霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二九章 泣沢女(なきさはめ)〔二七九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻 篇:第5篇 一霊四魂 よみ:いちれいしこん
章:第29章 第6巻 よみ:なきさわめ 通し章番号:279
口述日:1922(大正11)年01月21日(旧12月24日) 口述場所: 筆録者:藤原勇造 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
諾冊二尊の修理固成も、時が経つに連れて神人らが増えるに従い、呼吸の穢れが広がった。人の心は曇り穢れ、金山彦の神が鋼鉄を取り武器を作り始めた。人々が互いに争う大宜津姫の世となってしまった。
火の神が現れて山や野を焼き払い、恐ろしい迦具槌の荒ぶる世となってしまった。国の御柱の大神は、この有様に身魂の限りの方策を尽くしたが、ついに魔神の勢いに虐げられて、黄泉御国に出でてしまった。
糞になる埴安彦神、埴安姫神が世を治めようと力を尽くし、和久産霊、罔象女(みずはのめ)神が身を尽くして奉仕し、この世を救う豊受姫神が現れる世となった。
伊邪那岐神は、伊邪那美神が地上世界の混乱によって黄泉国(=地中地汐の世界)に逃げてしまったことを嘆き、再び淤能碁呂島に帰ってくることを願う歌を歌った。
伊邪那岐神は一時悄然として力を落としたが、荒魂を振起し、自ら鋼鉄を掘って十握の剣をたくさん作り、荒ぶる神共を武力を持って打ち罰しようと計ったのである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0629
愛善世界社版:174頁 八幡書店版:第1輯 689頁 修補版: 校定版:171頁 普及版:71頁 初版: ページ備考:
001神伊邪那岐(かむいざなぎ)大御神(おほみかみ)
002神伊邪那美(かむいざなみ)大神(おほかみ)
003(きよ)(ただ)しき天地(あめつち)
004(やう)(いん)との呼吸(いき)(あは)
005スの言霊(ことたま)(さちは)ひに
006(あめ)御柱(みはしら)国柱(くにばしら)
007()()でまして山川(やまかは)
008草木(くさき)(かみ)まで()()ほせ
009青人草(あをひとぐさ)諸々(もろもろ)
010呼吸(いき)あるものを()()たせ
011(さか)ゆる神代(かみよ)(たのし)みて
012(よろこ)(たま)()もあらず
013天津御空(あまつみそら)(ほし)(ごと)
014(はま)真砂(まさご)数多(かずおほ)
015青人草(あをひとぐさ)()()りて
016()りも()はざる言霊(ことたま)
017呼吸(いき)(けが)れは天地(あめつち)
018四方(よも)国々(くにぐに)(ひろ)ごりつ
019(きよ)(ただ)しき大御呼吸(おほみいき)
020(にご)りに(にご)村雲(むらくも)
021(ふさ)がる()とはなりにけり
022(ひら)()()(つね)として
023天津御空(あまつみそら)()(くる)
024(あま)磐樟船(いはくすふね)(かみ)
025(あま)鳥船(とりぶね)影暗(かげくら)
026御空(みそら)(おほ)(かく)しつつ
027(ひと)(こころ)()(つき)
028(くも)(けが)れて常闇(とこやみ)
029(あや)しき御代(みよ)となり(かは)
030金山彦(かなやまひこ)(かみ)()でて
031(とほ)(ちか)きの山奥(やまおく)
032鋼鉄(まがね)()りて武器(つはもの)
033(かたみ)(つく)(あらそ)ひつ
034体主霊従(ちゑのみたま)呼吸(いき)()ちて
035(かたみ)(もの)(うば)()
036大宜津姫(おほげつひめ)()となりぬ
037野山(のやま)(たけ)(けだもの)
038彼方此方(あちらこちら)()(くる)
039青人草(あをひとぐさ)(いのち)をば
040()りて餌食(ゑじき)()しければ
041ここに()(かみ)(あら)はれて
042木草(きくさ)(しげ)(やま)()
043一度(いちど)にどつと焼速男(やきはやを)
044()迦々毘古(かがびこ)となり(かは)
045(やま)()()()(ふる)
046さも(おそ)ろしき迦具槌(かぐづち)
047荒振(あらぶる)()とはなりにけり
