霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三一章 襤褸(つづれ)(にしき)〔二八一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻 篇:第6篇 百舌鳥の囁 よみ:もずのささやき
章:第31章 襤褸の錦 よみ:つづれのにしき 通し章番号:281
口述日:1922(大正11)年01月22日(旧12月25日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
ウラル山の麓アーメニヤに勢力を振るったウラル彦は、大洪水に大神の大慈大悲に救われ、アルタイ山で蟻の責め苦を受けて一時は改心した。しかし年月を経るにしたがって再び、ウラル彦夫婦は色食の道に耽溺し、大蛇の霊魂に憑依された。
大洪水によって活動を抑えられていた悪霊たちも、世が泰平となり人の心が馴れるにしたがって、再び跋扈跳梁するようになってしまった。
盤古神王を偽称したウラル彦は、大中教という教えを興した。これは極端な個人主義、利己主義の教えである。
自分ひとりを中心とする、というもともとの意義は、ウラル彦のみを世界の最大主権者と認める、というものであった。しかしこれもまた大中教の宣伝使たち自身によって誤解され、自分ひとりを中心とする、利己主義の教えとなってしまった。
大中教は葦原の瑞穂国(地球上)に広く行き渡った。
アーメニヤの都の南にカイン河という広い河が流れている。そのほとりで、乞食たちが盤古神王(=ウラル彦)と大中教の利己主義のやり方に不平を語らいあっていた。
そこへ盤古神王の手下の目付がやってきて、乞食たちの話の内容を問いただした。目付たちは、盤古神王の悪口を言うものを捕らえて危害迫害を加えていたのである。
乞食の一人が耳が聞こえない振りをして滑稽な応答で返し、その場をごまかして目付を退散させた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:185頁 八幡書店版:第1輯 692頁 修補版: 校定版:183頁 普及版:75頁 初版: ページ備考:
001 ()のウラル(さん)およびアーメニヤの()神都(しんと)(ひら)き、002体主霊従的(たいしゆれいじうてき)神政(しんせい)天下(てんか)流布(るふ)し、003つひには温順(をんじゆん)にして、004かつ厳粛(げんしゆく)なる盤古神王(ばんこしんわう)追放(つゐはう)し、005(みづか)(にせ)盤古神王(ばんこしんわう)となり、006大蛇(をろち)霊魂(みたま)使嗾(しそう)されて、007一時(いちじ)暴威(ばうゐ)(ふる)ひたりし所謂(いはゆる)盤古神王(ばんこしんわう)は、008大神(おほかみ)大慈(だいじ)大悲(だいひ)恩恵(おんけい)(むち)(くは)へられ、009アルタイ(さん)(すく)はれて蟻虫(ぎちう)責苦(せめく)()ひ、010ここに翻然(ほんぜん)として前非(ぜんぴ)()い、011(ふたた)びウラル(さん)立帰(たちかへ)り、012アーメニヤに神都(しんと)(ひら)きて、013諸方(しよはう)神人(しんじん)を、014よく(をさ)仁徳(じんとく)(ほどこ)し、015天地(てんち)大変動後(だいへんどうご)(すく)ひの(かみ)として、016人々(ひとびと)尊敬(そんけい)もつとも(ふか)かりしが、017年月(としつき)()るに(したが)ひ、018(すこ)しく夫婦(ふうふ)二神(にしん)神政(しんせい)()み、019色食(しきしよく)(みち)耽溺(たんでき)し、020(ふたた)び、
021()めよ(さわ)げよ一寸先(いつすんさき)(やみ)
022 (やみ)(あと)には(つき)()
023(ひと)()()()(ころ)べ』
024と、025(また)もや大蛇(をろち)霊魂(みたま)憑依(ひようい)されて、026体主霊従的(たいしゆれいじうてき)行動(かうどう)(はじ)むるに(いた)りける。
027 さしもに(あく)(つよ)大蛇(をろち)身魂(みたま)も、028金狐(きんこ)および(おに)身魂(みたま)も、029宇宙(うちう)大変動(だいへんどう)(たい)しては、030蠑螈(いもり)031蚯蚓(みみず)()(ひそ)め、032神威(しんゐ)赫灼(かくしやく)たるに畏縮(ゐしゆく)してその(かげ)(ひそ)めゐたが、033やや()泰平(たいへい)()神人(しんじん)(こころ)油断(ゆだん)(しやう)ずるに(およ)んで、034またもや悪鬼(あくき)邪神(じやしん)(あたま)(もた)跋扈跳梁(ばつこてうりやう)するの惨状(さんじやう)となりける。
035 神諭(しんゆ)にも、
036『この世界(せかい)は、037悪魔(あくま)(すき)()(ねら)うて()るから、038腹帯(はらおび)をゆるめぬやうに(いた)されよ』
