霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二四章 富士(ふじ)鳴戸(なると)〔二七四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻 篇:第4篇 立花の小戸 よみ:たちはなのおど
章:第24章 第6巻 よみ:ふじなると 通し章番号:274
口述日:1922(大正11)年01月20日(旧12月23日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
さて、諾冊二尊は撞の御柱を巡り合い、八尋殿を見立てたまい、美斗能麻具波比(みとのまぐはひ)の神業を開かせた。美斗能麻具波比とは、火と水の息を調節して、宇宙万有一切に対して活きた生命を賦与する尊い神業である。
撞の御柱の根には、清い水が湛えられた。これを後世、琵琶湖という。撞の御柱のまたの御名を、伊吹の御山という。
天の御柱神は九山八海(はちす)の山を御柱とし、国の御柱の神は泡立つ海の鳴門灘を胞衣として地の世界を守護した。
鳴り鳴りて鳴りあまれる、九山八海(つくし)の火燃輝(ひむか)のアオウエイ(たちばな)の緒戸(おど)というのは、不二山である。鳴り鳴りて鳴り合わざるは、阿波の鳴門である。
富士と鳴門の経綸と神諭にあるのは、陰陽合致の天地経綸の微妙なる神業を指しているのである。鳴門は地球上の海洋の水を地中に間断なく吸入して散布し、天の岩戸の神業を補佐している。九山八海の山は、地球の火熱を表面に噴出することで、地中寒暑の調節を保っている。こうして水火がそれぞれ相和して、大地全体の呼吸を永遠に営んでいるのである。
九山八海の山とは、蓮華台上という意味である。九山八海(つくし)のアオウエイ(たちばな)とは、高く九天に突出する山、という意味である。富士の山とは、火を吹く山という意味である。
富士山の神霊である木花姫は、三界に出没して三十三相に身を変じ、衆生を救済しつつ国祖の再出現を待っているのである。これを仏教では観世音菩薩という。
木花とは梅の花であり、三千世界一度に開く梅の花と示されているのは、再び時節が到来して、国祖以下の神人らが、節分の夜に地獄の釜の蓋を開けてふたたび神国の御世を建てさせたまうことである。
霊山高熊山の所在地である穴太の里に、聖観世音が祭られているのも、神界における深い因縁であろう。瑞月が幼少よりこの観世音を信仰し、また産土の小幡神社を無意識的に信仰していたのも、何かの神のお引き合わせと思われるのである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0624
愛善世界社版:137頁 八幡書店版:第1輯 678頁 修補版: 校定版:139頁 普及版:55頁 初版: ページ備考:
001 二柱(ふたはしら)(ここ)(つき)御柱(みはしら)(めぐ)()ひ、002八尋殿(やひろどの)見立(みたて)(たま)ひ、003美斗能麻具波比(みとのまぐはひ)神業(しんげふ)(ひら)かせ(たま)ひぬ。004美斗能麻具波比(みとのまぐはひ)とは、005()(みづ)との(いき)調節(てうせつ)して、006宇宙(うちう)万有(ばんいう)一切(いつさい)(たい)し、007活生命(くわつせいめい)賦与(ふよ)(たま)(たふと)神業(かむわざ)なり。008(つき)御柱(みはしら)()(きよ)(みづ)(たた)へたまひぬ。009これを(あめ)真奈井(まなゐ)()ひまた後世(こうせい)琵琶湖(びはこ)()ふ。010(つき)御柱(みはしら)のまたの御名(おんな)伊吹(いぶき)御山(みやま)()ふ。011(あめ)御柱(みはしら)(かみ)九山八海(はちす)(やま)御柱(みはしら)とし、012(くに)御柱(みはしら)(かみ)(しほ)八百路(やほぢ)八塩路(やしほぢ)泡立(あはだ)(うみ)鳴戸灘(なるとなだ)をもつて胞衣(えな)となし(たま)ひ、013()世界(せかい)守護(しゆご)(いとな)ませ(たま)ふ。014また()()りて()りあまれる、015九山八海(つくし)火燃輝(ひむか)アオウエイ(たちばな)緒所(をど)()はれて()るは不二山(ふじさん)にして、016また()()りて()()はざるは、017阿波(あは)鳴戸(なると)なり。018富士(ふじ)鳴戸(なると)経綸(しぐみ)』と神諭(しんゆ)(しめ)(たま)ふは、019陰陽(いんやう)合致(がつち)020採長補短(さいちやうほたん)天地経綸(てんちけいりん)微妙(びめう)なる御神業(おんかむわざ)(あら)はれをいふなり。021鳴戸(なると)地球上面(ちきうじやうめん)海洋(かいやう)(みづ)地中(ちちう)間断(かんだん)なく吸入(きふにふ)しかつ撒布(さんぷ)して地中(ちちう)洞穴(どうけつ)022(あま)岩戸(いはと)神業(しんげふ)輔佐(ほさ)し、023九山八海(はちす)(やま)地球(ちきう)火熱(くわねつ)地球(ちきう)表面(へうめん)噴出(ふんしゆつ)して、024地中(ちちう)寒暑(かんしよ)調節(てうせつ)(たも)水火(すいくわ)交々(こもごも)相和(あひわ)して、025大地(だいち)全体(ぜんたい)呼吸(こきふ)永遠(ゑいゑん)(いとな)()たまふなり。026九山八海(はちす)(やま)()ふは蓮華台上(れんげだいじやう)意味(いみ)にして、027九山八海(つくし)アオウエイ(たちばな)()ふは、028(たか)九天(きうてん)突出(とつしゆつ)せる(やま)意味(いみ)なり。029(しかし)富士(ふじ)(やま)()ふは、030()()(やま)()意義(いぎ)なり、031フジの霊反(たまがへ)しはヒなればなり。
