霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一一章 山中(さんちう)邂逅(かいこう)〔二六一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻 篇:第2篇 常世の波 よみ:とこよのなみ
章:第11章 第6巻 よみ:さんちゅうのかいこう 通し章番号:261
口述日:1922(大正11)年01月17日(旧12月20日) 口述場所: 筆録者:藤松良寛 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
船で常世の国を去り、長白山を宣伝のため進んでいた春日姫は、毒蛇にかまれて行き倒れてしまった。そこに長白山を宣伝していた春姫が出会い、二人は偶然の出会いに涙した。
久しぶりの邂逅の感慨に浸るまもなく、二人を山賊が取り囲んだ。山賊たちはウラル彦の手下であり、二人が天教山の宣伝使であると知ると、襲いかかろうとした。
しかし春日姫は宣伝歌の言霊で山賊たちを打ち倒し、春姫が指から霊光を放射すると、山賊たちは戦意を失ってしまった。また、そこへ日の出神の宣伝使が現れ、山賊たちは一目散に逃げ出した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0611
愛善世界社版:68頁 八幡書店版:第1輯 655頁 修補版: 校定版:70頁 普及版:28頁 初版: ページ備考:
001 樹木(じゆもく)鬱蒼(うつさう)として(ひる)なほ(くら)長白山(ちやうはくざん)大森林(だいしんりん)を、002(よわ)(あし)()()めて、003トボトボ(きた)手弱女(たをやめ)の、004優美(やさ)しき姿(すがた)宣伝使(せんでんし)005(くさむら)わけて(すす)みつつ、
006『キヤツ』
007一声(ひとこゑ)008その()()(たふ)れたり。009よくよく()れば無残(むざん)や、010(あし)毒蛇(どくじや)()まれて(いた)み、011一足(ひとあし)(あゆ)みならねば、012岩角(いはかど)(こし)うち()けて、013(まなこ)()ぢ、014(くちびる)(かた)(むす)びながら、015その苦痛(くつう)()へず、016呼吸(いき)(くる)しき(しの)()き、017()べど(さけ)べど四辺(あたり)には、018ただ一人(ひとり)(かげ)()く、019(いた)みはますます(はげ)しく、020(たま)()生命(いのち)(いま)()えなむとする(をり)からに、021はるか(むか)うの(はう)より、022優美(やさ)しき(をんな)(こゑ)として、
023時鳥(ほととぎす)(こゑ)()けども姿(すがた)()せぬ
024姿(すが)(たかく)して山奥(やまおく)
025(くさむら)()けてただ一柱(ひとり)
026天教山(てんけうざん)御神示(ごしんじ)
027(やま)()()(かは)()
028(さや)魔神(まがみ)()(さと)
029やうやう此処(ここ)長白(ちやうはく)
030山路(やまぢ)(ふか)(すす)()ぬ』
031 (こころ)(あか)春姫(はるひめ)の、032(はる)弥生(やよひ)(はな)(かんばせ)033遺憾(ゐかん)なく表白(あらは)して、034ここに(あら)はれ()たり。035近傍(かたへ)岩石(いは)腰打掛(こしうちか)けて(くる)しみ(もだ)えつつある一柱(ひとり)女人(によにん)のあるに(おどろ)き、036(あめ)(した)一切(いつさい)神人(しんじん)(すく)ふは、037宣伝使(せんでんし)(きよ)(たふと)天職(てんしよく)と、038女人(によにん)(そば)にかけ()りて、039(せな)なでさすり(いたは)りつつ、040介抱(かいほう)余念(よねん)なかりける。
041 女人(によにん)はやや苦痛(くつう)軽減(けいげん)したりと()え、042やうやうに(おもて)()げ、
043『いづこの御方(おかた)()らねども、044吾身(わがみ)(をんな)独旅(ひとりたび)045(くさ)()(すす)(をり)からに、046()(おそ)ろしき毒蛇(どくじや)()まれて、047(よわ)(をんな)()のいかんともする(すべ)もなき(をり)からに、048(おも)ひがけなき御親切(ごしんせつ)049いかなる(かみ)御救(みすく)ひか、050(かたじけ)なし』
051(なが)むれば、052(あに)はからむや、053モスコーの城中(じやうちう)において、054忠実(まめまめ)しく(つか)へたる春姫(はるひめ)宣伝使(せんでんし)なりける。