048(くに)(はしら)大御神(おほみかみ)
049(この)有様(ありさま)()そなはし
050御魂(みたま)(かぎ)りを(つく)しつつ
051(ちから)(ふる)はせ(たま)へども
052(たけ)魔神(まがみ)(いきほひ)
053(しひた)げられてやむを()
054黄泉御国(よもつみくに)()でましぬ
055(くそ)()ります埴安彦(はにやすひこ)
056(かみ)(みこと)埴安姫(はにやすひめ)
057(かみ)(みこと)のいたはしく
058()(をさ)めむと()(たま)
059尿(ゆまり)()ります和久産霊(わくむすび)
060()(きよ)()罔象女(みづはのめ)
061(かみ)(みこと)朝夕(あさゆふ)
062(こころ)(つく)()(つく)
063(つひ)()れます(うづ)御子(みこ)
064この()(すく)豊受姫(とようけひめ)
065(かみ)(みこと)()となりぬ
066嗚呼(ああ)(くしび)なる(かみ)(わざ)
067 伊邪那岐命(いざなぎのみこと)は、068伊邪那美命(いざなみのみこと)黄泉国(よもつくに)069すなはち地中(ちちう)地汐(ちげき)世界(せかい)に、070地上(ちじやう)世界(せかい)混乱(こんらん)せるに(おどろ)(たま)ひて()(かへ)(たま)ひしを、071いたく(なげ)きてその御跡(みあと)追懐(つゐくわい)し、072御歌(おんうた)()ませ(たま)ひぬ。
073 その(うた)
074(かみ)神祖(かむろ)とましませる
075高皇産霊(たかみむすび)大御神(おほみかみ)
076神皇産霊(かむみむすび)大神(おほかみ)
077(きよ)(たふと)(みこと)もて
078女男(めを)二柱(ふたはしら)相並(あひなら)
079(あま)瓊矛(ぬほこ)()()ちて
080黄金(こがね)(はし)()(なら)
081海月(くらげ)(ごと)(ただよ)へる
082大海原(おほうなばら)渦中(うづなか)
083こおろこおろに()()らし
084淤能碁呂島(おのころじま)()()ちて
085(しま)八十島(やそしま)八十国(やそくに)
086山川草木(やまかはくさき)(かみ)()
087(あめ)(した)をば(たひら)けく
088(かみ)御国(みくに)(をさ)めむと
089(ちか)ひし(こと)荒塩(あらしほ)
090(しほ)八百路(やほぢ)八塩路(やしほぢ)
091塩路(しほぢ)(わた)黄泉国(よもつくに)
092(なれ)(ひとり)(いで)ましぬ
093()(のこ)されし吾独(われひとり)
094如何(いか)でこの(くに)(つばら)かに
095(かみ)御胸(みむね)(かな)(ごと)
096(つく)(をさ)めむ(われ)(いま)
097熟々(つらつら)(おも)ひめぐらせば
098黄金(こがね)(はし)()ちしより
099天教山(はちすのやま)天降(あまくだ)
100(つき)御柱(みはしら)右左(みぎひだり)
101()()(めぐ)りて(ちか)ひたる
102その(こと)()(いさをし)
103(なん)とせむ(かた)()()くも
104(なみだ)(しぼ)(よる)(そで)
105(なれ)(かしら)御後辺(みあとべ)
106匍匐(はらば)(なげ)()(むね)
107()らさせ(たま)うたかた
108(さだ)めなき()()沢女(さはめ)
109(さだ)めなき()なきさはめ
110(うた)ひて(わか)れを()しみ、111(ふたた)淤能碁呂島(おのころじま)に、112女神(めがみ)(かへ)()まさむことを(うた)ひたまふ。113(これ)より神伊邪那岐(かむいざなぎ)(かみ)は、114女神(めがみ)(わか)一時(いちじ)悄然(せうぜん)として、115(ちから)(おと)させ(たま)ひける。
116 されど、117ここに神直日(かむなほひ)大直日(おほなほひ)(かへり)み、118荒魂(あらみたま)(いさ)みを()(おこ)し、119(あま)香具山(かぐやま)鋼鉄(まがね)()り、120(みづか)十握(とつか)(つるぎ)数多(あまた)(つく)りて、121荒振(あらぶ)神共(かみども)をば、122武力(ぶりよく)(もつ)()(きた)めむと(はか)らせ(たま)ひける。
123大正一一・一・二一 旧大正一〇・一二・二四 藤原勇造録)
124(第二九章 昭和一〇・二・一五 於淡の輪黒崎館 王仁校正)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)