霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第五章 抔盤(はいばん)狼藉(らうぜき)〔二五五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻 篇:第1篇 山陰の雪 よみ:さんいんのゆき
章:第5章 第6巻 よみ:はいばんろうぜき 通し章番号:255
口述日:1922(大正11)年01月16日(旧12月19日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
美山彦は、春日姫が結婚を申し出てきたことで有頂天になって部下に式の準備を命じた。
春日姫と春姫は、美山彦をへべれけに酔わせてひっくり返らせてしまった。そして月照彦神、足真彦とともに今後の作戦を協議した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0605
愛善世界社版:33頁 八幡書店版:第1輯 643頁 修補版: 校定版:33頁 普及版:15頁 初版: ページ備考:
001 (にはか)(やかた)大広間(おほひろま)陽気(やうき)()(のぼ)り、002(さけ)果物(くだもの)沢山(たくさん)(はこ)ばれ、003木葉奴(こつぱやつこ)(はし)(いた)るまでずらりと(せき)(れつ)し、004大樽(おほたる)(かめ)中央(ちうあう)()ゑ、005(たけ)輪切(わぎり)にした(しやく)にて、006()みては()み、007()みては()み、008一生懸命(いつしやうけんめい)(うた)(はじ)めたり。009しかして(ゑひ)(まは)るに()れて(しやく)引奪(ひつたく)()ひが(はじ)まり、010(あたま)(しやく)こつりとこづかれ、011禿頭(はげあたま)(おやぢ)面部(めんぶ)頭部(とうぶ)とに沢山(たくさん)出店(でみせ)()し、012次第々々(しだいしだい)(した)(もつ)れ、013()(やつ)014(わら)(やつ)015(いか)(やつ)016様々(さまざま)なり。
017(かふ)『ヤイ、018(みな)(やつ)ら、019けつたい(わる)いぢやないか。020美山彦(みやまひこ)大将面(たいしやうづら)しよつて、021毎日々々(まいにちまいにち)022(おい)らを(かたき)(すゑ)(なん)かのやうに()使(つか)ひよつて、023自分(じぶん)ばかり(さけ)(くら)ひよつて、024春日姫(かすがひめ)膝枕(ひざまくら)()(たま)もとろかしよつて、025()けに(あし)()め、026()()めと(ひと)(うれ)しいところを()せつけ、027自分(じぶん)ばかり(さけ)(くら)つて、028(おい)らには一口(ひとくち)でも()めと()ひよつた(こと)はありやしない。029()りや、030いつも(うつは)片付(かたづ)けるときに(さかづき)(ひと)(ひと)(ねぶ)つて(にほひ)()いで満足(たんのう)しとつたのだ。031今日(けふ)春日姫(かすがひめ)にや、032()(うま)()顛倒(かへ)すやうにして()やがられて()たのが、033どうした(かぜ)()(まは)しやら、034(あま)つちよ(はう)から結婚(けつこん)してくれと、035ぬかしよつたとか()つて、036(しわ)(ぼう)美山彦(みやまひこ)が、037地獄(ぢごく)(かま)一足飛(いつそくと)びをするやうな()到頭(たうとう)なりよつて、038(くさ)りかけた(さけ)俺達(おれたち)鱈腹(たらふく)()めと()ひよるのだ、039(じつ)業腹(ごふはら)だ。040(あま)()よつて馬鹿(ばか)にするにも(ほど)があるぢやないか』
041(うで)(まく)つて、042自分(じぶん)(はら)(ふた)()(こぶし)(たた)きながら、043(つら)ふくらして()ふ。
044(おつ)(おほ)きな(こゑ)()ふな、045(みな)(まへ)だ。046また(しやく)一杯(いつぱい)(ねぶ)らして(もら)はうと(おも)ひよつて、047貴様(きさま)(いま)()つた悪口(わるくち)大将(たいしやう)()げる(やつ)があつたらどうする』
048(かふ)『どうするも、049かうするも(おれ)らの()つた(こと)ぢやない。050春日姫(かすがひめ)美山彦(みやまひこ)大将(たいしやう)が、051どうかするのだらう。052(おれ)らはどうするあてもありやしないし、053マア(くさ)つた(さけ)でも()ンでおとなしく()(こと)だよ』
054(へい)『オイあまり()(さび)しくなつたやうだ、055(ひと)(うた)つたらどうだ。056あのウラル(ひこ)(かみ)さまの宣伝歌(せんでんか)(おい)らには天国(てんごく)福音(ふくいん)だ。057()めや(さわ)げや一寸先(いつすんさき)(やみ)よ、058(やみ)(あと)には(つき)がでるなンて(うま)()ひやあがらア、059(おい)らは(さけ)さへありや、060(かか)(なに)()らぬ』
061(てい)『お(まへ)(なに)ほど天来(てんらい)福音(ふくいん)でも、062()めぬ(さけ)()へるかい。063(さけ)百薬(ひやくやく)(ちやう)だとか、064生命(いのち)(みづ)だとか()ふけれど、065()みたい(さけ)もよう()まずに、066毎日(まいにち)()使(つか)はれて、067ナイヤガラの(あか)(みづ)(さけ)だと(おも)ふて()みで()ても、068ねつからとつくり()はぬぢやないか、069これを(おも)へば(かな)しい浮世(うきよ)だ』
