霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一四章 黒竜(こくりう)赤竜(せきりう)〔二六四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻 篇:第2篇 常世の波 よみ:とこよのなみ
章:第14章 第6巻 よみ:こくりゅうせきりゅう 通し章番号:264
口述日:1922(大正11)年01月18日(旧12月21日) 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
話は少しさかのぼり、ウラル山から盤古大神を脱出させ、エルサレムに奉安した日の出神は長白山に渡って宣伝を行っていた。
長白山はかねてよりウラル彦に帰順していたが、ある日八王の有国彦は、長白山が大洪水に見舞われるという恐ろしい夢を見た。それより八王夫婦は長白山の国魂・白玉宮に詣でて神に祈願し、人々に警戒をするように命じた。しかし八頭の磐長彦をはじめ部下や国人たちは、誰も有国彦夫婦を信じなかった。
そこへ日の出神が長白山の宣伝に表れた。長白山の神人らはことごとく、日の出神の宣伝歌に苦痛を覚えた。磐長彦は日の出神に矢を射掛けたが、一矢も当たらず、日の出神はゆうゆうと宮殿に入った。
喜んだ有国彦夫婦は日の出神を奥殿に導いた。日の出神は神の教えを懇切に説き、三年後に世界の終わりが来ることを教示すると、またどこへともなく去って行った。
有国彦夫婦は世の終わりに備えて方舟を造るように神人らに命令したが、八頭の磐長彦に妨げられてしまった。そこで夫婦は百日百夜神に祈り続けると、その身は黒竜・赤竜と変じ、国魂である白色の玉を口に含むと鴨緑江を下って大海原を横切り、天教山に至って大神に奉仕することとなった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0614
愛善世界社版:85頁 八幡書店版:第1輯 661頁 修補版: 校定版:87頁 普及版:36頁 初版: ページ備考:
001 (はなし)(すこ)(あと)(もど)つて、002ウラル(さん)宮殿(きうでん)より盤古神王(ばんこしんわう)(ほう)じ、003ヱルサレムの聖地(せいち)帰還(きくわん)したる()()(かみ)は、004()終末(をはり)(ちか)づけるに憂慮(いうりよ)し、005天下(てんか)災害(さいがい)坐視(ざし)するに(しの)びずとして、006盤古大神(ばんこだいじん)をヱルサレムに奉安(ほうあん)し、007(みづか)らは宣伝使(せんでんし)となりてこの長白山(ちやうはくざん)(あら)はれたるなり。
008 長白山(ちやうはくざん)には白色(はくしよく)(たま)(まつ)られてある。009(して)して有国彦(ありくにひこ)010有国姫(ありくにひめ)(これ)主宰(しゆさい)し、011磐長彦(いはながひこ)をして神政(しんせい)(つかさど)らしめられたり。012(しか)るにこの長白山(ちやうはくざん)は、013悉皆(しつかい)ウラル(ひこ)帰順(きじゆん)して()たりける。014有国彦(ありくにひこ)はある()(おそ)ろしい(ゆめ)()たるが、015その(ゆめ)暴風雨(ばうふうう)幾百日(いくひやくにち)(つづ)いて、016大地(だいち)一面(いちめん)泥海(どろうみ)(くわ)し、017さしもに(たか)長白山(ちやうはくざん)水中(すゐちう)(ぼつ)し、018神人(しんじん)(みな)溺死(できし)()げたるが、019自分(じぶん)山頂(さんちやう)大樹(だいじゆ)(えだ)駈登(かけのぼ)りけるに、020数多(あまた)(へび)樹上(じゆじやう)(のぼ)りきたつて、021夫婦(ふうふ)手足(てあし)()むだ。022地上(ちじやう)泥水(どろみづ)はますます増加(ぞうか)して、023(つひ)にはその大樹(だいじゆ)をも(ぼつ)し、024(いま)自分(じぶん)(あたま)(ぼつ)せむとした(とき)025一柱(ひとはしら)(うるは)しき(かみ)天上(てんじやう)より(あら)はれ(きた)り、026金線(きんせん)(かぎ)引懸(ひきか)中空(ちうくう)()()げ、027(すく)ひたまふ。