055春日姫(かすがひめ)『ヤア(そなた)春姫(はるひめ)か』
056春姫(はるひめ)『ヤア貴下(あなた)春日姫(かすがひめ)にましませしか。057(おも)はぬ(ところ)にて御拝顔(ごはいがん)058かかる草深(くさぶか)山中(さんちゆう)にてめぐり()ふも仁慈(じんじ)(ふか)(かみ)御引合(おひきあは)せ、059アヽ有難(ありがた)や、060勿体(もつたい)なや』
061と、062前後(ぜんご)(わす)(たがひ)()()()(かは)し、063(うれ)(なみだ)夕立(ゆふだち)の、064(あめ)にも(まが)(ばか)りなりき。
065 かかる(ところ)に、066一柱(ひとはしら)荒々(あらあら)しき(をとこ)(あら)はれ(きた)り、067二人(ふたり)姿(すがた)()るより(はや)く、068一目散(いちもくさん)後振(あとふ)(かへ)()(かへ)り、069彼方(あなた)森林(しんりん)めがけて姿(すがた)(かく)したるが、070漸時(しばらく)ありて、071以前(いぜん)曲男(まがびと)は、072四五(しご)(あや)しき(をとこ)(とも)にこの()(あら)はれた。
073(かふ)『ヤア()()る。074素的滅法界(すてきめつぱふかい)(うつく)しい(をんな)が、075しかも両個(りやんこ)だ』
076(おつ)本当(ほん)本当(ほん)に、077黒熊(くろくま)()つたやうな天女(てんによ)天降(あまくだ)りだよ。078別嬪(べつぴん)だなア、079こいつは素敵(すてき)だ。080しかし(をとこ)四人(よにん)(をんな)二人(ふたり)とは、081チト勘定(かんぢやう)()はぬぢやないか』
082(かふ)『そりや(なに)()ふのだい。083自分(じぶん)女房(にようばう)(なん)ぞの(やう)に、084四人(よにん)二人(ふたり)もあつたものかい。085(をんな)さへ()ると(すぐ)眼尻(めじり)()げよつて、086オイ(よだれ)(おと)すない』
087 (おつ)周章(あわ)てて(よだれ)手繰(たぐ)る。
088(かふ)貴様(きさま)のその(つら)(なん)だい、089杓子(しやくし)()(はな)をあしらつた()うな面構(つらがま)へで、090(をんな)()るの()らぬのと、091それこそ(しやく)(さは)らア。092何程(なんぼ)(をんな)癪気(しやくけ)(くるし)みて()つたつて、093御前(おまへ)のやうな杓子面(しやくしづら)(たす)けてくれと()ひはしないよ。094左様(さやう)なことは()()け、095薩張(さつぱ)杓子(しやくし)だ』
096 (おつ)烈火(れつくわ)のごとく(いか)りて、097(たぬき)()うな()をむき、098(いき)をはづませる。
099(へい)『アツハヽヽヽヽ杓子狸(しやくしだぬき)橡麺棒(とちめんぼう)100(くろ)眼玉(めだま)椋鳥(むくどり)101(ひよどり)102阿呆鳥(あはうどり)103阿呆(あはう)にくつつける(くすり)()いわい』
104(てい)『オーオー、105その(くすり)(おも)()した。106(おれ)(いま)(しやく)(くすり)所持(しよぢ)して()るのだ。107これをあの女人様(によにんさま)献上(けんじやう)しようか』
108(かふ)貴様(きさま)(をんな)(あま)(やつ)だ、109なぜ左様(そんな)(をんな)()たら(なみだ)(もろ)いのだ。110貴様(きさま)のやうな仏掌薯(つくねいも)のやうな(つら)つきで、111なんぼ女神様(めがみさま)歓心(くわんしん)(かは)うと(おも)つて追従(つゐしやう)たらたらやつて()ても駄目(だめ)だよ。112肱鉄砲(ひぢてつぱう)(ひと)つも()つたら、113それこそよい(はぢ)さらしの(つら)(かは)だよ』
114(てい)(つら)(かは)でも(なん)でも()つとけ。115(おれ)がこの(くすり)()ましたら、116それこそ女人(によにん)全快(ぜんくわい)してニコニコと(わら)()し、117あの優美(やさ)しい(くちびる)から、118(ゆき)のやうな()()して「何処(どこ)のどなたか()らねども、119この山中(さんちう)(くる)しみ(まよ)女人(によにん)()120この御親切(ごしんせつ)は、121いつの()にか(わす)れませう。122アヽ(うれ)しや、123おなつかしや」と()つて、124(しろ)(かひな)をヌツと()して、125(はな)しはせぬと()るのだ。126そこで(おれ)は「コレハコレハ心得(こころえ)(たつと)女人(によにん)のあなた(さま)127(あら)くれ(をとこ)仏掌薯(つくねいも)のやうな吾々(われわれ)にむかつて、128()()きたまふは如何(いかが)()御座(ござ)る」とかますのだ。129すると女人(によにん)(やつ)130(うめ)(はな)朝日(あさひ)(にほ)ふやうな(かほ)をしやがつて「いえいえ仮令(たとへ)御顔(おかほ)つくねいもでも生命(いのち)(おや)のあなた(さま)131どうぞ(わたくし)可愛(かあい)がつてね、132千年(せんねん)万年(まんねん)も」と()()るのだ』
