)るてふ、012()さへ目出度(めでた)磐樟彦(いはくすひこ)八洲国(やしまくに)013(かみ)(すく)ひの太祝詞(ふとのりと)014(とほ)(ちか)きの(へだ)てなく、015唐土山(もろこしやま)踏越(ふみこ)えて、016(くも)(うか)べるロッキーの、017(やま)(あらし)()かれつつ、018さも(いさ)ましき宣伝歌(せんでんか)019(こころ)(かる)簑笠(みのかさ)や、020草鞋脚絆(わらじきやはん)()(かた)め、021何処(いづこ)(あて)(なが)(たび)022愈々(いよいよ)(きた)常世城(とこよじやう)023(いま)間近(まぢか)くなりにけり、024磐樟彦(いはくすひこ)宣伝使(せんでんし)025磐戸別(いはとわけ)神司(かみ)と、026()新玉(あらたま)今朝(けさ)(はる)027(ゆき)()きわけて行詰(ゆきつま)り、028(ふさ)がる(みち)(ひら)かむと、029()(くれなゐ)被面布(ひめんぷ)を、030押別(おしわ)(きた)紅葉(もみぢば)の、031(あか)(こころ)(たふと)けれ。032盤古大神(ばんこだいじん)八王(やつわう)の、033(まが)暴威(ばうゐ)(ふる)ひたる、034堅磐常磐(かきはときは)常世城(とこよじやう)035()のみ(のこ)りて(いま)はただ、036常世(とこよ)(しろ)大国彦(おほくにひこ)の、037(まが)醜夫(しこを)のものとなり、038(とき)めき(わた)自在天(じざいてん)039常世神王(とこよしんわう)(あらた)めて、040(かがや)(わた)るその稜威(みいづ)041(くま)なく(ひか)照妙(てるたへ)の、042(しろ)(かがや)金色(こんじき)の、043十字(じふじ)紋章(もんしやう)をうち(なが)め、044溜息(ためいき)吐息(といき)()きながら、045風雨(ふうう)(やつ)れし宣伝使(せんでんし)046(いま)はなんにも磐樟(いはくす)の、047(かみ)(はて)なる磐戸別(いはとわけ)048(こころ)岩戸(いはと)(ひら)けども、049(いま)(ひら)けぬ常世国(とこよのくに)050常世(とこよ)(やみ)(ひら)かむと、051(あし)(むちう)膝栗毛(ひざくりげ)052さしもに(ひろ)大陸(たいりく)を、053やうやく(ここ)横断(わうだん)し、054浜辺(はまべ)()ちて(あめ)(した)055(あら)ぶる(なみ)立騒(たちさわ)ぎ、056ウラスの(とり)浜千鳥(はまちどり)057(さや)げる(もも)神人(しんじん)を、058(かみ)(すく)ひの方舟(はこぶね)に、059()せて竜宮(りうぐう)(わた)らむと、060(くさ)(まくら)(かず)かさね、061(いま)(みなと)()(たま)ふ。
062 磐戸別(いはとわけ)(かみ)常世(とこよ)(くに)西岸(せいがん)なる(くれなゐ)(みなと)(やうや)()いた。063ここには四五(しご)船人(ふなびと)(ふね)(つな)いで、064色々(いろいろ)雑談(ざつだん)(ふけ)つてゐた。
065(かふ)『オイ、066このごろの天気(てんき)はちつと(へん)ぢやないかい、067毎日毎夜(まいにちまいよ)()(つづ)けに大雨(おほあめ)()つて、068(かは)氾濫(はんらん)し、069(いへ)(なが)れ、070おまけ(なん)とも()れぬ、071ドンドンと地響(ぢひび)きが間断(かんだん)なくしてをる。072(はじ)めの(うち)は、073吾々(われわれ)(なみ)(おと)だと(おも)つてゐたが、074どうやら(なみ)でもないらしい。075地震(ぢしん)()らせかと(おも)つて心配(しんぱい)してゐたら、076今日(けふ)三十日(さんじふにち)()(つづ)いて、077いつかう地震(ぢしん)らしいものもない。078この(あひだ)宣伝使(せんでんし)とやらがやつて()よつて、079地震(ぢしん)(かみなり)()(あめ)()つて、080終末(しまひ)には泥海(どろうみ)になると()つて()つたが、081(ある)ひはソンナ(こと)になるかも()れないよ』
082心配(しんぱい)さうに(くび)(かたむ)けた。
