霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第八章 (はる)海面(かいめん)〔二五八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻 篇:第2篇 常世の波 よみ:とこよのなみ
章:第8章 第6巻 よみ:はるのかいめん 通し章番号:258
口述日:1922(大正11)年01月17日(旧12月20日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
船の安着に、宣伝使は白扇を広げて祝の宣伝歌を歌った。春日姫はその歌に耳を傾けて聞き入っていた。
宣伝使は弘子彦神であった。そして、港に春日姫の姿を認めると、姫に歌いかけた。春日姫もまた、弘子彦に鬼城山での出来事を歌に歌い返した。
弘子彦が岸に着くと、二人は傍らの森林に入って人目を避けた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-04-03 02:49:25 OBC :rm0608
愛善世界社版:51頁 八幡書店版:第1輯 649頁 修補版: 校定版:51頁 普及版:22頁 初版: ページ備考:
001 (ふね)はやうやく(きし)()きぬ。002舟守(ふなもり)(しづ)かに白帆(しらほ)()()ぐる。003(ふね)(へさき)白扇(はくせん)(ひろ)げて無事(ぶじ)着陸(ちやくりく)(しゆく)しながら(うた)ひゐる宣伝使(せんでんし)(うた)に、004春日姫(かすがひめ)(みみ)(かたむ)け、005(ゆか)しげに()()りぬ。
006海洋万里(かいやうばんり)(なみ)(うへ)
007天津御空(あまつみそら)海原(うなばら)
008なべて(しづ)かな今日(けふ)(たび)
009科戸(しなど)(かぜ)真帆方帆(まほかたほ)
010(かみ)(めぐ)みをはらみつつ
011彼岸(ひがん)()きし(よろこ)びは
012(かみ)(をしへ)()(つた)
013(たび)(こころ)弘子彦(ひろやすひこ)
014(きよ)きは(かみ)(こころ)かな
015(ひろ)きは(かみ)(めぐ)みかな
016(あふ)げば(たか)久方(ひさかた)
017天津御空(あまつみそら)()(つき)
018(くま)なき(ひかり)()()びつ
019(わた)浮世(うきよ)(ふね)(うへ)
020(あやつ)(かぢ)(なみ)()
021()きつ(しづ)みつ常闇(とこやみ)
022(うれ)ひに(なや)神人(かみびと)
023(すく)はむための鹿島立(かしまだ)
024かすか(そら)()朝日(あさひ)
025()荒波(あらなみ)照妙(てるたへ)
026(ころも)()てて蓑笠(みのかさ)
027(こころ)(かる)(たび)(そら)
028浪立(なみた)(さわ)荒海(あらうみ)
029本津御神(もとつみかみ)御恵(みめぐ)みに
030(やす)けく()ぎし今朝(けさ)(はる)
031(ゆき)遠山(とほやま)(のこ)れども
032海辺(うみべ)(はる)気配(けはい)して
033梅咲(うめさ)(にほ)(うぐひす)
034(たに)()()けて出潮(いでしほ)
035(しほ)()(くだ)旅衣(たびごろも)
036(そら)(かがや)春日姫(かすがひめ)
037かすか(それ)(わか)らねど
038埠頭(ふとう)()てる姫人(ひめびと)
039(かみ)(まこと)道貫彦(みちつらひこ)校正本では「と」
040八王神(やつわうじん)御娘(おんむすめ)
041稜威(みいづ)(たか)鷹住別(たかすみわけ)
042(きみ)妻神(めがみ)にや()さざるか
043浪立(なみた)(さわ)村千鳥(むらちどり)
044(なみ)()とりのしとやかに
045()でます姿(すがた)雄々(をを)しけれ
046われは()()(すく)ふてふ
047(かみ)(をしへ)()(なか)
048弘子彦(ひろやすひこ)(なが)(たび)
049(そら)()(とり)(はばか)りし
050(うづ)(みやこ)宣伝使(せんでんし)
051神国別(かみくにわけ)(つかさ)ぞや
052名乗(なの)らせ(たま)へさやさやに
053(つき)御影(みかげ)(くま)もなく
054(こころ)(くも)()(はら)
055(はら)(きよ)めむ(かみ)(くに)
056雲路(くもぢ)(わけ)てふ宣伝使(せんでんし)
057弘子彦(ひろやすひこ)旅姿(たびすがた)
058()をかけ(たま)春日姫(かすがひめ)
