霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一三章 谷間(たにま)(ささやき)〔二六三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻 篇:第2篇 常世の波 よみ:とこよのなみ
章:第13章 第6巻 よみ:たにまのささやき 通し章番号:263
口述日:1922(大正11)年01月18日(旧12月21日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
長白山では山人たちが、最近獣が取れないことを話の種に、四方山話にふけっていた。
そこへ、西方の谷間に大音響が響くと、黒と赤の二匹の巨大な大蛇が谷川めがけてまっしぐらに降ってくるのを目撃して、一同は肝を冷やした。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0613
愛善世界社版:79頁 八幡書店版:第1輯 659頁 修補版: 校定版:81頁 普及版:33頁 初版: ページ備考:
001 八百八谷(はつぴやくやたに)谷々(たにだに)の、002(なが)れもここに鴨緑江(あいなれ)の、003その水上(みなかみ)(いは)()に、004(こし)()ちかけて、005四五(しご)山人(やまびと)は、006弓矢(ゆみや)(たづさ)へ、007水音(みなおと)(たか)谷川(たにがは)(いはほ)(こし)をうちかけて、008(ささや)(こゑ)あいなれ水瀬(みなせ)(あつ)するばかりなりけり。009深霧(ふかぎり)()めし長白(ちやうはく)(みね)屹然(きつぜん)と、010(くも)(かしら)(あら)はして、011さも雄渾(ゆうこん)()()たされ()たる。
012(かふ)『オイ今日(けふ)はどうだつたい、013(なに)獲物(えもの)があつたかの、014吾々(われわれ)(たに)から(たに)()(まは)り、015(うさぎ)(しし)足跡(あしあと)(かんが)()(ねら)つたが、016どうしたものか一匹(いつぴき)獲物(えもの)もないのだ。017(おほ)きな(かほ)をして弓矢(ゆみや)()つて(うち)(かへ)れた(ざま)ぢやない。018(まへ)たちの()つたものでも、019一寸(ちよつと)(おれ)()してくれないか、020()ぶらで(かへ)るとまた(やま)(かみ)御機嫌(ごきげん)(ななめ)なりだ。021いつもいつも夫婦(めをと)喧嘩(げんくわ)()つともないからなア』
022(おつ)(おい)らだつて(おな)じことだよ、023一体(いつたい)このごろ四足(よつあし)どもは何処(どこ)()きよつたのだらうか。024(かげ)(かたち)()せない。025(おい)らア合点(がつてん)がゆかぬが、026きつと大変(たいへん)だぜ』
027(へい)(さつ)するところ、028つらつら(かんが)ふるに、029天地開闢(てんちかいびやく)(はじ)め、030大国治立命(おおくにはるたちのみこと)御退隠(ごたいいん)(あそ)ばしてより……』
031(かふ)(なん)ぢや、032ひち(むつ)()御託(ごたく)ばかりこきよつて、033いつも貴様(きさま)のいふ(こと)(しり)(むす)べた(こと)はありやしない、034(だま)つてすつこみて()れ』
035(てい)『イヤ(へい)のいふ(とほ)りだ、036(をは)りまで()いてやれ、037この(あひだ)からチト(てん)様子(やうす)(へん)ぢやないか。038彼方(あつち)(てん)にも此方(こつち)(てん)にも(きん)(ぎん)(ほし)集合(かたま)つて、039星様(ほしさま)(なん)相談(さうだん)しとるぢやないか。040ありやキツと大地震(だいぢしん)か、041大風(おほかぜ)か、042大雨(おほあめ)()らす相談(さうだん)だらうぜ』
043(へい)『しかり(しか)うして、044そもそも天上(てんじやう)諸星(しよせい)鳩首(きうしゆ)謀議(ぼうぎ)結果(けつくわ)は』