083(おつ)(なに)084()(あめ)()る、085ソンナ馬鹿(ばか)なことがあるかい。086(あめ)ちう(やつ)(みな)(みづ)(てん)(あが)つて、087それが(てん)()えて、088また(もと)(みづ)になつて天降(あまくだ)つて()るのだ、089(みづ)(あめ)(むかし)からちよいちよい()るが、090()(あめ)()つた(ためし)はないぢやないか』
091『それでもこの(まへ)に、092エトナの火山(くわざん)爆発(ばくはつ)した(とき)は、093()(あめ)()つたぢやないか』
094馬鹿(ばか)()へ、095あれは()(いは)()つたのだい。096万寿山(まんじゆざん)とやらの宣伝使(せんでんし)が、097(てん)から()つた(やう)(えら)さうに宣伝(せんでん)して()つたが、098(これ)やつぱり(てん)から()つた岩戸開(いはとあ)けとか、099岩戸閉(いはとし)めとか()ふぢやないか』
100()(あめ)()らぬとも(かぎ)らぬよ。101この(あひだ)(くら)がり(まぎ)れに(はしら)行当(ゆきあた)つた途端(とたん)に、102()(あめ)()つたよ、103(たしか)()たもの、104()らぬとは()へぬ』
105『そりや貴様(きさま)106(はしら)ぶつつかつて、107眼玉(めだま)から()()しやがつたのだ。108()つたのぢやない、109()つたのだらう。110地震(ぢしん)(かみなり)()(こと)あ、111吾々(われわれ)神人(しんじん)神様(かみさま)(すゑ)だから、112吾々(われわれ)自身(じしん)そのものが(かみ)だ。113それで自身神也(じしんかみなり)といふのだ、114さうして自身神也(じしんかみなり)といふ貴様(きさま)が、115()から()(あめ)()らしたのだ。116まあ()(なか)に、117不思議(ふしぎ)化物(ばけもの)(まこと)のものはないといつてもゑい(くらゐ)だ』
118(へい)『ソンナ(はなし)はどうでもよいが、119この(あひだ)(うみ)(むか)ふに大変(たいへん)戦争(せんそう)があつたぢやないか』
120(てい)『ウン、121ソンナことを()いたね。122(その)(とき)(おと)だらうよ、123毎日々々(まいにちまいにち)ドンドン()ふのは』
124(たたか)ひが()んでから、125まだドンドン(おと)(きこ)えるが、126そりや(なん)かの原因(げんいん)があるのだらう。127竜宮島(りうぐうじま)とやらには、128(あま)真澄(ますみ)(たま)とか潮満(しほみつ)潮干(しほひる)(たま)とかいふ(たから)(むかし)から(かく)してあるとかで、129ウラル(さん)のウラル(ひこ)手下(てした)(やつ)らがその(たま)()らうとして、130沢山(たくさん)(ふね)(こしら)へよつて、131(くら)がり(まぎ)れに()()けよつたさうだ。132さうすると沓島(くつじま)大海原彦神(おほうなばらひこのかみ)とやらが、133海原(うなばら)とか向腹(むかつぱら)とかを()ててその真澄(ますみ)(たま)(てき)(なや)まさうとした。134しかしその(たま)(なん)にもならず、135たうとう(てき)()られてしまつたさうだよ。136そして冠島(かむりじま)一名(いちめい)竜宮島(りうぐうじま)には潮満(しほみつ)潮干(しほひる)(たま)(かく)してあつたさうだ。137それもまたウラル(ひこ)手下(てした)(やつ)らが()めかけて()らうとした。138ここの守護神(しゆごじん)さまは、139(てき)襲来(しふらい)(なや)ます(つも)りで、140また潮満(しほみつ)とか潮干(しほひる)とかいふ(たま)()して(ふせ)がうとした。141これも(また)薩張(さつぱり)(やく)()たず、142とうたう冠島(かんむりじま)沓島(くつじま)も、143(てき)()られて仕舞(しま)つたと()ふぢやないか。144珠々(たまたま)というても、145なにもならぬものだね』