039(しめ)されたる(ごと)く、040一寸(ちよつと)油断(ゆだん)あれば悪神(あくがみ)(かぜ)のごとく(おそ)ひきたつて、041その身魂(みたま)悪化(あくくわ)せしめ根底(ねそこ)(くに)(おと)()かむとするものなり。
042 盤古神王(ばんこしんわう)(ウラル(ひこ)偽称(ぎしよう))は、043大蛇(をろち)霊魂(みたま)身魂(しんこん)左右(さいう)され、044つひには一派(いつぱ)(をしへ)()てた。045これを大中教(だいちうけう)といふ。046この(をしへ)意味(いみ)は、047(えう)するに極端(きよくたん)なる個人主義(こじんしゆぎ)教理(けうり)にして、048己一人(おのれひとり)中心(ちうしん)とする主義(しゆぎ)である。049(だい)一人(いちにん)である。050一人(ひとり)中心(ちうしん)とするといふ意義(いぎ)は、051盤古神王(ばんこしんわう)(ただ)一人(いちにん)052この世界(せかい)(かみ)であり、053王者(わうじや)であり、054最大(さいだい)権威者(けんゐしや)である、055(この)一人(ひとり)中心(ちうしん)として、056(すべ)ての命令(めいれい)服従(ふくじう)せよと()(をしへ)()(かた)であつた。057(しか)るに数多(あまた)宣伝使(せんでんし)は、058立教(りつけう)意義(いぎ)誤解(ごかい)し、059大蛇(をろち)金狐(きんこ)眷属(けんぞく)悪霊(あくれい)左右(さいう)されて(つひ)には(おの)一人(ひとり)中心(ちうしん)とするを(もつ)て、060大中教(だいちうけう)主義(しゆぎ)誤解(ごかい)するに(いた)つたのである。061(じつ)(もつと)()()利己主義(われよし)()(かた)(かは)りける。
062 この大中教(だいちうけう)は、063葦原(あしはら)瑞穂国(みづほのくに)地球上(ちきうじやう))に(あまね)(ひろ)がり(わた)りて、064大山杙神(おほやまぐひのかみ)065小山杙神(こやまぐひのかみ)066野槌神(のづちのかみ)067茅野姫神(かやぬひめのかみ)跋扈跳梁(ばつこてうりやう)となり、068金山彦(かなやまひこ)069金山姫(かなやまひめ)070火焼速男神(ほのやきはやをのかみ)071迦具槌神(かぐづちのかみ)072火迦々毘野神(ひのかがびののかみ)073大宜津姫神(おほげつひめのかみ)074(あま)磐樟船神(いはくすぶねのかみ)075(あま)鳥船神(とりぶねのかみ)などの体主霊従的(たいしゆれいじゆうてき)荒振(あらぶる)神々(かみがみ)が、076地上(ちじやう)各所(かくしよ)顕現(けんげん)するの大勢(たいせい)馴致(じゆんち)したりける。
077 ここに(おい)(くに)御柱神(みはしらのかみ)なる神伊弉冊命(かむいざなみのみこと)は、078地上神人(ちじやうしんじん)統御(とうぎよ)(ちから)()(たま)ひて、079黄泉国(よもつくに)神避(かむさ)りましたることは、080(すで)()べたる(とほ)りなり。
081 アーメニヤの神都(しんと)(みなみ)()ること(わづ)かに数十丁(すうじつちやう)田舎(いなか)(むら)を、082東西(とうざい)(なが)れてゐる()なり(ひろ)(かは)あり、083(これ)をカイン(がは)といふ。084(はる)()日向(ひなた)ぼつこりに、085雑談(ざつだん)(ふけ)四五(しご)乞食(こじき)(むれ)あり。086口々(くちぐち)何事(なにごと)(しき)りに(かた)らひ()りぬ。
087(かふ)()(なか)(やつ)は、088乞食(こじき)三日(みつか)すりや(あぢ)(わす)れられぬと()うてるさうだ。089一体(いつたい)乞食(こじき)()ふものは一定(いつてい)事業(しごと)もなし、090世界中(せかいぢう)をぶらついて(ひと)(あま)(もの)を、091(あたま)をペコペコと()げて、092(もら)つては()ひ、093名所(めいしよ)旧蹟(きうせき)勝手気儘(かつてきまま)()(ある)き、094鼻唄(はなうた)でも(うた)つて気楽(きらく)にこの()(わた)るものの(やう)(かんが)へてゐるらしい。095なかなか乞食(こじき)だつて(つら)いものだ。096三日(みつか)乞食(こじき)するや、097万劫(まんご)末代(まつだい)その(つら)さが(わす)れられぬと()ふことを、098()(なか)利己主義(われよし)人間(にんげん)苦労(くらう)()らずだから、099そんな(ぼつ)ちやま()たやうな囈語(たはごと)()くのだよ。