045(かふ)貴様(きさま)のいふ(こと)(わけ)(わか)らぬ。046すつこみて()れと()つたら、047すつこみて()らうよ』
048(へい)貴様(きさま)は、049いつも吾輩(わがはい)議論(ぎろん)強圧的(きやうあつてき)圧迫(あつぱく)して、050(おさ)へつけようとするのか……』
051(かふ)強圧(きやうあつ)も、052圧迫(あつぱく)も、053(おさ)へつけるもあつたものか。054(おな)(こと)ばかり(なら)べよつて、055此奴(こいつ)余程(よほど)どうかして()るぜ』
056(へい)『どうかして()るつて(なん)だい。057本来(もともと)(おれ)一言(ひとこと)いふと(あたま)から強圧(きやうあつ)しよつたらう。058二度目(にどめ)にはまた圧迫(あつぱく)しよつて、059三度目(さんどめ)には(おさ)へつけよつたらう。060面倒(めんだう)くさいから三度(さんど)のを一遍(いつぺん)にいうたのだ。061無学(むがく)(やつ)(あは)れなものだナア』
062(おつ)『そんな(はなし)はどうでもよい、063第一(だいいち)地響(ぢひび)きは毎日(まいにち)ドンドンと(つづ)くなり、064(あめ)はベチヤベチヤ()(つづ)くなり、065(しし)(うさぎ)(やつ)一匹(いつぴき)も、066どこかへ()きよつて、067(おい)らも最早(もはや)(かへる)干乾(ひぼし)にならなくちや仕方(しかた)がないのだ。068(おい)らの生活上(せいくわつじやう)大問題(だいもんだい)だよ』
069(てい)(えう)するに、070貴様(きさま)たちのやくざ人足(にんそく)(なに)()らないからだ。071この(あひだ)宣伝使(せんでんし)とかいふ(やつ)がやつて()てね、072(しし)(うさぎ)などは三日前(みつかまへ)から(なん)でも()つて()る。073(まへ)たちの()はまるで節穴(ふしあな)だ」と()つて(とほ)りよつたが、074大方(おほかた)このごろ(やま)に、075(とり)(けだもの)()らなくなつたのは、076大洪水(だいこうずゐ)()るのを()つて、077長白山(ちやうはくざん)奴頂辺(どてつぺん)にでも避難(ひなん)したのかも(わか)らないよ。078道理(だうり)でこの谷川(たにがは)名物(めいぶつ)(みどり)(かも)も、079一羽(いちは)もそこらに()らないぢやないか。080晴天(せいてん)でお太陽様(てんとうさま)(ひかり)木間(このま)から()れて、081この谷川(たにがは)(うつく)しい鴛鴦(をしどり)()いて()るときの光景(くわうけい)は、082(なん)ともいはれなかつたが、083今日(けふ)殺風景(さつぷうけい)はどうだい。084この(あひだ)(あめ)谷水(たにみづ)(にご)る、085(みづ)はだんだん増加(ふえ)る、086おまけに間断(かんだん)なく(あめ)()る、087これ()ても吾々(われわれ)(なん)とか(かんが)へねばなるまい。088キツと天地(てんち)大変動(だいへんどう)(きた)るべき前兆(ぜんてう)かも()れないよ』
089(へい)江山(かうざん)風景(ふうけい)(かなら)ずしも晴天(せいてん)のみに(かぎ)らず、090降雪(かうせつ)091降雨(かうう)092暴風(ばうふう)のときこそかへつて雅趣(がしゆ)()へるものなりだ。093エヘン』
094(かふ)『また(はじ)まつた、095貴様(きさま)のいふことは一体(いつたい)(わけ)(わか)らないワ』