146『そりや()まつた(はなし)だよ、147よう(かんが)へて()よ。148真澄(ますみ)(たま)()ふぢやないか。149マスミつたら、150()()んで()(たま)だ。151それを沢山(たくさん)魔神(まがみ)()つて()()らうとするのだもの、152()うたり(かな)うたり、153()(くち)真子(しんこ)154()(くち)拍子木(ひやうしぎ)155()いた(くち)牡丹餅(ぼたもち)156(をとこ)(をんな)()うたやうなものだ。157ナンボ海原(うなばら)とか向腹立(むかつぱらだち)とかを()てた海原彦神(うなばらひこのかみ)でも、158内外(うちそと)から(てき)をうけて、159内外(うちそと)から()められて、160(たま)(こぼ)しがあつたものぢやない。161また潮満(しほみつ)とか潮干(しほひる)とかの(たま)も、162(やく)()たなかつたと()いたが、163よう(かんが)えて()よ、164(しほ)元来(ぐわんらい)(から)いものだ、165そして(みつ)(あま)いものだ。166(から)いものと(あま)いものと一緒(いつしよ)にしたつて調和(てうわ)()れないのは当然(あたりまへ)だ。167また潮干(しほひる)(たま)とか()(やつ)は、168(しほ)(ひる)といふ(こと)だ。169ソンナ(かたき)同士(どうし)のものを()せて潮満(しほみつ)(たま)とか、170潮干(しほひる)(たま)だとか一体(いつたい)わけがわからぬぢやないかい。171()けるのは当然(あたりまへ)だよ。172その(たま)性根(しやうね)とやらを、173どつと(むかし)のその(むかし)(いづ)御霊(みたま)とかいふどえらい(かみ)があつて、174それをシナイ(ざん)とかいふ(やま)頂上(てつぺん)(かく)しておいた。175それを竹熊(たけくま)とかいふ(わる)(やつ)がをつてふんだくらうとして、176(えら)()にあうたといふこと。177しかしながら、178聖地(せいち)(かみ)(ども)勿体(もつたい)ぶつて、179一輪(いちりん)秘密(ひみつ)とか一輪(いちりん)経綸(しぐみ)とかいつて威張(ゐば)つてをつたが、180とうとうその一輪(いちりん)秘密(ひみつ)ばれて、181ウラル(ひこ)()ぎつけ、182第一番(だいいちばん)竜宮島(りうぐうじま)(たま)をふんだくつて、183(すぐ)にその(やま)御性念(ごしやうねん)引張(ひつぱ)()さうと一生懸命(いつしやうけんめい)()めかかつた。184その(とき)シナイ(ざん)とやらを(まも)つてゐた貴治別(たかはるわけ)とかいふ(かみ)が、185敵軍(てきぐん)頂辺(てつぺん)から、186その御性念(ごしやうねん)神徳(しんとく)(あら)はして岩石(がんせき)()らした。187ウラル(ひこ)幕下(ばくか)とうとうこれに屁古垂(へこた)れよつて、188(なん)にもしないで、189()(かへ)つたと()ふことだ。190それで攻撃(こうげき)一寸(ちよつと)もシナイ(ざん)といふのだ』
191(かふ)馬鹿(ばか)にすな、192(ひと)落話(おとしばなし)()かせよつて、193もうもう()かうかい。194コンナ(やつ)相手(あひて)になつてゐると、195()()れてしまふワイ。196それそれ、197またど(えら)(こゑ)(きこ)えてきた。198脚下(あしもと)(あか)るいうちに何処(どこ)なと()げようぢやないか』
199(おつ)()げようたつて、200吾々(われわれ)()つてゐる大地(だいち)(うご)いてをるのだもの、201何処(どこ)()げたつて(おな)じことぢやないか』
202 (あめ)益々(ますます)(はげ)しく、203地鳴(ぢな)りは刻々(こくこく)強烈(きやうれつ)になつて()た。204一同(いちどう)真青(まつさを)(かほ)して、205四方(しはう)八方(はつぱう)(まなこ)(くば)り、206(たちま)不安(ふあん)(くも)(つつ)まるる(をり)しも、207(はやし)(しげ)みを()けて、208簑笠脚絆(みのかさきやはん)軽装(けいさう)をした宣伝使(せんでんし)(すず)しき(こゑ)()()げて、
209朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも 千尋(ちひろ)(うみ)(かわ)くとも
210 世界(せかい)(どろ)(ひた)るとも (まこと)(ちから)()(すく)ふ』
211といふ宣伝歌(せんでんか)(きこ)(はじ)めたり。212一同(いちどう)(みみ)()ましてその宣伝歌(せんでんか)()()りにける。
213大正一一・一・一四 旧大正一〇・一二・一七 藤原勇造録)