059と、060(うた)(をは)るや、061春日姫(かすがひめ)は、062岸辺(きしべ)()つて白扇(はくせん)(ひら)きながら、063(やさ)しき(はな)(くちびる)(しづ)かに(ひら)き、064(うた)もてこれに(こた)ふ。065その(うた)
066神代(かみよ)(むかし)高天原(たかあまはら)
067(かみ)(かむろ)()れませる
068国治立(くにはるたち)大神(おほかみ)
069(かく)れましたる()()より
070()()(かぜ)(なまぐさ)
071荒振(あらぶ)(かみ)(おと)なひは
072絶間(たえま)もあはれ諸神(もろがみ)
073(なみだ)(あめ)()(しき)
074河海(かはうみ)(あふ)山崩(やまくづ)
075(もも)樹草(きぐさ)(いろ)()
076常世(とこよ)(やみ)現世(うつしよ)
077(てら)さむためとモスコーの
078道貫彦(みちつらひこ)(かみ)()
079(うま)()でたる手弱女(たをやめ)
080(をんな)()をも打忘(うちわす)
081世界(せかい)(おも)一筋(ひとすぢ)
082(まこと)(つな)(つな)がれて
083(こころ)手綱(たづな)ゆるみなく
084()かれて(すす)(うま)()
085(あやふ)山路(やまぢ)()みさくみ
086荒波(あらなみ)(たけ)海原(うなばら)
087(しほ)()みつつ()(つも)
088(ゆき)より(しろ)顔容(かんばせ)
089大根(おほね)のごとき白腕(ただむき)
090(わか)やぐ(むね)素抱(すだだ)きて
091真玉手(またまで)玉出(たまで)相抱(あひいだ)
092(やす)らふ()なく生別(いきわか)
093(かみ)稜威(みいづ)鷹住別(たかすみわけ)
094(をし)(つかさ)宣伝使(せんでんし)
095(うれ)(かな)しの袖絞(そでしぼ)
096(みぎ)(ひだり)(わか)()
097(しほ)八百路(やほぢ)八塩路(やしほぢ)
098浪路(なみぢ)(わた)常世国(とこよくに)
099(くま)なくひびく宣伝歌(せんでんか)
100三千世界(さんぜんせかい)(うめ)(はな)
101一度(いちど)(ひら)常磐樹(ときはぎ)
102(まつ)(みさを)(いろ)(ふか)
103()()深雪(みゆき)友白髪(ともしらが)
104(ちか)ひまさへ(あらし)()
105山路(やまぢ)野辺(のべ)漂浪(さすらひ)
106(つま)(くる)しみ(おも)()
107()心地(ここち)よきモスコーの
108(みやこ)()ててかすかなる
109(かぜ)にも(こころ)(いた)めつつ
110八千八声(はつせんやこゑ)杜鵑(ほととぎす)
111()べど(さけ)べど現世(うつしよ)
112(くも)()てたる人心(ひとごころ)
113()(ひと)さへも(なつ)()
114(つき)(ちから)鬼城山(きじやうざん)
115蚊取(かとり)(わけ)曲人(まがびと)
116誘拐(かどはか)されて奥山(おくやま)
117(まが)(とりで)(とら)はれの
118三年(みとせ)(うき)(しの)びつつ
119(かな)しき月日(つきひ)(おく)()
120深山(みやま)(おく)美山彦(みやまひこ)
121(かれ)らが運命(うんめい)月照彦(つきてるひこ)
122天使(かみ)(つかさ)(すく)はれて
123(こころ)(かか)村雲(むらくも)
124()(はら)ひたるナイヤガラ
125滝津涙(たきつなみだ)諸共(もろとも)
126(わか)れてここに紀井(きゐ)(うみ)
127孱弱(かよわ)(をんな)一人旅(ひとりたび)
128(とら)(おほかみ)(ささや)きに
129(こころ)(さび)しきこの(みぎり)
130アヽ(なつ)かしき宣伝使(せんでんし)
131神国別(かみくにわけ)()れの(はて)
132(ちひ)さき(むね)弘子彦(ひろやすひこ)
133(かみ)(つかさ)相生(あひおひ)
134(まつ)朝日(あさひ)(のぼ)るごと
135(こころ)(そら)()(わた)
136長閑(のどか)(はる)春日姫(かすがひめ)
137長閑(のどか)(はる)春日姫(かすがひめ)
138(うた)(もつ)て、139その素性(すじやう)(あか)したりける。
140 かくて舟守(ふなもり)は、141小舟(こぶね)()(おろ)し、142数多(あまた)旅客(りよきやく)(あげ)(むか)つて(はこ)ぶ。143弘子彦(ひろやすひこ)真先(まつさき)小舟(こぶね)()せられ(きし)()き、144二人(ふたり)何事(なにごと)目配(めくば)せしつつ、145(かたはら)森林(しんりん)にその姿(すがた)(ぼつ)したりける。
146大正一一・一・一七 旧大正一〇・一二・二〇 外山豊二録)
147(第三章~第八章 昭和一〇・一・三〇 於筑紫別院 王仁校正)