032 (ここ)当山(たうざん)神霊(しんれい)たりし木花姫(このはなひめ)は、033(しん)034(けん)035(いう)三界(さんかい)出没(しゆつぼつ)して、036三十三相(さんじふさんさう)()(げん)じ、037貴賤(きせん)貧富(ひんぷ)038老幼(らうえう)男女(だんぢよ)039禽獣虫魚(きんじうちうぎよ)とも変化(へんくわ)し、040三界(さんかい)衆生(しゆじやう)救済(きうさい)し、041天国(てんごく)地上(ちじやう)建設(けんせつ)するため、042天地人(てんちじん)043和合(わがふ)(かみ)(あら)はれたまひ、044智仁勇(ちじんゆう)三徳(さんとく)兼備(けんび)し、045国祖(こくそ)国治立命(くにはるたちのみこと)再出現(さいしゆつげん)()たせ(たま)ひける。046木花姫(このはなひめ)(けん)047(いう)048(しん)における三千世界(さんぜんせかい)守護(しゆご)(たま)ひしその神徳(しんとく)の、049一時(いちじ)顕彰(けんしやう)したまふ時節(じせつ)到来(たうらい)したるなり。050これを神諭(しんゆ)には、
051三千世界(さんぜんせかい)一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)
052(しめ)されあり。053木花(このはな)とは(うめ)(はな)()なり。054(うめ)(はな)(はな)(あに)()ひ、055(あに)このかみ()ふ。056現代人(げんだいじん)()(はな)()へば、057(さくら)(はな)(おも)ひゐるなり。058節分(せつぶん)()()して(かく)れたまひし、059国祖(こくそ)国治立(くにはるたち)大神(おほかみ)以下(いか)神人(かみがみ)は、060(ふたた)時節(じせつ)到来(たうらい)し、061煎豆(いりまめ)(はな)()くてふ節分(せつぶん)()に、062地獄(ぢごく)(かま)(ふた)()けて、063(ふたた)(ここ)神国(しんこく)長閑(のどか)御世(みよ)()てさせ(たま)ふ。064(ゆゑ)(うめ)(はな)節分(せつぶん)をもつて(はな)(くちびる)(ひら)くなり。065(さくら)(はな)一月(ひとつき)(おく)れに弥生(やよひ)(そら)にはじめて(はな)(くちびる)(ひら)くを()ても、066()(はな)とは(さくら)(はな)(あら)ざる(こと)(うかが)()らるるなり。
067 智仁勇(ちじんゆう)三徳(さんとく)兼備(けんび)して、068顕幽神(けんいうしん)三界(さんかい)(まも)らせたまふ木花姫(このはなひめ)(こと)を、069仏者(ぶつしや)(しよう)して観世音菩薩(くわんぜおんぼさつ)といひ、070最勝妙如来(さいしようめうによらい)ともいひ、071観自在天(くわんじざいてん)ともいふ。072また観世音(くわんぜおん)菩薩(ぼさつ)を、073西国(さいごく)三十三(さんじふさん)箇所(かしよ)(はい)(まつ)りたるも、074三十三相(さんじふさんさう)顕現(けんげん)したまふ神徳(しんとく)惟神的(かむながらてき)表示(へうじ)されしものにして、075(けつ)して偶然(ぐうぜん)にあらず。076霊山(れいざん)高熊山(たかくまやま)所在地(しよざいち)たる穴太(あなを)(さと)に、077聖観世音(せいくわんぜおん)(まつ)られたるも、078神界(しんかい)(おけ)何彼(なにか)(ふか)因縁(いんねん)なるべし。079瑞月(ずゐげつ)幼少(えうせう)(とき)より、080この観世音(くわんぜおん)(しん)じ、081かつ産土(うぶすな)小幡(をばた)神社(じんじや)無意識的(むいしきてき)信仰(しんかう)したるも、082何彼(なにか)(かみ)御引(おひ)()はせであつたことと(おも)ふ。083惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
084附記(ふき)
085三十三魂(みづのみたま)瑞霊(ずゐれい)()なり。086また天地人(てんちじん)087智仁勇(ちじんゆう)088霊力体(れいりよくたい)089顕神幽(けんしんいう)とも()ひ、090西王母(せいわうぼ)三千年(さんぜんねん)(その)(もも)(ひら)(はじ)めたるも三月三日(さんぐわつみつか)であり、091三十三(さんじふさん)(をんな)(なか)(をんな)といふ意味(いみ)ともなるを()るべし。
092大正一一・一・二〇 旧大正一〇・一二・二三 加藤明子録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら