霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四六章 油断大敵(ゆだんたいてき)〔二四六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻 篇:第7篇 宣伝又宣伝 よみ:せんでんまたせんでん
章:第46章 第5巻 よみ:ゆだんたいてき 通し章番号:246
口述日:1922(大正11)年01月14日(旧12月17日) 口述場所: 筆録者:井上留五郎 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年4月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
ウラル彦は大蛇の身魂の威力を借り、ウラル姫は金狐の悪霊の指図を受けて、アーメニヤは一時的に隆盛を極めた。アーメニヤに集まってきた神々はいずれも、体主霊従の行動を取った。
ウラル彦はついに、日ごろから仲の悪かった盤古神王を暗夜に乗じて攻撃するに至った。ウラル彦は盤古神王の孫神にあたるにもかかわらず、このような恐ろしい挙動に打って出たのである。
盤古神王は無抵抗主義を取って泰然としていたが、賓客として滞在していた日の出神に励まされ、妻・塩長姫、娘・塩治姫と共に、夜陰にまぎれてアーメニヤを脱出した。
聖地エルサレムに逃れた盤古神王は、形ばかりの仮殿を建てて天地神明を祀り、世界の混乱鎮定を祈願することになった。天変地異が頻発し、地上の神人は非常な苦しみを味わう世界となってしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0546
愛善世界社版:282頁 八幡書店版:第1輯 616頁 修補版: 校定版:287頁 普及版:119頁 初版: ページ備考:
001 アーメニヤの()神都(しんと)(ひら)きたるウラル(ひこ)大蛇(をろち)身魂(みたま)猛威(まうゐ)()り、002ウラル(ひめ)金狐(きんこ)悪霊(あくれい)使嗾(しそう)によつて天下(てんか)神人(かみがみ)帰従(きじゆう)せしめ、003一時(いちじ)衰退(すゐたい)()したる神政(しんせい)()(つき)降盛(りうせい)(ゐき)(たつ)した。
004 ()(をは)りに(ちか)づきしこの(さい)005かくも勢力(せいりよく)(とみ)(くは)はるのは、006(あたか)燈火(とうくわ)(めつ)せむとする(とき)その(ひかり)(かへつ)(つよ)(かがや)きわたるやうなものである。
007 アーメニヤを中心(ちうしん)として(あつ)まり(きた)数多(あまた)神々(かみがみ)は、008(いづ)れも体主霊従(たいしゆれいじゆう)行動(かうどう)()り、009自由(じいう)鼓吹(こすゐ)天地(てんち)神明(しんめい)無視(むし)し、010利己(りこ)一遍(いつぺん)(かたむ)き、011ここに天地(てんち)律法(りつぱふ)(まつ)たく破壊(はくわい)されて(しま)つた。
012 ウラル(ひこ)(いきほひ)()て、013(つひ)氷炭(ひようたん)相容(あひい)れざる盤古神王(ばんこしんわう)をウラル山上(さんじやう)より駆逐(くちく)せむとし、014暗夜(あんや)(じやう)じて八方(はつぱう)より短兵(たんぺい)(きふ)()(よせ)た。
015 (しか)るに盤古神王(ばんこしんわう)天地(てんち)大恩(だいおん)(さと)律法(りつぱふ)遵守(じゆんしゆ)し、016(てき)襲来(しふらい)(たい)して天運(てんうん)(あきら)め、017(すこ)しも抵抗(ていかう)しなかつた。
018 元来(ぐわんらい)ウラル(ひこ)盤古神王(ばんこしんわう)肉身(にくしん)()なる常世彦(とこよひこ)()にして、019()はば神王(しんわう)(まご)(あた)るのである。020されど大蛇(をろち)(れい)左右(さいう)せられたるウラル(ひこ)五倫五常(ごりんごじやう)大道(だいだう)忘却(ばうきやく)し、021心神常暗(しんしんとこやみ)となつて、022(つひ)天位(てんゐ)(よく)(から)まれ、023かくの(ごと)悪逆無道(あくぎやくぶだう)行為(かうゐ)()でたのである。024(じつ)邪神(じやしん)(くらゐ)(おそ)ろしきものは()にないのである。025如何(いか)善良(ぜんりやう)なる(かみ)(いへど)も、026その心身(しんしん)空隙(くうげき)または油断(ゆだん)あるときは、027たちまち邪霊(じやれい)襲来(しふらい)して非行(ひかう)遂行(すゐかう)せしめ、028大罪(だいざい)(をか)さしむるものである。
029傀儡師(くわいらいし)(むね)にかけたる人形箱(にんぎやうばこ)
030(おに)()したり(ほとけ)()したり
031 (ぜん)になるも(あく)(かへ)るも(みな)精神(せいしん)持方(もちかた)(ひと)つにあるを(おも)へば、032精神(せいしん)(くらゐ)(おそ)ろしきものはない。
033 ここに盤古神王(ばんこしんわう)覚悟(かくご)(さだ)め、034ウラル(ひこ)蹂躙(じうりん)一任(いちにん)し、035無抵抗主義(むていかうしゆぎ)をとることとなり、036(てん)(はい)()(はい)し、037一切(いつさい)結果(けつくわ)大神(おほかみ)(めい)一任(いちにん)(たてまつ)つた。
038 奥殿(おくでん)賓客(ひんきやく)として(とど)まり()たる宣伝使(せんでんし)()出神(でのかみ)は、039盤古神王(ばんこしんわう)(はげ)まし、040塩長姫(しほながひめ)および塩治姫(しほはるひめ)(とも)夜陰(やいん)(まぎ)れてウラルの深林(しんりん)(かく)れ、041(から)うじて聖地(せいち)ヱルサレムに(なん)(のが)れ、042()(はて)たる聖地(せいち)(かたち)ばかりの仮殿(かりでん)(つく)り、043ここに天地神明(てんちしんめい)(まつ)り、044世界(せかい)混乱(こんらん)鎮定(ちんてい)祈願(きぐわん)余念(よねん)なかつた。
045 天上(てんじやう)(ほし)常規(じやうき)(いつ)して運行(うんかう)し、046()()えず震動(しんどう)して轟々(がうがう)たる音響(おんきやう)()て、047(そら)()諸鳥(もろどり)(のこ)らず()落下(らくか)し、048日月(じつげつ)(ひかり)()せ、049(あめ)(しき)りに()(きた)つて諸川(しよせん)氾濫(はんらん)し、050地上(ちじやう)神人(しんじん)日夜(にちや)塗炭(とたん)(くる)しみを()むるに(いた)りぬ。
051大正一一・一・一四 旧大正一〇・一二・一七 井上留五郎録)