霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一八章 (あま)瓊矛(ぬほこ)〔二六八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻 篇:第3篇 大峠 よみ:おおとうげ
章:第18章 第6巻 よみ:あまのぬほこ 通し章番号:268
口述日:1922(大正11)年01月18日(旧12月21日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
この大異変により、天柱は砕けて地軸は裂け、宇宙大地の位置は、やや西南に傾斜して天上の星の位置も変化してしまった。
大国治立尊は、この海月成す漂える国を修理固成しようとして、日月界の主宰神である伊邪那岐尊および伊邪那美尊に命じて、天の瓊矛を賜り、天の浮き橋に立たせて地上の海原を掻きなさしめた。
天の瓊矛とは、今の北斗星である。北極星は宇宙の中空の位置を占めて月の呼吸を助け、地上の水を盛んに吸引させた。北斗星の先端にある天教山は次第に水かさを減じた。
数年を経て洪水は減じ、地上は再びもとの陸地を現した。神典に「矛の先より滴る雫凝りて、一つの島を成す」というのは、北斗星の切っ先の真下の国土から、修理固成が行われた、という意味である。
水が引くと一切の草木は蘇生し、地上の万物は、野立彦命・野立姫命の犠牲的な仁慈の徳によって、残らず救われたのである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0618
愛善世界社版:103頁 八幡書店版:第1輯 667頁 修補版: 校定版:105頁 普及版:43頁 初版: ページ備考:
001 この大変乱(だいへんらん)天柱(てんちう)(くだ)け、002地軸(ちぢく)()け、003宇宙大地(うちうだいち)位置(ゐち)は、004激動(げきどう)(ため)やや西南(せいなん)傾斜(けいしや)し、005(したが)つて天上(てんじやう)(ほし)位置(ゐち)変更(へんかう)するの()むを()ざるに(いた)りける。
006 さて大地(だいち)西南(せいなん)傾斜(けいしや)したるため、007北極星(ほくきよくせい)および北斗星(ほくとせい)は、008地上(ちじやう)より()て、009その位置(ゐち)(へん)ずるに(いた)り、010地球(ちきう)北端(ほくたん)なる()国土(こくど)真上(まうへ)に、011北極星(ほくきよくせい)あり、012北斗星(ほくとせい)またその真上(まうへ)()りしもの、013この変動(へんどう)()りて(やや)()(くに)より()て、014東北(とうほく)偏位(へんゐ)するに(いた)りける。
015 また太陽(たいやう)位置(ゐち)も、016()国土(こくど)より()(やや)北方(ほくはう)(かたむ)き、017それ以後(いご)気候(きこう)寒暑(かんしよ)相違(さうゐ)(きた)したるなり。
018 ここに大国治立命(おほくにはるたちのみこと)は、019この海月成(くらげな)(ただよ)へる(くに)修理固成(しうりこせい)せしめむとし、020日月界(じつげつかい)主宰神(しゆさいしん)たる伊邪那岐尊(いざなぎのみこと)および伊邪那美尊(いざなみのみこと)(めい)じ、021(あま)瓊矛(ぬほこ)(たま)ひて(あま)浮橋(うきはし)()たしめ、022地上(ちじやう)海原(うなばら)瓊矛(ぬほこ)()つて()きなさしめ(たま)ひぬ。
023 この瓊矛(ぬほこ)()ふは、024(いま)北斗星(ほくとせい)なり。025北極星(ほくきよくせい)宇宙(うちう)中空(ちうくう)位置(ゐち)()め、026(つき)呼吸(こきふ)(たす)け、027地上(ちじやう)(みづ)(さか)ンに吸引(きふいん)せしめたまふ。028北斗星(ほくとせい)尖端(せんたん)にあたる天教山(てんけうざん)は、029次第(しだい)水量(みづかさ)(げん)じ、030漸次(ぜんじ)世界(せかい)山々(やまやま)は、031()()うて()頂点(ちやうてん)(あら)はしにける。
032 数年(すうねん)()洪水(こうずゐ)(げん)じ、033地上(ちじやう)(ふたた)(もと)陸地(りくち)となり、034(ほこ)(さき)より(したた)(しづく)()りて、035(ひと)つの(しま)()すといふは、036この北斗星(ほくとせい)切尖(きつさき)真下(ました)(あた)国土(こくど)より、037修理固成(しうりこせい)せられたるの(いひ)なり。
038 太陽(たいやう)(ふたた)晃々(くわうくわう)として(てん)(かがや)き、039(つき)純白(じゆんぱく)(ひかり)地上(ちじやう)()げ、040一切(いつさい)草木(さうもく)(のこ)らず蘇生(そせい)し、041(しかし)地上(ちじやう)(すべ)ての蒼生(さうせい)は、042(ほとん)全滅(ぜんめつ)せしと(おも)ひきや、043野立彦(のだちひこ)044野立姫(のだちひめ)二神(にしん)犠牲的(ぎせいてき)仁慈(じんじ)(とく)によりて、045(くさ)片葉(かきは)(いた)るまで、046(のこ)らず(すく)はれ()たりける。
047 神諭(しんゆ)に、
048(かみ)餓鬼(がき)049虫族(むしけら)(いた)(まで)050つつぼには(おと)さぬぞよ』
051(しめ)(たま)ふは、052この理由(りいう)である。
053 アヽ有難(ありがた)きかな、054大神(おほかみ)仁慈(じんじ)よ。055(ただ)善神(ぜんしん)安全(らく)にこの世界(せかい)大難(だいなん)たる大峠(おほたうげ)()え、056邪神(じやしん)大峠(おほたうげ)()ゆるに非常(ひじやう)困苦(こんく)あるのみなりき。
057 (しかし)仁慈(じんじ)(かみ)は、058(わが)御身(おんみ)犠牲(ぎせい)となし禽獣(きんじう)魚介(ぎよかい)(いた)(まで)059これを(すく)はせ(たま)ひけり。060()立替(たてか)立直(たてなほ)しを(おそ)るる(ひと)よ。061(かみ)大御心(おほみころ)(かへり)み、062よく()(あらた)め、063よく(さと)り、064神恩(しんおん)(かしこ)み、065罪悪(ざいあく)()ぢ、066柔順(すなほ)(ただ)(かみ)奉仕(ほうし)し、067その天賦(てんぷ)天職(てんしよく)(つく)すを(もつ)(こころ)とせよ。
068 惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
069大正一一・一・一八 旧大正一〇・一二・二一 外山豊二録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら