霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一二章 起死回生(きしくわいせい)〔二六二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻 篇:第2篇 常世の波 よみ:とこよのなみ
章:第12章 第6巻 よみ:きしかいせい 通し章番号:262
口述日:1922(大正11)年01月17日(旧12月20日) 口述場所: 筆録者:嵯峨根民蔵 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
日の出神は薬草を探し出して、春日姫の毒を治した。そして、天恩郷で南天王の妃として君臨しているはずの春日姫が、なぜこのような山奥で宣伝使として旅をしているのか、問いただした。
春日姫は天恩郷を逐電してから今までの経緯を日の出神に語った。日の出神は春日姫の身の上を聞くと、両親に孝養を尽くし、夫の帰還を待つためには、モスコーに帰って家を守るのも努めである、と諭した。春姫もまた、日の出神の助言に従い、モスコーに春日姫を送っていこう、と諭した。
しかし春日姫は、いったん神の道に宣伝使として思い定めたからは、たとえ山野に屍をさらすとも、初心を枉げることはできない、と決心のほどを明らかにした。
日の出神・春姫ともに、春日姫の決心の強さに感嘆し、それ以上は何も言わずに長白山を降り、また三人三方へと宣伝の旅に散っていった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0612
愛善世界社版:75頁 八幡書店版:第1輯 657頁 修補版: 校定版:77頁 普及版:31頁 初版: ページ備考:
001 久方(ひさかた)(あめ)(つち)との大道(おほみち)を、002()()(すす)宣伝使(せんでんし)003()烏羽玉(うばたま)(やみ)()を、004(あま)ねく()らす()()(かみ)005深山(みやま)(おく)()()りて、006(かみ)御旨(みむね)(つた)()る、007月日(つきひ)(なが)長白(ちやうはく)の、008(やま)()(すす)神司(いきがみ)の、009雄々(をを)しき姿(すがた)(いま)ここに、010()つの身魂(みたま)のめぐり()ひ、011(ふか)(えにし)(たに)(そこ)012(そこ)ひも()らぬ皇神(すめかみ)の、013(めぐ)みの(ふね)(さを)さして、014大海原(おほうなばら)(かは)()を、015(わた)浮世(うきよ)神柱(かむばしら)
016 ゆくりなくも、017ここに一男二女(いちなんにぢよ)宣伝使(せんでんし)邂逅(かいこう)したりける。018春日姫(かすがひめ)(くる)しき(いき)(した)よりも(かすか)(こゑ)をふり(しぼ)り、
019貴下(きか)大恩(たいおん)(ふか)南天王(なんてんわう)()()(かみ)にましますか。020みじめなところを御目(おめ)にかけ、021御耻(おはづ)かしく(ぞん)じます』
022言葉(ことば)(をは)ると(とも)に、023(いき)()()えに(また)もや打伏(うちふ)しにける。024()()(かみ)両眼(りやうがん)(なみだ)をたたへ、025黙然(もくねん)として春日姫(かすがひめ)()(なが)めつつありしが、026ツと()(あが)り、027(かたはら)(くさむら)彼方(あなた)こなたと逍遥(せうえう)しながら、028二種(ふたいろ)(くさ)()(もと)めきたり、029両手(りやうて)(たなごころ)()(つぶ)し、030(しづく)のしたたる葉薬(はぐすり)春日姫(かすがひめ)疵所(きずしよ)にあて介抱(かいほう)したりける。
031 これは各地(かくち)高山(かうざん)によく発生(はつせい)する山薊(やまあざみ)と、032山芹(やませり)にして、033起死回生(きしくわいせい)神薬(しんやく)は、034これを(もつ)(つく)らるるといふ。035日本(にほん)では伊吹山(いぶきやま)(いま)発生(はつせい)()るものなり。
036 ()るみる春日姫(かすがひめ)は、037(ねつ)さめ(いた)みとまり()れは退()き、038たちまちにして(もと)身体(からだ)(ふく)し、039さも愉快気(ゆくわいげ)笑顔(ゑがほ)(とびら)(ひら)きける。040ここに三人(さんにん)歓喜(くわんき)(きは)まつて、041神恩(しんおん)(あつ)きに落涙(らくるい)したり。
042 ()()(かみ)はおもむろに春日姫(かすがひめ)(むか)ひ、
043貴女(あなた)顕恩郷(けんおんきやう)南天王(なんてんわう)として夫婦(ふうふ)(むつま)じく()まはせ(たま)ふならむと(おも)ひきや、044(おも)ひがけなき宣伝使(せんでんし)のこの姿(すがた)045(かは)(やす)きは浮世(うきよ)(なら)ひとは()ひながら、046()ンとして()かる深山(みやま)にさまよひ(たま)ふぞ。047また鷹住別(たかすみわけ)如何(いかが)はしけむ、048その消息(せうそく)()かまほし』
049(いぶ)かしげに()ひけるに、050春日姫(かすがひめ)一別(いちべつ)以来(いらい)()消息(せうそく)を、051こまごまと物語(ものがた)り、052かつ()終末(をはり)(ちか)づけるを坐視(ざし)するに(しの)びず、053身命(しんめい)(かみ)(ささ)げて、054(あゆ)みも()れぬ宣伝使(せんでんし)(くる)しき旅路(たびぢ)詳細(しやうさい)物語(ものがた)りけるに、055()()(かみ)言葉(ことば)(あらた)めて、
056至仁(しじん)至愛(しあい)神心(かみごころ)奉戴(ほうたい)し、057()(すく)ふべく(みやこ)()でての艱難(かんなん)辛苦(しんく)(さつ)(まを)す。058さりながら、059(をんな)たるものは(いへ)(をさ)むるをもつて第一(だいいち)(つと)めとなす。060()(をつと)鷹住別(たかすみわけ)宣伝使(せんでんし)として浪路(なみぢ)はるかに()でませし(のち)のモスコーは、061(とし)()いたる両親(りやうしん)御心(みこころ)のほども(さつ)しやらねばなりますまい。062貴女(あなた)はすみやかにモスコーに(かへ)り、063父母(ふぼ)孝養(かうやう)(つく)し、064(かみ)(いの)りて、065(をつと)帰省(きせい)(こころ)(しづ)かに()たせたまへ』
066(すす)むるにぞ、067春姫(はるひめ)はその()()いで、
068隙間(すきま)(かぜ)にもあてられぬ(たつと)女性(ぢよせい)御身(おんみ)(うへ)として、069案内(あない)()らぬ海山(うみやま)()えて、070(かみ)のためとは()ひながら、071(おん)いたはしき(ひめ)御姿(みすがた)072一日(ひとひ)(はや)くモスコーに(かへ)らせたまへ。073(わらは)(いま)よりモスコーに()(みこと)(おく)(とど)(まゐ)らせむ』
074真心(まごころ)(おもて)(あら)はして、075(なみだ)(とも)(いさ)めけるにぞ、076春日姫(かすがひめ)(かうべ)左右(さいう)()り、
077二司(おふたかた)(わらは)かばひたまふその御心(みこころ)は、078何時(いつ)()にかは(わす)(まを)さむ。079されど一旦(いつたん)(おも)(さだ)めた宣伝使(せんでんし)080たとへ(かばね)山野(さんや)(さら)し、081(とら)(おほかみ)餌食(ゑじき)となるとも、082初心(しよしん)()ぐる(こと)のいとぞ(くる)しければ』
083二司(ふたかた)(いさ)めを(こば)みて(うご)(いろ)()えざりければ、084()()(かみ)春姫(はるひめ)も、085(いはほ)射抜(いぬ)春日姫(かすがひめ)(かた)決心(けつしん)感歎(かんたん)し、086三人(さんにん)(つかさ)(あひ)(たづさ)へて長白山(ちやうはくざん)(くだ)り、087(ひがし)088西(にし)089(みなみ)三方(さんぱう)宣伝歌(せんでんか)(うた)ひつつ(たもと)(わか)ちたりける。
090大正一一・一・一七 旧大正一〇・一二・二〇 嵯峨根民蔵録)
091(第一一章~一二章 昭和一〇・一・二八 於筑紫別院 王仁校正)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)