霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一七章 極仁(きよくじん)極徳(きよくとく)〔二六七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻 篇:第3篇 大峠 よみ:おおとうげ
章:第17章 第6巻 よみ:きょくじんきょくとく 通し章番号:267
口述日:1922(大正11)年01月18日(旧12月21日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
琴平別神は、眷属を従えて漂流する地上の神人らをその背に乗せて、高山の頂に救いつつあった。金銀橋は、もう救う神人が絶えたため、合一して一つの橋になってしまった。銅の橋は、引き続き霊線で神人らを救いつつあった。
地教山の野立姫命は天橋を伝って天教山に渡ると、野立彦命とともに、主神・大国治立尊に祈願し、日の神・月の神の精霊に対して、自分たちが責任を取って無限の苦しみを受ける代わりに、地上万類の罪を赦し給え、と願をかけると、天教山の火口に身を投じて神去りましました。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0617
愛善世界社版:100頁 八幡書店版:第1輯 666頁 修補版: 校定版:102頁 普及版:41頁 初版: ページ備考:
001 見渡(みわた)(かぎ)()一面(いちめん)(どろ)(うみ)002彼方此方(あなたこなた)高山(かうざん)(わづ)かにその(いただき)水上(すゐじやう)(あら)はすのみなりき。003地教山(ちけうざん)(ただよ)ひきたる方舟(はこぶね)幾百千(いくひやくせん)とも(かぎ)()く、004(やま)八合目(はちがふめ)あたりに(うち)つけたる(ふと)(くひ)(ふね)(つな)ぎ、005やうやく(なん)()け、006山上(さんじやう)神殿(しんでん)めがけて、007隙間(すきま)もあらず()(のぼ)るあり。008(なみ)のまにまに(ただよ)数多(あまた)材木(ざいもく)に、009生命(いのち)大事(だいじ)(すが)りつきし神人(かみがみ)(たが)ひに(さき)(あらそ)ひ、010(ある)ひは(みづ)(おちい)り、011(ある)ひはかぢりつき、012(まる)(はしら)のクルクルと、013(めぐ)因果(いんぐわ)(おそ)ろしさ。
014 琴平別(ことひらわけ)は、015あまたの眷族(けんぞく)(したが)へ、016(もつと)巨大(きよだい)なる(かめ)(くわ)し、017地上(ちじやう)神人(しんじん)をその()()せ、018(なみ)のまにまに(ただよ)ひつつ高山(かうざん)めがけて(はこ)びきたる。019金銀橋(きんぎんけう)(うへ)よりは最早(もはや)(すく)ふべき神人(しんじん)()えたりと()え、020天橋(てんけう)合一(がふいつ)して、021(ひと)つの(はし)となりぬ。022()銅橋(どうけう)よりは、023(さか)ンに銅線(どうせん)(かぎ)垂下(すゐか)して、024(なみ)(ただよ)神人(かみがみ)(すく)()げつつありき。025これも(やうや)くにしてその(かげ)(ぼつ)し、026東天(とうてん)より、027西天(せいてん)にただ一筋(ひとすぢ)黄金(わうごん)長橋(ちやうけう)(かは)りをはりぬ。
028 阿鼻叫喚(あびけうくわん)(こゑ)は、029四方(しはう)八方(はつぱう)(おこ)り、030()(すさ)(かぜ)(おと)031(なみ)(ひび)きは(じつ)名状(めいじやう)すべからざる惨澹(さんたん)たる光景(くわうけい)なり。
032 地教(ちけう)(やま)()します野立姫命(のだちひめのみこと)は、033(めぐ)りくる黄金(こがね)(はし)にヒラリと()()(たま)ふや、034金橋(きんけう)はたちまち回転(くわいてん)(はじ)めて、035天教山(てんけうざん)()(とど)きける。036野立姫命(のだちひめのみこと)は、037(ただ)ちに天教山(てんけうざん)(くだ)(たま)ひぬ。038このとき金橋(きんけう)(はや)くも東南(とうなん)(まは)りゐたりける。
039 野立彦命(のだちひこのみこと)040野立姫命(のだちひめのみこと)は、041地上(ちじやう)惨状(さんじやう)()悲歎(ひたん)()へず、042(たちま)宇宙(うちう)大原因神(だいげんいんしん)たる大国治立命(おほくにはるたちのみこと)(むか)つて祈願(きぐわん)し、043()()(かみ)044(つき)(かみ)精霊(せいれい)にたいして、
045地上(ちじやう)森羅万象(しんらばんしやう)一種(ひといろ)(のこ)さず、046この大難(だいなん)より(すく)はせ(たま)へ。047(われ)らは地上(ちじやう)神人(しんじん)(はじ)め、048一切(いつさい)万有(ばんいう)(あがな)ひとして、049根底(ねそこ)(くに)()()き、050無限(むげん)(くる)しみを()けむ。051(ねが)はくは地上(ちじやう)万類(ばんるゐ)(つみ)(ゆる)させ(たま)へ。052地上(ちじやう)のかくまで溷濁(こんだく)して、053かかる大難(だいなん)出来(しゆつたい)したるは(われ)らの一大責任(いちだいせきにん)なれば、054()(もつ)天下(てんか)万象(ばんしやう)(かは)らむ』
055()ふより(はや)く、056天教山(てんけうざん)猛烈(まうれつ)なる噴火口(ふんくわこう)()(とう)じて神避(かむさ)りましける。
057 (かみ)仁慈(じんじ)は、058(じつ)無限(むげん)絶対(ぜつたい)にして、059吾々(われわれ)人間(にんげん)想像(さうざう)(およ)ばざる極仁(きよくじん)極愛(きよくあい)御精神(ごせいしん)なるを(うかが)(たてまつ)りて感謝(かんしや)すべきなり。
060 アヽ『惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)061
062大正一一・一・一八 旧大正一〇・一二・二一 外山豊二録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)