133(かふ)馬鹿(ばか)ツ』
134大喝(だいかつ)する。
135(てい)馬鹿(ばか)ツて(なん)だい、136(うつく)しい(をんな)姿(すがた)見惚(みと)れよつて、137(かほ)(ひも)まで()き、138貴様(きさま)篦作(べらさく)眉毛(まゆげ)を、139いやが(うへ)にも()げて、140章魚(たこ)のやうな禿頭(はげあたま)()せたとて、141いかな物好(ものず)きな女人(によにん)でも、142そんな土瓶章魚禿(どびんたこはげ)には一瞥(いちべつ)もしてくれないぞ、143あんまり悋気(りんき)をするない、144チト貴様(きさま)面相(つら)相談(さうだん)したがよい、145馬鹿々々(ばかばか)しいワ』
146とやり(かへ)せば、
147(へい)『オイ黒熊(くろくま)148貴様(きさま)結構(けつこう)獲物(えもの)()るなンて、149(あわただ)しく(おれ)らの(まへ)()ンで()よつて、150御注進(ごちうしん)(まを)()げたが、151一体(いつたい)この女人(によにん)(なん)だと(おも)ふ、152(おそ)ろしい宣伝使(せんでんし)ではないか。153()しも此女(こいつ)らの病気(びやうき)でも全快(ぜんくわい)して()ろ、154(また)もや(あたま)(いた)む、155(むね)(くる)しい「三千世界(さんぜんせかい)」とか「時鳥(ほととぎす)」とか、156()る」とか「(くも)る」とか(ぬか)(やつ)だぞ。157貴様(きさま)明盲者(あきめくら)だな、158こんな被面布(ひめんぷ)(かぶ)つてをる(やつ)(おい)らの(かたき)だ。159こンな(やつ)(たす)けてやらうものなら、160アーメニヤのウラル彦様(ひこさま)に、161どんな(ばつ)(あた)へられるか()れやしないぞ。162いつそのこと(みな)()つて(たか)つて、163(たた)きのばしてウラル彦様(ひこさま)御褒美(ごほうび)にあづからうではないか』
164一同(いちどう)『それが()からう、165面白(おもしろ)面白(おもしろ)い』
166目配(めくば)せしながら、167四方(しはう)より棒千切(ばうちぎれ)()つて()めかくれば、168春姫(はるひめ)(すず)しき(こゑ)()()げて、
169惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
170(とな)へ、171かつ、
172三千世界(さんぜんせかい)一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)
173(うた)()したるにぞ、174一同(いちどう)(あたま)をかかへ、175大地(だいち)跼蹐(しやが)みける。
176 春姫(はるひめ)は、177(みぎ)人差指(ひとさしゆび)四人(よにん)頭上(づじやう)めがけてさし()けたるに、178指頭(しとう)よりは五色(ごしき)霊光(れいくわう)放射(はうしや)して、179四人(よにん)全身(ぜんしん)射徹(いとほ)したり。
180 一同(いちどう)は、
181(ゆる)(ゆる)せ』
182(こゑ)()て、183両手(りやうて)(あは)哀願(あいぐわん)するのみ。184このとき(また)もや山奥(やまおく)より、
185三千世界(さんぜんせかい)一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)
186(うた)(こゑ)187木精(こだま)(ひび)かせながら、188(くも)つくばかりの(をとこ)(あら)はれたり。189これぞ大道別(おほみちわけ)のなれの(はて)190()()(かみ)宣伝使(せんでんし)なりける。
191 黒熊(くろくま)以下(いか)魔人(まがびと)男神(をがみ)出現(しゆつげん)(きも)(つぶ)して、192()けつ(まろ)びつ、193蜘蛛(くも)()()らすがごとく()()りぬ。194(あと)三人(さんにん)(かほ)見合(みあ)はせて、195うれし(なみだ)(そで)(しぼ)るのみなりき。
196大正一一・一・一七 旧大正一〇・一二・二〇 藤松良寛録)