霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

松葉(まつば)(ちり)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻 篇:前付 よみ:
章:第6巻 よみ:まつばのちり 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者:王仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
宇宙には、現界、幽界、神界の三大区別がある。神界はもっとも貴く厳然たる世界であり、正神が集まって活動する。生成化育の神業を守護し、積極的な活動を営む世界である。生死を通じて人間の魂を支配する清浄潔白な神霊界である。高天原、天国、霊国、浄土、極楽、楽園とも言う。
幽界は邪神界である。消極的神業を執行する大禍津日神、八十禍津日神が、罪の御魂を成敗する醜い地下の世界である。幽界は、地上にも顕現することがある。根の国、底の国、または地獄と言う。
神界には、各階級の神霊があるが、それとともに、現界における正しい人々の本霊は神界にあって、現界の人を守護している。これが本守護神である。
本守護神が神界にあるときは、現界において行う事業はことごとく完成して成果を上げる。
しかし本守護神が邪神界に籍を置いているときは、精神が混濁して邪なことを行い、天下に害毒を流して何事もうまくいかず、成果が出ないのである。
現界において日夜活動するにあたっても、霊魂は神界または幽界を往来しつつあるのである。ゆえに、常に神を信じて神を敬い、神界と連絡を保つように信仰に励むべきなのである。
この霊界物語も、神代の太古の現界を主とし、神界と幽界の相互の関係を口述するのが主旨である。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm060002
愛善世界社版:前付 5頁 八幡書店版:第1輯 629頁 修補版: 校定版:前付 5頁 普及版:前付 3頁 初版: ページ備考:
001王仁
002 宇宙(うちう)には現界(げんかい)003幽界(いうかい)004神界(しんかい)三大(さんだい)区別(くべつ)(くわく)されてあつて、005その(なか)でも、006神界(しんかい)(もつと)至貴(しき)007至尊(しそん)008至厳(しげん)世界(せかい)であつて、009正神(せいしん)(あつま)活動(くわつどう)さるる神国(しんこく)であり、010幽界(いうかい)邪神界(じやしんかい)(しよう)しても(はばか)()(ほど)世界(せかい)である。011(えう)するに神界(しんかい)生成化育(せいせいくわいく)神業(しんげふ)(もつぱ)守護(しゆご)したまひ、012万事(ばんじ)積極的(せつきよくてき)活動(くわつどう)(いとな)みたまひ、013死有(しう)014中有(ちゆうう)015生有(せいう)016本有(ほんう)四境(しきやう)(つう)じて、017吾人(ごじん)霊魂(れいこん)支配(しはい)(たま)清浄(せいじやう)潔白(けつぱく)なる神霊界(しんれいかい)である。018また幽界(いうかい)神界(しんかい)変態的(へんたいてき)幽境(いうきやう)にして、019消極的(せうきよくてき)神業(しんげふ)執行(しつかう)する大禍津日神(おほまがつひのかみ)020(およ)八十禍津日神(やそまがつひのかみ)が、021(つみ)御魂(みたま)成敗(せいばい)する至醜(ししう)至穢(しゑ)地下(ちか)世界(せかい)である。022また(とき)ありて、023地上(ちじやう)にも幽界(いうかい)顕現(けんげん)することもある。024神界(しんかい)正神界(せいしんかい)神々(かみがみ)(あつ)まりたまふ神国(しんこく)にして、025幽界(いうかい)邪神(じやしん)()()境地(きやうち)である。026正神界(せいしんかい)高天原(たかあまはら)()ひ、027天国(てんごく)(しよう)し、028霊国(れいごく)(しよう)し、029浄土(じやうど)といひ、030極楽(ごくらく)といひ、031楽園(らくゑん)(しよう)し、032邪神界(じやしんかい)()(くに)033(そこ)(くに)(また)地獄(ぢごく)といふ。
034 神界(しんかい)には至善(しぜん)至美(しび)神人(しんじん)(はじ)め、035(かく)階級(かいきふ)諸多(しよた)神霊(しんれい)あり、036()現界(げんかい)()ける(ただ)しき人々(ひとびと)本霊(ほんれい)此処(ここ)(ぢう)して、037現界人(げんかいじん)守護(しゆご)す、038(これ)本守護神(ほんしゆごじん)といふ。039(ゆゑ)吾人(ごじん)霊魂(れいこん)040正神界(せいしんかい)(せき)()(とき)は、041現世(げんせい)(おい)(おこな)(ところ)事業(じげふ)(ことごと)完成(くわんせい)美果(びくわ)(むす)び、042(がい)して(かみ)(つか)公共(こうきよう)奉仕(ほうし)し、043至誠(しせい)一貫(いつくわん)()天地(てんち)経綸(けいりん)(まつた)うするものである。044(これ)(はん)して、045吾人(ごじん)霊魂(れいこん)046邪神界(じやしんかい)幽界(いうかい))に(せき)()(とき)は、047その精神(せいしん)不知不識(しらずしらず)混濁(こんだく)し、048邪曲(じやきよく)(おこな)ひ、049天下(てんか)害毒(がいどく)流布(るふ)し、050()何事(なにごと)()すにも事半途(ことはんと)にして(やぶ)れ、051(かなら)良果(りやうくわ)(きた)(こと)不可能(ふかのう)なものなり。
052 現界(げんかい)(おい)て、053吾人(ごじん)日夜(にちや)活動(くわつどう)するに(あた)りても、054その霊魂(れいこん)神界(しんかい)(また)幽界(いうかい)往来(わうらい)しつつあるものなり。055(ゆゑ)吾人(ごじん)造次(ざうじ)にも顛沛(てんぱい)にも(かみ)(しん)(かみ)(うやま)ひ、056神界(しんかい)連絡(れんらく)(たも)()信仰(しんかう)(はげ)まざるべからずなり。
057 この霊界物語(れいかいものがたり)()神代(かみよ)太古(たいこ)()ける現界(げんかい)(しゆ)とし、058神界(しんかい)幽界(いうかい)との相互(さうご)関係(くわんけい)口述(こうじゆつ)するを(むね)としあるを(もつ)て、059読者(どくしや)はその御考(おかんが)へにて御誦読(ごしようどく)あらむことを希望(きばう)する次第(しだい)なり。