028途中(とちう)()(ひら)いて地上(ちじやう)見下(みおろ)途端(とたん)に、029(かぎ)(かか)りし(わが)(おび)はプツリと()れて、030山岳(さんがく)のごとく怒濤(どたう)(たけ)(くる)泥海(どろうみ)に、031真倒(まつさか)さまに顛落(てんらく)せし、032(おも)途端(とたん)(ねむ)りは()めたり。033それより夫婦(ふうふ)(ただ)ちに白玉(しらたま)(みや)(まう)で、034かつ天地(てんち)大神(おほかみ)祈願(きぐわん)し、035(やま)神人(かみがみ)(あつ)めて警戒(けいかい)(あた)へたれど、036磐長彦(いはながひこ)はじめ一柱(ひとはしら)(これ)(しん)ずる(もの)なかりける。037(しか)るに日夜(にちや)暴風(ばうふう)()(すさ)び、038天空(てんくう)には異様(いやう)(ほし)(あら)はれ、039三箇(さんこ)彗星(すゐせい)出没(しゆつぼつ)きはまりなく、040夫婦(ふうふ)非常(ひじやう)(むね)(いた)めつつありき。041かかるところへ天教山(てんけうざん)宣伝使(せんでんし)042()()(かみ)は、
 
043三千世界(さんぜんせかい)一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)
044 仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
045 (まこと)(ちから)()(すく)ふ』
 
046(うた)ひて(のぼ)()るあり。047その(こゑ)(はり)()すごとくに夫婦(ふうふ)(みみ)()りぬ。048長白山(ちやうはくざん)神人(かみがみ)宣伝使(せんでんし)(うた)()くや(いな)や、049たちまち頭痛(づつう)(かん)じ、050胸部(きようぶ)激烈(げきれつ)なる(いた)みを(おぼ)え、051大地(だいち)七転八倒(しちてんばつたう)して(くるし)(もだ)ゆる而者(のみ)なりき。052磐長彦(いはながひこ)は、
053天下(てんか)(そこな)悪神(あくがみ)(こゑ)054征服(せいふく)してくれむ』
055(ゆみ)()(つが)へて、056宣伝使(せんでんし)()がけて発止(はつし)()かけたり。057されどその()(のこ)らず()れて、058一矢(いつし)命中(めいちう)せざりける。059()()(かみ)(すこ)しも(くつ)せず、060宣伝歌(せんでんか)(うた)ひながら、061山上(さんじやう)宮殿(きうでん)(すす)()る。062夫婦(ふうふ)(よろこ)びて()()(かみ)奥殿(おくでん)(みちび)き、063懇切(こんせつ)なる教示(けうじ)()けたり。064()()(かみ)(いま)より三年(さんねん)(のち)にいよいよ()終末(をはり)到来(たうらい)べき(こと)明示(めいじ)し、065(また)もや宣伝歌(せんでんか)(うた)ひながら(やま)(くだ)り、066何処(いづこ)ともなく姿(すがた)(かく)したまひける。
067 (それ)より夫婦(ふうふ)昼夜(ちうや)(かみ)(いの)り、068かつ方舟(はこぶね)(つく)るべき(こと)領内(りやうない)神人(かみがみ)命令(めいれい)したれど、069肝腎(かんじん)神政(しんせい)主管(しゆくわん)する磐長彦(いはながひこ)(さまた)げられ、070(その)目的(もくてき)(たつ)するに(いた)らざりける。071ここに夫婦(ふうふ)()(けつ)し、072百日(ひやくにち)百夜(ひやくや)(かみ)(いの)り、073(つひ)黒竜(こくりゆう)赤竜(せきりゆう)()還元(くわんげん)し、074白色(はくしよく)(たま)(くち)(ふく)み、075鴨緑江(あふりよくかう)(くだ)り、076大海原(おほうなばら)横断(よこぎ)り、077天教山(てんけうざん)(のぼ)大神(おほかみ)(した)しく奉仕(ほうし)したまひしなり。
078大正一一・一・一八 旧大正一〇・一二・二一 録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)