096(へい)黙言(だま)つて(しまひ)まで()かうよ。097(むかし)から相似(さうじ)(とし)といつて、098長雨(ながあめ)()つたり、099地震(ぢしん)()つたり、100(ほし)()つたり、101凶作(きようさく)(つづ)いたり、102鳥獣(てうじう)()なくなつたりした(こと)幾度(いくたび)もあるよ。103()(なか)歴史(れきし)繰返(くりかへ)すといつてな、104少々(せうせう)地響(ぢひびき)がしたつて、105(あめ)()つたつて、106(ほし)集会(しふくわい)したつて、107さう(おどろ)くに(およ)ばぬのぢや。108(さつ)するところお(まへ)たちの臆病者(おくびやうもの)(はら)(なか)は、109もはや天変地妖(てんぺんちえう)到来(たうらい)して、110獲物(えもの)()いので(やま)(かみ)(かみなり)でも、111(あたま)(うへ)から(おと)されるのが(こは)くつて(ふる)うて()よるのだらう。112つらつら(おもんみ)るに、113エヘン、114(まへ)たちは臆病神(おくびやうがみ)(さそ)はれたのだねえ、115エヘン、116オホン』
117(てい)『ヤア、118そこへ五六羽(ごろつぱ)(かも)()たではないか』
119 ヨウ、120ヨウ、121()ひながら一同(いちどう)(ゆみ)()(つが)へて身構(みがま)へする。
122(おつ)()()大変(たいへん)だ。123この(たに)鴨猟(かもれふ)(きび)しく(きん)じてあるぢやないか、124そんな(もの)ども()つたら大変(たいへん)だよ。125この(かも)(むかし)八頭(やつがしら)(つま)磐長姫(いはながひめ)が、126悋気(りんき)とか陰気(いんき)とかの(やまひ)(かは)()()んで、127その亡霊(ばうれい)(かも)になつたといふ(こと)だ。128それでその(かも)八頭様(やつがしらさま)奥様(おくさま)(れい)だから、129それを()たうものなら大変(たいへん)刑罰(けいばつ)()けねばならぬ。130そしてその(かも)()つた(やつ)(かかあ)は、131すぐにこの谷川(たにがは)()()んで、132(かも)になつて仕舞(しま)ふと()(こと)だよ』
133(へい)『そンな(こと)(とほ)(むかし)委細(ゐさい)御承知(ごしようち)だ。134迷信(めいしん)(くさ)(こと)をいつ(まで)もぬかす(やつ)があるかい、135()(はら)はかへられぬ。136()はずに()ぬか、137()うて()ぬかぢや。138(ばつ)があたりや、139(あた)つたでよい。140一寸先(いつすんさき)(やみ)よ。141宣伝使(せんでんし)()(くさ)ではないが、142(てん)()となり()(てん)となる、143たとへ大地(だいち)(しづ)むとも間男(まをとこ)(ちから)()(すく)ふのだ。144せせつ(こま)しい(ぜん)とか(あく)とかに拘泥(かうでい)してゐたら、145吾々(われわれ)ミイラになつて仕舞(しま)わア、146そンな(わけ)(わか)らぬ迷信(めいしん)はさつぱりとおいて()しぼしぢや、147梅干(うめぼし)ぢや、148(かへる)干乾(ひぼし)ぢや、149土用干(どようぼし)ぢや、150(たま)小坊子(こぼし)膝坊子(ひざぼふし)や、151カンカン』
152とただ単独(ひとり)153調子(てうし)にのつて(くだ)らぬことを(しやべ)りてをる。
154 このとき西方(せいはう)谷間(たにま)にあたりて、155(やま)()るるばかりの音響(おんきやう)(きこ)ゆると(おも)刹那(せつな)156()(まは)三丈(さんぢやう)もあらうと(おも)真黒(まつくろ)大蛇(だいじや)が、157谷川(たにがは)めがけて(くだ)()たり、158()もなく、159(すこ)赤味(あかみ)()びたる(おな)(おほ)きさの二三百(にさんびやく)(ちやう)もある(なが)大蛇(だいじや)が、160()(つづ)いて谷川(たにがは)めがけて驀地(まつしぐら)(くだ)(きた)るを()つつ、161一同(いちどう)(いき)(ころ)し、162()(ふさ)ぎ、163(いは)(かぢ)りつき、164大蛇(だいじや)通過(つうくわ)するを(ふる)(ふる)(くちびる)まで真蒼(まつさを)にして()()たりける。
165大正一一・一・一八 旧大正一〇・一二・二一 加藤明子録)