100(おな)時代(じだい)(うま)れ、101横目立鼻(よこめたちはな)神様(かみさま)愛児(あいじ)(うま)れて、102一方(いつぱう)には沢山(たくさん)(やま)田地(でんち)()ち、103(いへ)104(くら)()て、105(てかけ)106足懸(あしか)けを沢山(たくさん)(かこ)うて綾錦(あやにしき)(つつ)まれ、107毎日々々(まいにちまいにち)(さけ)(くら)()うて、108()めよ(さわ)げよ一寸先(いつすんさき)(やみ)よ、109()(くら)()(ころ)べ」なんて、110盤古大尽(ばんこだいじん)気取(きど)りやがつて、111天下(てんか)()(もの)(がほ)してゐる餓鬼(がき)と、112(おれ)らのやうに毎日々々(まいにちまいにち)(ひと)(いへ)(のき)拝借(はいしやく)したり、113()(した)雨露(うろ)(しの)ぎ、114若布(わかめ)行列(ぎやうれつ)か、115雑巾屋(ざふきんや)看板(かんばん)のやうな(まこと)にどうも御立派(ごりつぱ)襤褸錦(つづれにしき)(まと)うてござる御方(おかた)(くら)べたら()うだらう。116(つき)さまに(すつぽん)か、117(てん)(くも)(ぬま)(どろ)か、118本当(ほんたう)馬鹿々々(ばかばか)しい。119(これ)(おも)へば(おれ)はもう()(なか)(いや)になつてきた。120一体(いつたい)盤古大神(ばんこだいじん)てな(やつ)は、121ありや八岐(やまた)大蛇(をろち)再来(さいらい)だよ』
122(おつ)『コラコラ、123(おほ)きな(こゑ)()ふない。124それまた向方(むかふ)(へん)(やつ)がきをるぞ。125あいつは山杙(やまぐひ)とか川杙(かはぐひ)とか()悪神(わるがみ)使(つか)はれて()奴役人(どやくにん)だらう。126この(あいだ)鈍刕(どんしう)盤古神王(ばんこしんわう)()(かた)をひそひそ(はなし)して()たら、127山杙(やまぐひ)とかの(いぬ)()()しやがつて、128無理矢理(むりやり)鈍刕(どんしう)踏縛(ふんじば)つて、129ウラル(さん)山奥(やまおく)()れて()つて(なぶり)ものにしたと()ふことだ。130(こは)(こは)い、131(おに)()(なか)だ。132(だま)つて()()れ。133()はぬは()ふにいや(まさ)るだ』
134 この(とき)135(くろ)()をぎよろつかせた顔色(がんしよく)赭黒(あかぐろ)目付役(めつけやく)が、136乞食(こじき)(むれ)(まへ)()()まり、
137『ヤイ、138貴様(きさま)(いま)(なに)(ささや)いてゐたのか』
139(かふ)『ハイ、140結構(けつこう)なお日和(ひより)さまで(あたた)かいことでございますな。141(うれ)しさうに四方(よも)山々(やまやま)(わら)ひ、142(とり)(はな)()(うた)つてゐます。143(じつ)結構(けつこう)天国(てんごく)(はる)ですな。144これも(まつた)盤古神王様(ばんこしんわうさま)御仁政(ごじんせい)(たまもの)(おも)へば、145(うれ)(なみだ)がこぼれます。146ハイハイ』
147他事(よそごと)をいふ。148目付役(めつけやく)はやや(こゑ)(とが)らして、
149馬鹿(ばか)ツ、150そんなことを()つて()るのぢや()い。151(いま)(なに)(ささや)いてゐたかといふのだ』
152(かふ)(くび)(かたむ)け、153(みみ)()(かこ)ふやうな(ふう)して(つんぼ)(よそほ)ひ、
154(わたくし)一寸(ちよつと)(みみ)(とほ)いので、155しつかり貴方(あなた)御言葉(おことば)()きとれませぬが、156(なん)でも(ささや)くとかささ()んでゐるとか、157仰有(おつしや)るやうに()きました。158間違(まちが)ひましたら真平(まつぴら)御免(ごめん)なさい。159イヤもうこの(ごろ)は、160()(なが)(はら)()るなり、161(のど)(かわ)くなり、162(うま)ささ一杯(いつぱい)でも()ましてくれる(ひと)があれば、163本当(ほんたう)結構(けつこう)ですが、164(いま)このカイン(がは)(みづ)をどつさり()んで、165ささやつとこせいと(はら)(たた)きました。166(はら)はよう()りますよ。167(わたくし)(つんぼ)でさへ(きこ)えるくらゐですから、168貴方(あなた)がたが御聴(おき)きになつたら、169本当(ほんたう)面白(おもしろ)いでせうよ。170()白狸(しろだぬき)腹鼓(はらつづみ)171面白(おもしろ)うなつておいでたな。172ささやつとこせー、173よーいやな。174なんぼよういやなと()つたつて、175(みづ)では尚且(やつぱり)(ゑひ)がまはらぬ。176よいささ一杯(いつぱい)ふれまつて(くだ)さい』
177()()うたやうな(こた)へに、178目付(めつけ)(とり)つくしまも()く、179(つら)ふくらし(きびす)(かへ)して(かへ)()く。
180大正一一・一・二二 旧大正一〇・一二・二五 外山豊二録)