070とそろそろ()きだす可笑(をか)しさ。
071(ぼう)『オイ、072こんな目出度(めでた)場所(ばしよ)で、073メソメソ()くやつがあるかイ』
074(てい)()かいでか、075今夜(こんや)美山彦(みやまひこ)春日姫(かすがひめ)しつぽり()きよるのだ。076(おい)らはその乾児(こぶん)だ、077()くのがあたり(まへ)よ』
078(ぼう)貴様(きさま)()くのと、079春日姫(かすがひめ)()くのとは()きやうが(ちが)ふ。080丁度(ちやうど)(うぐひす)(うめ)()にとまつて陽気(やうき)(はる)(むか)へて()くのと、081(にはとり)(くび)(ねぢ)られ()()かれ絶命(ぜつめい)(こゑ)()()げて()くのと(ほど)相違(さうゐ)があるのだ』
082(かふ)『この(あひだ)(あだ)けつたい(わる)天教山(てんけうざん)癲狂人(てんきやうじん)が、083そこらうちを(ある)(まは)りよつて、084()るとか、085(くも)るとか、086()くとか()ぬとか、087時鳥(ほととぎす)がどうとか、088()(ある)くものだから、089毎日々々(まいにちまいにち)地響(ぢひび)きは仕出(しだ)す、090(あめ)べそべそ貴様(きさま)(なみだ)のやうに()りしきる。091谷間(たにま)(みづ)赤泥(あかどろ)となつて、092(みづ)ろく()まれやせないぢやないか、093あんな(やつ)一時(いちじ)(はや)くどうかして、094ナイヤガラの(たき)にでも()()みて仕舞(しま)()いものだなア』
095(おつ)『ウン、096その宣伝使(せんでんし)か、097それや今夜(こんや)()てきをつた。098(おく)()鯱固張(しやちこばつ)(おほ)きな目玉(めだま)をむいて、099生命(いのち)のもはや()きとる(ひこ)とか月照(つきてる)とか()(やつ)と、100(はら)がすいて、101ひだる(ひこ)とか()(やつ)が、102美山彦(みやまひこ)計略(けいりやく)にかかつて、103(いま)はほとんど(かご)(とり)104あれさへやつて仕舞(しま)へば、105(あめ)()むだらうし、106地響(ぢひびき)()まるだらう。107縁起糞(げんくそ)(わる)(こと)をふれ(まは)るものだから、108天気(てんき)がだんだん(わる)くなるばかり、109()りや、110彼奴(あいつ)たちの(さへづ)(うた)()くと(めう)(あたま)ががんがん()かして、111(むね)竹槍(たけやり)()かれるやうな()がするのだよ』
112(ぼう)『そこが美山彦(みやまひこ)(えら)いのだ。113前達(まへたち)がその宣伝歌(せんでんか)とやらを()いて(くる)しむのを(たす)けてやらうと()大慈悲心(だいじひしん)から、114その宣伝使(せんでんし)をこの(やかた)(うま)()()()みて、115今夜(こんや)荒料理(あられうり)する(こと)となつて()るのだ。116マアそれでも(さかな)(ゆつ)くり(さけ)()みて夜明(よあ)かしでもしようぢやないか』
117(いづ)れの(やつ)(みな)へべれけ()ひつぶれ、118(ろく)(こし)()つものも()有様(ありさま)なりける。
119 (おく)一間(ひとま)には、120美山彦(みやまひこ)121春日姫(かすがひめ)今日(けふ)をかぎりと盛装(せいさう)()らし、122結婚(けつこん)(しき)()げつつあつた。123そして容色(ようしよく)(うるは)しき春姫(はるひめ)(しやく)(つと)めつつあつた。124春日姫(かすがひめ)(ちから)かぎり(こび)(てい)して美山彦(みやまひこ)無理(むり)やりに、125面白(おもしろ)(うた)(うた)ひながら(さけ)(すす)むる。126美山彦(みやまひこ)春日姫(かすがひめ)(すす)むるままに酒杯(しゆはい)(かさ)ね、127(つひ)には酩酊(めいてい)(きよく)128(あたま)(いた)眩暈(めまひ)すると()ひつつ(その)()にドツと(たふ)れ、129(かみなり)のごとき鼾声(かんせい)をあげて正体(しやうたい)もなく寝入(ねい)つて仕舞(しま)つた。130春姫(はるひめ)()(あが)るとたんに(なが)(たか)酒樽(さかだる)衝突(しようとつ)し、131(たる)()けて美山彦(みやまひこ)頭上(づじやう)(さけ)(たき)のごとく(そそ)いだ。132美山彦(みやまひこ)両手(りやうて)にて虚空(こくう)(さぐ)るごとき()つきして寝返(ねがへ)りをうち、133(くる)しげに(うな)つて()る。
134 春日姫(かすがひめ)春姫(はるひめ)(ともな)奥殿(おくでん)(すす)みいり、135月照彦天使(つきてるひこのかみ)委細(ゐさい)物語(ものがた)り、136春姫(はるひめ)をして一室(いつしつ)(ひか)へたる足真彦(だるまひこ)(まね)かしめ、137男女(だんぢよ)四柱(よはしら)はここに緊急(きんきふ)会議(くわいぎ)(ひら)きける。138アヽこの会議(くわいぎ)結果(けつくわ)如何(いかん)
139大正一一・一・一六 旧大正一〇・一二・一九 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)